スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄が妹で妹が兄で。 1~3巻

兄が妹で妹が兄で。(1) (KCx ARIA)兄が妹で妹が兄で。(1) (KCx ARIA)
(2012/08/07)
車谷 晴子

商品詳細を見る


【あらすじ】
兄・陽太と妹・光は仲良しの双子。ある日ふたりには血のつながりがないことが発覚し、、光は陽太にキスして、逃亡。追いかけた陽太をふたり、事故に遭ってしまいます。目が覚めた時、なんとふたりの身体は入れ替わっていました。それをきっかけに物静かで従順だった光は豹変し、「お兄ちゃんの身体は返さない」と問題発言!! 女の子の身体でこの難問に挑む残念な兄・陽太。入れ替わって初めて知る女の子の身体…男の子の性…。



最初は単にエロに行ってしまったのかなぁと思っていた車谷さんでしたが、色々な作品を読んでるうちに車谷さんはモバフラではエロをARIAでは萌えを、チーズや少コミではラブコメをと、その掲載誌に合わせて描ける作家さんだなぁと認識しました。
でもって、なんか全部それなりに描けちゃう器用な方なんですね。
ただ、萌えを描いてる時が一番イキイキした感じがしますね。セリフに付いて無い♪マークが付いて見えそうな。


この漫画は車谷さんの作品を読み始めて割と早めに手に取ったのでまだどういった作風の人かわからなくて、萌えが強いのかエロなのかと・・・思ったんだけど、読んだら確かに少女漫画かも!?と思いました。

入れ替わりモノです
1614.jpg

ここからネタバレ▼




もともと両親が酔うと二人の出会いを子供達に話すために陽太以外は両親が連れ子同士だったということを知っていたのですがなぜか陽太だけが知らずに本当の妹だと思っていました。
なので光はずっと兄としてでは無く陽太が好きだったんだけど陽太は「妹」である光が好きであってそれ以外で見ることが出来ません。

二人が入れ替わってから超人見知りだった光が、今までのようにしていても陽太に妹としてしか見てもらえないならと、急に性格が変わってしまいSになってしまいます。入れ替わってしまったのはむしろ最大のチャンスだと。
けれど陽太は真面目で相変わらず妹としては大好きだけど・・・と、まぁ当然なんですけどね。

1619.jpg

陽太としては「妹」としての存在であってもとにかく光のことは大切な存在だと強調することで光にわかってもらいたいんだけど光にとっては「妹」である以上、絶対に気持ちが届かないワケですから陽太から「妹」を強調されることが実は何よりも傷つく。と、言う部分等ちょっと光の刹那さを入れつつ陽太がやってることがから回ってドツボ状態になっていくのを楽しく読みました。

光が陽太から他の人にも目を向けてみろと言われ、わざとその通りにしてみると陽太だった時はモテなかったのに光の入った陽太だとなぜかモテる。おまけに医者の一条先生とも夜中に会ったりして心配のあまり光と付き合うから、と自ら言って二人は晴れてカップルに!?

光の思うツボ?
1621.jpg

一見、光に煽られて陽太が窮地に立たされているようで陽太の天然な性格のせいで陽太が光の為と思って言う言葉に傷ついているのは光の方でした。一生、妹としてなら世界一大切だと思うとか、光の為と思って言ってることなんだけど光はそういう言葉に何度も傷つけられたり。

陽太は実際に今まで光を妹としてずっごい溺愛してはいたんですがあくまで妹としてだったんでね。
それは光の求めている好きの形ではないので、付き合ってからも陽太が妹が大事だから光と付き合うという言葉は兄としては光が喜ぶかと思って言ったんだけど、改めて言われたことで光にとっては「二度振られたみたい・・・」と。
車谷さんってほんとーに屈折愛とか変質的な執着愛とか倒錯した愛情とか、一筋縄じゃいかない歪んで禁断、だけど純愛話みたいなお話がお上手ですね。←褒めてますヨ。


途中で織田さんと真山も入れ替わってしまいますます大変な事態に。織田さんは元々ああいう子だったんだろうなぁ~って感じますが真山は最初はもっとチャラ男みたいな感じだったのに事故の後から急に健気な少年になってしまいましたね。
入れ替わったショックから立ち直れないとか分るんだけど織田さんの下僕みたいになっちゃったし全体的になんか変わりすぎだなぁと、そこだけ気になりました。

まぁ皆、本当に変なキャラばかりですよ。
ただね、一番変態なのは朝比奈だと思いました。(織田さんの犬の人)


光がもう一緒にいられないと言ったのはどういうことなのかしら?
一人暮らしをはじめるのかなぁと思ったけれど、光の後とつけて入れ替わった真山とデートしてラブホに入ってたところを目撃した陽太を更につけてきた織田さんと一緒に入って確かめることになるというところで続きです。
毎回、気になるところで続くように各巻上手に作ってありますよぉー。

たまに光の強硬手段に陽太がタジタジだったりとか少女漫画という一線を踏み越えてはいないけどライン踏んでるくらいギリギリ(?)で描かれてますね。
思ったより楽しくて続きが気になりました。

1630.jpg








にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。