スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生ひろいました

女子高生ひろいました (フラワーコミックス)女子高生ひろいました (フラワーコミックス)
(2013/01/25)
夜神 里奈

商品詳細を見る


【あらすじ】
私…カレに飼われています。。
売れっ子ケータイ小説家の諒は、小説のモデルになることを条件に、家をなくした、女子高生の私を拾ってくれた。「『仮』の恋人ってことなんだし、…えっち…なことはナシッッ!!!!」
でも、そんなことお構いなく、「いい子で待ってろよ」…って、、手錠!?
「可愛すぎ もう我慢限界」
「すっげー顔真っ赤…やっぱからかいがいあるね」
振り回されて、もてあそばれてる…のに、ハマっていくの。こんな恋ありですか?


これは短編集でしたが表題作は惜しいもないくらいあまり面白くなかったです。
行くところが無くて男の人に拾われたとか設定がズサン過ぎて・・・。男の人と一緒に住んでて彼が主人公に対して家事だけさせて全部面倒見てるとか何も納得できる要素も無く、単にかっこ良くてこんだけ思ってくれてる人と一緒に暮らせたら素敵だねって思えるといいんでしょうけど、夢見る少女じゃいられない(古い)年齢の人にはムリですね。

絵が綺麗とかシチュエーションが素敵とかだけで楽しく漫画読める年齢だったら私も楽しく読んだかもしれないんですが・・・。
一緒に暮らしているからドキドキするような場面がありつつライバルが出て来て主人公が勘違いしたりショックを受けたりしてその後は誤解が解けてハッピーエンドなだけでした・・・。
コレ、今年発売でしたよね。携帯小説作家ってなんかもう古いんじゃ?と思ってしまいました。

あと、先生モノを好きになってしまう話。
短編なので卒業式前日の一日にスポットをあてた先生とのやりとりやストーリーはいいと思います。
でもあまり切ないとかは無かったなぁ~。

また若い天才学者の大学へもぐりこんで偶然知り合ってのお話。
夜神さんらしい盛込み設定だけどこれはなんだか好きでした。私の中でなんだか好きは大事です。多分、男性キャラかな。キャラは大事ですよ。盛り込みよりも練り込みが大事。

どれも似たような薄い印象なんですよね。他の作品もそうだけど前も言ったようにキャラが「タイプ別」にはなってるんだろうけど皆「個性」に乏しくて読んでて魅力的に感じないんですよ。
そのせいでストーリーは違うんだけど何描かれても同じような印象を受けてしまうんですよ。









にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: 有難うございます

ぽにょ様

はじめまして、コメント有難うございます。
こちらこそ色々好き勝手なこと書いてるのは分ってるんですが娘さんが大好きなマンガだそうで・・・すみません。
Sho-comi含め、自分自身の方が少女漫画の対象年齢外でアウェイだということは重々承知でおります(^^;
私としては、自分のように大人になっても漫画が好きな人に、大人でも面白い漫画、ちょっと大人になると無理を感じる漫画ということを正直に描いて自分と同じように大人になっても少女漫画を読みたい人への参考になれば・・・というつもりで感想を書いております。ですのでぽにょさんが思うように辛口になってしまってますね、自覚はあるのです、そこは申し訳ありません。

学生の頃は友達同士で色々漫画の情報交換が出来たけど大人になると中々そういった話は出来なくて大人になってから人気作や売れてる作品を読んでも自分では年齢も含めそう思えない作品も多くてネットで大人になっても何か面白く読める少女漫画って無いかな?と、思って他の方のブログを見て探しているうちに自分でも書いてみたくなって、ということからブログを始めました。段々、備忘録的だったりその他気分次第の時もありますが。
なので同じような目的の方の参考になればと思っている部分が大きいんです。
だから学生の方とかだったら十分面白く感じるレベルだろうということもわかった上でなので、そういった方が不快に感じられたら申し訳なく思いつつも思ったことを書いてしまってます。
勿論、漫画の仕事にも関わってない100%読者視点のつもりです。

最近はレンタルでも読むようになって、普段自分が読まないジャンルとかにも手を出してるので余計色々書いてしまってますが決して評論するつもりもないんです。
色々短編集とか読んでたら短編集ばかりで長期連載にならない人って何が足りないんだろう?と、ふと考えてしまってこんな・・・偉そうなこと書いてますね(^^;
子供が読んで面白いと思えば十分、とは自分も子供の頃を通り過ぎてわかっているんですけど逆に大人として読んでいて「短編ばかりでこのまま消えてしまったら勿体無いから頑張って欲しいな」と思った漫画家さんなんかはつい叱咤激励のつもりで読者としてこうすれば面白いんじゃない?こうだったら私は好きだったという気持ちで書いてしまってました。
大人の事情で好きに描けないんだろうなってのも大人になってくるとわかるんですけどね。
夜神さんは絵も綺麗だし、一生懸命描いてるんだろうなぁとも思ってむしろアレコレ書いてしまってました。

あと、ぽにょ様がおっしるように夜神さんは少女漫画がお好きなジャンルじゃないのかも?と迄は気付けなかったですが、何かの作品のあとがきかを読んでいて少女漫画をあまり沢山読んで来られた方ではなさそうだなぁと何故か私も思いました。
違うジャンルの方がお好きだったんでしょうかね、って私のもただの妄想ですけど。

こちらこそ、好き勝手書いているブログに真摯なご意見でコメントを有難うございます。
私の中では評論なんて大層なものではなく「自分勝手な読書感想文&備忘録」ブログというつもりで書いてます。
ご不快に思われる内容のこともあって申し訳有りません。もし気が向いたらまた遊びに来てください。


はじめまして!

最近の記事をいくつか読ませて頂きました!
こんなに真剣に漫画を読まれている方はなかなかいないんじゃないかと尊敬するくらい、各作品と真剣に向き合っていらっしゃるんですね(*^_^*)すごいです!
何か漫画に携わるようなお仕事をされていらっしゃるのでしょうか?

この作品は小学生の娘が大好きで、バイブルにしてます(笑)
確かに、私のような年齢になると、夢見がちなストーリー展開はついていけない部分はありますが、Sho-comiの対象年齢が小学生~中学生である以上、それでもいいんじゃないかなぁとも思うんですよね(^_^;)
自分が子供の時に好きだった漫画は、やはりありえないミラクル展開だったりしましたし(笑)
逆に、大人が感情移入できてしまうような漫画は、まだ子供には読ませたくないなぁ、という親心もあったりw
今は子供に読ませたくないような少女漫画が溢れている中、親の立場的には夜神先生の漫画は好意的に受け止めています。

ただ、この記事を読ませて頂いたことで、感じたことがひとつ。
夜神先生が本来描きたいものは、こういうものじゃないのかもしれないなー、と。
確かに、展開が突拍子もなかったりするというか、「読者がキュンとしそうな行動」をこれでもかってくらい盛り込んでいるのは、本来の描きたいものの方向性が恋愛モノじゃない故なんじゃないか?とすら思えてくるなぁ。。。と。
あまり少女漫画を好んで読んできた方じゃないのかも?
初期の作品が原作付きであることからも・・・まぁ、完全に私の推測なんで、考えすぎかも知れないですけどね(^_^;)

ただ、やはり相当の売れっ子さんにならない限り、専属作家はその誌面のカラーに合わせた作品を作らなくてはならないし、大変だと思いますよ。
自分の描きたいカラーの誌面が雇ってくれるとは限りませんしね。
私も一時期漫画に携わっていた人間なので、少ないページ数で面白い話を描く大変さも痛いほどわかりますし。
それができるのは、一部の「天才」だけだと、個人的には考えています。

もし夜神先生がそういったジレンマと闘っているとしたら。。。もし本人がこの記事をお読みになられたら、かなり傷つかれるんじゃないでしょうか。
伸びしろがある作家さんだと思うので、批判も全て受け止めてご自身の作品の糧にして頂きたいと思いますけどね。。。(^_^;)
長々と勝手な妄想で夜神先生を推測してしまったことも、夜神先生が見たらご気分を害されるかもしれませんが。。。(汗汗汗)

個人的には、長期連載になったら、もっと魅力が増す作家さんであると、期待しています。


ちょうど娘が好きな漫画のタイトルがあったので、ついコメントさせて頂きましたが、もし失礼があったら申し訳ありません。
なかなか普段漫画を読んでここまで考える機会もないので、いい機会になりました。
ありがとうございます(*^_^*)
今後も魅力的な作品評論を期待していますね!!
Secret

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。