スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやかし緋扇 1~9巻

あやかし緋扇 1 (少コミフラワーコミックス)あやかし緋扇 1 (少コミフラワーコミックス)
(2011/09/26)
くまがい 杏子

商品詳細を見る


【あらすじ】
その緋扇、無敵!
勝ち気で運動神経バツグンの未来は16年間生きてきて、驚いたことやびびったことなど、一度もなかった・・・。男に守られるなんてありっこない・・・そう思っていたのに・・・。急に霊におそわれるようになってしまった未来。勝ち気でも運動神経がよくても、どうにもならない・・・。そんな時、未来を「お護もりします」と現れたのは、クラスメートで天然、おとぼけ男子の神山陵だった!陵が赤い扇を取り出した瞬間、「除霊」が行われる!!!!未来と陵の恋の運命が今、動き始める・・・。
くまがい杏子がおくる超スペクタルラブロマン!スタートです。
超絶大人気のため、1.2巻同時発売です!



まぁ面白い・・・んだけど、少し物足りないというかファンタジーとしてはちょっとなぁって・・・。くまがいさんって元々ファンタジーの人じゃないよね?
そうするとやっぱり「黎明のアルカナ」とか古くは「ふしぎ遊戯」などと同じでファンタジーの完成度は高くないんだけれど、むしろそこが読みやすいんだろうなと思います。あとちゃんとラブも入ってますからね。

最初の方はちょっと前世モノと言うよりもホラーっぽい感じで主人公に霊感とか不思議な力があって霊が寄って来てしまうという始まりでしたよね。そこから敵が妖(あやかし)っぽい存在になってきて、実は前世が絡んてって初期は良かったし今後を期待する意味でも面白かったですよ。
でも、中盤からはもうその繋げ方無理があるんじゃない?ってなってきてね~。
ってことで感想はちょっと大人目線で読んじゃったので辛口です。


ここからネタバレ▼




ストーリーとしてどんどん新しい敵やら謎やらが出てくる展開なので進みの早さとかは飽きさせないし、そこに前世からの恋とかラブもちゃんと入ってるから人気があるのは納得出来ます。ちゃんとそれなりに面白いとは思えます。ただ、大人が読んでるから設定やストーリー展開の矛盾とか「とって付けた感」が気になってしまいました。

途中キャラが増えたものの仲間になってきたキャラに裏切り者が?という展開からそのまさかまさかの展開が初期から考えたとは到底思えないムリ感がありありで・・・。
だから最初の方は良かったんだけど段々とストーリーが綱渡りのようにあぶなっかしい感じが。

最初は未来がなぜ幽霊に狙われるのか?ってことから前世での話になり未来と陵の二人が前世でつながりがあった。前世で二人を狙っていた白拍子の話から更に黒幕がいたことがわかり。更に未来は前世で遼羽との子供を生んでたとかなってその子孫が出てきて・・・と、私が子供の頃に読んだ色んな漫画達をチョイチョイ繋ぎ合わせたような設定です。でも白拍子好きの私としては初期の前世ストーリー辺りは結構好きでしたよ。
子孫話辺りからはちょっとこんなに人気が出ると思わなかったのか苦しいなぁと思えてきました。

未来のお兄さんの件も最初は妹を守ってた迄は良かったけど前世で遼羽に仕えるていた術者だったとか11歳の頃に神社に来て遼羽の転生の儀をしたとか・・・入れなくてもいい気も・・・。
そして初期を読み返してみると、この時雨の話に至るまでに聖先生がここまでのことを実は全て知っていたとは到底思えないじゃないですか。聖の存在をあんな風にする必要は無かったと思うんですよね。でも他に思いつかなかったんでしょうね。
お兄さんも聖も全員を前世に絡ませなくても良かったのに・・・。


謎の布石をまいて新たな矛盾が生まれてもそれを納得出来るまで描ききれてないんですよね。
お兄さんの霊体が消える時に陵に「お久しぶりです、遼羽さま」とかしっかり言ってるのにその後、陵の前世は実は時雨の方だとか言い出して・・・でもそれも実は違って~とかね。
幼い読者は素直にストーリーの展開に夢中で引き込まれてくれると思うけど私は、あまりそういう振り回すような設定は好きじゃないんで。
強いて気になってたのは陵の弟だという存在と黒猫。
ここら辺は多分ずっと考えてたんで複線として出してたんだと思うんですけどね。

でもね、編集さんだってわかってる。子供達が読みたいのはそんな理屈じゃない。盛り上がりなんだよ。
ってことですよね。私もそう思います。大人の事情も色々あるし。連載って人気次第でどこまで話を描けるかわからないからね。なかなか難しいんでしょうね。
全てを超越して壮大なファンタジーを描かれてる方はほんの一握りだからね。
そんな意味では十分な面白さだなぁと思います。
元々ファンタジーの人じゃないのに頑張って描いてるなぁとは感じますしね。
これを読んでから過去作品を読んでたのですが、確かに今までヒットは無かったしこの作品があたらなかったら地元に帰ろうと思っていたと書かれてる柱書きを見てからは素直にヒットして良かったですねと応援したくなりました。

でもファンタジーとして頑張ってるなぁとは感じるので色々な展開を見せながら盛り上げようとしてくれてるだとは思いました。ラブストーリーをメインにさせてファンタジーを薄くしちゃうことだって出来るのにきちんと展開を考えてるわけだし。
それに、くまがいさんのヒロインはいつも何かに一生懸命でそこは好印象です。

ストーリー終盤に入ったそうですのでまた終わった頃に読んでみようと思います。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。