スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジャクの教室 2巻

クジャクの教室 2 (マーガレットコミックス)クジャクの教室 2 (マーガレットコミックス)
(2012/10/25)
高梨 みつば

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻

【あらすじ】
体育倉庫に閉じ込められていた所を、まりほに救出された設楽は、他の女子達の前で「こいつと付き合うから」と宣言! まりほは大混乱するが、だんだんと設楽への気持ちが膨らみ始める。だが思わぬ邪魔が!?


3巻で終わるみたいです。今回は残念ながら打ち切りだったのかな。
なんか2巻読んでこれからって感じでしたもんね。
でもって、やっぱり設楽がなぜまりほを突然こんなに好きになったのかはあまり表現されてないですね。
まりほが彼のことを好きだと自覚するなるまでは凄く丁寧でしたけど。

まりほがなぜ設楽は自分の事好きなの?と自分に自信が無くて告白を断ってしまう。
自分の事を好きだなんて、まさか。と、設楽の気持ちを信じられないというのが逆に相手に対してどれ程失礼だったか、そして自分自身も彼のことが好きなんだと気付いて両思いになってというのを丁寧に追った感じで面白かったですし、このお話は両思いになってからの方が面白くなっていくんじゃないかなって思うんですが・・・。

まりほがとてもいい子なので、設楽が彼女が優しいから好きという言い分は理屈としてわかりますが今までの感じからして結構急だったしその割に、ものすごーく好きになってるのが不思議でした。
あとなぜかちょっと「キュン」としない。
それが連載が伸びなかった原因なのかしら。

これからお母さん問題が起こっていきそうな予感がしたんだけど・・・まりほのお母さんが彼のお母さんだったり、なんか繋がりありそうとか思ったんですがねぇ。


ただ、確かに何かが・・・そう。主人公の性格が極端にネガティブで読んでてもうちょっと何とかなんないかね。と思ってしまったので、普通の性格で普通にラブストーリーの方が良かったのかもしれませんね。
主人公が自分に自信を持って恋をして変わっていく過程をこれから描きたかったのかもしれないから、あえてネガティブ設定だったのかもしれないからそこは残念です。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Re: タイトルなし

KINO様

こんにちは!お返事遅くなってしまいすみません!!
この作者さんのは前の作品の「悪魔で候」は好きだったんですよねー。
なので普通のラブストーリー楽しみにしてたんですが状況を整えるストーリーが長すぎたんでしょうかね。

作者が描きたかった内容ってこれからだったんじゃ?って気がします。
あ、私もまだ3巻読んでないんですけど。

絵が気にならなければ是非「悪魔で候」を読んでみて下さい~(^^)


こんにちは!

読んでみましたー!私、絵が少し古臭く感じていて、興味が無い作家さんだったのですが、読んでみたら意外といけました!

好きなんですけど、惜しい!て感じです。私的には。
見せ方がイマイチというか、表現とか間とかが微妙。。。
でもこれからを楽しみにしていたので、3巻で終わりって残念です。ほんと、付き合ってから設楽のヤキモチやらなんやらを見たかった・・・。3巻まだ読んでないんですけどね、イメチェンしてからフツー男子にモテモテになったり燐とどうのこうのするのをあと数巻かけて見せて欲しかったかな・・・と。
個人的には2巻デートの時の設楽の服装、メガネっぷりが良かったです!
Secret

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。