スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇とオオカミ  3巻(完)

薔薇とオオカミ(3)<完> (講談社コミックス別冊フレンド)薔薇とオオカミ(3)<完> (講談社コミックス別冊フレンド)
(2013/01/11)
柚月 純

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻2巻

別フレの感想が続いたので今週末は別フレ祭り(って程でもないけど)にします・・・。

【あらすじ】
せんぱいが、死ぬ−? ミス皇コンテストのさなか、桐谷に共に逃げようと言われ、有頂天になるふたば。だがその喜びも束の間、首筋にあった魂種 - ソウルシード - の痣が消えていることに気づく。魂種を失うことは、桐谷にとって死を意味する。愛する者を救うために、ふたばがした「決断」とは−。種族を越えた禁断のラブストーリー、ついに完結!


こちらも3巻で(多分)強制終了です。
設定も微妙だったけど2巻のミス皇のイベントふざけ過ぎだったんじゃないでしょうか。
3巻で打ち切られる事が多いパターンと言うことは2巻辺りにくる内容がとっても大事なわけですから。

もう序盤から引き付ける内容とか続きが気になる内容とかにすると良かったんですかね。



ここからネタバレ▼






最後の内容は決めてあったのかも知れませんが、どの内容まで続いたとしもこのように終わらせるっていう風につなげることが出来る終わり方でしたね。

でもって気になったのは桐谷がなぜ?いつのまに?ってくらい主人公をこんなに好きになってんの?って事。

ただこれは、長く続く予定で少しずつ桐谷がふたばに惹かれて行く過程を描きたかったのでしょうけどそこまで進まないうちに終わらせることになったので仕方ないですね。

1巻では全然気持ち動いてなくて、むしろ邪魔扱いだったし2巻でもまだそこ迄じゃなくてソウルシードを持ってるから付いてこいくらいだったのに。急にふたばを大事に思い必死に彼女を守る桐谷を見て読んでて違和感がありました。
でも打ち切りだから仕方ないか・・・と大人の事情を噛み締めながら読みました。

体に取り込んでしまったソウルシード。やがて完全に取り込んでしまったら彼はパワーを補充出来ず自我を失って死んでしまう。
桐谷を助けるために自分の命を失っても・・・と思うふたば。
そんな桐谷とふたばが幼少期に実は会っていて深く関わりがあった事も桐谷の意識の中をふたばが見るという過去の記憶をたどる形でまとめて出したけれど連載が長く続いたら少しずつ明かしていく新事実とかでより絆を深めることに一役買ったことでしょう・・・と思いました。


桐谷がふたばを好きになる過程が無くて残念
426.jpg





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。