スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここだけの話  2巻

ここだけの話 2 (マーガレットコミックス)ここだけの話 2 (マーガレットコミックス)
(2012/10/25)
まみや 綸

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻

【あらすじ】
ずっと「好き」って封印してたけどやっぱり伝えたい
「教師」と「生徒」の関係のまま隆ちゃんとは進展がないけど、好きな気持ちがどんどん大きくなる三月。なのに、クラスメイトの上谷からアタックされたり、隆ちゃんが家を出て行くことになったり… トラブル続出!? 三月のヒミツの恋、ついに完結!


順当に終わりましたね。
先生モノとして終わり方もよくある感じでした。
1巻の時も軽い感じのお話だなぁとは思ったんだけど2巻も軽く終了しました。まぁ可愛らしい感じで何か面白い漫画が読みたい!という時には物足りないだろうと思いますが何か空いた時間に漫画読みたいなぁという時に普通に読める感じです。

まみやさんはまだ短編の方が面白いなぁと思います。長く描くにはちょっと色々残念な部分があって。でもマーガレットなので明るく楽しく小学生が読むには読みやすいかもなぁ。


ここからネタバレ▼




バレそうになったり校長室に直談判に行ったりと主人公のドタバタした感じが読んでいた時には何だかコメディというか軽いなぁという感じだったんですが小学生とかの頃自分が読んでたマーガレットもこんな感じだったけど小学生の頃はこれくらいで十分楽しかったなぁと思い返してしまいました。

生徒だからダメとかいいつつ屋上で思わずキスしようとして途中で電話がかかってきて・・・と言う展開は結構好きでした。「え?今の何?」みたいな期待が膨らみつつでも何でもないと言われちゃったら又元通りになってしまって、「でも絶対キスしようとしたでしょ?」みたいな主人公も読者も期待が膨らむパターンです。
好きっていうか、昔好きだったパターンですね。

でも屋上で手すりがガタつくってのはいらないなぁと。危ないよ。
たまーに漫画で屋上の手すりが壊れて落ちそうになるってのあるけどギャグマンガならまだしも絶対に無いだろう、あったらかなりの学校の責任問題だよって思ってしまう年齢になった私です。

で、その後落ちそうになるとか何かあるかと思ったら特に無いし。
最後にここタカちゃんが壊した手すりだねとか思い出ネタ?とちょっと拍子抜けしました。
でも、目隠ししてキスするのとかは良かったですね。
まみやさんのお話ってほっぺにチューとか割と軽いキスシーンが多いんだけど何か可愛らしいなぁと思えるキスシーンでいいですね。




「こんなにこんなに好きなんだ」
短編1篇入ってました。
これは全体的な内容よりも設定が私すごい好きなですよねー。
主人公が友達の双子の弟に好かれるパターン。で、休日に友達と遊ぶ約束して現れたのが友達のふりして女装して現れた弟くん。ま、こちらすぐバレるんですけどね。

今だと単に「女装男子」って括りなんだろうけど私が小学生のころ逆パターンで主人公の女の子が双子で、双子の弟の友達を好きになってしまい男装して弟の振りして会うという漫画があって読みきりだったんだけど妙に好きだった話がありまして。
その自分の好みの名残?なのかも知れません。なんか設定が好きで妙に興奮してしまいました。

帽子を取ったらバレるのが漫画なんだけど、実際には帽子に髪の毛入れてるだけで即バレなんだけどねぇ・・・。
つい鏡の前で実際にやってしまう小学生の私でしたよ。
そんな鏡の前の自分のイケてなさにもびっくりした記憶がありますが何度か兄の学生帽やらキャップやらを被ってみたりガクラン着てみたこともありました。

マンガの感想書いてませんね。ただの思い出話ですね。
ちなみに私が好きだった読切の作品は南部美代子さんのマンガで「恋する女たち」の2巻に収録されてます。
機会があったら感想書いて見たいです。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

Secret

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。