スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビューティー ハニー 全3巻

ビューティーハニー 1 (花とゆめCOMICS)ビューティーハニー 1 (花とゆめCOMICS)
(2007/09/05)
マツモト トモ

商品詳細を見る


マツモトトモさんの最初に読んだ作品がコレでした・・・って「美女か野獣」の感想で書いてこっちの感想を書いてないんですよね。ずっと忘れてました。

【あらすじ】
小日向二子は「慰謝料御殿」と噂の男運が悪い一家に育つ高校二年生。家族の失敗を見続けた結果、恋愛に心乱さずに生きたいと願っている。だがオシャレで気が利くモテモテ美容師の馨に構われ・・・想定外!?恋愛上級者・馨と初心者・ニコの年の差スリリングラブ。


読んだ当初に感想を書いていたら多分もっとベタ褒めしてたと思うんですが、作者の作品をいくつか読んでしまって年の差恋愛のパターンが最初の作品「キス」と似てるんだぁ~と思ってしまってからテンションが少し下がってしまったんですよね。最後に読んだのが「キス」だったのでこのパターンや雰囲気飽きたなぁと思ったけど最初の作品が「キス」なんですよね。・・・そんなわけで(?)「キス」の感想は書く気が無いのですがこのテイストが好きな方は最初に読まれるといいと思います。

高校生という十代のもつ大人でも子供でもない危うい感じと大人の男性との駆け引きっぽい感じはやっぱり上手ですね。この雰囲気というか、なんか醸し出してる感がいいです。
まとめて読んだせいもあったみたいで暫く時間をあけて再読したらやっぱり面白かったし。

ニコは家庭環境のせいか恋愛に夢をもっていない高校生にしては冷めた子です。
それに比べて馨はニコが通う美容室の美容師なんだけどニコを「かわいい」といつもべた褒めしてお気に入りなクセに結局はお客様扱い、高校生扱い。

画像 313



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ロンタイBABY 全8巻 & プレイバック

画像 31445
ロンタイBABY 全8巻完結(文庫版)(コミック版高口里純文庫)


ふぅ・・・今回は長いです!
そして感想じゃないんじゃない?という方向へ行ってしまいました。。。

【あらすじ】
清尊女子高校の万年久子と蜂屋間由子は通称チャコ・マコと呼ばれるロンタイコンビ。喧嘩にかけては天下無敵で他校の生徒からも恐れられているが恋にかけては結構ウヴ。そんな二人が行くところ常に大騒動が巻き起こる。
恋と喧嘩の過激な青春グラフィティ!



ロンタイはロングタイトスカートの略です。。
中学生頃、友達と「面白い漫画ないかなー」と話していて何人かに勧められたのですが「果たして本当に面白いのか?」というのと小学生の時に読んだ「花のあすか組」が理解不能だった為、疑っていた私。勧めた友達は姉が借りてきたとか違う学校の友達に借りたとか直接借りられない状態。。

けどっ!
高校時代に別の友達から借りました。元ヤンだったそうです(←自白させた)
ヤンキーのバイブルだったのでしょうか。私は元ヤンNを元ヤンどころかただの天然かと思ってました。Nがナイフみたいに尖ってたとは知りませんでした。触るもの皆傷つけてたことも。。。

当時は確か連載休止してたのか続きが出なくて、その後文庫になってから自分で買いました。


当時でも「今時こんなロンタイを格好いいというヤンキーいないだろう」と思ってたら当時読み逃してたけど時代背景は70年代です。

最初、二人が「かっこいい!」という男性がコンナ↓で「・・・どうしよう。何に期待して読んだらいいんだろう・・・」と思ったんですが。。

コンナ↓「チャッピー」ですが何か?
画像 31447



画像 31419
そしてチャッピーを巡る三角関係に・・・なりません。


大丈夫!

出ます!ちゃんと。

二人も!!



どちらもタイプが全然違うんですが、どちらもいい!
漫画を読んでいて複数の男性キャラが出るとこっちがいいな、とだいたい一人に絞れますが「どうしよう!どっちも捨てがたい」と選べなかったのはこの漫画くらいですかね。(別に私が悩む必要は無いけど)

主人公が二人だからだと思います。
それぞれに現れた相手なので、どちらもいいんですよねぇ。

ちなみにギャグ的なヤンキーの話ではなくてかなりきちんとした話です。
騒動も暴走族がらみだったり他校との争いだったりとあるのですが二人の恋愛話が無くても面白い。なので、それに二人の恋愛が絡んでかなり面白いです。



ここからネタ・・・バレ!?▼ 

続きを読む

デカワンコ 1~11巻

デカワンコ 1 (クイーンズコミックス)デカワンコ 1 (クイーンズコミックス)
(2008/10/17)
森本 梢子

商品詳細を見る
  


【あらすじ】
警視庁捜査一課・強行犯捜査第6班。検挙率はナンバーワンだが、トラブルも多い。そこにやってきたフリフリの新人女刑事!! 花森一子、通称「ワンコ」。犬並みの嗅覚を持つこの新人が、犯罪捜査に大活躍!! (…するといいなぁ)。


ドラマは見ていたんで逆にキャラがドラマと全然違うことに戸惑いました。
だって・・・ヤナさんが!!
漫画ではあんなにかっこいいなんて!!

キリも捨てがたいんですがやっぱりヤナ派かなぁ。(←図々しくも選んでる)

画像 062


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

だから俺にしなよ  全2巻

だから俺にしなよ 1 (フラワーコミックス)だから俺にしなよ 1 (フラワーコミックス)
(2008/06/26)
水瀬 藍

商品詳細を見る


【あらすじ】
告白は、メールも入れたら多分100回くらいした。だけど、それって、アイツにとっては、ただの挨拶で。俺はただの幼なじみ。でも、一番仲良しなのは俺だからって…ちょっと油断してたのかな? アイツが俺以外のヤツを好きになるなんて、思わなかったんだ……


うーん、初期ですからね。
遡ってるので仕方ないのですがやっぱり遡る程に面白くないです。
というか、これは結構・・・。
テイストも今と違うし好みじゃないです。
好きな方には申し訳ないですが個人的に好みじゃないストーリーでした。

基本純愛だそうですが、まだ少コミのエロ時代の名残があるというかエロを入れるのが当たり前の時代だったのでしょうか。

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

坂道のアポロン 全9巻

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)
(2008/04/25)
小玉 ユキ

商品詳細を見る


【あらすじ】
恋と友情と音楽。思春期というものは、いつの時代も眩しくて少し苦い。60年代後半、地方の町を舞台に、ナイーブ男子とバンカラが繰り広げる直球青春物語。
1966年初夏、横須賀(よこすか)から地方の高校へ転入した薫(かおる)。幼い頃から転校の繰り返しで、薫にとって学校は苦しいだけの場所になっていた。ところが転入初日、とんでもない男と出会い、薫の高校生活が意外な方向へ変わり始め…!?


終わったら読もうと思っていた小玉ユキさんの作品です。「羽衣ミシン」はこの漫画はすごいの短編か何かで注目された頃に買って読んだんですが・・・コチラは連載が始まった頃に終わったら読もう・・・となぜか思ったんです。

もっとまったりした作品かと思ってたんですが、とても面白かったです。時代が1960年代とかジャズとかね。馴染みが無くても懐かしい気がする。
なんかこれから日本がどんどん活気が出てくる時代の恋と青春って感じがします。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

テケテケ★ランデブー 1~2巻

テケテケ★ランデブー1 (Feelコミックス)テケテケ★ランデブー1 (Feelコミックス)
(2010/01/12)
ジョージ朝倉

商品詳細を見る


【あらすじ】
“それから愛は どんな風にお前に来たんだらう―”
 恋はリルケの詩から始まった。 魔法の様な声を持つ獣医師の獅子王に一目ぼれしてしまった純粋なギャル・たよ子。  そんな彼女の恋の行方は――。


なんともハチャメチャなお話なんですが嫌いじゃないです。
「溺れるナイフ」のテイストとは全然違うんだけどどっちも好き。不思議なんですよね、「少年少女ロマンス」もそうなんだけど滅茶苦茶やってるようで本人達真剣って感じが笑えるんだけどちゃんと読めるし、なんだかんだで面白い。

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ココロ・ボタン  8巻

ココロ・ボタン 8 (フラワーコミックス)ココロ・ボタン 8 (フラワーコミックス)
(2012/08/24)
宇佐美 真紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~3巻4巻5~6巻7巻



・・・さすがぁ~にちょっと飽きてきました。

【あらすじ】
ついについに!古閑くんと新奈が..!?
ほんとに付き合いはじめて1周年!!ついについに花火デートの日、新奈と古閑くんが...!? そしてその花火の日に偶然しっかり手をつなぎ合って幸せそうな二人を見てしまった速水くんはモヤモヤとして。。。
コミックス累計100万部越えの超人気作がめっちゃドキドキの新展開!


今までは買ってすぐ読んでたのにプチ放置しちゃったし読んでも感想書きたいと思えなかったです。
古閑くんのSっぷりと新奈の可愛さというカップルに飽きたまではいかないんだけど慣れちゃったので、読んでて私の中で通常のラブストーリーになってしまい、これといった新鮮味がもう無くなってしまったみたいです。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

3月のライオン 1~7巻

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
(2008/02/22)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


「ハチミツとクローバー」の後に出したこちらの作品。ハチクロは大好きだったんですが、これは発売した時に将棋を題材にしてるとか暗いとか前情報だけ聞いて様子見したままタイミング逃してたんですがそんなこと気にせず早く読めば良かった!と思うくらい面白かったです。

【あらすじ】
その少年は、幼い頃すべてを失った。夢も家族も居場所も――。この物語は、そんな少年がすべてを取り戻すストーリー。その少年の職業は――やさしさ溢れるラブストーリー。


それにこちらの作品、当初私が想像してたよりも暗く無かったです。
内容自体もとても良いんだけど5巻の後半から6巻はもう色々泣けて・・・。
沢山漫画読んでそれぞれ楽しい気持ちにさせてもらってますがこの漫画に出合って良かった~と思う数少ない作品ですね。

ずっといずれ読もうと思ってたんですが今年の3月にNHK「グレーテルのかまど」でこの作品に出てくるお菓子、ラムネの回を見てから即読みたくなりました。あの番組が好きで欠かさず見てたんですよ。あの番組自体も面白いけどお菓子は食べるのも作るのも好きです。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

七つのくるり 1巻

七つのくるり(1) (KCx(ITAN))七つのくるり(1) (KCx(ITAN))
(2011/12/07)
潮見知佳

商品詳細を見る


【あらすじ】
「あなたを殺してあげましょう」陰陽師、侍、僧侶、3人の鬼狩りの使命とは!? ――死か、鬼か!? 運命の“くるり”が回る――。愛や願いや欲望が“七つのくるり”を回す時、人間は鬼と化す。ヒトを死へと導く菫丸(すみれまる)は、美しき死神なのか、救いの主か……? “鬼狩り”の命を受けた3人の妖しき男たち、向かう先に待つものは――!


潮見さんの作品は白泉社の「らせつの花」しか知らなくてこれはどんなのだろうと思って読んでみました。
なんか絵が少し荒れました?

戦国時代のお話ですが、陰陽師のようなあやかしとかが出てくる感じで歴史モノではありません。
これは序盤だからなのかもしれませんが、1巻ではそんなに面白いとは思えませんでした。

葬儀屋さん達ではありませんよ
画像 2302


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ましろのおと 1~6巻

ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)
(2010/10/15)
羅川 真里茂

商品詳細を見る



さすが羅川さん、やっぱ面白かったぁ~。
読む前は主人公の名前が「ましろ」かと思ってたんですが「真白の音」って意味?主人公が目指したい音ってことですかね。主人公の名前・雪(せつ)ってのも関係あるのかな。

【あらすじ】
津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村 雪(さわむら せつ)。師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人々と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。


前に「東京少年物語」に収録されてる作品で「がんばってや」という青森から上京してくる青年のお話があってそこに羅川さんも青森出身と書かれていたのでこの作品を書かれたのは納得です。
でも最初「ましろのおと」が出て話題になった時、描いてる人が羅川さん気付かなかったんですけど・・・。


画像 2538
じっちゃんの名にかけて!(ウソ)


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

09 ≪│2012/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。