スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らびっとアリス 1巻

らびっとアリス 1 (花とゆめCOMICS)らびっとアリス 1 (花とゆめCOMICS)
(2013/06/05)
森生まさみ

商品詳細を見る


【あらすじ】
幸運を運ぶ金色うさぎのアリスは、死に別れたご主人様の生まれ変わりを探すため、人間に変身!愛する人の妻になって、本当の人間になりたいアリスは人の思考が読めるシリウス&女好きキースの双子、ヴァレンタイン兄弟に助けられる。もしかして、彼ら「2人」が探していた人…!? 禁断!?アリスの初恋★変身ロマンス、待望の第1巻!


森生さん、まだ読まなくても様子見でいっかなぁ~と自分の中で思ってたんですが読んでみたら今回作品、結構好きでした。
ちょっと子供っぽいんだけど作風の温か味がなんか好きです。でもって一見、緩いんだけど緩いだけじゃないものがあって。

金色うさぎが家に付くと繁栄をもたらすと言われていてその金色うさぎのアリスが前世で好きだったご主人様の梅さまを探して結ばれると完全な人間になれるという。
アリスって名前なんだけど「人魚姫」みたいなお話ですかね。泡にはならないけど。

このお話の元になってる前世の時の話が以前に描いた作品であるらしいのですが私は読んでないのですよ。なので分かりづらい部分もあって気になって・・・読みたくなってしまいました。
多分、人間関係部分だけで内容的には全然この話と絡んで無さそうですけど。



耳がね・・・あと疲れるとうさぎの姿に戻ります
1597.jpg



ここからネタバレ▼




アリスは何でも屋をしている兄弟のシリウスに助けられますがアリスが逃げてきた家は当然傾いてしまい金色うさぎを取り戻したくて追われたり。二人は何でも屋として仕事してるのでその依頼をしたりの中で少しずつ色々な秘密が小出しにしてわかってきます。

不思議な魔法がかかっているシリウスには自身も不思議な力があり人の心が読めます。優しいシリウスに梅様の生まれ変わりではないのに何故か心惹かれていくアリス。ところがその後シリウスの兄キースに会った瞬間に、この人が梅様の生まれ変わりだ!と確信します。
でもキースは女好きで口が悪くアリスに優しくない。でもって二人は双子だった為、梅様の魂も「二人」に半分ずつ宿ってる?と、なって簡単に言えば要は三角関係です。

最初の1話だけは説明的な感じだったのと設定がわからないままで進んでて若干退屈?と思ったけどあとは少しずつ謎が解けてきたかと思えばまだ新しく小さな謎が・・・と自然に引き込まれながら読めました。

魔法使いに仕えてたという割にキースとシリウスが魔法使いとか、話がよく見えてこない部分(読み逃しかも知れないけど)もあって設定が微妙なのか複線が微妙なのか後出しのつもりなのかわからない曖昧な部分もあるのですが、気にせずに読み進めてみたら割と面白かったです。

キースが梅様だとわかったけれどアリスは優しいシリウスが好き。
だけど、キースは口は悪いものの実は優しかったり、シリウスは表面的に優しいもののまだ色々と秘密が多そうですね。なんか体も獣か何かに変身しそうだし。

アリスがお子ちゃまなので、感情移入というよりはどちらと結ばれるか見届けるという感じですかね。キースな感じがするんですけどね。
うさぎに戻ってしまった時に、自分でフンしてたの食べてたとか、作者がウサギを飼ってるから習性を詳しく描いてあるんだけど読み手としてヒロインなのに・・・ここまでウサギ扱いってどうよ、と複雑でした。


途中から他の金色うさぎが出てきたりと話の膨らませ方はさすがにお上手だなぁと思います。大きな謎を含みながら小いさな謎の小出しをして回収という進め方はさすがお上手ですねぇ~。



好みは別れそうですが白泉社系が普通に読める人なら問題ないと思います。
1598.jpg





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。