スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はしたなくて ごめん 全7巻

はしたなくて ごめん 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)はしたなくて ごめん 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)
(2009/12/15)
石田 拓実

商品詳細を見る



【あらすじ】
西真奈緒17さい。マイブームは真面目な眼鏡男子である学級委員長の与倉をネタにエロい妄想をすること。なのに…ある事をきっかけに現実の与倉を知って!? 1996年の作品「未だ愛を知らず」も収録!


真奈緒は学校ではそれなりに普通の優等生してて、母子家庭の為家事や妹の面倒なども見ていますがなんとなく夜に公園でタバコ吸いながらエロ漫画を読むのを癒しとして隠れ趣味にしている。
そんな彼女が最近はまっているのがクラス委員長で成績優秀なマジメな与倉で妄想すること。妄想を楽しんでいたある日、いつもの癒しタイムに公園に見慣れない男女が・・・。それは妄想通りの与倉と年上女性で・・・!?

最初の設定読むと、躊躇するかもしれませんが、結構面白いです。
与倉は期待を最後まで裏切らない真面目なコなんだけど、秘密を分かち合ったような二人は仲良くなっていきます。結局、真奈緒が勘違いしてただけで二人は付き合ってないんだけど・・・失恋決定の与倉と酒を飲んでいた二人は酔ってアレ?やっちゃった?な酩酊状態に。

実はやってないんだけど、そこから二人はお互いを意識し始めます。
ただここからけっこうじれったいですね。

ここからネタバレ▼




お互い好きだとか付き合ううという形をとらないまま二人は度々与倉の家を訪れマンガ読んでかえる・・・でもって、たまーにキスするという曖昧な関係が続きます。

与倉はヘタレ気味なんだけど性格的になんか可愛いというか主人公がいじりたくなるのはわかるなぁという性格。彼は彼で真面目すぎて自分がきちんと真奈緒が好きかどうかと言われるとわからないけど、他の男の子と奈緒が親しくしてるのが面白くないみたいな感情です。

ただ、私はこの作品の二人の関係性と距離感とかはとても好きなんだけど、途中から出てくる脇キャラが皆なんか妙であまり好きになれませんでした。
ハルやメロちゃんも極端な人たちだし更に他の登場人物が絡むとそっち中心の話で進む流れになっていったりするのも嫌だし木嶋が出てきてからもう彼のゆがんだ性格が読んでていらつく・・・。わざと、二人の事邪魔したり真奈緒やメロコ、与倉の不安を掻き立てるようなウソを言って仲をかき回したりするような事をするんだけど、その行動が本当に読んでてウザイ。

途中から出てくる脇キャラは二人の仲を安定させない為に描きまわしに出てくるのですがどこまでも、この展開でいい加減飽きました。最後まで頼りない与倉もキャラがぶれてなくていいのだけど、脇キャラに振り回されて翻弄しすぎな主人公カップルって読んでて面白く感じられませんでした。

中々二人の仲が進まないじれったい関係性は好きですが、途中で飛び出してくる登場人物によって関係が進まないというより話が中断されちゃう感じ。与倉と真奈緒の二人の関係性は好みだったのに、脇キャラがどれも嫌いなせいで面白かったのに作品の好感度が下がってしまって残念でした。


ここまで言えるようになる迄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・長かった!

CIMG1973.jpg



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。