スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月も有難うございました

今月もご覧頂きまして有難うございます。
今月は後半から私のマンガを読むやる気スイッチが入りました。

実は!初めてレンタルコミックショップへ行きました!
私は今まで書いていたマンガ記事の作品はほぼ全て書店や古本で購入したものでした。あとは数作程人に借りたのとか。
身銭を切る分、見る目も厳しくなるしすぐ買わなくなったり好みじゃなさそうなのは最初から手を出さなかったりしてしまうんですが・・・。これで心置きなくマンガが読めます!
マンガ喫茶よりやっぱり家で読みたい派だし数年前に行きやすかったマンガ喫茶が潰れて以来行かなくなってしまったんで。

お店はあまり近く無いので頻繁には行かないかもしれないけど今まで全く近辺に無かったのですよ。
もう嬉しくて初めて足を踏み入れた時「ここは聖地か!?」と、思いました。
マイナスイオンが出てるかと思うくらい癒されました。
と、別にお金払うのは変わらないけど買うより全然安いし、あまり本も増やしたくないし本当に嬉しいです。
カバー外した状態で貸すとか知らなくてちょっと驚きました。

アレもコレも買いたいと思う程じゃなかった作品達が読めて嬉しいし買うのを見切った作品達の続きも読めちゃうなぁ~と手堅くマーガレット系から行こうと思った割になぜか自分では購入するとしたら選ばない作品を選んでしまうものですね。

5月下旬辺りからの記事がレンタル作品混ざってます。「なみだうさぎ」とか「花にけだもの」とか書店や古本でも手に取らないかもなぁと思うものをつい選んでしまいました。
出版業界に取ってはレンタルコミックって痛いですね。古本だと人気作品はここまで出回らないし。とか思ってしまいました。でも、普段なら手に取らない作品を手にとるチャンスでもありますね。

今後は新刊や古本で買った作品だけじゃなく、レンタルでも色々感想を書いていこうと思います。
買ってたのをレンタルに切り替えてしまう作品もあって新刊の感想とか遅くなるかも・・・と思いつつ私の更新はいつも遅いんですけどね。
暫くしたら又マイペース更新になってしまいそうですが6月辺りは余裕があるので購入作品とあわせて色々感想を書いてみたいです。



関連記事
スポンサーサイト

キス&ネバークライ   11巻(完)

キス&ネバークライ(11)<完> (KC KISS)キス&ネバークライ(11)<完> (KC KISS)
(2012/02/13)
小川 彌生

商品詳細を見る


別巻の感想⇒1~10巻

物語としては10巻で終わっていて11巻は番外編でした。
私は礼音とみちるのその後が見たかったんですが表紙が切なくて期待しただけにちょーっと期待外れでした。

ドミとふみえの結婚式から過去のドミの話、そして引退したみちる達が現在の選手の故障から変わりに現役復帰して大会出場するというお話でしたがその中で晶の事や礼音とみちるの話が盛り込まれてました。


これは礼音の妄想です
画像 1345


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

きょうのキラ君  1~2巻

きょうのキラ君(1) (講談社コミックス別冊フレンド)きょうのキラ君(1) (講談社コミックス別冊フレンド)
(2012/01/13)
みきもと 凛

商品詳細を見る


テイストは「近キョリ恋愛」と同じなんですね。

【あらすじ】
―365日、瞬きするのもおしいくらい、あなたを見つめていくから。―肩にインコを乗せた変わり者のニノンと無意味な毎日を過ごす遊び人のキラ。家が隣同士なのに話したことすらなかった…。けれど、ニノンがキラの秘密を知ったことから運命は交錯し、煌めく生の時を刻みはじめる―!!2人が紡ぐ、天国に一番近い恋、第1巻。

2巻になるまでキラ君の病気はウソなんじゃないかな・・・と疑っていた私です。


皆で、もしくはキラ君がニノンを騙してるんじゃないかと思ってました。


マムはデリケートなこともお構いなし
画像 1305



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

夏雪ランデブー  全4巻

夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)
(2010/02/20)
河内 遙

商品詳細を見る



【あらすじ】
目つきの悪い花屋のバイト青年・葉月が一途に恋するのは、店長の六花。しかし六花の部屋には、彼女が忘れられない男の霊がいた――。低温一途青年×さっぱり未亡人×草食系執着霊の3者が紡ぐ純情三角関係。


大好きだった夫に先に死なれてしまった六花と、好きな六花を残して死んでしまった夫の島尾と、未亡人の六花を好きになった葉月の異色の三角関係です。

最初の方は、登場人物がどう動くか、気持ちがどう変化していくかという感じでとっても面白いです。
島尾に感情移入出来るかどうかで評価が分かれるんじゃないかと思うし、男性が読んだ方が島尾に共感出来るんじゃ無いでしょうかね。

実際に、3人のうちのどの状況にもなったことが無いので難しいのですが、2巻くらいまではすごくすごく面白かったのですが、ちょっと島尾が苦手だった私には途中からは(作品がでは無く島尾への共感度が)微妙でした。
でも作品としては面白かったです。

これはクドきづらい・・・
画像 1342


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

オオカミ少女と黒王子  1~2巻

オオカミ少女と黒王子 1 (マーガレットコミックス)オオカミ少女と黒王子 1 (マーガレットコミックス)
(2011/10/25)
八田 鮎子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒3巻4巻5巻

【あらすじ】
篠原エリカは見栄っ張りな高校1年生。彼氏とのラブラブ話を自慢げに語るが、実は彼氏いない歴16年…。そろそろウソも限界と思ったある日、エリカは街で見かけたイケメンを隠し撮り。自分の彼氏だと友達に紹介したが何と、彼は同じ学校に通う佐田くんだった! しかもクールな見た目からは想像つかないほど超腹黒! 弱味を握られたエリカは、佐田くんの“犬"を命じられ…!?


「360°マテリアル」の時に一緒に買おうと思ってたんだけど一度やめたのがコレです。
つまらなくもないのですが・・・ちょっと内容が薄いかな。
あと画面がゴチャゴチャしてちょっと読みづらかったです。

そして個人的には、読んでてなぜか「?」って思う不思議なセリフが飛び出したりします。

犬でもいい!・・・のか?
画像 1088

個人的には普通だけど良くある感じで面白いし人気があるのはわかります。

君へ届けみたいな、「クラスで馴染めない、非モテ系のヒロインが少しずつ可愛くなって友達や好きな男の子と付き合う」と主人公が「イケメンなのに女を本気で好きになったことないオレ様男性の唯一のヒロインになる」というのは21世紀の鉄板ですからね。



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

好き・嫌い・好き  全3巻

好き・嫌い・好き(1) (デザートコミックス)好き・嫌い・好き(1) (デザートコミックス)
(2010/09/13)
築島 治

商品詳細を見る



【あらすじ】
井上梓は、顔はいいけど性格は最低な同級生・斉藤になぜか気に入られ、何かとからまれることに。むかつくけど筋は通ってる斉藤に惹かれ始めた梓だったけれど、中学からの同級生でクラスの委員長・ヒカルが梓に対て…!?


表紙の絵柄・色合いも可愛らしくて設定も惹かれるのですが、うーん・・・。
つまらなくは無いのですが自分の中で面白いと思える要素が少なかったです。

主人公が心の中ではあんなヤツ!と、思いながらも惹かれていくのとかは少女漫画らしくていんですけど。
惹かれていく過程も頭で理解は出来るんですが共感より「あ~こういう事でホレちゃんだ~」という気持ちで読んでしまったり。

クラスにいる二人のタイプの違うイケメン。中学からの同級生で優等生タイプのヒカルと女性にいい加減で性格にも難ありな斉藤。斉藤が自分に興味を持ってちょっかいを出してきて気になる存在にと食いつき抜群な設定なんですが・・・。設定は鉄板だけど味付けでこうも個人の趣向を刺激しない作品にもなるんだなーと思いました。
残念ながら二人の男性のどっちも自分が素敵!と思えなかったからだと思います。

勝手だな、おい
画像 1322


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

花にけだもの 1~5巻

花にけだもの 1 (フラワーコミックス)花にけだもの 1 (フラワーコミックス)
(2010/12/24)
杉山 美和子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒6巻


最初に読み始めた時は「あ~この手のかぁ」と思ってしまいました。
別に良し悪しじゃなくて好みの問題ですが多分得意じゃなさそうだなぁと。
最初はびっくり続きだったんですが両思いになってからちょっと純愛方向へ作風転換してます。で、純愛路線でもびっくりしました。1粒で2度びっくり!?


【あらすじ】
名門・蓮高に転校してきた久実ことキューちゃん。初めての学校で初めて出会った男子はすごく優しい王子様みたいな豹くん。友達になりたい!って思ったのに、豹くんの口から出たのは「友達じゃ足りない」って言葉と熱いキス。初めての彼氏って思っていたのに、なんと豹くんは学校中の女の子を彼女にしちゃうぐらいの最低最悪の「たらし」でした。王子の皮をかぶったけだものに、ファーストキスをささげてしまったキューちゃん。
本当に豹くんと恋ができるのか?


3巻辺りで編集長から豹の裸禁止令が出たそうですがテイスト変わったのはそのせい?
少コミは「今日恋をはじめます」みたいな感じのが初期設定っていう決まりでもあるの?ってくらい似たテイストが多いイメージなのですが、この設定は読者層の食いつきがいい設定なんでしょうね。
そこからどう話を膨らませていくかなんでしょうね。

最初の2巻くらいまで?はもう何から突っ込んで良いのかわからないくらいびっくりな展開の目白押しでした。
豹のホスト顔負けのセリフや態度もキューちゃんのロリったエロさも、転校先の学校で知り合った生徒に突然キスされてドキドキするとか正に「イケメンなら何しても許されるのか」状態だったです。

豹はなぜか窓から現れる描写が多いんですがいつも後光が差してるし・・・。
ターゲット層にはいいと思うんですが私みたいな色々外れた対象者には正直ドン引きでした。豹って名前にも。

ですが、3巻からは違った方向性の話になってます!
あの豹が人を初めて本気で好きになった・・・といきなりウブキャラに変身!
これぞまさに豹変?(あ、ごめんなさい)


画像 1324
編集長さん、勝手に解禁にしてごめんなさい!



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

プリンシパル  1~4巻

プリンシパル 1 (マーガレットコミックス)プリンシパル 1 (マーガレットコミックス)
(2011/05/25)
いくえみ 綾

商品詳細を見る


【あらすじ】
東京の学校でハブられ3人目の継父とはうまくいかず、札幌の実父のもとへ引っ越した糸真。そこで出会ったのは、和央と弦。2人に近づくとハブられるらしいけど、恋に落ちてしまったら仕方ありませんね。


意外と淡々と進む話なんですが「潔く柔く」みたいな色んな感情をえぐったもどかしい作品もいいですがこちらも違う味付けで好きです。淡々としていてあんまり色々考えないで読めました。

でも巻を進むごとに色々な事情背景が見えてきたり変化してきたりとやっぱりいくえみさんの作品は一筋縄じゃいかないとこが面白いですね。

糸真はどっちにおちるかな
画像 1264


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

なみだうさぎ ~制服の片想い~  1~9巻

なみだうさぎ~制服の片思い~ 1 (フラワーコミックス)なみだうさぎ~制服の片思い~ 1 (フラワーコミックス)
(2009/12/24)
水瀬 藍

商品詳細を見る

別巻の感想⇒10巻

人気なのはわかっていましたがどうも目がキラッキラした絵が苦手で・・・。
でも読んでみました。

【あらすじ】
席替えは、一大イベント。誰のとなりになるのか、ドキドキ♥
中3、初めての席替えで、鳴海(なるみ)のとなりになった桃花(ももか)。
「クラス一、地味で変人」「となりの席になると 一生彼氏ができない」とウワサの彼に、桃花はおびえっぱなし。だけど、鳴海の優しさや意外な素顔を知るたびに、胸がきゅうっとして…!?


地味でコワイ、変わってると苦手意識を持っていたら実は優しくて不器用な人だったというお話です。
そして実はカッコ良かったという設定も漏れなく入ってます。

まだ二人が全く打ち解けていないのに、鳴海が「具合が悪そうだったから」とマラソン大会で倒れてしまった桃花の所に駆けつけお姫様抱っこで救助。
鳴海は1位だったのにゴール目前で桃花の為に引き返しビリになってしまったとか出だしからして(これで)地味キャラ設定なのかと「キャラの盛り込みハンパねぇ!」と思ってしまいました・・・。

そしてめがねを取ったらイケメンだった設定!
最近、読んだ「僕らはいつも」1巻に収録されていた読み切りもそうだったのですがなぜ?
そのネタは私が子供の頃に散々使い古されその後は「(男女問わず)メガネ取ったら美形なんてありえないでしょ」と言われていましたが昨今は第二次ブームでも来てるんでしょうか?

画像 1131

ターゲット読者層ならきっとキュンとするであろう場面でも私にはこそばゆい気持ちになってしまい「プフッ」と漏れ笑いしてしまったり・・・。付き合ってないのにライバルが現れると突然主人公の前に身を乗り出して制するのですが、その時のキメ顔になぜか私がテレます。

1巻の最後に中学卒業後、鳴海は北海道へ行くはずが高校で同じ学校へ!しかも眼鏡も外してカッコ良くなっています。何故なのか・・・家庭の事情や心境の変化を多くは語らないままストーリーは切ない方向へ進みます!!


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

キャンディと魔王

キャンディと魔王 (マーガレットコミックス)キャンディと魔王 (マーガレットコミックス)
(2012/02/24)
藤井 明美

商品詳細を見る



藤井さんの漫画って、当たり外れが私の中で大きいんですが今回はうーん当たりではないかな。。
短編集だったので好みなのとそうじゃないのがありました。

主人公がドジで慌てモノで騒ぎ立てる女の子が多いんですよね。
そして全体的になんかね、「物足りない」じゃなくて「足りない」んですよ。
だから「惜しい」気もするんですけど・・・。
とりあえずキュンとするのは特に無かったです。

でも嫌いじゃないんですけどねー。
うーん、残念だ。

後半2編が意外にもファンタジーでしたが「月と羅針盤」が一番好きでした。


男の子の名前が「真王」とタイトルの魔王でかけてあるんですね
画像 1251



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

04 ≪│2012/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。