スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花にけだもの 7~10巻(完) 

花にけだもの 10 (少コミフラワーコミックス)花にけだもの 10 (少コミフラワーコミックス)
(2013/05/24)
杉山 美和子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~5巻6巻

【あらすじ】
卒業式を迎えたけだものたち。キューちゃんは、保育士を目指し地方の短大へ、豹は政治家を目指し、都内の大学へ。千隼は、モデルの世界へ飛び込み、竜生はアメリカへ。そしてカンナの選ぶ道は・・・
それぞれの夢に向かって第一歩を踏み出した5人。そして、永遠の愛を確かめあった恋人達・・・キューちゃんと豹が、本当の幸せを掴んだ姿は、感動的です!卒業後のキューちゃんと豹を描いた番外編読みきりも収録。


終わりました。
読んでる方がまるで自分が辱められているような気持ちになってしまう程の驚く描写が多かったこの杉山作品。一種の羞恥プレイのようでした。

最初の頃は豹の王子様テイストのようなエロコメ(?)に「ひぃぇ~」と読んでて恥ずかしくて悶えてたんですが・・・。
実はこの作品を寝かしたまま作者の過去作品を読んでました。
以前、コメントでお勧め頂いた「オレら降臨」とか・・・。

で、それらを読んだら花けだはとても物足りない(何が?)と思ってしまう程になってしまいました。
人って慣れる生き物ですからね。
より強い刺激を求めてしまうものなんですね。
人気作家になった杉山さんはもうあの頃のような作品は書かないかもしれませんね。残念。
でも過去作品を読んで今までの杉山さんのエロ臭い演出はネタの仕込みに過ぎないんだなぁと思いむしろ好きになってしまいました。

それにしても・・・途中から純愛テイストに切り替わったのはわかってますよ。
わかってますが、ストーリーがよくわからん展開でしたね。
カンナとの友情を入れた三角関係になるかと思いきやキューちゃんを巡って男達のラブバトルになりました。千隼が読者に人気があるとわかりそこを活用する為のストーリーになったのだと思います。

ネタバレ感想はストーリーにではない突っ込みが多く不快に思われる純粋なファンの方もいらっしゃるかと思いますが(そんな方はごめんなさい)これが私の作品への愛の形です。というのは大げさですが愛着は感じてます。
むしろ・・・。なんか。
妙に・・・。


↓誰かって? 豹だよ!!
0930.jpg


ここからネタバレ▼(先に誤っておきますがくだらない事を長々かいてます)




杉山さんは千隼の方が人気があるということを6、7巻辺りまで知らなかったらしいです。
なので千隼をキューちゃんに再度近づける為に豹と別れたのかな?というくらい不自然な別れ方でしたしね。
キューちゃんが別れた事自体がストーリーを引き伸ばす為だったんだろうけどストーリー上なんで?という感じ。
好きなのに彼が自分以外の人に対してはどうでもいいという事は良くないと思った・・・から別れるなんて。今までだって豹は他人のことはどうでもいいという人だったのでむしろキューちゃんという特別な存在を作れた事で人を大切に思う事が出来て良かったハズですよ。
それを大切な人から急に突き放されてしまうという方が人としてマズイと思うんだけど豹はもうキューちゃんの為に振られても平静を装って超いい人になってしまいました。むしろ、もっと荒れても良かったんじゃないかな、あんな一方的に振られて。

自分が振ったのにね・・・
0931.jpg

キューちゃんが別れたと知り突然名乗りをあげる千隼。担当さんから千隼とくっつけてもいいよーと冗談だか本気だかわからないことまで言われたそうです。(きっと担当さんはダイブ本気でしょう。)

でも作者はきっと素直なんだと思います。
皆、キューちゃんの事好きになるとキャラ変わっちゃうんですよ。キューちゃんの手にかかれば二人はイチコロ。恋する乙女みたいに目がキラキラして頬を染めてしまうんですよ、千隼まで!!
豹も千隼もキューちゃんラブになってからデレキャラになってしまって千隼の魅力が壊滅しました。

あのクールさが良かったのに千隼もキューちゃんに接近し出してからキューちゃん好き!と、クマの人形をプレゼントしちゃったり・・・千隼はあのキャラのままにして欲しかった(涙)
千隼ファンはどうなんだろう?あのキャラ変に納得なんでしょうか??

しつこいようですが誰とも入れ替わってません
0935.jpg

マラソン大会でも1位になってデートしてもらう!とか皆どうしちゃった!?ってくらいいつのまにか全力少年になってましたよ。

あの頃の僕らはきっと全力で少年だった 
a0953.jpg
byスキマスイッチ「全力少年」


色々あったようで特に無いけどとりあえず、カンナと竜生だけが一番自然な状態だった気がします。自然といっても自然なバカップルってことですが。

千隼と豹はどっちもメロリンキュー・・・じゃなかったキューちゃんにメロメロでしたね。
そして最後にやっぱり豹が好きだとキューちゃんが告白しに行くと彼はいない・・・。豹は実は政治家の息子だったそうです。急だね。


ストーリー冒頭の頃のキューちゃんのお母さんの話や豹の病気のお兄さんのこととか気になってましたけど最後迄は突っ込まないつもりだったんですよ途中で何かあるかもと。いつかどうにかするのかなと期待はしないまま最後にまとめて片付けちゃうのかと思ったらほっぽりっぱなしでした。まぁそれも想定内です。少コミは多いんですよね、設定投げっぱなしが・・・。花けだファンは限りあるページの中で描いて欲しい優先順位として家族背景なんかに割くページがあったらラブにしてもらったほうがいいんだと思うし。
でもいいんじゃないでしょうか。皆ラブラブで、皆仲良しで大事なところは上手にまとまったと言う感じです。
最後まで読んだ頃には私すら「もうどーでもいいわ。」と思ってしまいましたが何はともあれ一件落着しましたよ。

ところでカンナがキューと友達、友達という割に何も協力的じゃなかったですね。
マラソン大会で一緒にゴールしようねと言ってたのに最初から一緒に走ってないのに少し驚きました。まぁ女の友情は血よりも濃くて、恋よりもろいって一条ゆかり大先生が「女ともだち」でおっしゃってましたから仕方ないです。

番外編もアマアマでした。
キューちゃんが寝転がってパンツが見えそうで見えない・・・と思ってたらわざわざアップのカットでちゃんと(?)チラ見えだった描写に豹がガン見だったとか笑っていいのかわからないけどご馳走様でした。

0938.jpg
パンチラはカットしました

あとね、慣れたつもりで全部読み終わってから「なんか物足りなかったなぁ~」とパラパラと捲っていたら・・・思わず目に留まった豹。

キューちゃんとお泊りに緊張して震える豹
「カタ カタ」って・・・。
豹ったら!もう!!
笑わせないデー!!!!
0941.jpg
これはもう豹の発作みたいなもんだね



純愛だとかラブストーリーとかそういう目線で読んでない私が一番汚れてるのは承知ですがちゃんと楽しかったですっ! 

新作だってもう1巻読破してますよ!


◆おまけ◆

シリアスな場面なのに絵に違和感を感じるのは私だけですか??
0934.jpg



私の漫画暦に新たなページを刻んでくれた杉山さん、有難うございます。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: No title

arisa 様

こんばんは。
千隼と豹、どっちもタイプが違うけどそれぞれ良さがありましたね。
私は千隼のがいいけど漏れなくあのお姉さまがついてきちゃいますね。

No title

千隼も豹もどっちも選べないくらいかっこよかったw

Re: ありがとございます

キューピー様

初めまして!コメント有難うございます(^^)

キューピー様は千隼派だったんですね。
私はキューちゃんの好きなほうで・・・という感じで違った意味で作品を堪能させて頂いてましたが・・・どちらかと言えばタイプとしては千隼タイプの方が好きでした。

ふざけた感想ですよね、すみません。
でも楽しく読んで頂けたとのことで良かったです。
有難うございます。




はじめまして!

とても今更ですが、面白い感想に思わずコメントしました!
最近花にけだものを全巻読みましたがもやもやして、みんなはどんな感想なのかな?と気になってました。
そしたらこんなに面白いブログが‼
読む毎に笑ってしまいます(o^^o)
ありがとうございました!

ちなみに私は千隼とくっついてほしかったです…

Re: タイトルなし

KINO様

有難うございます。
やり過ぎちゃったかな?と、ちょっと心配だったんですが・・・
書いてるうちに楽しくなってきちゃって(笑)

そうなんですよ、なんか真剣に読んじゃいけないというか
でもクセになってくるというか本当に中毒ですね!

ぷぷーーー!面白すぎですってば!!!
同感ですよ!

ツッコミどころ満載ですが、そこも、まぁ、
いーんでしょう!

もちろん新連載も読んでますよ!
ある意味中毒です。
Secret

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。