スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月もありがとうございます 


今日は雪が降って電車は遅れるし大変でしたね~。
雪が降ってる景色を見ると「わぁー」って思うんですが駅に着くと「げぇー」って思います。
私もなんとか転ばず帰ってきました。

当初は毎月書いていたのに不定期になってしまいすみません。
でも訪ねてきて下さる方へはいつも感謝しております。
「今月も~」を毎月書かなくなったのは単にネタが無くて・・・と言うのが最大の理由です。
しつこいようですが、見に来てくださる方や拍手・コメントを頂くのは励みにもなり本当に嬉しく思ってます。
ブログを見るとコイツ漫画読んでるか食べてるかしかしてないんじゃ?と思われそうですが、まぁそんな感じです。

実は最近は漫画の感想を書いてはいるもののイマイチ漫画を読む気分じゃなかったりすることが続いてました。
たまにそういう波が来るんですよね。何読んでもあまり気持ちが入らないことが。
「もう私も漫画卒業かな~」くらいに漫画熱が冷めることがよくあります。

だけどなんだか少し回復してきました。今のところ・・・。
同時に「巷で評判のいいものを読んでみようキャンペーン」も実施してみました。
評判とかで、読んでみたいと思っても、きっと自分には軽すぎると感じたり合わないんじゃないかなーと書店で横目で見ていたものを読んでみようかなと。とは言ってもそんなには買ってないけど。

大抵2,3巻までは試し読みで買ってみます。1巻だけだと面白いか判断しづらいから。
そして「当たりだ!」と思ったもの意外は連載終了まで続きを買わずに様子を見ることが多いです。
完全に見放した漫画は売り、連載が終了する迄様子を見ようと思った漫画はそのまま放置してあります。買ったのに読んで無いのもあります。あと読んでも感想書かないままのとかもね。

感想を書くのが遅くて遅くて。他の方のブログ見てると毎日書いてる方とか読むのもそうだけど文章も早く書けて尊敬しちゃいます。
しかも私ってば遅いくせに誤字が多くて・・・先日いくつかアップした記事にいっぱい誤字・脱字を発見して慌てて修正しました。き、気をつけます。









関連記事
スポンサーサイト

ひるなかの流星 1~2巻

ひるなかの流星 1 (マーガレットコミックス)ひるなかの流星 1 (マーガレットコミックス)
(2011/10/25)
やまもり 三香

商品詳細を見る

別巻の感想⇒3巻4~5巻


1巻の感想を書かずして2巻が出ちゃった。
読んだ時、期待大だったんで感想書きたかったんですが丁度放置してた時期だったんですよね。

【あらすじ】
すずめは田舎に暮らす女の子。親の転勤で、東京の転勤で転入することになりました。
上京初日、慣れない東京で迷子になったすずめが出会ったのは・・・?
恋も友情も全てが未知の新生活が始まります!!


教師×生徒モノです。
ですが、上京した主人公が新しい環境で新しい人間関係を築き少しずつ変わっていくというストーリーのようでそちらが楽しみな予感がしました。
1巻読んだ時に、なんか登場人物のキャラがいい味出てたのでこれは面白くなりそうだなぁ~と。

転校前に先に先生と知らずに出会うとか、学校以外のプライベートでも会う関係がある所に少し「I LOVE HER」を思い出したけどすずめや脇キャラとかの感じが全然違います。転校して最初は上手く馴染めない。すずめは独特の個性のある子で決して暗いとか大人しい訳じゃないんですが、やっぱり環境が変わって一人飛び込むっていうのは中々大変ですよね。

最初に"ゆゆか"に仲間外れにされた時はこのまますずめが友達を作っていく為に頑張るストーリーだったら嫌だなぁ~と思ったんですが、あくまでこれはきっかけでそこから自然にクラスに打ち解けていく過程であったのが良かったです。ゆゆかともいい感じで仲良くなってますし。

1巻の終わりですずめが先生への気持ちに気付きます。
どうでもいいんだけど獅子尾先生の教師の時の髪型がなんか生理的?にダメなんですけど~。
7:3分けみたい(例え古い?)というかおでこ見えすぎというか・・・なんか違和感が・・・。2巻では親睦会で屋外だったので色々髪型が変わってるし雨で前髪が崩れてましたけどやっぱりその髪型のがいいです!
プライベートな時と髪型をわけてるのはわかるんですが、もう少しナントカならないかな。

使用前
画像 266

使用後
画像 264



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ココロ・ボタン 7巻

ココロ・ボタン 7 (フラワーコミックス)ココロ・ボタン 7 (フラワーコミックス)
(2012/02/24)
宇佐美 真紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~3巻4巻5~6巻8巻


ひっひっひっ。(怖くてスミマセン)

と、ニヤニヤを通り越して含み笑いになってます。(含んでない・・・)
やー相変わらず7巻も可愛かったです。
そして私が7巻を読んでる時の表情は傍から見たらきっと「気持ち悪っ!」ってくらい緩んでたと思います。

【あらすじ】
"古閑くんがいなくなるなんて考えたことも無かった・・・"古閑くんのお母さんが離婚届を用紙してるって偶然知ってしまったあたし。古閑くんは「心配すること無い」「オレはどこにも行かないよ」って言ってくれたけど、古閑くんのお母さんから直接「引越しの準備をしてる」って知らされて-!?


付き合い始めたらこの漫画の持ち味どうなるんだろう?という、心配はもういつの話?ってくらい安定した作品になってますね。今では古閑くんが少しずつ変わってくる様子が更に作品の魅力として加わってます。
それに本筋以外の笑えたり微笑ましかったりの細かい表現が相変わらず上手です。

安易に新しいライバルキャラばかりを投入せずに話を進めてこられるようになった所もいいですね。
学年がちゃんと進級してるから状況も変えやすいし学校イベントも自然に入れられるし、時間経過があると終わりが見えてくるけどヘタに長引かせていくよりはいいと思いました。
あまりにも新奈が古閑くんのことしか考えてないキャラなのでそこに共感出来ないとつらい感じではあります。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

やじろべえ 全2巻

やじろべえ 1 (マーガレットコミックス)やじろべえ 1 (マーガレットコミックス)
(2011/04/25)
山川 あいじ

商品詳細を見る


発売当初から好評でしたがどーしても設定が好きじゃなくて買わなかったのですが迷った末買って見ました。なぜ迷ったかと言うとあらすじに義父との生活みたいに書いてあったからです。

義理の兄弟モノが苦手と他の漫画の感想で書いたことがあるのですが兄弟モノならまだ許容範囲ですが義父とか義理の叔父とか近親者とのラブストーリーが好きじゃないんですよ。
表紙も印象的だったこちらは1巻が発売した時に設定を読んだだけで「買わない」と即決したのを覚えてます。

【あらすじ】
葉瑠は幼い頃に母親をなくして以来、義理の父・誠司とふたり暮らし。
葉瑠の高校入学に前後して、誠司の旧友・千絵さんと新しい出会いで二人の世界は広がる。
変化していく生活の中で、葉瑠が思い描くふたりの未来は・・・?


近親者との恋愛も嫌だし女子学生があんまり年上の人と恋愛する話も好みじゃないです、が・・・。
こちらはOK!と言うか私が想像したような俗世にまみれた話ではなくて二人の時間が淡々と流れていく感じで書かれていくストーリーです。マーガレットだったのでガッツリ恋愛かと思ってました。

二人の関係は既に10年も経っているので安定しています。
男としては一見優男だけど意思を感じる誠司の性格に中学3年生としては不思議な幼さのある葉瑠のそれぞれの性格と距離感もいいです。セリフや独白が多い部分と表情だけでの描写の部分もあって描写も好み。

ちょっとくらもちさんみたいな雰囲気も感じますね。

出てくる人間関係も誠司の友人関係がそのまま葉瑠の人間関係となって広がっていくという模様もいいです。人とのつながりによって世界が広がっていく十代の葉瑠の今後が楽しみです。


画像 298


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

DAVID MYERS CAFE  パンケーキ


銀座は今頃東京マラソンで大変な賑わいでしょうね。

先日、銀座三越の中に入っている「デイビット・マイヤーカフェ」へ行って来ました。
ハンバーガーが有名だそうですが食べたかったのはパンケーキです。
前にテレビで見ておいしそうだなぁ~と・・・。

注文したのは「ストロベリーと溶かしバター、キャラメルソースのパンケーキ」(正確名称じゃなくウロ覚え)です。
パンケーキは他にバナナもありました。


このパンケーキの厚み!
見た目よりも柔らかくて、でも生地はしっかりふんわり。

画像 239


上にかかっている茶色のはキャラメルソースです。
こちらが濃厚でおいしかったんですよ!

画像 240
甘いけどくどくないというか・・・中途半端に生クリームが付いてないのも計算だと思います。
溶かしバターの風味とキャラメルソースに多分生クリームは必要無いんでしょうね。

まぁ私は生クリーム自体が好きなので付いてたら付いてたで「ウマイ!さいこー!」とか言いそうですけど。


ストロベリーは軽く煮た感じで火が通り過ぎてない甘みと酸味の加減も良かったです。
多めに散ってるミントの葉もアクセントになりました。


何度でも食べたいですね~。











関連記事

青色図書館

青色図書館 (花とゆめCOMICS)青色図書館 (花とゆめCOMICS)
(2005/10/05)
林 みかせ

商品詳細を見る


前にふじつか雪さんの「金魚奏」を購入した時に似たテイストだったので一緒に購入しました。そしたら作品の優しい雰囲気が気に入って全部集めてみました。この方の作品のテイストは好みのじわじわ系だなーと思ったのです。
実は他の全部の作品を読んで好きだからこそ思った残念な部分もあるんですがこの「青色図書館」は一番バランスの取れてる作品だと思いました。

【あらすじ】
一目ぼれをしたワンピをゲットするためにバイトをしようと決めたり学校帰り、好条件にひかれ私設「青色図書館」に飛び込んだヒナ。そこで館長兼作家、本オタクの下籠谷(しもこもりや)と働くことに。手のかかる「先生」にあきれるヒナだが・・・!?


図書館というのはドラマが生まれる場所として大好きです。こちらは私設図書館です。本オタクで生活オンチの先生は変わり者だけど本を愛し、本を愛する人を愛する心優しい人。
ヒナがそんな先生や図書館に来る人々と触れ合いながら自分も本を大切に思い先生にも淡い恋心を抱くようになってくるこのピュアな流れがいいですね。
近くに海もあってすこし都心から外れてる感じのロケーションも物語の穏やかな空気に合ってます。


作風もあったかいよ~
画像 144


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ヨルカフェ。   全3巻

ヨルカフェ。 1 (フラワーコミックス)ヨルカフェ。 1 (フラワーコミックス)
(2008/03/26)
円城寺 マキ

商品詳細を見る


【あらすじ】
天涯孤独の妃菜は、親子ほど年の違う資産家と恋に落ち、若くして結婚した。
だが夫の病死で、結婚生活は二年ほどで幕を閉じた。遺産争いを繰り広げる親族をよそに、妃菜は夫の遺志に従って、一軒のカフェを相続する。その店は夜しか開いておらず、イケメンのギャルソンが三人で切り回していたが・・・?


初、円城寺さん。「はぴまり」が出た頃に評判が良かったので開拓してみました。
プチコミックは20代女性向けって事でそれなりの性描写もありますが主人公達も大人なので不快なシーンや無理感は無いです。

この「ヨルカフェ。」と「世界はボクらのために!」を読んだんだけど実は「あれ?微妙?」と思ってしまい中々感想が書けなかった・・・。でも元々この作品は円城寺さんの中であまり評判が良くないみたいですね。評判がいい「プライベート・プリンス」は未読で「はぴまり」も途中迄しか読んでないんですが・・・。(なぜなら中古で集めたので)

設定は逆ハーで同居モノ(同じマンション)でと少女漫画の王道。とは言え3人で取り合うとかも全く無くあまりドキドキする場面もありません。
孤児で未亡人という重い境遇設定ではありますが主人公は天然で大食いで酒乱というキャラでストーリー事態はそこまで暗い話ではないんですが・・・読んでてホント妃菜の思考がネガティブだなーって思っちゃって。
勿論、旦那を亡くしたばかりだから仕方ないのですが、だったらもうちょっと節操あってもいいんじゃないかな?と思わずにはいられなかった。

読んでまず思った感想が「普通・・・」でした。
「はぴまり」の評判が良いのでちょっと期待してたので。
最初に購入して読んだ時はプチコミックってフラワーズとかクッキーみたいなのかと思ってたけどいわゆるレディコミ寄りなんでしょうか?だとしたら内容の深さを求めちゃいけないんだろうか?と、後から思いました。

もう少しカフェ中心の話でも良かったと思う・・・。
画像 12054

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

エメ・ヴィベェール  パリ・ブレスト


こちらもやっぱり過去画像。
CORED室町に行った記事を前に書いたのですが、その後再び行く機会がありその時に買いました。
こないだも行ったのですが・・・パリ・ブレストちょい値上がりしてた(笑)


この綺麗なブルーの箱が素敵ですね。
画像 981

パリ・ブレストはこちら。切り分けタイプだから持ち寄りスィーツとしてもいいですよね。
見た目も文句なしの美しさ。
画像 984


サクパリの固めのシュー生地に濃厚なプラリネクリームがとても美味しいかったです。
画像 987


こちらは先日に買ったケーキです。
チョコレートムースにオランジェが加わり下がパリパリした生地でこちらも美味しかった。
チョコ系が食べたい!と思って購入したのですごく満たされました。
画像 11994

ケーキショップはカフェ・エメヴィベールの奥、CORED室町の裏角にあります。







関連記事

砂時計

砂時計 (1) (Betsucomiフラワーコミックス)砂時計 (1) (Betsucomiフラワーコミックス)
(2003/08/23)
芦原 妃名子

商品詳細を見る


いい話なんだけど、なんか読んでいてつらくなるのできっと読み返さないだろうと思って売ってしまいました。。
どうせなら高く売ろう・・・と当時昼ドラになるのを知りドラマが開始したら売ろうと思ったのに逃してしまい映画化すると知ってその時期に、と思ったのにどっちも逃して時期が外れた頃に売りました。。。

【あらすじ】
両親の離婚により母と一緒に実家で暮らすことになった杏。
だけど、母が自殺してしまい心に深い傷を残す。成長した杏は幼馴染の大悟と付き合うがそこへ父親が現れて・・・。

母親の自殺というトラウマを抱えた主人公の話です。
心の傷を乗り越えて強くなるというのが普通の漫画のパターンだろうけど、これはむしろ傷を抱えたまま引きずって生きていく主人公の話。

母親に自分という存在がいるのに自殺されてしまったら、それはどんなにつらいでしょう。
親を責め、自分を責めてきたかもしれません。
快活な印象の主人公ですが芯は脆い気がします。そしてそんな主人公の傍に幼い頃から居てくれた大悟。
 
ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

やっぱり美味しかった ガトーハラダ プレミアムラスク

以前ホワイトラスクを食べた時においしいけど、なかなか自分では買わないかなーと予想した通り自分ではあれ以降買うことは無くたまに私含め家族がもらってくるとおいしく頂いてました。

先日、友人の帰省土産に頂いたガトーハラダのラスク。
今回は初めて「プレミアムラスク」なるものを頂きました。

期間限定で11月~4月しか販売していない商品だそうです。
ありがとう。ありがとう。限定モノに弱い私はとっても嬉しいです。

写真を見てわかるかと思いますが後ろに写るホワイトラスクは既に「もう頂いてます」状態。
「美味しいけど甘い」と言う印象があったんですが久々なせいか「やっぱウマイ!」

画像 11907


そして初のプレミアムラスク。

ちゃんと割れないように中敷が・・・。
さすがプレミアム。
画像 11912

そして上には金粉が。さすがプレミアム!
画像 11921


食べてから気付きましたがホワイトラスクがチョコが片面掛けに対してこちらは裏側にも満遍なくチョコがかかっています。
さすがプレミアム!!
画像 11920


私がかなり甘党なせいかもしれませんが全面チョコなわりにそんなにクドい甘さとは思いませんでした。
ホワイトよりも甘さ控えめなくらい。
えぇ、とても美味しかったです。

この調子でストロベリーチョコとか抹茶チョコとか違うバリエもどうでしょう?
ポッキーみたいにマーブルもいいですよね。あ、キャラメル味なんかも素敵。
って、私の方が調子にのってます。(買ってないクセに)

未確認情報ですが友人曰く群馬本店でしか買えない杏ジャム味もあるそうですよ


ホワイトラスクを食べた感想はこちらです。
ホワイトラスク


関連記事

カレンダー(月別)

01 ≪│2012/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。