スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お嫁にいけない!  全5巻

お嫁にいけない! 1 (花とゆめCOMICS)お嫁にいけない! 1 (花とゆめCOMICS)
(2009/11/19)
藤原 規代

商品詳細を見る


私の好きな年下モノです。

実は絵が好みではなく「アラクレ」も読んでなかったんですがこちらが結構面白かったので開拓してみたいです。

当然ながら年下モノはだいたい現実味無い話が多いんですがこれは主人公が社会人なせいか背景が現実的・社会的な割ときちんとしたストーリーでした。

【あらすじ】
才色兼備、27歳のキャリアウーマン小田桐まどか。会社では全てにおいて完璧だけど、苦手な家事が原因で彼氏に振られたばかり。そんな彼女が開き直って家事代行サービスに依頼するとやってきたのは高校生の男の子で!?


恋に行くまでもきちんと時間がかかっていて現実的に書いてる分10歳差が少しきつかったのが残念。。
せめて大学生なら良かったかなぁ。
それ以外はむしろとてもまっとうな年下モノだったと思います。

仕事は出来てすごくしっかりしているのに家事が全く苦手な主人公。家事が出来ない事を理由に彼に振られてしまう。そしてここで家政婦さんを頼んだら来たのは高校生。家政婦さんに高校生男子が来るというのがこれまた少女漫画なんだけど。

主人公がしっかりしていて仕事はバリバリなんだけど裏ではすごく努力してたり弱音を吐けないだけだったり。そんな会社の人には見せられない影の努力や弱音を悠貴にはさらけ出すことが出来る。
要するに最初から家事がダメなのはバレてるし男性として意識してるわけじゃないからなんだけど。

年下もので多いんですがこちらも男性側の悠貴のが先に不器用なまどかを好きになってしまいます。
家政婦としてじゃなく男性として見られたい。きちんと一人前として認められたいみたいな部分が絶対に年下ものは出てくるんだけど、こちらも家事は悠貴のが完璧なんですがお勉強が出来無い。お互いに苦手な事を教えあったりしているのもなんか楽しくてよかったです。スパルタなんだけど(笑)
あと、悠貴が使ってる慣用句とかが道明寺のように間違ってたりするのも笑えました。

この作品は悠貴がまどかに好かれようと奮闘してるので結構悠貴側からの独白のある進みだったりまどかと悠貴半々くらいに書かれてましたね。

某ドラマと違い爽やかな登場シーン
画像 12052



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ビバサーカス  チョコレートバーガー



あれ?これってばもはや今年じゃなくて去年のVDフェアで買った時の画像かも・・・危険。

当時もね、フェア終わってしまってから記事にしても限定モノだったからなぁと思ったんですが。

東京駅でKIHACHIとビバサーカス、コラボのお店で同じものが買えるので図々しくもアップします。

チョコレートバーガーという名にふさわしく5種類のチョコレートガナッシュがサンド
画像 970

形はバーガーというより一見マカロンみたい。と思って買いました。
生地はダッグワースなので柔らかく、そして中はチョコクリームなので要冷蔵です。
画像 972
とても美味しかったです。VD用ではなく自分でバクバク食べました。

今年も既にフェアが始まってますね。
渋谷西武Hanakoスィーツフェスティバルや新宿伊勢丹のサロン・ド・ショコラに行きたいけど、どうやら無理そう。
スィーツブロガーだったら失格ですね。

いいの。私、少女漫画ブロガー(の端くれ)だから・・・。




関連記事

ペニンシュラ ケーキ&マカロン



食べ物記事が増えてきたことにお気づきでしょうか。
デジカメが壊れる前に撮っておいたものですがその後ブログを放置してしまったので書いてなくて。

食べるの大好きなのでついつい・・・。
漫画の感想を見に来てくれる方にはいらないと思う方もいるかと思いますが私にとっての備忘録&息抜きみたいなものなのでお許しくださいな。

こちらもだいぶ前ですが日比谷のペニンシュラホテルに行った時の画像です。
別に食事とかしにいったわけでもなくケーキショップ目当てです。
こちらのマカロンの評判が良かったのでマカロン目当てだったのですが夕方だったせいかマカロンもケーキも品薄でした。


ケーキは私のチョイスが悪かったのか・・・。
でも種類が少なかったのでたまたまかも知れませんが3種類買ったのですが少し味が似てたんですよ。


画像 425
見た目すごくおいしそうなんですが苺を使用してるという共通点も去ることながらクリームも中の生地も似ていて「同じ生地を違うケーキにも使ってる!?」と思ってしまったんですが・・・たまたまだったのでしょうか。
黄色いバニラクリームはマカロンにも使用されてるし。

画像 427

でも勿論、似た種類を買ってしまったせいもあるし一つ一つはとても美味しかったので次回違う種類のケーキを食べたいなと思いました。


こちらは普通にショートケーキっぽい感じ。(アバウトな感想ですが・・・正直忘れた)
画像 429

そしてマカロン。確か残っていたのが少なくてセサミと抹茶の2種を買いました。
これはとっても美味しかったです!!

画像 620

なんと言っても中が凝ってます。
クリームの量が結構多いので純粋にフランスのマカロンとしてよりケーキ的な美味しさが大きいかも。
アーモンドプードルの味や香りはあまりしませんし、通常のマカロンが苦手・・・という人にむしろお勧め。
画像 626
私も非常に好きな味でした。全種類制覇したいです。

こちらも抹茶クリームの中に小豆
画像 627

あ、ちなみにマカロンの断面があまり綺麗ではないのですが手で割りました。(か、かじってないよ)




関連記事

花と悪魔  8~10巻

花と悪魔 10 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 10 (花とゆめCOMICS)
(2011/03/19)
音 久無

商品詳細を見る
別巻の感想⇒1~7巻

以前、8巻迄買ったのに見当たらない、と7巻まで感想を書いたのですが8巻は買っていなかったみたいです・・・。
そして完結したので8巻から買おうと思ったら書店に揃ってなくて日にち跨いで別の書店で買い揃えいざ読もうと思ったら・・・なぜか4冊ある!
9巻が2冊ありました。ほんとマヌケなことをしてしまいました。
そして真っ先に思ったことが「この分で1冊別の漫画が買えたのに~」でした。

【あらすじ】
ビビが魔界へ買えって3年。美しく成長したはなは、約束の時を過ぎても戻らないビビを待ち続ける。
一方、二度と人間界には戻らない覚悟で魔界へ帰ったビビだったが、2代目魔王から勅命が下り-。


全体的に思い返すと小学生とかに安心して読ませられるようなすごく安定・安心な漫画だと思いました。
はなのまっすぐな性格とか周りに嫌なキャラがいないのとか。

8巻からははなとビビが自分の気持ちに気付いてからの話でしたね。
ビビもはなが大切でお互いに相手の事を考えて行動してるんだけど、それが逆に二人が離ればなれにしてしまうという切ない感じでした。

ビビは、はながこれ以上危険な目に遭わないようとローゼマリーと結婚することにしたのにはなはちっとも喜ばない。ビビは本当に鈍感です。さすがトーニと暮らしていただけありますね。

今迄ほんわかした空気で読んできましたが、魔界に帰らなくてはいけない時間が近づいてきてからは二人の切ない感じが良かったです。

言わなくても気付いてよ!(読者突っ込み)
画像 11975



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

神様はじめました  11巻

神様はじめました 11 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 11 (花とゆめCOMICS)
(2012/01/20)
鈴木ジュリエッタ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~3巻4巻5~6巻7巻8巻9~10巻12巻


ショートストーリーがいくつか入っていてどれも楽しく読みました。特にこれといって本筋に進展は無かったですね。

【あらすじ】
奈々生が結婚を申し込まれた!?「巴衛がOKなら受けようと思って」と恥らいながら話す奈々生に、瑞希は卒倒寸前!!更に年末になり奈々生達は辰年神様のお社へご挨拶に向かうことに。そこで、巴衛と瑞希は奈々生の過去を見てしまって。


絵が少し変わった!?もともと少しずつ変わってきてるんですが上達したとは別に顔付が変わってきたような。
どの作者でもある程度変わってきちゃうのは仕方ないんですが登場人物の今までの持ち味とか表情が少し違うような違和感がありました。

おまけに今回は巴衛が特に・・・キャラ崩壊!?

年神に御札をもらいにお社へ行くことになった3人ですが奈々生が十二鳥居をくぐる中で過去にとらわれてしまい奈々生を迎えに行った巴衛は4歳の奈々生と出会います。
奈々生の過去を知りたい巴衛は暫く見守ることに・・・。

4歳の奈々生はとても可愛い。と、思ったけどやっぱ奈々生でした
画像 12010

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

八天堂 くりーむパン



こちらも催事で購入。

便利な世の中に感謝。

hattenndo.jpg

スイーツパンなのでご飯として食べてはいけません。
でもこのクリームとしっとりしたパンが絶妙で大好きなんですよねー。

私が食べたことがあるのはカスタードクリーム・生クリーム・抹茶・チョコです。
カスタードと生クリームは少し味が似ていますね。
生クリームのが甘味を抑えてフレッシュ感があります。

抹茶味も個人的にはとても好きであとはカスタードと生クリームのどちらかを気分で買うことが多いです。
スイーツパンということでおやつに


関連記事

マダムシンコ マダムブリュレ

だいぶ前の話ですがテレビで話題の「マダムブリュレ」。

古い画像ですが去年の催事の際に購入した時の画像です。
仕方ありませんが冷凍状態で購入して冷蔵庫で解凍して頂いたのでよくテレビでみるようなカラメルがツヤツヤ状態とは異なります。

sijonotokia1.jpg


でもパリッと感は少し残ってますよ。いやもうシャリッとした感じだったかな。
何通りか食べ方があり冷凍したままだとアイスのような食感で冷蔵庫で自然に解凍させたのが普通の食べ方、レンジで少し暖めると3通り表示があり冷凍のまま以外の食べ方2通りで食べてみました。

既に食べたことのある友人から「かなり甘い」という前情報があったので特別驚きませんでしたが確かにかなり甘いと思います。カラメルが中まで染みているからでしょう。
最初は甘い~と思いましたが2口目3口目と食べてるうちに逆に慣れました。

レンジで少し暖めた食べ方も全体的にふんわりしてしっとりタイプのバームようでした。

sijonotokia3.jpg









関連記事

万惣フルーツパーラーのホットケーキ

先日、家族で初詣に神田明神へ行きました。
参拝客の方が沢山いてにぎわっていましたよ。
「天野屋」で甘酒もいただきました。
画像 p11958


参拝後以前から行きたかった万惣フル-ツパーラーへ足を伸ばしてみました。(こっちが本命)
銀座の店(松坂屋の地下)へはたまに行くんですが須田町の方には中々行く機会がなかったので。

そう、有名なホットケーキが食べたかったんですよ!
銅版で焼き上げているので外側がカリッとしていて中がふわっとしているという噂(?)のホットケーキ。

母曰く「若い頃はよく行ったけどあの頃はこの辺り都電が通ってたのよね~」と懐かしそうに話してます。
リアルALWAYSの時代ですか!?
ちなみに○十年前はカウンターがあって目の前で焼いているところが見えたらしいです。

父は行く店を万世と聞き間違えていたらしく「あれ?肉じゃないの?」とガッカリしてました・・・。


M2階もあるようですが2階の方でいただきました。
テーブルに敷いてあるペーパーマットにはホットケーキの美味しい頂きかたがのっています。
画像 1p1961

注文したのは「フルーツホットケーキセット」ポット入りのバター(右)とアングレーズソース(左)が先に運ばれてきます
画像 1p1962

思ったよりもやや小ぶり。フルーツは苺・バナナ・キウイ。生クリームにのっているのではなく完全に混ぜ込んであるような感じで生クリームは固めで濃厚。生クリームというかクロテッドクリームに近いかも。
そこにラズベリーソース?がかかってます。
画像 11964


表面がカリッと焼けているのがわかります。
画像 1p1965


教え通り上と下のホットケーキをずらしてそれぞれの上にバターを塗り重ねて切ってからアングレーズソールをかけフルーツとクリームをからめて・・・
いただきまーーーすっ!!!
画像 1p1970
うん。おいしい。
今風のふんわりやらわかパンケーキとは違いますがクリームとソースをたっぷりかけてもカリッとした食感が消えずに残っています。でもクリーム染みてる感じもします。
バターの塩味が結構効いてて甘味とのバランスもいいです。
ふんわりパンケーキが好きな人には好みが別れるかもしれませんが私は好きでした。
そして最初小ぶりかもって思ったのですが食べるとちょうどいいくらいの量でした。


いや、量的には倍はイケル!と思ったけどお腹にたまる具合は調度いいです。
フルーツも見た時は少ないと思ったんですが一緒に食べると調度いい量と感じました。



ちなみにこれはフルーツパフェです。
画像 1p1966


今度は普通のホットケーキが食べたいですがフルーツオムレツも気になる。
モンサンミッシェルで食べられるオムレツ店みたいな感じでフワフワ美味しそう。
そういえばあのオムレツも有楽町にお店が出来たんですよね。
ホント日本ってなんでもあるんですね。なのに幸福度は低いんですね。
一体日本には何が無いんだ!?(老後の安心か?)


関連記事

秘密  -トップ・シークレット-  10巻

秘密 -トップ・シークレット- 10 (ジェッツコミックス)秘密 -トップ・シークレット- 10 (ジェッツコミックス)
(2011/12/28)
清水玲子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~8巻9巻

あぁ、きた。きた。
ワケわかんなくなってきたよ・・・。

【あらすじ】
第九を揺るがす、内部関係者による捜査情報漏洩事件。更に、その最中に起きた青木の姉夫婦の悲劇。
哀しみを事件事件解明への情熱に変え、捜査に挑む青木。一方不審な動きを見せる復職した滝沢。そして、捜査上に浮かび上がる謎のウイグル文字・・・。事件に隠された、重大な「秘密」を握る薪は・・・!?


まぁ面白いからいいんだけど・・・。

伏線張ってる状態も含め内容にちょっと混乱。
もう私の頭が追いついて無いだけかも。

蒔さんが発狂し過ぎて、わかんない。
何に発狂してるのかも、もうわかんない。


10巻を読む前に絶対わからんだろうと9巻おさらいして10巻に挑んだのに・・・。

おしぃ~えて~おじぃさん~♪

ここからネタバレ▼(少なくとも上記よりはまともな感想)

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

神様はじめました 9~10巻

神様はじめました 10 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 10 (花とゆめCOMICS)
(2011/09/20)
鈴木ジュリエッタ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~3巻4巻5~6巻7巻8巻11巻12巻



私がすぐ放置するせいもあるけど、この作品は感想をまとめて書く率が高いですね。
なんか気が付いたらすぐ新刊が出る。11巻もまとめて書こうかと思ったんですが鞍馬の話で調度キリがいいので・・・。

【あらすじ】
天狗の里で跡目争いに巻き込まれた奈々生たち。鞍馬の父・僧正坊に霊薬を渡すため、結界に包まれた本家道場内へと潜入を試みる!その作戦前夜、巴衛と奈々生が相部屋におとまりすることになりまさかのドキドキ急接近!?

鞍馬が天狗の重要ポジションの妖怪なんだろうなぁ~というのは、今まで読んできてチョイチョイ出てくるので予感はしてました。なんだかBLACK BIRDみたいでしたが、それはさておき奈々生は本当に神様として成長してきましたね。

巴衛が奈々生を好きだ自覚して恋愛的な部分でも進展してきました。
神使という立場から好き合ってるのに気持ちを隠し、でも嫉妬したりたまに感情が出ちゃったりする部分も私の大好物なのでそんな部分も楽しく読んでます。

前にシリアスな展開にしちゃってもいいかもなんて書いたけど最近はたまーに真面目なキャラの奈々生のシーンがありますね。全体的にはコメディ的は感じが多いんですがこうやって使い分けるのもいいですね。

夜鳥の前で姿をバラす場面は急にシリアス。
めがねを咥えてるのはちょっと狙ってる感じ?

画像 11923



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

12 ≪│2012/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。