スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターダストウィンク 9~11巻 (完)

スターダスト・ウインク 11 (りぼんマスコットコミックス)スターダスト・ウインク 11 (りぼんマスコットコミックス)
(2013/05/15)
春田 なな

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~8巻

【あらすじ】
日向です。杏菜とつきあってるのに、杏菜は実は颯のことが好きなんじゃないかって思ってる。杏菜も、麻生さんに「2人とも好きなんでしょ」って言われて悩みだして…。それで、杏菜と俺は別れることにしたんだ。
【収録作品】スターダスト・ウインク 番外編 べつに好きじゃないけど。


正直、細かいストーリーをあまり覚えていなくて日向が退学になった理由も忘れてしまってました。
あと、絢音とか脇役関係は読み始めてからあぁいたいた・・・いたかもって感じでした。

ここから先はネタバレで描きたいと思います。
杏菜がどちらと結ばれるかについて書いてありますので知りたくない方はご注意ください。


CIMG1191.jpg



ここからネタバレ▼(ラストのネタバレあり)




ここ迄、杏菜が悩みつつも日向と・・・ってなったのでもう少し日向と両思いの感じで話が進むのかと思っていたのですがこの作品の主旨がラストまでどちらと結ばれるかわからないということだった為、結構ギリギリまで主人公が悩んでのラストでした。正直私がモロ苦手とするタイプの作品でした。
りぼんというノリが軽いというか幼い向けに作ってあるので逆にキャラへの感情移入も無く読みやすくかったのですが普通にもっと年齢設定が上で心理描写ガッチリだったらすごく読んでて嫌になったかも知れません。

杏菜が悩みつつ自分の気持ちに気づいていく過程がもっとスムーズかと思ったのですが本当に自分の気持ちがわからないという感じなので・・・こういうタイプの作品てどっちと結ばれるかだけを知りたいという形で読者を惹きつけてるので、もう読み返さないタイプの漫画だなと思いました。

それにしても絢音ってあまり覚えてないんですがこんなキャラでしたっけ?ヒロイン含めあまり素敵な性格の女の子が出てきませんでしたね。

私が特に苦手なだけかもしれないけどフラフラしてる主人公にも魅力は無くて、すぐにお互い身を引く颯や日向にもあまりどちらもいいなとは思えませんでした。 でもこういう幼馴染っていいよねーという境遇とかに憧れたりするんですよねきっと。

あとがきを読んだら作者は最初はどちらと結ばれるか決めずに描いていてラストの頃には颯に決めていたけれど描いているうちにいや、杏菜は日向を選ぶだろうと変えて描いたそうです。そうなんですね、私は最初から日向の方が良かったのでラスト危ないところでした。
又しても私がいいと思ったタイプの男性がヒーロー降格するところでした。

でも、作者すらギリギリだったからですかね。
通りで読んでいて両思いになった日向にもいつ振られてもおかしくない臭がプンプン臭っていましたし、そのせいでしょうかね。元々タイプじゃなかった颯も含めヒーローとしての決め手ってのが二人とも中途半端で魅力もそれぞれあまり感じない。幼馴染でカッコいい男の子が二人もいてどっちからも好かれていいねーとは思えても恋っていいなとは思えないんじゃないですかね。

私的には颯が絢音と結ばれなくて良かったです。出来れば紅(でしたっけ?)と結ばれる方がなんだかいいなぁと思いました。紅だって幼馴染ですよね。
それに3歳差なんてむしろ大人になればぴったりですよ。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: こんにちは

パプリカ様
初めましてコメント有難うございます。
ちょっと辛口かもと思いますが、あくまで個人の好みとして失礼ながらズバッと書いちゃってます。
読むときの参考になれば幸いです(^^)

ズバッと

感想がとてもズバッとしていて、    読んでいて、飽きなかった!
Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。