スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

式の前日

式の前日 (フラワーコミックス)式の前日 (フラワーコミックス)
(2012/09/10)
穂積

商品詳細を見る


【あらすじ】
“ふたりきり”の情景を紡いだ感動短編6篇

双子の兄弟、ワケありの親子、結婚をひかえた男と女…。“ふたりきり”という情景を温かく、鮮やかに切り取った珠玉の短編よみきり集。新進気鋭の著者・穂積のデビューコミックスにて最高傑作。



去年の「この漫画がすごい!」で評判の良かったコチラ。今年の始め頃読んでたのですが感想が遅くなりました。至る所で言われてますので今更ですが新人さんだと思うとほんと、すごいですよね。

私は漫画や本、映画でも評判が良さそうだと内容を知って先入観を持ちたくないので出来るだけ他の方のブログとかネタバレを避けてるようにしてます。こちらもあらすじの予備知識なく「結婚式の前日」の内容を綴った話だということくらいしか知らずに読みましたが知らずに読んでよかったです。

短編集って事も知らなかったのでちょっと驚きました。
あらすじとかネタバレはしない方がいいと思いますので内容については「ネタバレ感想で」書きたいと思います。

他の短編のネタバレもしてますのでご注意を・・・。

あ、ちなみにラブはほぼ無いですね。この漫画がすごい!にランクインした作品って中古本で良く見かけるのだけど注目された時にそういった期待で読んだ人が期待した内容と違かったんだろうなぁ・・・と思いました。
あのランキングは胸キュン度外視ですからね。



ここからネタバレ▼




「式の前日」
こちらは最後にある秘密というか内容にひねりがあるのですが、それがとても良かったですね。
読んだ最初はお嫁さんになる女性と一緒に居る男性は旦那さんになる人かと普通に思います。少しだけあれ?あれ?と読み進むうちに思う部分もあるんですが最後の2ページくらいでそうかぁと。
そして、最初から読み返してみたくなりますよね。
思わずじわっとくるお話ですね。

「あずさ2号で再開」
実はコレは前作のすぐ後だったので薄々ネタ証が感じられました。勿論、完璧に先が読めたわけじゃないんですけどね。家族を捨てたダメな父親・・・にしてはちょっと家族思いで何かが違う。
もしや父親は追い出された方で母親に原因があったのか?と思ったけどそれも違うようだし。
「式の前日」のすぐあとではなくコチラは後半にいれると良かったんじゃないですかねぇ。


「モノクロ兄弟」
なぜかタッチを思い出しました。
割と家族とか死んだ人の気持ち、残された人の気持ちなどを入れ込むことが多い方なんですね。青年漫画のような味わいもありました。


「夢見るかかし」(前後編)
どこか吉田秋生さんの初期のような感じに似てるなぁと思いました。外人の会話が映画の吹き替えっぽいところでしょうかね。
この話も良心を亡くした兄弟のお話。かかしを母親と思って話かけてきた妹。兄は一人で自分勝手に生きているようで本当は唯一の肉親である妹を誰よりも大切にしている・・・と思わせつつ妹がいることが実は自分の支えだった主人公。守られてきたと感謝して一人先に幸せになってしまった妹。ちょっとしんみりです。


「10月の箱庭」
こちらも孤独に生きてきた小説家の下にくる親戚と名乗る少女との交流のお話。
自分は烏のりうつってる?と思っているかと思いきや・・・。


結構ファンタジー的というかスピリチュアルな感じのお話も多いんですが無い方が心情的な人間味のあるお話としては私は好きです。ぐっと深いお話を書いてるところにファンタジー的要素が入ると真実味が薄くなってしまって・・・。

ただ余韻とか後味は爽やかになるんですが、全て現実のお話にした方が読んだあとの読後感が深くなる気がしました。あくまで私の場合ですよ。
でも新人さんでこのクオリティってすごいですよね。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。