スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片恋ざかり

片恋ざかり (少コミフラワーコミックス)片恋ざかり (少コミフラワーコミックス)
(2013/04/26)
京町 妃紗

商品詳細を見る


【あらすじ】
両想いから始まる恋なんてない
女の子も
男の子も
いつだって
精一杯に恋をしてる――
切ない、嬉しい、甘ずっぱい…
いくつもの片恋の模様を京町妃紗がリアルに綴る珠玉の短編集



短編集でした。
時代的に古いのも混ざってましたが色々なテイストのお話になっていて「京町さん、最近どうなの?」と思っていた私には短編の方が読みやすく感じました。

一番好きだったのは「伊織くんの悩み事」でしたけど、異色の男の子が主人公で我儘な女の子に振り回される「ぼくのリーコ様」も短編ならではで良かったなぁと思いました。

「伊織くんの悩み事」は、子供の頃から空手をしていてという幼馴染のお話で結構好きでした。
私が子供の頃にマーガレットで読んで読みきりで有名作家さんでもなくタイトルも作者名も覚えてないけど幼馴染カップルで空手やっていて女の子の方が強くて男の子が絶対女の子に勝てないのですが実は男の子は本当は強いのに、わざと女の子に負けていてっていう話があって好きだったんですがそれを思い出しました。
でもどーーしてもタイトルとか思い出せないんですよねぇ~。女の子が自分に勝てたらキスしていいとか言ってるんだけど最後、女の子が不良グループに絡まれた時に助けられて実は男の子は凄く強いのにわざと弱いふりしてたってオチでハッピーエンドだったというお話でもう一度読みたいんだけど・・・。
(話が逸れましたが、覚えてる方がいたら是非教えて頂きたい!と思って詳細までしつこく書いてしまいました。スミマセン)


でね、この短編集を読んでて他の京町作品について、ふと思ったのですが京町さんの描く男性キャラって全般的にカッコ良くないんだ・・・と思いました。
上記作品で一番好きだと思えた「伊織くんの悩み事」でさえも最後男の子が女の子に関係を問い詰めて女の子が告白してます。男として情けないデショ、それって・・・。

全般的に決めるとこ決まってないんでしょうね。
初期では主人公を一度拒否する所があったり性格も女々しいところや潔くないところがあったり・・・と一度気づいてしまうとそんなタイプの男性が多いところが妙に目に付きます。ご本人が変わったタイプの男性が好きだと言ってたけどそれも要因なのかなぁ。

少コミ系はねぇ~、特に男の子がカッコイイ方がいいと思うんですが。なんかどの人も他の過去作品を思い返すとこの男の子カッコ良かったって人いません。むしろ皆、なんか女々しい気がする。
ま、私が感じただけで人それぞれのタイプや感じ方があるかと思いますが。
一番良かったのは初期の「だって君が笑うからの」男の子くらいかなぁ。なんか誠実なまっすぐさがあったかなと。

京町さんってストーリー作りで後半に「実は・・・」という展開が多いからその展開に至る流れに持って行く為の拒否とかもあるんだけどそれもイマイチ男らしくない印象になるんですよね、きっと。ストレートに男性側からアプローチしてきたりするタイプの話も殆ど無かったしね。

今回の単行本は悪くないと言いつつケチ付けてるようで申し訳ないのですが「伊織くんの悩み事」を読んだ時に最後にここまで来てなんでキメる所が決まらないんだろう・・・なんで自分で告白しないで女の子に言わせるんだろうと残念に思ってから言われてみればどの作品の男性キャラもなんか女々しいなぁと。
最近は色々なテイストの作品を描いてるようだし是非女性キャラよりも男性キャラをカッコ良くしてみて欲しいです(希望)



逆ギレか!?むしろ、こっちの方がイライラするわっ。
0925.jpg







にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。