スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様はじめました 8巻

神様はじめました 8 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 8 (花とゆめCOMICS)
(2010/12/17)
鈴木 ジュリエッタ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~3巻4巻5~6巻7巻9~10巻11巻12巻


7巻の感想で恥ずかしいくらい勝手に盛り上がった私。。
全然違う方向へ話は進んでますがやっぱりとっても面白かったですよ。

【あらすじ】
霧仁と共に黄泉国へ落ちてしまった奈々生。地上への出口をさがして、危険な二人旅がはじまり・・・。
一方、社で留守番をしていた巴衛のもとに「奈々生が黄泉で行方不明」という知らせが届く。その時、巴衛の意識に大変化が起きて・・・。

前回のあらすじで奈々生が妖怪や神様とバトルっぽくしていったら面白いのにーとか言ったけど。
・・・皆さん。ご存知のようにこちら少女漫画です。
なんで私そっち方向へ頭が行ったんだろう。。(でもそれはそれで面白いと思うけど)

そっちじゃなくて霧仁(悪羅王)が奈々生に対してなんだか特別な感情が芽生えそうな気配がチラリ。・・・そうか。そうだよね。この流れこそ少女漫画の定番の流れじゃないか・・・。
そっちの展開じゃなくて戦っちゃおうよなんて思うなんて。女子として残念な気持ちです(自分に)。

霧仁を助ける為に奈々生が黄泉の食べ物を食べ黄泉国の住人になったと思わせる場面。
イザナミの表情が可愛いです。それまでの表情と一変して奈々生が黄泉の住人になった事で実は仲間が出来たのを嬉しく思ってるんだなーと、いうのがこの顔で判りました。
画像 731
ジュリエッタさんの表情はすごく可愛くて独特な味があると思う。

画像 733
この奈々生の表情は今巻一押しで可愛かったなぁ~。

今回は色々と話も進み恋愛面にも進展があったと思います。
神使の契約が切れた巴衛がその後も自分の中に奈々生への気持ちが占めている事に気付いたり、雪路の事を覚えていないことやミカゲの登場など。
そして悪羅王の体の件も含め益々楽しみになりました。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

学園アリス 23巻

学園アリス 23 (花とゆめCOMICS)学園アリス 23 (花とゆめCOMICS)
(2010/12/17)
樋口 橘

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~18巻19巻20巻21巻22巻24~26巻


なんだか話が加速し過ぎです。。

【あらすじ】
学園脱出の為、高等部の扉を目指す蜜柑たち。吸魂のアリスに操られた蛍の兄・昴が敵として現れて!?
兄を取り戻すため、蛍は蜜柑に「ここに残る」と告げる。更に棗との別れも訪れ・・・棗の想いを感じた蜜柑は!?

今から思えば過去編に入る少し前の蜜柑が追い詰められる辺りからその気配はあったのですが。
過去編が終わり、現在に来て進みが何がなんだか~な状態なんですよね。

なんで急にこんなに急展開の連続なんだろう。
そろそろいつ迄に連載終了という区切りを提示されてきたのでしょうか。だけど、長い連載の中で構想が広がっていって出来ればなるべく多くのキャラを幸せにしたいみたいな流れなのか・・・?
正直、単行本を読んで「詰め込み過ぎ」というのが感想でした。

蛍との別れに、蛍と兄、裏切りモノの件、危力系寝返りの件、ユカとナル、ルナ縮む件他・・・。
そしてそんな怒涛の中での蜜柑と棗、そしてルカぴょんの件。
毎号の中で色んな人に色々起こり過ぎていて・・・。
それぞれ短くまとめているんですけど、それが逆にすごい短い間に起こりすぎて読んでいてちょっと白けることもありました。今迄はそんなこと無かったのに・・・。

どんな終わり方になるのか、違った意味で少しハラハラしてきました。

操られた今井兄とジンジン(神野先生)がちょっとかぶる・・・画像 728



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

なんて素敵にジャパネスク 人妻編 10巻

なんて素敵にジャパネスク 人妻編 10 (花とゆめCOMICS)なんて素敵にジャパネスク 人妻編 10 (花とゆめCOMICS)
(2010/11/19)
山内 直実、氷室 冴子 他

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~8巻9巻11巻
        マンガ版・なんて素敵にジャパネスク 
  


大方の予想を裏切って10巻で終わりませんでした!(笑)

9巻くらいから妙に話の進みが遅くなってきたんのですが人気が上がってきてるのかな?
ブログのアクセス解析の検索キーワードでも以前は「人妻」で迷い込んでくる方が多く「そっち目的の人妻じゃなくてスミマセン~」と申し訳なく?思っていたのですがここ半年あたり作品名での検索が多いなと思ってたんですよ。

【あらすじ】
廃東宮の企みが全て潰えたかに思われたが、師の宮には最後の切り札があった!
東宮と桐壺女御が失踪し、陰謀に関与していた大弐の口から意外な真実が明かされる。全てを悟った瑠璃は、師の宮に最後の提案をもちかけるのだが・・・!?


感想は・・・
「大弐の顔が怖い」

・・・。

だって本当に怖い
画像 722

師の宮の陰謀の裏に隠された真実がわかり瑠璃達が止めに行く為、藤宮様へ行く所から現れた高彬を止める場面もう少し緊迫感が欲しいな。
コバルト読んでた時にこの辺りからラスト迄をとてもハラハラドキドキで読んでたので。

あとは10年以上会ってない男女が姿を見ないまま一夜を共にするというのはコバルトで読んでたい時は奥ゆかしいような切ないような気もしたのですが・・・どうなんだろうかと。。ありなのかな?と、思ってしまいました。(むしろ節操ない・・・)
まぁ手紙のやり取りや気配を伺うだけで結婚しちゃう平安時代ですからね。

それにしても漫画で読む藤宮様がとても素敵。
コバルトでは結構浮かれた発言が多いのですが漫画ではセリフが加減されていることもあって品も茶目っ気もあって絵柄も素敵だし今回も頼りになる場面がありますね。
山内さんはきっと藤宮様がお気に入りなのかなー。

画像 726

原作の内容だけだとあと1,2話くらいで終わるのでは?と思けど残りは何を入れるんだろう?オリジナルで番外編とか入ってくれたりすると嬉しいな。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

黒薔薇アリス 4巻

画像 31584
黒薔薇アリス 4 (プリンセスコミックス)
別巻の感想⇒1~2巻3巻5巻6巻

あらすじ以外の感想を書いて下書き状態のままだったのを発見。。
これは割と買ってすぐ読んだ時の感想なので今自分で読み返してみて他人の感想を読んでる気分でした。


なんか、感想を書いていたら書いてる段階で色々な疑問が湧き出してきて「なんで?なんで?」状態でした。
まだ序盤なせいか謎が多いんですよね、この作品。

【あらすじ】
レオの寿命は尽き、繁殖を巡る状況も変化の時を迎えていた。
そんな中、アリスは大正時代の古い日記を発見する。そこに綴られた彰子という少女のディ見取りへの儚き思いとは!?


そういえば、「失恋ショコラティエ」が「凛花」から「flowers」に移るみたいですね。
これで単行本が出るのが早くなりそうです~。(以前の感想なので情報が古っ)

アリスの性格がどーのこーのと前回書いたけど、なんだかんだでやっぱり話が面白いんですよね。
前半は彰子の日記の話を中心にしつつ、後半に瞳子が現れて実はレオが瞳子に種を宿していた!
現時点でのアリスキャラがイマイチ好きじゃないので今回はアリスが色んな部分で"やられてる"シーンが多くてちょっと爽快+アリスが可愛く見えました。

今まで気が強く無邪気でとまさしく女王的存在だったアリスが瞳子の存在によって、紅一点の立場を狂わされる部分が面白い。今まで尖っていた部分が強調されてるんだけど事情を知っている同性と意見を交わせる事によって見せるアリスの本音や変われない梓の部分も見れました。
こういう演出も計算なんだろうなぁ~と思うとやっぱ今後が楽しみです。

内容が進むにつれてまた徐々に変わっていくというか梓寄りの性格になったり違った面が見えてきたりしそう。
「放課後保健室」で紅葉がどんどん素敵な女の子になっていったようにアリスも物語が進むにつれて少しずつ気持ちや性格が変化していくのかな、と思います。

画像 31590

画像 31594
その後のガールズトークに萎える男性陣も一見



続きはネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

またもや・・・

放置してしまいました。
お久しぶりでございます。あっという間に年の瀬ですね。

なんだかとっても忙しく・・・というわけでは無いのですがちょっとブログを書くという方向に気持ちが向きませんでした。ごめんなさい。
私のブログは漫画の感想か食べ物の感想かあとは思ったものを記事にする正に気ままブログなので気持ちが向かえないと書こうと思えないんです。偉そうですみません。。

そろそろブログが書きたいかも・・・と思ってきた矢先PCの調子もイマイチでなんとか年内復帰です。
そんな私がブログを休んで何をしていたか、誰も興味は無いかと思いますが「散歩」記事と「食べ物」記事を併せたダイジェスト版です。

どうぞ~ 



旅行をしたり..
広島はいいところじゃけん。。
miyajima.jpg

「揚げもみじ」浅草の揚げ饅頭みたいでしたが、美味しかった。
agemomiji.jpg
けど揚げる意味はわからない。

「てっぱん」が絶賛放送中の尾道にも行きました。
私的には大林宣彦監督の映画の印象が強い町です・・・

夕焼けだんだんの坂道です。
yuuyake.jpg

わかる人にしかわからない「転校生」で二人が転げ落ちた階段です。
tenkosei.jpg


旅の帰路で虹が!
niji.jpg




オープン直後の羽田空港・国際線に用も無いのに出没。
haneda1.jpg

haneda2.jpg
10月なのに雨が降って異常な寒さだったのは会社を休んだ天罰でしょうか・・・

一番テンションが上がったのは「クリーミィマミ」のコーナー!!!!!
mami.jpg
でも日本のオタク文化を表したかったのはわかるけど何故、今羽田でクリーミィマミだったのかはちょっと謎。



日本橋に出来たコレド室町にも行きました。
coredo2.jpg

噂の金箔の中に入ってきました。
coredo1.jpg

隣でヒッソリオープンしてたYUITOもちゃんチェックしました。
画像 401


表参道のイルミネーションに表参道ヒルズのツリー。
画像 654
一緒に行ったのは家族とです・・・。


食べ物はあまり記事にするような事も無いかな・・・と画像も取らずに胃の中へ。。

あ、ピノのキャラメル味で★のピノが出たんでした。
pinopino.jpg
ちなみにこのあと又キャラメル味で★のピノを出しましたが2度目は画像取りませんでした。


冬恒例の中華まんを購入する際に発見した中村屋の「あんまかろん」。
マカロンが好きだからというよりこの中華まんのミニバージョンのような外見に惹かれました。
anmaka1.jpg

anmaka2.jpg
かわいい・・・。

中村屋のピザまんが大好きな私は冬になると必ず食べます。
お店で蒸かしてないのを買って家で蒸し器で蒸して食べるのがサイコー!
コンビニの保温器?だとピザまんの中に入ってるチーズのとろけ具合がイマイチ。
冬になったらマストなピザまんです。(回し者ではありません)


と・・・話が横道に反れた所でまぁたいした過ごし方をしていませんでした。

今月は大掃除をしてました。家族と同居なので水周りの掃除等かなり頑張ったのですが自分の部屋がまだ汚いということにやっと気付いてこれから「断舎離」します。

そういえば流行語に選ばれた「女子会」
昔から女子会ばかりしてた私にはむしろ「え?皆そんなにしないものだったのかな??」と、逆に驚くばかり。。女性だけでご飯食べたり飲んだりってむしろ普通じゃないんでしょうか??
単に女性だけでと誇張した飲食店の策略なんじゃない?と疑ってみたりする私。

ここまで読んでくれた方(いるかな?)有難うございます。
また、これからた漫画の感想をざっくりとだけど記事にしたいと思います。
ざっくりと・・・ですが宜しくお願いします。




関連記事

カレンダー(月別)

11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。