スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魚坂上ル 1~2巻

金魚坂上ル(1) (KC デザート)金魚坂上ル(1) (KC デザート)
(2012/12/19)
PEACH-PIT

商品詳細を見る

★別巻の感想は作者別カテゴリで検索して下さいませ★


こちらも1巻から読んでたのですが色々私が不精をしている間に2巻が出てしまいました。ってことで下書きもくっつけちゃいました。反則技ですみません。1巻は謎だらけですよ。

【あらすじ】
坂ばかりの町で人助けをする“すくい屋”をしながら、大切な思い出のカケラを集めている、にしき。優しい幼馴染の蒼馬は、いつもそばで見守ってくれている。ある日、話し相手を依頼された少女・朱とその兄の紺との出会いが、彼女の心の奥にしまわれていた記憶の扉を開け放っていく・・・。 紺は、幼い頃ににしきが出会ったキツネのお面の少年? 蒼馬は本当に幼馴染なの? 次第にわかっていく、にしきのあるヒミツとは――!?


PEACH-PITさんて初めてなんですが「なかよし」でしゅごキャラを書かれてた方なんですね。
最初、ちょっと意味がわからないというか、主人公・にしきが“すくい屋”として近所の人の手助けをしていたりという心温まるお話系?と、思ったらそこにきつねの兄妹だという二人が現れて・・・。

この漫画を最初読んだときは「あれ、ファンタジーなの?」と、一瞬思ったのですがよく読んでみたら子供の言うことだから・・・とにしきが軽く受け流してるのでそこは不明瞭にしてあったんですね。
ウソかと思ったら本当にキツネなの?というオチになるかわからないファンタジーなのかどうかもわからない。そんな不思議な雰囲気のお話でした。


まだ謎に包まれたお話なのですが私は好きです
CIMG0332.jpg


ここからネタバレ▼




何を書きたいのかがまだ全然見えてこないのですよ。
最初ははっきりしない描写だなぁと思ったんだけど、最初からちょっと良くわからないというか、まだ見せてない部分がチラホラ伏線のように入ってて1巻の終わりがすごく気になる終わり方になってました。
1巻の終わりを読んで曖昧に見せてるのはわざとだったんだ!と、この作品は色々なピースをまだきちんとはめていないんだとわかりました。

最初は、見せ方が緩いのかと思ったけどわざとだったんですね~。
向き不向きのある漫画かもしれませんけどちょっと惹かれるストーリーでした。1巻が気になる終わり方だったので2巻が出たら読みたいのですが、ちょっとまとめ読みした方がすっきりしそうだなと思いました。

幼馴染の蒼馬の絡み方も彼は何を知っていて何を知らないんだろうとか思えます。
蒼馬みたいなタイプが当て馬になってしまったら切ないなぁ・・・それとも・・・。

・・・と上記がだいーぶ前に私が1巻読んだ時の感想です。
金魚のカフェとか金魚坂とか実際にある本郷のお店をモデルにしてるようだし、きっとこの作品の舞台は本郷とか千駄木辺りだろうとは思っていたのですが実はこれ読んだ後に「有吉さんぽ」を見て本郷を歩いている場面で、朱達の住んでいるアパートが樋口一葉の井戸がある辺りの情景に本当にそっくりでびっくりしました。
きっと町の風景を取材に行った際に気に入った場所としてモデルにしたんだろうなぁと。

0609_20130529021807.jpg
この情景がそっくりだった場所です、他にも色々ありますよ
下町好きな人は見つけると楽しいかもしれませんね



この時の実際の風景画像を載せられたら思っていたのですが手間を惜しんでる間に不具合で消えてしまってずっと下書きを放置状態でした。でもって2巻を読んで描いた感想をもう下にくっつけちゃいます。反則な感想ですみません。

自分が知ってる町の風景を漫画で違う世界の物語として描かれいてるとなんだか不思議な気持ちになるものですね。元々漫画でも実際の町として描かれてる場合はまた別ですけど。
テイストは違うのですが天野こずえさんの「ARIA」とかも好きです。あきらかにベネチアの風景で異なる世界の物語です。

って、ことで2巻読んだ時の感想です。これも1巻をアップしてないままだったので一緒に保留で放置状態でした。


ちょっと不思議な展開のまま謎を明かすことなく進んでいるにも拘らず、狙ってる感もわざとらしさも感じず穏やかに物語の成り行きを見て行きたいと思える不思議な漫画です。
既にファンタジーなのか違うのかもわからなくなってきました。

だって、最初は癒し系漫画かと思ったらファンタジー色が見えてきてかと思ったら最後に??みたいな。

にしきはすぐに道を忘れて迷ってしまったり人のこととか大事なことを折り紙に書いておくのですがある日、蒼馬のことを誰?と・・・。
にしきは記憶が急に抜け落ちてしまうみたいなのです。

にしきが記憶が抜け落ちるというのが病気や脳の障害、ショック的なトラウマ等で起こることなのかもまだわからない。そして、それが家庭事情や幼い頃の事などを小出しにしつつ見えてこないのです。
見えない事やわからないことが多すぎるのにイラッとせず読めるのは作品の空気感でしょうか。

0331.jpg

空気を乱すカノの存在が唯一少女漫画っぽいですね。
あとは古本屋の本田さんや学校ではフルメイクギャルなのにお団子屋さんでバイトしてる子とか等登場人物も増えてきてきました。謎も増えてきました。

1巻を読んだ時は蒼馬は見守りポジションで主人公を好きで大事に思ってるんだろうけど、にしきはきっと紺を好きになってしまうんだろうなぁと思ったんですよ。ラブストーリーとして濃い話じゃないんだろうけど蒼馬は譲ってしまうのかと思ってたんですが2巻を読んでいたら紺って何かありそうだなぁという部分を別にしても蒼馬、頑張って欲しいと思ってしまいました!!

本当にわからないことだらけの漫画なので一気に読んだ方がスッキリしそうです。

私、蒼馬派ですから!
1182.jpg








にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。