スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミに恋していーですか。 2巻(完)

キミに恋していーですか。 2 (マーガレットコミックス)キミに恋していーですか。 2 (マーガレットコミックス)
(2013/10/25)
椎葉 ナナ

商品詳細を見る

★別巻の感想は作者別カテゴリで検索して下さいませ★

【あらすじ】
ただでさえ恋愛なんかおぼつかない凶悪顔の累嗣の前に、最強恋敵出現。それは愛しの若月サンの幼馴染。クラスの人気もので、若月サンを一途に愛するイケメンに敵うはずない!? 累嗣、一生に一度の恋の行方は!?


★ネタバレありです★


1巻からブランクがあったせいもあるけど、それだけじゃなくて1巻と2巻でなんかストーリーの流れが変わってますね。ただ、それはそれとして笑えて微笑ましいストーリーは変わらずで面白かったですよ。

1巻までは友達の萌実との話がメインで若槻さんとの絡みが少なかったので萌実エンドもありかなと思ってました。ただ、主人公が若月さんへの気持ちがまったくブレてないのでほんわか両想い風で終わるのもありかなぁと思っていたらガッツリ2巻からは若槻さんとの話がメインになってきました。

と言っても、ラブコメなので軽いタッチですが。
急に出てきたのが若槻さんの幼馴染の男の子でこの子が累嗣に宣戦布告し二人の仲を邪魔したりするのですが、そしたら急に萌美が役目を終えたように出番が少なくなってきました。
最後にはいい橋渡しをしてくれるのですが。今までヒロインながら影の薄かった若月さんと交代するように2巻では若月さんとのやりとりがメインになりストーリーはいいんだけど流れが変わりすぎてちょっと驚きました。

だけど、若槻さんが累嗣の良い所をちゃんとわかっていて彼を好きになっていく書き方が定番っぽといえば定番かもしれませんが丁寧で良かった。お互い自分が嫌われたと誤解して最後に誤解を解くために若槻さんが彼の前に二コちゃんマークで目の前に立っての告白にはちょっぴり感動という可愛らしいかったです。

一瞬笑いそうになるけど
CIMG8692.jpg
可愛い演出です(しかし実演での成功率はどうだろう)
CIMG8694.jpg


番外編もほほえましくてよかったですね。
個人的には累嗣のカラコンが片目になってしまったトコが笑えました。
で、思い出したのですが1巻でも書きましたが昔同じように三白眼の主人公で私屋カヲルさんの「少年三白眼」という作品があったのですが、やっぱりそこにもコンタクトネタがありました。あの頃は今のように黒目を大きく見せるコンタクトが無くて主人公がコンタクトにマジックを黒く塗りつぶしてつけて見えてなかったり結膜炎になったり・・・的な話があったんですよ。

時代は変わったなぁとふと懐かしく思いました。

CIMG8696.jpg





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

キケンマニア 全2巻

キケンマニア 1 (少コミフラワーコミックス)キケンマニア 1 (少コミフラワーコミックス)
(2013/08/26)
七島 佳那

商品詳細を見る


【あらすじ】
キュートな恋愛ヒッピーストーリー!
ステキな彼氏の条件?
顔良し?
ルックス良し?
家柄良し?

NO!!
好きになった人が一番ステキに決まってるでしょ――!!!そう。私、野乃はただまじめな恋がしたいだけ。
だから、キケンな香りは徹底的に避けてるの。もちろん、チャラ男とイケメンなんてもってのほか!!
なのに…なのに、どうして!!?こんなに気をつけてるのに、どうしていつもダメ男ばっかり好きになっちゃうの――!!?(T□T)
NOTビッチ!恋愛ヒッピー野乃のキュートでスリリングな恋、第1巻!


キケンマニアってなに?って思ってしまったんだけど一昔前で言うならダメンズウォーカーみたいな感じですかね。ダメ男にばっかりひっかかる主人公のお話です。
当時、1巻はナツメキッ!の8巻と一緒に読みました。8巻の巻末にこの作品の主人公の野乃と一馬の出会いの読みきりが入ってて偶然だったけど一緒に読めて良かったです。

野乃はチャラ男なんかと付き合わずに浮気もしない素敵な彼氏を見つけようと思っているものの、いつもダメ男に引っかかってしまいます。キケン回避能力が低いっていうか、外見が可愛いので男性から告白されるとすぐつきあってしまうんです。

友達の一馬と唯香が暖かく見守る・・・というか言っても懲りない野乃を遠巻きにしつつ守ってる感じですね。アルバイト先の先輩に騙され学校の同級生がプチストーカー化したりと中々本題に進んでいかないのでマイルノビッチみたいになったらどうしようかと思ってましたが1巻の終わりに一馬の友人が野乃を気に入ったのを聞いて一馬は先制攻撃で告白を。

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

制服の微熱 2~3巻(完)

制服の微熱 3 (Cheeseフラワーコミックス)制服の微熱 3 (Cheeseフラワーコミックス)
(2014/01/24)
湯町 深

商品詳細を見る

★別巻の感想は作者別カテゴリで検索して下さいませ★

【あらすじ】
モテるのに、人気者なのに、なぜかちいを構う山下。キスしたり、それ以上のことをしようとしたり。
山下はいつもは欲望だだ漏れのくせに、ちいが怖くて大泣きしてしまったら、「もう絶対に怖がらせない」「我慢する」そんな約束をしてくれて……。
山下のことが気になってきたちいだけど、そんなとき、片想いをしていた藤川先輩から告白されてーー?
ちい、山下、藤川の関係に大きな変化がーー!!


★ネタバレありです★



そういえば、こちらの作品は1巻読んだ時は気づかなかったのですが「カレと私のあんなこと・・・」の中に入ってた読み切りの続きだったんですよね。感想を書いた後に知って再度読んだら本当だ!と・・・。
でもって、2巻からは先月頃よみました。

湯町さんらしく終わったけど湯町さんにしては何か足りない。
エロ?ラブ?わかりません。私がまだ漫画読む気分が完全復活じゃなかったのかなぁ。

(湯町さんの)定番と言えば定番で、彼女は男の子がなぜ自分が好きかわからないし、勝手で怖いし一緒にいると調子狂わされるしと自分の気持ちが恋とはわからなくて、嫌い嫌いと言ってしまい先輩といるほうが落ち着くと。
先輩も主人公を気に入って二人は仲好くなっていくんだけどそれを見て山下はもう話しかけないよ、と今度は逆にまったく無視されて冷たい彼の態度に悲しくなってしまったり。

で、本当に自分に振り向いてくれなくなったら彼が気になって仕方なくなってしまい結局は先輩に彼が好きなんでしょと言われ気づいて二人はやっと両想いに。
そう、たぶん物足りなかったのはこの辺りなのかな?湯町さんは短編が多いから両思いになって終わるパターンが多いんだけど長引くと逆に物足りないのかも。

付き合ってもまだエッチなことはしないでねと言う感じでじゃいつになったらいいんだとかそんな流れですよ。(どんな流れかわからない方は湯町作品を数品読んでもらえれば黄金パターンがわかります)

CIMG8579.jpg




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事

真夜中のアリアドネ  全4巻

真夜中のアリアドネ(1) (講談社コミックスフレンド B)真夜中のアリアドネ(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2006/09/13)
かよ子

商品詳細を見る


霜月さんは初期のが絵もストーリーも好きなんですが別フレを離れてからどうされてるんでしょうか?

【あらすじ】
超新星・霜月かよ子が贈る新時代のロマンチックサスペンス。悩みといえば、背が低いことと、新しいクラスになじめるかどうか。平凡な高校生・千代子の日常はそんなものだった。だが幼なじみの少年・知治(ちはる)と再会したその日から、千代子の世界は大きく変わり始める。地下深くにある高級秘密クラブに迷い込んだ千代子は、そこで驚くべき事実を知り……。


すごく面白いです。
ただ欲を言うと最初に期待したよりは少し「ん?結局なんだったの??」な気持ちになる部分もあって、もしかしたら予定より連載が短くて描き切れなかった構想があったのかもしれないのですが・・・出来ればスッキリしたかったです。

主人公・千代子と知治の間のラブがほぼ無いのです。秘密クラブの話やお姉さんの失踪など最初からストーリーにぐいぐい弾き込まれ読ませてくれるお話だったのですがだからこその欲を言うならの「もっとこうだったら良かったな」と思う気持ちもあります。そこにもっとラブがあれば連載伸びたんじゃ?と思ってしまいました。

ミステリーというか、こういう実際だったら有り得さそうで人知れず本当にあるかもしれない秘密クラブという連想がいいんですよね。

知治のあとを付けた千代子は秘密の倶楽部へ潜入してしまう
1353_201309090040556ec.jpg


ここからネタバレ▼
感想は完全ネタバレになりますのでご注意下さい。

続きを読む

きゃらめるBOY 3巻(完)

きゃらめるBOY 第3巻 (花とゆめCOMICS)きゃらめるBOY 第3巻 (花とゆめCOMICS)
(2012/11/05)
森生 まさみ

商品詳細を見る


【あらすじ】
かつてCMの“キャラメル坊や”としてブレイクした瞬と、年上で幼馴染みのもとか。CM再出演で注目を集める中、遊園地でドキドキ初デート☆ …のはずが瞬がタレント事務所にスカウトされる。瞬の未来を思い心揺れるもとかは2人きりの観覧車で?そして6年後、2人は──。 


★ネタバレありです★


うーん・・・。
一応完結だったので読んでみたかったのだけど思った以上にまとまってなかった・・・。
っていうかいろいろ消化不良でした。

結局、途中から時間経過が経って二人は付き合ってますみたいになってるけど、そんな少女漫画があっていいのだろうか?二人の付き合えるまでを描いてくれるのが少女漫画の醍醐味じゃないの?じゃ私たちいったい何のために読んできたの?
って感じ。という程申し訳ないけど期待もしてないけどさ。

彼が医者を目指したのも彼女が病気だから?と匂わせて最後に驚いたものの子宮筋腫。
子宮筋腫を軽んじるつもりはありませんが、彼が医者にならずともほかのお医者様でもなんとかなる病気ですよね。もっと俺がいつか治してやる的な病気でもなく突然最後に入れ込んできたり色々「??」と思ってしまう謎な終わり方でした。




CIMG8525.jpg




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事

初恋アステリズム 全3巻

初恋アステリズム 1 (Betsucomiフラワーコミックス)初恋アステリズム 1 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2012/12/26)
吉永 ゆう

商品詳細を見る


【あらすじ】
友情?恋?もどかしい恋を切なく描く!

美奈子(みなこ)は、中学以来疎遠になってしまった逞真と高校で再会する。
さらにカッコよくなった逞真にドキドキする美奈子。
だけど、逞真は美奈子の同い年の甥・柊の親友。
しかも、中学時代に「柊とセットでしか見られない」とフラれていて!?

美奈子、逞真、柊の3人の関係が変化して、アステリズム(=星と星を結んでつくる形)のように形を変えていく・・・。
「君と恋を知った」「キスまでの距離」で女子中高生に圧倒的な支持を受けた吉永ゆうが贈る、友情、恋、家族愛・・様々な想いが交差する王道青春ラブストーリー!!


ブログ放置前に2巻完結かと思って読んだら終わってなくて最近になって続きを読みました。もう少し、面白かったと思ってたんですが・・・うーん。。

少女漫画でたまに叔父との関係ってのはあったけど叔母と甥ってのはあまり無かったですね。しかも同い年って新鮮(?)
どう考えてもライバルにはならないよね?感情的にはわかるけれどお姉さんが無くなっているからちょっと拘ってるというかシスコンみたいなものだったのだなぁと。吉村さんは主人公が好きになる相手が単純にクラスメイトじゃなくて、弟の友達とか何か家族関係に絡めた人の友達とかってのが多いですね。

一度振られているにも関わらずってのはいいですよね。
今は友達としてまた普通に接しているものの、何かあっても振られてるんだから期待しちゃいけない、でも・・・みたいな主人公のドキドキが可愛いです。
盛り込まれてるエピソードは定番だったりするもののそういった「少しずつ」な感じでお互い「もしかして?」みたいな期待と不安を感じさせながら距離を縮めて好きな気持ちが芽生えていったりするってのが少女漫画の見所なので。
両思いになってからも相手の気持ちがわからないとか、緊張してるのは自分だけかみたいなところから始まりつつ女の子の無防備な態度に我慢してるのはこっちだみたいな感じでいい感じで盛り上がったところで続いちゃってました。

1195_201309290026028dd.jpg

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

ラブオール! 全3巻

ラブオール!(1) (デザートコミックス)ラブオール!(1) (デザートコミックス)
(2010/11/12)
栄羽 弥

商品詳細を見る


【あらすじ】
羽野希万里(はのきまり)。鹿野森(しかのもり)学園特別通信科に入学した15歳。学園には、超進学校で男子ばかりの普通科と、偏差値不問・誰でも入れる特別通信科(略して特通)があった。なのに、入学式当日、特通を廃止すると学園長が宣言!! 一昨年、希万里の兄が学園内で死亡した事件が遠因らしい……。そんなこと、させない!!! でも、どーすりゃいいの――!? 偏差値∞のエリート男子vs.偏差値……?の特別通信科女子のLOVEバトル!?


コスプレアニマル以来久々に、女神のリーヴラを連載中に読んでて結構好きでその時読んだのですが・・・あんまり面白くなかった! 

ラブオールはバトミントン用語で試合開始だそうです。
バトミントンの話を描きたかったみたいですが、きっと純粋にスポーツ物として描くのは掲載誌のカラーとしても難しいからでしょうかね。ラブは当然ですが、主人公が特別学校が併設された進学校へ特別学校の生徒として入学。そこからなぜバドミントンを・・・という流れが苦しいんですけど。

けれど、入学式で理事長からは近年起こった事故を原因に特別学校の方を閉校すると。その事故というのが希万里の兄が亡くなった事故で特別学校制が無理やり普通化の生徒に飲酒をさせようとしたのを庇って兄がお酒を代わりにのみ急性アル中で亡くなったと。
そこへ生徒会長の天地とちょと変わった美優が現れて実はその事故には真相があり本当は普通化の生徒が特別学校の生徒に飲ませようとしたのを兄が庇ったことや理事長が単に特別学校を閉鎖しようとしているだけだとわかります。

天地がその現場に一時居合わせてたことで理事長が・・・というのはわかります。ですが、彼がそこまで理事長に対して真相究明を求める理由がわかりません。
天地と兄との絆も全然かかれてませんし、兄はどちらにしても相手を庇ったことになってるので天地が特通に対しての何にそこまで思い入れを感じるのかもあまり描いてないし。おまけに兄への気持ちやら色々入れてみたんだけどどれも中途半端というよりかはピントがずれた話だなぁと。


その目的の為の手段になぜバトミントンなんだろう。
一応、作中で学校として全国レベルの選手が特通にいれば廃止できなくなる・・・とあるんですが、まぁ漫画なので廃止対抗案としてだけなら無理だろうけどいいんじゃない?という感じですがそこで未経験者達が集まって全国レベルの試合に勝とうとする時点でスポーツ物としてもなんか・・・無理がありました。
おまけにコーチとかつけてないし。

皆でバドミントンやってる姿は学校を廃止させない為の目的という副産物的なものなのに妙に丁寧な割に学校や理事長とのこととか、全部なんか納得しがたかった。主人公が実は兄とは血がつながってなくて兄のことが好きだったとかストーリーに必要があるのかも謎だった。

ラブストーリーとしても天地と美優と三角関係っぽい感じだったけど、美優が変わり者扱いだったのでかっこいいと思えないんですよ。ただ主人公が物語の中でビューの方に惹かれてしまうのは読んでてわかります。でも読んでるほうとして美優をいいとは思えない。そこが残念でした。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ピーズオブケイク 全5巻

ピースオブケイク 1 (1) (Feelコミックス)ピースオブケイク 1 (1) (Feelコミックス)
(2004/05/08)
ジョージ朝倉

商品詳細を見る


そういえば、これも映画化でしたねー。多部ちゃんとはかなり意外です。

【あらすじ】
やっと風が吹いた――― ジョージ朝倉が描く、20代の大恋愛叙事詩“a piece of cake” お茶の子さいさい、朝飯前、簡単なこと


ジョージ朝倉さんの漫画は若い時は結構読むと精神的に持っていかれる部分もあったんですが年齢が経つと全然大丈夫で楽しく読めます。いえ楽しいストーリーではないのですが、面白いなあと思いながら読めます。

男性も前は全然いいと思わなかったけど、今回はなんか結構好きでした。
アカリは今も昔もなんだったんだ?な女性なんだけど・・・。
ただアカリがいなければ全然面白くない漫画になっちゃうんですけどね。

色々とうまくいかなくて告白されたらすぐ付き合っては捨てられる志乃。
最初の彼が口うるさくて結局振られたのに、志乃の中で何かあると彼の姿が出てきて彼女に口うるさく言う幻影でのシーンとかがなぜか結構好きでした。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

だって愛してる 全2巻

だって愛してる 1 (フラワーコミックス)だって愛してる 1 (フラワーコミックス)
(2009/02/26)
彬 聖子

商品詳細を見る


【あらすじ】
同じバスケ部の凛(りん)を密(ひそ)かに想(おも)っている高2の直(なお)。「友達」の関係を崩したくなくて、想いを伝えられずにいたがある日凛が一目ボレ!? しかも相手は年上の美人・みちよ。さらに直にも年下男子・宏太(こうた)が接近してきて――!?
ベツコミで大注目、4人の恋が交錯する注目連載第1巻!!



全2巻とわかっているので1巻読んでて全然ストーリーが盛り上がってこないけど大丈夫?と、思っていたらなんか4人の関係がもやもやしたまま進んで最後にとりあえず落ち着かせた形になってました。
なんかあまり魅力的なキャラ達じゃないというか。

最初は主人公と幼馴染の男の子かと思ったけどなんか「サルヤマっ!」」のまちゃるみたいだし、彼がピアノやってる女の子を好きになった辺りからあんまり・・・と思っていたらもう一人の男の子とって感じになってきて。
でもなんかその男の子もあまり読んでてかっこいい感じに思えなくて4画関係見えてきたと思いきやいとこ同士の間で最後に二人で知らない間に勝手にかたが付いた感じで主人公のとこ戻ってきて終了。

最初の盛り上がり不足で打ち切りだったのかなぁとも思ったのだけど作者が途中で環境が変わって大変だったとか言ってたのとその後、漫画を描かれてないようなのでご結婚とかされて続けられなくて辞めたのかしら。

打ち切りだったのか作者都合だったのか知りませんが、どっちにしてももっと長く続けるつもりのスロースターターだった気がします。でもってもしもっと長くなれば男の子の魅力がじわじわ出てきそうだったのになぁと思って残念。

いとこ同士の切っても切れない関係が障害になって意外と切なくなったかもしれないのになぁ。でも読み終わった時はちょっとなんじゃこりゃあというあっさりしたまとめ方になってましたね。
途中からがちょっといい感じだったのに消化不良で終わって残念です。

他短編2編入ってました。
まぁまぁです。作者は普通のラブストーリーを上手に仕上げてくれるタイプなので、どういった事情で描かれないのか存じませんがもっと読みたかったなぁ。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

サルヤマっ! 全8巻

サルヤマっ! 1 (フラワーコミックス)サルヤマっ! 1 (フラワーコミックス)
(2005/03/25)
彬 聖子

商品詳細を見る


【あらすじ】
学校生活なんて、サル山でサルたちが序列を作って群れてるだけ…と嫌っていた春奈(はるな)。転校した先の高校でも期待していなかったが、そこにいたのはやんちゃでまっすぐな“コザル”男、まちゃるだった!! まちゃるに自分のペースをかき乱されっぱなしの春奈だったが、いつしか気になり始めて…!?


タイトルに興味をそそられずにいたのですが、同じようにタイトルにそそられなかった「ナツメキッ!」が面白かったので当時チャレンジ。何故かこの手のタイトルに惹かれなみたいです。
どっちもタイトルで読む気がしなかったのですが面白いですね。
でも、タイトルで手に取る気が起きなかった・・・というくらいタイトルって重要なんですね。

代議士の父の汚職によって転校してきた主人公が転校先で新しいクラスメイト達と出会って・・・というお話です。ちょっと冷めたヒロインなんですが可愛げはあるというか、冷めすぎてない感じとそんな少し大人びた主人公が暮らすでコザル扱いされてる元気で明るい男の子に惹かれちゃうのが、すごく自然です。

何かあってもまっすぐ正面から問題解決の道を模索するまちゃる。
二人はタイプが違うので噛み合わないこともあるんだけどそれを乗り越えて、相手に合わせたりって気持ちの通わせ方もよかったです。

主人公がまちゃるを好きになってしまうの、なんかわかるなぁって読んでてすごく思うんですよね。
ちょっと大人びている主人公なんだけど、だからこそやる前から無理だろうと思ったりクラスでも冷静な立ち居地にいようとする中で主人公やクラスメイトと一緒に普段の自分だったらしないようなバカ騒ぎしたりと予定調和を崩されていき、「皆といることが楽しいんだ」と実感していく根はとても可愛くて寂しがりやな主人公が、こういう男の子のを好きになってしまうのがわかるなぁ。

二人が似合わないとか性格が違うことによる考え方とかの食い違いとか周りから指摘されたりして分かってるんだけど、だけど何よりそんなまちゃるが好きなんだってのがすごくわかる。
自分の感情を素直に言えないタイプの女の子がこういう男の子に惹かれちゃうんでしょうね。

まちゃるの友達のアツも主人公のこと好きだけど、アツは友達としてまちゃるが大好きなので出し抜いたり姑息なことはしない。そんなヒロインを巡って男同士で思惑はあるんですけどね。
でもまちゃるが二人を見てやきもち焼いちゃって、ちょっと子供っぽい態度になってしまったりそのまちゃるの焼きもちが主人公にはわからなかったりで、なんでそんなこというの?とすれ違ったり。
まあそんな風にカレを気遣って色々対応するところがお姉ちゃんぽいんでちょっと姉と弟みたいなんですけどね。

こんな男の子学生時代にいたらいいなぁって思います。周囲からも好かれそうです。でもって大抵が人気者になるんだけどモテとは別みたいな。
でも、もっとモテそうなんだけどねぇ。

何かあるとすぐに騒ぎ立ててしまうクラスメイト達といい、学生時代って確かにこんなかもなぁっていうのと久しぶりに学園モノ的な意味で学生時代っていいよなぁ楽しかったよなぁという気持ちになりました。

まちゃるは普段はホント子供っぽい面もあるくせに男の子としての欲求が人並みなのもなんか良かったですね。この子ホントにサル並みというより人並みの男の子だなぁって感じで。
まぁ高校生というか中学生男子みたいですけどね。

まちゃるというあだ名。
まちゃるってなんかまさるって呼ぶより呼びにくいような気がするんですけどね。でも、なんか聞き覚えがあるような気がするなぁと思いつつ思い出せないまま、読んでてね。途中で思い出しました。
「あぁ、あっちはマチャアキ(堺正章さん)だった!」と。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

01 ≪│2015/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。