スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月もありがとうございます

1月からブログを再開いたしました。
以前から読んで下さった方もそうでない方もどうもありがとうございます。

・・・この記事も久しぶりに書いてみました。

もともと「今月も」というタイトルなのに不定期な記事なんですが。
ブログを長く放置していたのにその間にも見に来てくれていた方もいてくれたみたいで本当に嬉しいです。

けれど今月はブログを1年ぶりで再会してみて・・・正直、なんかまだ調子がつかめず苦しかったです。
今月の漫画記事はほぼ・・・というか全部放置前に読んでパソコンの調子が悪くなってきてたのでとりあえず忘れないようにと感想とかだけを簡単に記してたり、記事としてほぼ仕上げてあったけど画像入れられなかったりそのままにしておいり・・・というものなのですがそんな漫画の感想がまだまだ沢山あります。
でも、自分で書いたのにあまり記憶が残ってないのもあるし連載中の漫画の途中巻なんて中途半端過ぎてもう無理でした。

まだまだ過去記事のストックからのアップになりますがそろそろ新しく読んだ漫画の感想も載せたいです。現在連載中の漫画感想がしんどくて、もう完全に連載が終わってからにしようかと思ってたりもします。あと終わった漫画の感想も順次書きたい!と思ってたり。


時間があいてしまうと漫画を読んだ感想を自分で文にするのに、まだ慣れませんね。
読んで思ったことをうまく言葉にできない・・・ただ面白かったとか面白くなかったで済ませたくないのだけどねぇ。前はもっと時間に余裕があったのですが今はちょっと時間が無くて。
そしてお礼記事なのに、こんな自分事を長々とすみません。

まだまだ寒い毎日ですが体調に気を付けていきましょう!











関連記事
スポンサーサイト

君があんなキスをするから

君があんなキスをするから (少コミフラワーコミックス)君があんなキスをするから (少コミフラワーコミックス)
(2013/08/26)
星森 ゆきも

商品詳細を見る


これも読んだの忘れてましたが放置前にかなり感想を仕上げてありました・・・。詳細全然覚えてなかったので助かった。

【あらすじ】
恋なんて、全く意識していなかった。アイツのことだって、ただの友だちだと思ってた。
なのに、突然奪われた私のファーストキス。ありえない…こんなのありえないよ…
…だけど、アイツのキスで私の世界は色を変えたの。君があんなキスをするから、もう隠せないよ。ずっとずっと胸の奥にしまってた、私の本当の気持ち。表題作「君があんなキスをするから」他、本誌・増刊で読者の大きな支持を得た読みきり作品のみを収録。胸キュン間違いなし!人気絶頂・星森ゆきもが描く、ピュアLOVEよみきり集。


短編集でした。「ハニーバニララテぷりーず」以来とは知りませんでした。
全体的に良かったですよ。新作の度に良くなってる気がしてなんとなくだけど応援してたのでちょっと嬉しいですね。

他の作品、含め星森さんの作品は私にとっては全体的に糖度高めなんですがこう嫌なアマアマさではなくてジェネレーションギャップかな・・・と思える感じなので。主人公のテンションの高さもイタさではなくて一生懸命さがちゃんと感じられていいなと思えます。

「君があんなキスをするから」
仲良しグループの一人の男の子はイケメンでモテモテ。お昼休みに仲良しグループで携帯にとった写真でカップル率を占えるというのでふざけて主人公と彼と写メ取ることになったのですがそこでキスされ皆の前で告白。びっくりしたもののカップルに。でも、最初から彼が主人公のこと気に入ってる感じとかが出てたので自然で良かったです。
カップル率は99%で高確率なんだけど、自分は彼に不釣合いだと感じる主人公が残りの足りない1%が気になってしまい彼の元カノの存在など気持ちが空回り。
思わず自分から友達に戻りたいと言ってしまいます。序盤からキュンと出来て、でも両思いになったら心配でと切ない主人公の一生懸命な気持ちが可愛かったですよ。


「夢色ボタン」
隣に住む年下の幼馴染の男の子。彼がもうすぐ中学卒業なんだけど、主人公が夢で彼が卒業式に自分に第二ボタンを渡して告白してくる夢を見てから彼を意識してしまう。
小さい頃から面倒を見ていてボタンが外れるとつけてあげてたエピソードとかで彼が早くボタン外れないかなって思ってたとか小さい部分にお互い好きなんだねぇ~と読者に思わせる描写が入ってきたりとちょっとずつ描写が上手になったなぁなんて失礼ながらなんか親心みたいに思って読んでしまいました。デビュー当時から読んでたわけでもないのに。
主人公がボタンをつけてあげながら自分が彼に惹かれてて好きになっちゃったんだなぁと気付いたものの第二ボタンの話をしたら彼は自分からその話をしておいて振ったくせに・・・とつれなく去ってしまいます。
男の子が彼女を子供の頃から好きでナント小学校の卒業式で既に第二ボタンを渡そうとしたんだけど、彼女が気付かずに子ども扱いしてあしらっちゃってたんですね。


「この恋、レアものにつき」
レアもの好きな主人公のお話?
幼馴染の男の子が数年ぶりに戻ってきたら芸能人になっていた。
芸能モノとしては本格的ではなく自分の元に戻ってきた彼は彼女が限定モノが好きなのを知って限定物の商品をあげるからとアレコレ自分の世話をさせたり海外ロケで面倒を見させたり。
彼女が限定モノ、レア物が好きだから自分も他の男子高生よりも芸能人というレアな存在になりたかった。
というラブラブなお話です。

他野球部の男の子との幼馴染のお話が入ってました。
基本的に私が星森さんが好きなのは、主人公が可愛らしくて一生懸命な感じに好感が持てるのと男の子が実はずっと彼女の事が好きだったっていう私の好みのパターンだからかもしれないですね。
読みきりすべて男の子側が実は主人公の事ずっと好きだったパターンでした。にも関わらずヘタレって感じにならず男の子側もなんか似たもの同士でかわいいなぁと思います。
なんかね、星森さんの漫画は全体的に小粒なんだけど可愛いなぁと目を細めてしまうんですよ。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

王子とヒーロー 全4巻

王子とヒーロー(1) (講談社コミックスなかよし)王子とヒーロー(1) (講談社コミックスなかよし)
(2012/04/06)
山田 デイジー

商品詳細を見る


【あらすじ】
勝平花、通称かっぺ。田舎から都会の学校に転校早々、学園のプリンス・王寺勇輝にひとめぼれ。でも恋どころか、空気あつかいのクラスでは友だちすらできなくて、裏庭が定位置…。そんなある日、陸上部のヒーローで陰の人気者・高良紘と「友だち」になったことで王子とも急接近!? そのせいで嫉妬の的になった花に、次々とピンチがーー!!


これも古い定番を感じさせるようなストーリーでした。
王子のような男の子なんだけど本当に苗字が王寺です。
理事長の息子でお金持ちで紳士的で誰にでも優しいまさに王子のような男の子。そしてもう一人は名前が紘でヒーローです。

最初は優しい王寺に惹かれていた花ですが、第一印象が悪かった紘が実はいい人だとわかり少しずつ紘に惹かれていきます。けれどそれを知った王寺は紘とは何かあるようで今度は急に花に近づいてきて・・・。


CIMG2151.jpg


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : アニメ・感想
genre : アニメ・コミック

先生にあげる 全3巻

先生に、あげる。(1) (講談社コミックスなかよし)先生に、あげる。(1) (講談社コミックスなかよし)
(2010/12/06)
山田 デイジー

商品詳細を見る

放置前に「恋するふたごとメガネのブルー」を読んで結構好きだったのでその時に山田デイジーさんの作品を読んでみた時期がありました。当時は一気に色々読んので「どれも最初はいいのに後半が残念」と思ったのですが。
放置中もそんなわけで気になったものの「恋するふたごとメガネのブルー」もブログとともに放置してましたがまだ連載中なんですねぇ。今度読んでみます。
 

【あらすじ】
灰色の夏、先生と合って、景色が変わった。真面目だけがとりえの、内気な女子・あざみ。誠との出会いは偶然だった。忘れないでと、キスしたのは、自分を変えるためだった。新学期、2人はふたたび出会ってしまった。今度は学校で。先生と生徒として…。


新作が面白かったので読んでみました。
こちら先生とのラブストーリーですがベタで面白かったです。山田デイジーさんは結構、昭和のベタな持ち味を感じる作品を描かれる方なんですね。「なかよし」だからか、主人公が読者の年代に共感されやすいように少し幼さを感じます。
あと展開が盛り設定という程じゃないんですが、主人公や登場人物が結構突然の行動に出るんですね。

出会った男性を好きになってしまったものの実は先生だったという導入部分、入院していたお姉ちゃんの過去の話からベタな匂い満載の展開を予想というか期待して読んでました。


CIMG2133.jpg


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

つばさピチカート! 1巻

つばさピチカート!(1) (講談社コミックスなかよし)つばさピチカート!(1) (講談社コミックスなかよし)
(2013/09/13)
春瀬 サク

商品詳細を見る


【あらすじ】
ヴァイオリニストになる夢を追いかけるため、とおく北海道の村からとびだして、都会に向かう高速バスに、ひとりで乗りこんだ朝比奈翼。そこで待っていた“運命を変える出会い”とは…!? いちずに夢を追いかけるまっすぐさが、さわやかな感動を呼ぶ、音楽ストーリー。少女の希望と喜びが、ギュッとつまった第1巻!


なにやら読んだことも忘れていましたが2巻で終わっていたんですね。続きは読むかわかりませんが・・・。

「なかよし」でした。なかよしってなんか昔のテイストから変わってないのかな。結構、音楽ものとして超王道でした。

死んだお父さんがバイオリニストで北海道の田舎でバイオリンを習っている翼ですが母子家庭でお金が無くバイオリンをやめることに。けれど、バイオリンを続けたくて密かに特待生枠の試験に受けるも親の承諾がなく失格。その時に出会った有名な先生から光るものを見つけられて東京で面倒を見てあげるから出て来いと言われます。

先生の子供達もバイオリンをしているので、周囲は特別扱いの翼のことが面白くない。更にそこで北海道の試験で会った男の子と再会、仲良くなるけれど先生の娘もその男の子を気に入ってるのでライバル意識されます。
でも、翼はもう元気でただただバイオリンが好きという感性タイプ。

田舎にいたから見出されてなかったような形とか1巻はなんか懐かしいくらいの展開でした。ふた昔くらい前に割とあったパターンですよね。小学生には面白いかもしれないんだけど私的には子供向け対象としては安心な感じの漫画だなぁという印象でした。

コンクールに先生が娘と主人公のどちらかを推薦するとかまぁベタですがいいんじゃないですかね。しかも(しつこいけど)2巻で終わってるわけですから。

CIMG2322.jpg


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

魔女の心臓 1~2巻

魔女の心臓(1) (ガンガンコミックスONLINE)魔女の心臓(1) (ガンガンコミックスONLINE)
(2012/10/22)
matoba

商品詳細を見る


【あらすじ】
自らの心臓を失ったために死ねなくなり、500年を生きる、不死の魔女ミカ。
彼女はしゃべるランタンのルミエールと共に心臓を持っているという、ミカの双子の妹のニナを捜して今日も旅を続けるのだった──…。
荘厳華麗な世界で繰り広げられる、純然たるファンタジー登場!!


ファンタジーなのでジャンル的に好き嫌いの好みがありそうです。ラブもないし。
何かワケがあるのか大きな謎がありそうなストーリーでした。魔女とは古くは職業だったということでその双子の魔女がミカを溺愛してて自分を追って欲しいからと心臓をもって逃げてる?心臓が無くても生きていけるのかってそもそも思わなくちゃいけないはずなんですが、そのまま読んでました。マントの下、空洞みたいだった。

で、しゃべるランタンと一緒に妹を探すたびに出ている魔女・ミカのお話です。普通は心臓が無かったら死んじゃうんだけど、逆で心臓が無いから死ねないという主人公。既に500年旅をしています。

その旅の途中で出会った人々や訪れた村で起こる出来事をロードムービーのようなショートストーリーで進んでいきます。
少しずつ、主人公の謎が小出しで明かされたり過去の旅で出会った登場人物が介入してきたり。
人魚のお話で出てきた貧乏なお姫様とか結構好きでした。
あと、花に寄生されて頭の上につぼみを載せている女の子のお話。つぼみが開いたら死んでしまうのですが実は・・・という謎が結構良かったです。人間の欲を現したストーリーが多いですね。

しゃべるランタンは主人公がキスすると人間の姿になるのですが、それも2巻で過去の回想から竜に襲われる村をを助けることになったミカが現れた龍が、人間の姿になったランタンだったのでランタンはその時にミカの魔法で龍だったのにランタンにされてしまったのか?
わかりませんけど・・・先が気になるって程でもないんだけどつまらなくもないし、けど進んで読みたいほどじゃナインですが。
結構暗い雰囲気を醸したストーリーなので気分が乗ってないと読みづらいかな。

現在も連載中ということを考えると今はストーリーがもっと広がってるんでしょうかね。広がってるんだったら読みたいけどショートストーリーで続いてるだけだったら別にいいかなぁというのが現在の気持ちです。気分が乗った時に読むかもしれません。

CIMG2332.jpg


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

幾星霜の夜を越え

幾星霜の夜を越え (花とゆめCOMICS)幾星霜の夜を越え (花とゆめCOMICS)
(2011/10/20)
友藤結

商品詳細を見る


【あらすじ】
寛永8年。悪党の用心棒をして生きる天涯孤独の青年・狂四郎は、商売敵の比良田正宗に敗北し、その男の法力により不老不死の身体になってしまう。17歳の姿のまま400年近く放浪していた狂四郎は、平成の世で正宗の直系の子孫・時乃と出逢い、復讐の為に時乃を狙うが…!? 


友藤さんの作品はコメントでお勧めいただいてた「影に咲く花」が無くてこちらを読んでみました。聞いてた通り確かに先が読める感じでした。っていうか、もしかしたらですが作者が書きたいと思うお話と私が少女漫画として読みたいと思うお話と根本的に趣向とか好みが違うのかもなぁと思いました。

こちらも残念ながら男性が主人公で(基本的に少女漫画は女性が主人公が好き)、江戸末期の戦いで崖から落とされた主人公がなぜか死なず、それどころか相手の男性から受けた術によって不老不死になってしまった…というお話です。
特に時代に順応してたわけでも働いてたようにも見えないけど現代まで生き続けてけてきたというちょっと色々頭を抱えてしまうお話ながら戦った相手・とそっくりの人を見つけるも女性で…。
彼女は子孫だったという事で彼は命を狙いますが・・・そうですね。確かに先が読める定番ストーリーですね。
彼女と過ごすうちに人の優しさに触れてしまって以下云々・・・。

いいんですよ、定番は定番で。
問題は定番の見せ方だと思うんですよ。なんか・・・なぜだか心惹かれることなく読み終わってしまいます。想定内だからでしょうか。主人公の性格とか相手の女の子の性格とかが少女漫画であまり好まれるキャラじゃないのかもしれませんね。

タイトルがすっごい素敵なファンタジーとかラブストーリーかと思いきや肩透かしな感じですね。
結構ドロ臭いお話なんでタイトル買いしてたらショックかも。あ、でも表紙が乙女チックじゃないから気づくかな。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事

そよそよ 全2巻

そよそよ。 1そよそよ。 1
(2012/09)
朝倉 世界一

商品詳細を見る


【あらすじ】
いつも、はるか遠くを見ているような目。鬼灯くんは、どこを見ているんだろう…。キュート&ポップのキングが贈る幼なじみの3人が織りなす、ほんのすこし苦い恋のエレジー(ちょっと忍者風味!?)、はじまります!



これは・・・!?
なんかわからんけど結構面白かった・・・が・・・不思議。 な、漫画です。
だって絵とか鉛筆とかで描いたようなすごいゆるぅ~いタッチなんですよ。
きょうの猫村さん、とかちびまるこちゃんみたいなのほほーんなお話なのかと思ったのになんか全容が見えないんですよ。

最初は田舎町で主人公の菊田さんという平凡な女の子が大人になって同級生だった男の子の谷村君ことタニムーと小学校のころにきた転校生覚えてる?という話になります。よくある昔都会から来た転校生・鬼灯くんが好きだったんだけどという思い出の1ページで、そしてその鬼灯くんが今や国際的なスターになっていてというお話に女の子の片思いかと思ったら・・・逆!

タニムーと鬼灯くんは実はなにやら今も連絡を取っているみたいで二人してどっから客観的に見ても絵的に見ても設定からしても平凡な菊田さんが好きらしく・・・。
だけど菊田さんは現在、この田舎の村に忍者村?を絶賛建築中の御曹司に夢中・・・かと思ったら御曹司も夢中!
菊田さん、平凡なのにこのモテっぷり何?
でも菊田さんは御曹司に対してほのかに憧れを持ってる普通の女の子なんですよ。
国際的スターと御曹司と幼馴染というバランス悪い3人の男を手玉に取っているにも関わらず。
しかも鬼灯くんは、国際的スターという身でありながら実は謎の家業があって・・・なんか・・・忍者?

看板の上からの国際スターの片思い・パパラッチも追いつけまい!
CIMG2209.jpg


ここからネタバレ▼

続きを読む

真神さまのいうとおり! 全5巻

真神様の言うとおり! 1 (プリンセスコミックス)真神様の言うとおり! 1 (プリンセスコミックス)
(2010/08/16)
しげまつ 貴子

商品詳細を見る
 

【あらすじ】
剣吾の家に預けられ、高校に通う玉緒は、育ての父である“主様”を慕い、その帰りを<妄想しながら>待ち続けている。そんな玉緒に恋する剣吾だったが、ある日、主様が帰ってくる。でも、主様はちょっと変わっていて…


小さいころに母親に捨てられ山で出会った主様と暮らしてきた玉緒。
主様からは迎えに行くからと言われて途中から親戚の家に預けられることに。玉緒は主様が迎えに来てくれることをまっています。そんなところに主様が現れて・・。

つまらなくないし、色々と出来事は起こるのだけどこれといって盛り上がる出なく割りと淡々と事が進んで事が進む中で普通に解決されての繰り返しでした。
つまらないわけじゃないんだけど・・・何か物足りないんですよね。

まぁ、くすっと笑えるところがあったり、うまいなと思う部分なんかはあるんだけど部分的にであって全体的にはぼんやりとした感じで普通でした。

絵も普通で悪くないんだけど。プリンセスだから程ほど感があるのかな。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

泣かんもん! 2~4巻 (完)

泣かんもん!(4)<完> (KC デザート)泣かんもん!(4)<完> (KC デザート)
(2013/08/12)
築島 治

商品詳細を見る

★別巻の感想は作者別カテゴリで検索して下さいませ★

【あらすじ】
高校入学を機に広島から東京にきた平原つかさは、泣きぐせを直して自分を変えようと努力する毎日。泣く女は嫌いと言う洋一に告白し一度は振られてしまったけど、好きになってもらえるよう頑張ろうと決意する。一方、望はつかさをあきらめ切れない様子で……!? 泣き虫女子の人生再起動ラブストーリー最終巻!


前の作品があまり好きじゃなかったので1巻読んだ後にちょっと様子見で当時放置してました。でブログ放置前に完結まで読んでたのですが読んだことをうっすら忘れていてまた借りそうになりました。


でも、この作品良かったですね。ストーリー的には結構地味めだと思いますが地味に良かったです。
前回の作品は意味がわからないけど主人公が男の子に惹かれてるところとか色々と登場人物達のすることに対してなぜそうなる?と思う展開が多かったのが気になったのですが。

主人公のつかさが少しずつ姫野に引かれていく部分も良かったし、姫野の方も意外に鈍感なんだけど、つかさに対しての態度とか基本的に口はキツイし態度もぶっきらぼうなのに困ってると放っておけいとか。また無自覚で嫉妬してるとかかわいかったです。

そんな態度や接し方をされてたら主人公も徐々に好きになってしまうよねというのが自然で理解できますね。

勿論照れてるでしょう
CIMG2131.jpg



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

カレンダー(月別)

12 ≪│2015/01│≫ 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。