スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうは会社休みます。 3巻

きょうは会社休みます。 3 (マーガレットコミックス)きょうは会社休みます。 3 (マーガレットコミックス)
(2013/02/25)
藤村 真理

商品詳細を見る
別巻の感想⇒1巻2巻

【あらすじ】
初めての恋愛に戸惑いながら、田之倉との仲は深まるばかりで、花笑は幸せいっぱい! でもそんな時、田之倉に迫る手強そうな女の子が現れて…。花笑、大ピンチ!? 後輩の瞳が主人公の特別番外編も収録!


相変わらずの読みやすさ。
このマンガ、確かanamでも漫画大賞取ってましたね。
正直、大賞か?と驚いたんですけど・・・。というかどこでも高評価過ぎてちょっと驚きました。
設定意外は至って普通の少女漫画だと思うんですよ。

絶対ね、皆羨ましいんですよ(笑)
大人女性の「あったらいいなぁ~」を見事に付いたんですよ、きっと

私達(?)は大人なので、田之倉君みたいな男性、そぉ~そぉ~世の中にいないよ!ってことは勿論わかっている!
わかっているけれど恋愛の「あったらいいな」の理想を求めるのが少女漫画の役割なのですよ(そうか?)
大人向けの少女漫画ってリアルな恋愛話が多かったりするけど、むしろこれこそが大人女性向けの理想の少女漫画なんですよね。
と、なぜか熱く語ってしまいました。
今までにも無くは無いんだけどね、プチコミや姉コミでもこの手の設定はあるんだけど・・・どーもあっちは「あったらいいな」というより、「有り得ないでしょ」って思わせる感じなのよね。

どーでもいいけどこの漫画は人気なので長く続くと思いますが、行き着く先はやっぱ結婚なのかしら?読みやすいし面白いんだけど設定を学校から会社へ、年齢を少女から大人へと変えたままの少女漫画としては鉄板ストーリーだから長く続くと多分、鮮度は落ちると思います。



ここからネタバレ▼




とは言え、ライバル投入したり定番にしてもそれなりに面白く読ませてくれるのが藤村さんなので今後も安定でしょうね。

今巻はラブラブでしたよ。
主人公の恋愛ってたのしぃ~という雰囲気や田之倉くんったら相変わらず優しくてこんなに思ってくれて・・・と主人公と同じく読者もきっとピンクの溜息を付いたと思います。

でも、朝尾が会社を退任したと知った花笑が、田之倉君に内緒で二人で会ったりそれを田之倉君の事好きな女の子がちくったり。それを聞いても毅然としてる田之倉君ですが、結局花笑が黙ってるので今後それが火種にならないといいんですけどね。

こんな事言ったら変なんですが・・・決して花笑が羨ましいからではないんですがストーリー的に考えると朝尾でもアリかなと思うんですよ。3巻の田之倉君は優し過ぎて何か感情の起伏が乏しい気がして。
田之倉君は読めば読むほどなんか胡散臭いとも取れるんですよね。
「あったらいいな」から「有り得ないかも」と思えてくる気が無きにしも非ずだし。
ただね、朝尾さん顔がね・・・。藤村さんの漫画として絵的に本命じゃない、本命にならないなってはいけない気がするんですよね。今までこの手の顔が本命だった事が無いし。(全作品は読んでないけど)
それに番外編の瞳が主人公の話を読んで、朝倉は田之倉君と何かあった時に花笑が逃げ込んだものの最終的には振られて瞳と・・・なのかなぁと思ってしまいました。


実際にはこんなことそぉーそぉー無い!と書いたけれど、私の知人の親戚の方で彼が大学院生の時に仕事で知り合い付き合うようになって彼の就職を期に結婚したというこの漫画みたいな素敵な方が近くにいたので十分有り得ますね。でも年の差は7歳くらいって言ってたかな。

3巻は二人の仲が安定したけれど田之倉君側にもライバルが登場して彼女もまだあきらめていないみたいだし、田之倉君にはまだ花笑に見せていない冷たい面もあるみたいだしと今後の波乱を思わせますね。恋愛慣れしていない設定だからだけど、花笑は確かに彼氏持ちの自覚が足りないというか不用意過ぎるからな~。



0616.jpg
  


私は健兄がいい・・・信じてるよ!






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。