スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルヤマっ! 全8巻

サルヤマっ! 1 (フラワーコミックス)サルヤマっ! 1 (フラワーコミックス)
(2005/03/25)
彬 聖子

商品詳細を見る


【あらすじ】
学校生活なんて、サル山でサルたちが序列を作って群れてるだけ…と嫌っていた春奈(はるな)。転校した先の高校でも期待していなかったが、そこにいたのはやんちゃでまっすぐな“コザル”男、まちゃるだった!! まちゃるに自分のペースをかき乱されっぱなしの春奈だったが、いつしか気になり始めて…!?


タイトルに興味をそそられずにいたのですが、同じようにタイトルにそそられなかった「ナツメキッ!」が面白かったので当時チャレンジ。何故かこの手のタイトルに惹かれなみたいです。
どっちもタイトルで読む気がしなかったのですが面白いですね。
でも、タイトルで手に取る気が起きなかった・・・というくらいタイトルって重要なんですね。

代議士の父の汚職によって転校してきた主人公が転校先で新しいクラスメイト達と出会って・・・というお話です。ちょっと冷めたヒロインなんですが可愛げはあるというか、冷めすぎてない感じとそんな少し大人びた主人公が暮らすでコザル扱いされてる元気で明るい男の子に惹かれちゃうのが、すごく自然です。

何かあってもまっすぐ正面から問題解決の道を模索するまちゃる。
二人はタイプが違うので噛み合わないこともあるんだけどそれを乗り越えて、相手に合わせたりって気持ちの通わせ方もよかったです。

主人公がまちゃるを好きになってしまうの、なんかわかるなぁって読んでてすごく思うんですよね。
ちょっと大人びている主人公なんだけど、だからこそやる前から無理だろうと思ったりクラスでも冷静な立ち居地にいようとする中で主人公やクラスメイトと一緒に普段の自分だったらしないようなバカ騒ぎしたりと予定調和を崩されていき、「皆といることが楽しいんだ」と実感していく根はとても可愛くて寂しがりやな主人公が、こういう男の子のを好きになってしまうのがわかるなぁ。

二人が似合わないとか性格が違うことによる考え方とかの食い違いとか周りから指摘されたりして分かってるんだけど、だけど何よりそんなまちゃるが好きなんだってのがすごくわかる。
自分の感情を素直に言えないタイプの女の子がこういう男の子に惹かれちゃうんでしょうね。

まちゃるの友達のアツも主人公のこと好きだけど、アツは友達としてまちゃるが大好きなので出し抜いたり姑息なことはしない。そんなヒロインを巡って男同士で思惑はあるんですけどね。
でもまちゃるが二人を見てやきもち焼いちゃって、ちょっと子供っぽい態度になってしまったりそのまちゃるの焼きもちが主人公にはわからなかったりで、なんでそんなこというの?とすれ違ったり。
まあそんな風にカレを気遣って色々対応するところがお姉ちゃんぽいんでちょっと姉と弟みたいなんですけどね。

こんな男の子学生時代にいたらいいなぁって思います。周囲からも好かれそうです。でもって大抵が人気者になるんだけどモテとは別みたいな。
でも、もっとモテそうなんだけどねぇ。

何かあるとすぐに騒ぎ立ててしまうクラスメイト達といい、学生時代って確かにこんなかもなぁっていうのと久しぶりに学園モノ的な意味で学生時代っていいよなぁ楽しかったよなぁという気持ちになりました。

まちゃるは普段はホント子供っぽい面もあるくせに男の子としての欲求が人並みなのもなんか良かったですね。この子ホントにサル並みというより人並みの男の子だなぁって感じで。
まぁ高校生というか中学生男子みたいですけどね。

まちゃるというあだ名。
まちゃるってなんかまさるって呼ぶより呼びにくいような気がするんですけどね。でも、なんか聞き覚えがあるような気がするなぁと思いつつ思い出せないまま、読んでてね。途中で思い出しました。
「あぁ、あっちはマチャアキ(堺正章さん)だった!」と。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。