スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近キョリ恋愛 10巻  (完)

近キョリ恋愛(10)<完> (KCデラックス)近キョリ恋愛(10)<完> (KCデラックス)
(2011/06/13)
みきもと 凜

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~8巻9巻


こっちの教師×生徒モノも終わってました~。

【あらすじ】
「気になる子が出来たからもうつきあえない」櫻井から告げられた別れの言葉に、ゆにの心は揺れ惑う。
それが、ゆにの将来を思ってのやさしくも悲しい嘘だとは知らずに・・・。2人の恋の行方は!?そしてゆにの夢は!?


卒業&留学で終了と無難にキレイに終わりました。
峰藤が出てきた時は単に新しいライバルキャラが出ただけかと思ってたんですけどこの峰藤が今までに無く悪知恵が働くわ、徹底的な悪キャラだわで変人のゆにがやられっぱなしでした。でも先生はやっぱり一枚上手と言うか峰藤の悪巧みにも気付いてしまう大人で良かったです。

どれも味のあるキャラばかりで、ノリが軽いせいか峰藤の悪事っぷりも悲壮感よりはむしろ笑いの一つとして読めたし。先生とゆにが別れた後もずっとお互いのことを思ってる状態が伝わってきてるので切なさ+安心感がありました。


先生にもらった指輪を見て涙ぐむゆに・・・
画像 1004



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

モノクロ少年少女 7~8巻

モノクロ少年少女 8 (花とゆめCOMICS)モノクロ少年少女 8 (花とゆめCOMICS)
(2011/11/18)
福山リョウコ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~5巻6巻9巻10巻


なんかいつの間にか色々と話が進んでましたねぇ~。

【あらすじ】
皆の思いを胸に抱えたまま、呉羽達は修学旅行でオオカミ国へ。右京にキスした後も現実から目を逸らし呉羽を避ける蝶々だったが、茅に後押しされて、ついに右京に告白。それは、ひとつの想いの終わりと共に新たな始まりを告げる合図となって!?


7巻と8巻で内容がガラッと違うので感想をまとめて書くのが難しいです。(私がさぼったせいだけど)
7巻は呉羽が3年生のトップ二人のうちどちらを選ぶかという事で悩むお話でした。
8巻では呉羽が右京にとって大切な存在と気付いた黄苑が再び現れる話です。

登場人物の個人的感情だけじゃなく皆さん王族でお家事情もあって外からの問題も絡まってはくるけれど最初の頃と違って4人の絆の深さを多く表現してるので一見すると面倒くさい四角関係ですが感情は拗れることなく逆に何かあるたびに絆を深めるという点は友情モノとしても上手く書けていますね。

4人の感情が絡む割には全員が友情優先で出し抜かないせいかドロドロしないのも好きです。

右京をマーキング。この漫画は動物の習性も学べます
画像 1106







ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

クリスピー・クリームドーナツ スノーマンとホリデーリース

クリスピークリームドーナツで季節限定のドーナツを買いました!
ハロウィンの時もそうだけど見た目が可愛くて可愛くて・・・・。

「スノーマン・ベリーズ」と「ホリデーリース」
メニュー写真より結構イビツだったのが残念。
お店のショーケースには割と綺麗に出来たのを置いてあるのでしょうか。
奥から入れてくれたようで家に帰って開けて見てちょっとガッカリでした。
でも可愛くて美味しいから許します。

スノーマンは中にラズベリークリームが入ってます。
ホリデーリースは上に乗ってる緑と白の振りかけてあるのがスプレーチョコかと思ったら砂糖でした。
パリパリするので最初びっくりしました。あとはアラザンもすこーしかかってます。
画像 1091


だって公式HPの画像はこれよー。(お借りしました)
スノーマン・ベリーズ




もう一つ、「オールドファッション・チョコレート」。
限定の「モンブラン・リング」と悩んだけどちょっと甘々な組合せになりそうなので。
(全部甘いけどね)
画像 1092



あとはミスドの雪だるまドーナツが食べたい!!
そうすれば、今年は思い残すことがありません!










関連記事

ル・ポミエ

伊勢丹・新宿店のマ・パティスリーに週替わりで入るお店で東北沢にある「ル・ポミエ」が入っていました。

こちらのケーキ「サパン・ノエル」は伊勢丹の限定ケーキだそうです。
クリスマスツリーのデザインで見た目がもう素敵!!


ピスタチオムースにチョコムース、木苺のジュレが入ってました。
下はビスケットが土台になってます。

画像 12001


「ママミーヤ」マスカルポーネと無花果のケーキ。
てんとう虫のチョコがのってました。実は帰ってきて箱を空けたらラズベリーとてんとう虫が転げ落ちていて記憶を頼りに乗せたので少し違うかも。

画像 12000

こちらはお店の名前でもある「ポミエ」
見た目が一番平凡かも、と思ったのですが味は複雑。
表面のリンゴソースの下は薄いホワイトチョコでメレンゲやリンゴムースに中はリンゴのキャラメリゼとさすが店名を付けただけあるなぁ。
画像 1204

どれもとっても美味しかったです!!

東北沢と麻布にお店がありますがノエルは伊勢丹限定だそうなので20日(火)までです。
クリスマスまでお店でも売ればいいのに!!




関連記事

失恋ショコラティエ 4巻

失恋ショコラティエ 4 (フラワーコミックス)失恋ショコラティエ 4 (フラワーコミックス)
(2011/11/10)
水城 せとな

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~2巻3巻5巻


最近、水城せとな作品に辛口かも。。
最初は続きを楽しみにしてる漫画の一つだったのになぁ・・・。

【あらすじ】
サエコが人妻になった今でも一途に想い続け、振り向かせようと試行錯誤するショコラティエ爽太。彼女の気を引く為に悪い男を演じた効果かサエコとデート(?)にもこぎつけたりもして計画は順調に進行中?
そんな中、オリヴィエや、薫子の恋模様にも大変化が・・・!?


作品が好きっていうより先を知りたいだけで買ってる気がしてポイズンベリーもそうなると嫌だなと思ってしまい結局買いませんでした。
最初は爽太がサエコに振り向いて欲しくてと2人中心で進んでたのに少しずつ、オリヴィエや薫子とか脇役達の登場人物の抱えてる背景が見えてくるようになってきて私はここまで求めてないのかも、と思いました。
面白いと言えば面白いんだけど次々と登場人物の話が色々出てくると読んでて「なんかそんな各々のことまで話を広げなくていいのになぁ」って思ってしまいました。

こういう明るいノリだけで良かったなぁ~
画像 1074


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

なんて素敵にジャパネスク 人妻編 11巻 (完)

なんて素敵にジャパネスク 人妻編 11 (花とゆめCOMICS)なんて素敵にジャパネスク 人妻編 11 (花とゆめCOMICS)
(2011/06/20)
山内直実

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~8巻9巻10巻       
 マンガ版・なんて素敵にジャパネスク 


今更ですがジャパネスクもとうとう終わったんですねぇ~。

【あらすじ】
帥の宮の手にかけられ気を失った瑠璃。目覚めるとそこには高彬が!帥の宮と桐壺女御を助けるよう訴える瑠璃に対し、高彬の取った行動とは!?それぞれに運命の向かう先は・・・?


今回は終了して改めてこの人妻編の漫画について自分の中では山内さんの漫画で読めて良かったなぁ~という気持ちと期待が大き過ぎたせいか漫画化して欲しくないとは全く思わないのだけどちょっと落胆な部分と両方ありました。

逃げた帥の宮を追った瑠璃姫は再び帥の宮の手にかけられ気を失ってしまいそうになるがそこへ高彬が現れて。
何度も何度もひどい目にあっている帥の宮に対してそれでも最善の方法で助けたいと思う瑠璃はすごいなぁと思います。私だったらとりあえず目をつぶって逃がすことは出来ても全員が助かるように身を削ってまで手を回したりまでは出来ないかもなぁ。


画像 1017


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

僕等がいた  15巻

僕等がいた 15 (フラワーコミックス)僕等がいた 15 (フラワーコミックス)
(2011/06/24)
小畑 友紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~12巻13巻14巻16巻

今までどの漫画の実写化に対して何もコメントしなかったけど今回は「いや~びっくり」でした。基本的に映画やドラマは副産物として見てるから別にイメージ合わなくても客観的に見てられるんですがこれはキャスト知った時に「きっとキャスト決めた人の中でこの漫画をきちんと読んだ人はいなかったんだろうなぁ~」って思ってしまいました。
 どちらかと言うと大人になってからのイメージに合わせようとしたのかも知れないけど(どっちも合ってないけど)この作品が好きな人は学生の頃の二人のストーリーが大好きなのだけど、そういうのわからないんだろうなぁ~。

【あらすじ】
有里と暮らしていると聞かされ、その本心を誤解したまま去ろうとする七美に、矢野が過去を語り始めた。「七美だけは前に進め」矢野の強い思いを受け止めた七美は、前に進むため竹内に別れを伝える。矢野と竹内は海釣りに出かけ、婚約指輪を投げ捨てた竹内は「高橋が溺れている」と矢野に伝える。


正直、連載が再開されてから前程のクオリティを感じていなくてとにかく二人を見届けたい一心だったんだけど今回はすごく良かったです!次で最終巻みたいですがその最後に向けて進みだした感じがとても良かった!
今まで過去にとらわれていた人達がきちんと前を向いて歩き出した感じです。
読んでいる最中からひしひしと伝わってくるくらい良かったです!!

矢野との出会いが七美を強くしたのね~
画像 1103



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

黒薔薇アリス  6巻

黒薔薇アリス 6 (プリンセスコミックス)黒薔薇アリス 6 (プリンセスコミックス)
(2011/10/14)
水城 せとな

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~2巻3巻4巻5巻

【あらすじ】
光哉と一夜を共にしたことが亀裂を呼び、アリスとディミトリは別離のときを迎える。
一方、櫂と玲二の過去の確執も徐々に明らかに。アリスの、ディミトリの、そして櫂と玲二の想いの行方は?

早々にこんな辛口から入るのは申し訳ないのですが、多分よっぽど内容的に感想を書きたいと思わなければもう完結するまで感想書かないかも。。

毎巻毎巻辛口で書くなら最後にまとまってから読んで書いた方がきっといいんだと思う。
最後に自分がどんな感想をもつかわからないけどこの作品は終わってから通して読んだ方がきっといいんだろうなとは思うから。もしかして「放課後保健室」も一巻ずつ読んでたらこんな気持ちになったんだろうか・・・とも思うのでこちらも最後にはいい作品だった!という形で終わればと思いますが。

特に今巻は何から書いてもあまり好意的な感想を書けないかも・・・。



ここからネタバレ(またもや辛口・・・)▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ココロ・ボタン 5~6巻

ココロ・ボタン 6 (フラワーコミックス)ココロ・ボタン 6 (フラワーコミックス)
(2011/09/26)
宇佐美 真紀

商品詳細を見る


別巻の感想⇒1~3巻4巻7巻8巻


思ったよりも失速せずに面白いです!っていうか、最初は古閑くんのSっぷりを楽しく読んでたから5巻で今後はどうなるやら・・・と思ったんですがもう新奈が可愛い!

【あらすじ】
みんなでクリスマスパーティーをした後、古閑くんの家で二人っきりになって、緊張のあまり心臓がバクハツしそうになっちゃうあたし。「嫌ならなにもしないよ」って古閑くんは言ってくれたけど、チューとかギューとかなら全然大丈夫なのに・・・?


5巻の前半辺りはカップルになってからの難しさからか、少し内容が苦し紛れっぽい気がしました。不自然な新奈いじりもあったし。前の巻の元カノに続き古閑くんの友達の速水を出したのも案に新しくライバルキャラ出したのかな~と最初は思ってしまいました。
でも、そういう展開の連続じゃいつしか飽きちゃうかもと思ってたのですが宇佐美さんは元々ラブストーリーが上手だから二人の付き合いたての初々しい感じがとっっても読んでて楽しい。会話のやり取りとかテンポとか上手ですね。徐々にソフトSとか関係なくまた自然に引き込まれてました。

この辺りの新奈いじりはちょっと微妙でしたが・・・
画像 1053


速水が出てきて古閑が嫉妬とかする新たな場面が見れるのかなと思ったら5巻の後半で古閑くんの家に行った新奈が古閑くんに押し倒されるかと思ってドキドキし過ぎて逃げちゃったり、イヤー嫉妬どころか古閑くんたら結構ぐいぐい行くな~。となぜか感心してしまったりニヤニヤしちゃったり。

メガネ男子好きとしてはこの扉絵は好きっ!!
画像 1060

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

アオハライド 2巻

アオハライド 2 (マーガレットコミックス)アオハライド 2 (マーガレットコミックス)
(2011/08/25)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻3巻
もうすぐ3巻がでますがその前に2巻の感想を・・・。

【あらすじ】
高2になった双葉は洸や悠里と同じクラスになった。新たな人間関係を築こうと、前向きに努力するが前途多難。素っ気無いが優しい洸とリーダース研修に参加することに・・・。


久々に読み返したら全然内容を覚えてなかった。
けれど読んだとき微妙だなぁーと思ったのは覚えてたんですが読み返しても微妙でした。
やっぱりどうしても読みながら無意識に「ストロボ・エッジ」を引き合いにしてしまってるのもかなぁ。申し訳ないけど・・・。
元々今回の設定の主人公が人間関係を上手く築けていない的な話が苦手なんですが主人公自体にもあまり好感が持ててなくて・・・。

1巻は殆ど伏線みたいなもんだったし2巻以降からリーダース研修で同じグループになった登場人物達と仲間になっていく事によって双葉が自分らしさを取り戻していくという、人間関係の構築と洸とのラブストーリーにキャラそれぞれの事情のようなものを絡ませて描かれていくんだろうなぁ~とは思うんですが・・・なんか今の所あんまり読んでてドキドキもしないし楽しくも無いんですよね、残念ながら。
今はまだ物語的に序盤なんだろうなと思うのでもう少し付いていこうかと思ってます。

そう、まだ何も始まってないよね!
画像 1019


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。