スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊プロデュース 全2巻

精霊プロデュース 第1巻 (あすかコミックスDX)精霊プロデュース 第1巻 (あすかコミックスDX)
(2012/02/23)
宮城 とおこ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒ 巻・

【あらすじ】
目に見えないものを信じない主義の百瀬椎菜。
しかし、突然登校中に「今日から俺を信仰しろ」と和服姿の青年に呼び止められる。
和服姿の青年は実は「水鏡」の精霊で天上の人だと言われ…?


初めての作者さんでした。BLも描いてるみたいだし、挿絵も多く描かれてる方なんですね。

1巻はなんだか設定は壮大そうだけどストーリーやキャラはハチャメチャなだけで面白くなかったんですよ。
でも、精霊とか神様とかそういったジャンル設定が好きな方が楽しむって感じなのかしらと。

神様ではなくて神様に作られた精霊だという周(あまね)が、神様になる為に天界から降りてきて主人公の椎菜に自分の事を信仰しろというところから始まります。突然現れ、空気読めない世間知らずなオレ様。と、あまり惹かれなかった。絵は綺麗だけど男性キャラがキャラとして全然カッコよくない。
読んでて、挿絵向きの方なのかしら・・・と妙に納得して考えながら読んでしまいました。

私は周の性格の言い出したらきかない所とかがあまり好きじゃなくてもうちょっと、カッコよかったらまだ良かったのかな。世間知らずで融通の利かない周に椎菜がまるで保護者みたいになってしまってました。



ここからネタバレ▼







2巻で少しストーリーの核みたいなのが見えてきてもしかして面白くなるかなぁ??と疑問系ながら思えてきた所で終了でした。
最初、痛覚が共通とか特に必要も無く面倒臭い設定が入ってるなぁと思ってたんですが2巻で神様からの神魂が椎菜にも入ってるということで痛覚が共通だとか、それは椎菜が幼少の頃に山で神様に助けられたからだという部分が見えてきて少し面白くなってきたのですがあっさり終わりましたね。
強制終了で打ち切りだったのかしら。

もう少し、最初の方にその方向性とか気になる伏線を上手に見せてくれたら良かったのに最初の方は全然面白くなくてキャラがドタバタしてるだけだったので・・・。
そのキャラ自体もどっかの漫画に分散しているようなのを集めたような良くいるタイプだったのでどうにも半端感がありました。

主人公の破壊神設定もいらないし。この手の話はキャラも濃いから面倒なのは神様設定だけで十分でストーリーを複雑にした方が良かったのになぁと。なにかと最初の方にキャラに意味無い話を付け過ぎてそれが面白くないので逆に勿体無かった。







にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。