FC2ブログ

純情ドロップス 

純情ドロップ (マーガレットコミックス)純情ドロップ (マーガレットコミックス)
(2012/04/25)
中原 アヤ

商品詳細を見る


【あらすじ】
天然女子×コワモテ男子のドギマギ・ラブコメディー
天然女子の桃田は同じクラスの青山くんに告白も…失恋!? 運悪く、そこに居合わせた学校一のコワモテ男子・赤居に花瓶の水をかけて!? しかも弟の幼稚園のお迎えの時、赤居に遭遇!? 超ビビりまくる桃田だったけど…!?


中原さんは「ラブコン」からしか読んでないんですが以来、なかなか長期連載になりませんね。
現在は「ラブ★コンTWO」ってのをやることになったんですね。続編でしょうか。

テンポも良く話の進み方も自然に会話をしながら次の展開に持っていけるという感じで読みやすかったです。長期連載は無いけれど、中原さんの作品は基本的にどれもラブコメとしてバランス良くて読みやすいし私は好きです。

怖いと思われている男の子との恋愛はよくありますがコミカルさもあって楽しいです。
桃田がクラスの男の子に告白され断られてしまうのですがそこに居合わせた赤居に花瓶の水をかけてしまって・・・。見た目も態度も一見一昔前の不良のような赤居が姪っ子のココナに見せる態度が学校とは違う。というか、学校では皆が遠巻きにしてしまうだけで、硬派で優しい人なんです。

桃田が弟を幼稚園に迎えに行っって、ココナを迎に来た赤居に出会います。赤居がただ怖いと思っていたけれど優しいという単純なだけではなくて独特のテンポをもっていてそれも踏まえて好きになっていく桃田との描写も微笑ましかったです。

押さえどころを抑えてるって感じで面白いんですけどね。
男の子がちょっと難解な難しい性格ってのが・・・読者的に受けないんでしょうか?もっと読みたいなぁとは思うんですが確かにこのキャラで長期で話を続けるのも難しい気がするんですよね。
ところどころ面白いギャグやテンポの良い会話で進むものの恋愛面で盛り上がるかというと盛り上がらないキャラだから・・・。

でも中原さんの作品はラブ以外でちゃんと面白さがあって暖かい話で好きだなぁと思います。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ぴんとこな 7巻

ぴんとこな 7 (フラワーコミックス)ぴんとこな 7 (フラワーコミックス)
(2012/06/27)
嶋木 あこ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~6巻


【あらすじ】
ついに恭之助、初の女形をつとめる舞台の幕があがった。自分の中に掴んだ”お光”を全身で演じる恭之助だが、
ヤル気のない共演者・竹太郎との不協和音が続く。やきもきする恭之助だが、竹太郎には、本気になれない理由があった。一方、婚約者・優奈にちらつく他の男の影に苛立ちを感じる一弥。歌舞伎界での後ろ盾を手に入れるため、と自分の感情を押し殺そうとするが…。さらにはあやめの心の中で恭之助が徐々に大きくなってゆき…!?


今巻は全体的には明るい展望のお話でした、後半からちょっと含んだ内容になってましたが。一弥にはなんだか出生の秘密がありそうですね。実際には一弥のお父さんになるのかな。

今回は恭之助とあやめの進展が微笑ましい感じに進みました。
一難去ってまた一難です。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ロコモコ 1巻

ロコモコ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)ロコモコ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)
(2012/04/13)
上田 美和

商品詳細を見る

別巻の感想⇒2巻

上田さんのを読むのはピーチガール以来ですがピーチガールのヒット以来テイストが変わった感じがします。

【あらすじ】
超オクテのハートにミスマッチな目元のエロボクロ。”女”として、年下のトモコに勝てたこと無し。そんなコンプレックスだらけのヒロコの心の支えは、放送部員・小森田くんの美ボイス。ある日、その彼と急接近して!? 「ピーチガール」上田美和が贈る、純情クライマックス・ラブ第1巻!!


上田さんは「サイン コサイン 恋サイン」という作品から「ピーチガール」迄は全部読んでたんですが・・・だからと言って失礼ながらファンだったわけでもないんですが従姉妹が貸してくれてたんで。自分で買ったのは「oh!myダーリン」と「ガラスの鼓動」でしたね。「oh!myダーリン」は連載中にあまりにドロドロで2巻辺りで一度挫折して終わってから人気だったしと続きを買いました、確か。
結局ずっとドロドロでしたね。

一番好きだったのは「ガラスの鼓動」でした。昼ドラっていうより大映ドラマテイストなんだけど全3巻と読みやすく一番ドロドロしなかったので。昔の上田さんの作品には「意識を失ってる間に私この人としちゃったの!?」というパターンが多かったのですがそういった展開がないのも好きでした。

こちらは既に2巻が発売していて2巻で完結だそうです。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

先生はサディスティック

先生はサディスティック (Betsucomiフラワーコミックス)先生はサディスティック (Betsucomiフラワーコミックス)
(2010/08/26)
椎葉 ナナ

商品詳細を見る


少々、辛口だった椎葉さんですが新しい作品の方がさすがに面白くなってましたね。
先生モノは2作入ってましたが2作目の「先生は嘘つき」は前に本誌で読んだことがありました。本誌読んだ時、作者を全く意識していませんでしたが・・・椎葉さんだったんですね。

この「先生は嘘つき」と「恋愛指数0%」が面白かったです。



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

美少年もらいました

美少年もらいました。―おしかけ執事 (フラワーコミックス)美少年もらいました。―おしかけ執事 (フラワーコミックス)
(2008/06/26)
椎葉 ナナ

商品詳細を見る



短編で4編入ってました。
椎葉さんは短編が沢山出てたので面白いかなぁと思ったのですが思った程の期待度ではなくて普通でした。思ったよりもキュン度が低いというか。
こちらはまぁまぁでした。

主人公に私の求める健気さみたいなのが無いんですよね。多いのが意地っ張りで素直になれない系の子が最後に素直に気持ちを伝えるって流れで。
短編として展開させやすい設定だし別コミのテイストなのかも知れませんけど。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

チープな恋とフェイクな愛

チープな恋とフェイクな愛 (Betsucomiフラワーコミックス)チープな恋とフェイクな愛 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2011/03/25)
尾崎 衣良

商品詳細を見る


尾崎さんの短編集は3冊くらい持ってるんですが感想を書くのはすっかり忘れていました。これはレンタルしたものですが古いのもそのうち感想を書こうかなと思います。内容をすっかり忘れていて短編って気軽に読み返すのにいいのかも知れないと思いました。

表題作の「チープな恋とフェイクな愛」はとても好きなお話で「初恋は秘密」は良くあるけど男の子がなんか好きでした。「シュガーブルーム」はちょっと・・・イマイチ好きじゃなかったです。

尾崎さんは短編ばかりで中々長編にならないなぁという印象があったのですが今回あとがきを読んでたら、なんとなく適度な仕事量に抑えてるのかな?と思ってしまったんですが・・・どうなんでしょう。なんかゆとりを感じたんで勝手に思っただけですけど。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

へび苺の缶詰

へび苺の缶詰 (Feelコミックス)へび苺の缶詰 (Feelコミックス)
(2009/06/08)
河内 遥

商品詳細を見る


【あらすじ】
7年つき合った男にフラれたOL・コマちゃん。傷心の勢いで絵本作家のチャコのところに転がり込んだものの、彼女は入れ違いに家出。チャコの家には「親類です」と名乗る男、池ノ上がいて――。
池ノ上に恋する青年を描いたスピンオフや、描き下ろし後日談の他、幻の短編「あさにかえる」など心惑わす珠玉の5編を収録。


なんか、不思議な読後感でした。
面白いんだけどちょっと読んですぐは感想が思いつかないって言うか。

収録する作品の順番は作者が考えたんでしょうか。
本の中で一番スゴイと思ったのは作品の順番です。

表題作、「へび苺の缶詰」は「空の箱庭」のスピンオフ作品なのでメインの内容は「空の箱庭」なんです。更に作品を書いたのも「空の箱庭」が先でその後が「へび苺の缶詰」。普通なら「空の箱庭」→「へび苺の缶詰」の順で入れるべきところを「へび苺の缶詰」→「空の箱庭」にしたことがスゴイと思います。
この順番にすることで両作品の読後感は全く変わると思います。

どうスゴイかってのはやっぱり読まないと何とも説明づらいのですが「へび苺の缶詰」で池ノ上とチャコとその子供の富士郎という一見普通の家族だと思っていたのが「空の箱庭」で、その種明かしをされた感じになることです。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

バンビの手紙

バンビの手紙 (マーガレットコミックス)バンビの手紙 (マーガレットコミックス)
(2007/07/25)
高野 苺

商品詳細を見る


【あらすじ】
飼っていたバンビがいなくなって以来、不幸続きの赤井凛子…。今年こそ幸せになりたいとお正月におまじないをした凛子の所にやって来たのは不思議な男の子…!?



高野さんが現在のorangeの絵はこの辺りの絵に戻してみたというので読んでみたのですがストーリーもorangeを髣髴とさせる感じでとても面白かったです。
orangeのストーリーベースはこのお話なんじゃないですかね。

こちらも長野が舞台ということで作者のお住まい?だそうです。orangeでも思ったんですが私は長野が舞台の高校生達っていうと「白線流し」というドラマを思い出します。
当時、すっごい好きだったんですよー。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

スイートボーイにご用心

スイートボーイにご用心 (Betsucomiフラワーコミックス)スイートボーイにご用心 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2011/03/25)
紺野 りさ

商品詳細を見る


結構面白いのですが・・・ベツコミの作者さんで主に短編が多い方。長期連載にならない方。
どの人も皆一緒に描いてるのかってくらいお話のテイストが似てるなぁ~って思います。

基本的にやっぱりストーリーの進み方も丁寧に作ってあって全体的な流れも考えてあるなって思いますが、短編だしラブストーリー全体だけじゃなくてポイントが大事なのかも、私にとっては。
特にキュンと出来るかってポイントがあるといいなぁ。勿論、何にキュンとするかは個人レベルで違うと思うけれど。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

だから僕は君を愛してる

だから僕は君を愛してる (フラワーコミックスα)だから僕は君を愛してる (フラワーコミックスα)
(2011/08/10)
浜口 奈津子

商品詳細を見る




なんとなく作者さんの名前を聞いたことがある気がして借りて見ました。
確か、むかぁ~~し別コミにいたことがあったなと。「ICE」とか描いてた方でした。(本誌の立読みでちょっとだけしか読んでないんですが)

まぁまぁ・・・ですが「悪魔のプロポーズ」という幼馴染のは結構好きでした。
それ以外は全部芸能人との恋というお話でした。
好きな人は好きかもという話です。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

08 ≪│2012/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード