スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたためてからお召しあがりください&その先、侵入禁止

勝手ながら短編2冊の感想として・・・。



あたためてからお召しあがりください (フラワーコミックス)あたためてからお召しあがりください (フラワーコミックス)
(2010/12/10)
湯町 深

商品詳細を見る


【あらすじ】
「かわいい」それは最高の「エロス」
超がつくほど過保護な父の命令で育った菫は、20歳になるまで彼氏どころか男の子と遊ぶことさえ禁止されていた。やっと20歳になって今までできなかったことを思いっきりやろうとした矢先、父から会社の大嫌いな鬼上司・永沼を「婚約者」と紹介され・・・!?素直になれない大人の一途な男を集めた、珠玉の短編集。
「かわいい」けれど、誰よりもドキドキさせる、そしてそれは最高に官能的・・・!湯町深の2ndプチコミFCαです!


「制服の微熱」をこないだ読むまで湯町さんはもう完全にプチコミに行ってしまったのかと思ってました。
どちらでも描いてるみたいだけどチーズのがいいと思う!
それともチーズにカムバックしたのかな?

でもって、この単行本はプチコミなんだけど、もう1冊読んだのもプチコミのでどれも同じパターンで主人公のモジモジ加減とか男性のSキャラ具合とかチーズの頃と変わってはいないものの、「設定が学生から社会人になってしまっただけでこうも萌えないもんなんだ」・・・・と。若い子好きのオッサンのようなセリフですが。
別に若い男が好みだとかいう意味ではなく!?

だって、男性が大人になって迄こんなに好きな子いじめる?小学生並みだよ?
高校生だからまだ(ギリギリ)甘酸っぱいシチュエーションて感じで読めるんだけどいい年齢でこんな男嫌だよ。と、キュンとくるよりむしろ萎えます。
大人設定の場合はもっと大人な男性がいいし、照れるにしてもこうじゃ無いというか。お前が照れるな!と突っ込みたくなるような気持ちになってしまって。

最初の1,2作くらいはまだ良かったんだけどたまたま借りたもう1冊とあわせて2冊が全部同じパターンでガッカリ。違うパターンが混ざってると良かったですね。
ストーリーもあまり凝ってはいなくて状況設定を変えただけでほぼ同じパターンでした。




その先、侵入禁止 (フラワーコミックス)その先、侵入禁止 (フラワーコミックス)
(2011/10/07)
湯町 深

商品詳細を見る


【あらすじ】
”ソレ”の先は まだ、禁止。夢だったひとり暮らしをする条件として、蜷川という男と半年間一緒に住むことを言い渡された春風。実は彼に憧れていた彼女が知ったのは奴が「エロ親父」だってこと!!!!しかもことあるごとに子供扱いされて嫌気がさしたある日、春風の目に飛び込んできたものとは・・・!?表題作のほか、4つの最凶エロスが濃縮された、至高のラブストーリーズ!



男性が会社で主人公に冷たかったり厳しくあたってたりして女の子はモジモジしてて怖くて萎縮しちゃったり、またはあまりスキじゃなかったり。でも、男性の態度は好きの裏返しで。

何かをきっかけにいつも男性が決壊して女の子に手をだして思わずHしてしまい、女の子もなぜか雰囲気に流されてしまう。で、それをきっかけにして女の子の方が今度は男性を意識してしまって・・・の黄金パターンでした。

あ、あと主人公が親から言われて婚約させられたり同居させられたりする男性が、本人知らないだけで実は男性側が何年も前とかからずっと好きで親も巻き込んで仕組んでたみたいなパターンも何作か入ってました。最初は割といいかなって思ったんだけどやっぱり2冊のうちに何作かあって、その2パターンだけかよって思うと・・・うーん。。

悪くは無いんですよ。
ただ、2冊読んでほぼまるまるそのどっちかのパターンだったので。
プチコミの場合は読まなくてもいいかなって思いました。
でも違うパターンが出てくるかと期待して読むかもしれないけど・・・。具体的作品の感想になってなくて申し訳ないですがホントに設定が違うだけでシチュエーションやオチがほぼ同じだったんで。







にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。