スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は僕の虜なれ  1~5巻

君は僕の虜なれ 1 (プリンセスコミックス)君は僕の虜なれ 1 (プリンセスコミックス)
(2008/06/16)
都筑 せつり

商品詳細を見る


【あらすじ】
巫式財閥の後継者に指名された少年・巴。彼は金目当ての身内に命を狙われまくっています。そんな巴のもとに派遣されたメイド・葛城偲倚。彼女のステキすぎる正体とは…!?


全5巻なのかと思ったんですよ。
初めての作者で前知識0のを読んでみようと思ったので5巻くらいだと読みやすいかと思ったんですが・・・5巻で終わらないまま続きが出てないみたいです。

プリンセスだから少し個性強いんだろうなぁとか独特感はあるんだろうなぁというのは想定してたんですが、想定を上回る程・・・なんていうか作者の趣味に走った話だなぁ~と思いました。



ここからネタバレ▼




モノローグやセリフがすごく大げさでボディガードをしてるしぃが「私はあなたを守る道具でいい・・・」とか特にお互い特別な存在になるエピソードはそこまで無かったハズ・・・(仕事として守るのは当たり前なので)。
なのにいつの間にこんな命懸けます!的な気持ちに至ったんでしょう?というくらい他にもずーっとずーっと他のキャラもとにかくセリフが芝居がかったクサイというかすごくシリアスに大げさなセリフやモノローグ吐くんだけどなぜ?というくらいエピソードがそこに至らない。足りてないです。

仕事ですから・・・
0470.jpg

ぼっちゃんの友達?が初対面でいつのまにかしぃを好きになっていてそこからのセリフもすごかったです。キャラが自分に酔ってるようなセリフやモノローグなんですが、キャラというより作者の自己陶酔的な作品だなぁという感じ。

会った当日にここ迄言われるのはなぜ?
0474.jpg


アニヒレイタとかの存在も良くわからないし、そう言った謎を匂わせたまま進む感じなど、好きな人は好きかも知れないけどとにかく作者自身が一番好きで書いてそうだなぁという重いがひしひしと伝わってくる作品でした。

アニヒレイタがどうだこうだという大きな謎を見せて、細かい部分の矛盾点は全く回収無しなので大人の年齢では読むのが少しつらかったです。
あと、主人公が途中からしぃなのかぼっちゃんなのかイマイチわからない進み方ですが、どちらもあまり好きになれなかったです。

最初は坊ちゃんがまだ普通だったけど少しキャラが(物語も)迷走してる気がする。
おっとり見せて裏があるって設定もいいんだけど、どうも好きになれませんでした・・・残念。
しぃはどうしてこの坊ちゃんをそんなに好きになったのかというエピソードも無かったし。1話で坊ちゃんを振り回していたのはしぃだったのに。

そもそも跡取り問題で坊ちゃんが敵から身を守る為の話だったのに2巻から学園でのゲームの話になってアニヒレイタがこんなに学校に集まるのはおかしいとか、ストーリーの核が無いままどんどんおかしな方向になってるんですけど・・・。
しぃが何者なのかってのが最終的な謎なのか、ぼっちゃんと結ばれるかを見届ける話なのか全然わからん。作者が頭の中でアレコレ考えてることをもっと筋道立ててキレイに組み立ててから描いて欲しかった。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。