スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月も有難うございます

今月もどうも有難うございます。
ついこの間までの暑さは一体?というくらい涼しくなってしまいましたね。
あのギラギラ照りつける日差しが何故かちょっぴり懐かしいこの頃です。

そう言えば。
9月の感想で「神様はじめました」について随分熱い感想を書いたもんだ・・・。
とあれから思っていました。読んだばかりだったせいなのですが。。

先日、花とゆめを立ち読みしたら既に出雲の話が終わっていて驚きました。
立ち読みしてた時点での私のテンションは普通に戻っていたけれど、まさかこんなに早いとは・・・と、思いました。
打って変わって「学園アリス」は大変シリアスな状況でした。。。

話が変わりますが、ブログの拍手等で拍手コメントを頂いた際に拍手コメントの中の返信を書いてたのですがそれだと再度その方が拍手して頂かないと見られないんですよね?
非公開で頂いていても返事だけでも・・・と思い今後は拍手コメントを頂いた場合はその記事のコメント欄へお返事を書かせて頂きますね。
非公開の場合はお名前を入れずに何日にコメントくれた方。とさせて頂きます。
今まで統一制が無くてすみません。

どうぞ宜しくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

巴がゆく!

画像 30131
巴がゆく! (1) (小学館文庫)

子供の頃、家に巴御前の児童本があって巴御前の存在は知っていたけど、巴御前が妾だったとは知りませんでした。児童向だったからかな(笑)
この児童本は他に千姫とか静御前があったと思う・・・今思えばなんだかマニアック。

【あらすじ】
不良少女だった巴。首都高をローラースケートで走り「首都高の巴御前」と呼ばれていたが、事故で友人を亡くしてからは走るのをやめていた。そんな巴の前に上総という男が現れスタントマンにスカウトされる。グリーン・シップと呼ばれるスカウトマン養成所は、実は東条財閥によるスパイ養成所だった。
愛する上総の冷酷な正体を知り、命がけで脱走した巴は東条の隠し子であり次期東条を継ぐことになる伊織の元へ。


面白いのだけど、今読むと他の作品のが面白いのとやっぱりどこか似てるからそんなにすごい面白い!とは思えないかも。こっちの方が先に書いているんですがBASARAとキャラのポジションというか役割的に似ている部分とかを感じたり。

最初の跡取り問題として妾の子である伊織様が本妻に影で命を狙われるっていうのは納得いきます。
狙い方が行き過ぎているけれど・・・。
「道成寺」の舞台から現れる姿はすごく素敵でしたねぇ~。
登場シーンとか見せ場のインパクトのある描き方がとっても上手だと思います。

昔、まだBASARAの連載当初くらいに読んでた時はあまり深く考えてなくて巴が戦っているシーンとかをすごくハラハラして読んでました。
それにしても幼かったせいもあるけどなぜ巴がこんなに一人で頑張って戦ってるんだろうとかあんまり考えずに読んでたけど、改めて読むとこの物語が現代でしかも跡取り問題とか企業間の争いだったっていうのがすごいですね。第一部は跡取り問題だからまだいいんだけど・・・。いや、グリーン・シップの忍者部隊みたいなのはちょっと有り得ないけどまぁいいとして。。

問題は第二部。第二部は企業同士の争いなんですよ。
だけど企業同士のビジネスでの争いとか頭脳戦は全く無い。
事故や町中での激しい戦いばかり。

器物破損の数々。
屍累々の数々。
銃撃戦の数々。
・・・日本は法治国家だったよね?

と、改めて冷静になってはイケナイ。
読んでいてちょっぴり心の隅に浮かんでくる疑問を吹き飛ばして読み続ければもう余計な事は気になりません。(多分)

内容は面白いし。

出ててくるキャラも魅力的だし。

もう日本であって日本でなし。

めでたし。

ただこの「巴がゆく!」の中で何が好きって単行本に入ってるおまけのページ。。。
ご本人が編集さんに言われた自分の絵や作風についてあれこれ書いてます。
当時、これを読みながら「あぁ、わかってるんだ」(なぜ上から目線!?)と、失礼なことを思いましたが、このあとがきがとても笑えましたね~。

これを読むと作者が苦手な方も好きになると思います。
画像 30113

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ディア マイン

ディアマイン 第1巻 (白泉社文庫 た 8-1)ディアマイン 第1巻 (白泉社文庫 た 8-1)
(2008/07/15)
高尾 滋

商品詳細を見る


年下カップルのつもりで買ったわけではないのですが。。
高尾さんの独特の雰囲気が好きです。

【あらすじ】
高校生の倉田咲十子は父親を早くに亡くしながらも、母を二人で慎ましく暮らす優しくてちょっとドジな女の子。ところがある日、母親が連帯保証人になっていた会社が倒産。一億円もの借金を背負うことに・・・。だが、その借金を肩代わりしてくれている救世主が現れる。その人物とは親同士が勝手に決めた咲十子の許婚・和九寺風茉。十歳にして和九寺グループの総帥を務める天才少年だった!


先代と母親の約束と借金の立替もあって許婚同士の二人。
咲十子が最初に風茉を男としとして見れないという当然の気持ちがあるのがいいですね。
子供扱いをして怒らせてしまうとか、そういう部分が好き。
そして風茉が天才児ということでやっぱり年齢よりもかなり大人っぽい考えをする子なんだけど、年下であることを気にしていたり、子ども扱いされることを殊更嫌がるってのがむしろ年下っぽくて良かった。
咲十子が天然だけど意外と侮れないキャラってのもいいですね。

私も寿千代にメロメロでした。か、かわいいっ。
画像 31453

年下カップルというよりも、この邸に来てからの咲十子と風茉を取り巻く人々の暖かさみたいなのが読んでいてジンワリ伝わってきて絵柄も含めほのぼの感が好き。

あとなぜかおばあさんが結構好きでした。
あの変わった言葉遣い。考えるのは意外と大変そう・・・。

風茉がおばあさんに交際を反対されて旅館で叫ぶところ。
あれが、子供っぽいんだけどすごいまっすぐで逆にちょっと「男の子」っぽくて好き。
あんな事は逆に「男性」になっちゃったら絶対言えないだろうなぁ~って思います。

こんな風に叫ばれちゃあ・・・
画像 31454 
少年、オネェサンも セ・ツ・ナ・イ・ワ♪ by中山美穂-JINGI・愛してもらいます- (古い?)


物語の細部に色々な形の優しさの散りばめられてる作品ですね。


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

アンコールが3回

アンコールが3回 (1) (マーガレットコミックス (1199))アンコールが3回 (1) (マーガレットコミックス (1199))
(1986/08)
くらもち ふさこ

商品詳細を見る


芸能界ものです。くらもち作品の中では恋愛要素が濃いなぁと思います。

【あらすじ】
人気歌手の二藤ようこ、とマネージャーの不破類。二人は実は結婚していた。
ようこが歌手としてデビューすることを条件に結婚した二人は・・・。


オーディション会場へ向かう二人はタクシーで偶然乗り合わせることになりお互いの関係を知らないまま不破が言った「落ちたら俺のところへこない?」という言葉をようこはプロポーズと勘違い。
「結婚してもいいわよ」と事務所へ行くが、誤解と知り怒ったようこは結婚しないならデビューもしない。
という事で二人は結婚。

なので、ようこは不破が好きなのだけど不破は本当に自分が好きなのか?
デビューの為に結婚したんじゃないか、とどこか気になってます。

と、言ってもようこはとってもワガママ。
見事なワガママ振りで、ワガママなアイドルってこんな感じかな。って思うくらい。
周りがうんざりしていることも全部自分でもわかっていてそのワガママも含めて自分を扱う不破のことをマネージャーとしても全面的に信用してる感じです。
自分の価値をわかっていてワガママを「使ってる」という感じ。

でも実際に夫でありマネージャーでもある不破には全然適わない。
だから、ようこがワガママを言っても不破には堪えてないからようこに対してあまり嫌悪感を抱かないのかも。
不破に振り向いて欲しくて言うワガママも多いし。
そして、私のこと歌手としてしか愛してないんでしょ。と、思うくらい不破の愛情もわかりづらいから。。

この頃の絵柄が好きです
画像 31406

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

槍かけだんご    ~今日は仲秋の名月ですよ♪~


北千住にある「槍かけだんご」です~!
こちらもローカルグルメですが、結構昔から馴染みでおだんご好きとしては外せません。

みたらしと餡子の2種類です。
ちゃんとお餅を使ってるので時間が経つと固くなるから早く食べてね。
と、頂く際に親戚からよく言われましたね。

すぐ売れちゃうので17時までですが16時くらいには行かれた方がいいと思います。
お味は出来立てでほんのり暖かくて柔らかくて美味しいです。
見ての通り3本くらい平気で食べられます。だって、美味しいんだもん・・・。
画像 30313

そして。
今日は仲秋の名月ですよ!
十五夜ですよ

と、言うわけでお月見だんごも頂きました
とってもシンプルな味わいでほんのり自然な甘みがあります。
画像 31663

ベランダから十五夜とおだんごを写そうかと思ったのですが位置的に無理でした・・・。

ズームで頑張った・・・
画像 31661


実際はこんなです・・・
画像 31662



一度、月見酒してみたいなぁ~。
お猪口に入ってるお酒に月の影は本当に映るのでしょうかねぇ?










関連記事

ANNA SUI  バスマット


アナスイで5000円以上お買い物をするとバスマットがノベルティでついてくるキャンペーンを9月9日(水)から行っているそうですよ~。

ANNA SUI SIJOUNOROKI



と、言うわけで買い物したら頂きました!
実物は結構小さいけれどデザインが可愛いしノベルティにしては質もいいです。
限定ものには弱いけどノベルティや付録には普段あまり揺らが無いんですけど、こちらは結構気に入ってます。


画像 31572



わざわざ5000円以上購入する必要は無いけれどノベルティとして考えると裏に滑り止め付いてたりと結構しっかりしてるし欲しいものがある方やアナスイで日常使用アイテムがあればこの期間にストック購入するって手もアリだと思いました~。


画像 31575


私もなんだかんだで気に入ってますが家族と一緒にバスルームで踏みつけたりしせずルームマットにしようかな。
でも私の部屋には既にラグが敷いてあるのでどうしようかちょっと悩み中です。。






関連記事

城南高校生徒会シリーズ

生徒全員に告ぐ! (花とゆめCOMICS―城南高校生徒会シリーズ)生徒全員に告ぐ! (花とゆめCOMICS―城南高校生徒会シリーズ)
(1991/05)
森生 まさみ

商品詳細を見る



単行本では「生徒全員に告ぐ」「ヒロイズム前線」「つま先で恋をしよう」に収録されてます。
単行本ごとにわけずにシリーズってことでまとめて感想を。文庫だとまとまってると思うので。
続き書いて欲しいなーって思ってずっと待ってたんですがきっと書かないんだろうな

【あらすじ】
1年にして生徒会長になったおケイと書記のみお。3月の暇な生徒会で退屈な日々を過ごしているところへ現れた謎の生徒、角まこと。そこへ、前生徒会の会長が掲示板に生徒会への挑戦状が貼られている!との知らせにきます。爆発物を仕掛けたと言われ事件解決に乗り出す。だけど、どうも様子がおかしい?

購入時、「城南高校生徒会シリーズ」というのにやられました。
生徒会とか聞くと弱いんです。。

男の子のようにしっかりしてかっこいい生徒会長のおケイちゃん。
主人公の親友のみお。そこへ現れた大食い少年 角まこと、が加わり生徒会(他のメンバーは殆ど出ない)が繰り広げる学園モノ。学園で起こる問題や事件を生徒会というかほぼこの三人だけで解決します。ちなみに角は生徒会メンバーではないのだけど。 途中で生徒会の副会長押地先輩が出てきて主人公を巡って三角関係に?

主人公のおケイは女性だけどかっこよくて学校の女子生徒に人気があり自分でもそれがわかっていてつい、憧れてるという子達を思いやり皆のイメージを壊さないように「かっこいい女性」を演じてしまう。
けれど、本当は女の子っぽくない自分にコンプレックスももっている。素直に弱音を吐けない主人公がなんだか、角にだけは調子を狂わされてしまう。

画像 31256

ここからネタバレ▼ 

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

神様はじめました 7巻

画像 31588
神様はじめました 7 (花とゆめCOMICS)
別巻の感想⇒1~3巻4巻5~6巻7巻8巻9~10巻11巻12巻

今回も私の期待を更に上回って面白い展開になってきました!

【あらすじ】
香夜子の件で神様に異議申し立てをする為、”神はかり”に出ることを決めた奈々生!けれど開催は二週間後・・・。
そこで、出雲へ乗り込む前の息抜きに、巴衛との観覧車デートを計画した奈々生だったが、当日、巴衛の部屋で大事そうに仕舞われた”かんざし”を見つけてしまい・・・!?


遊園地で雪路を知らないという巴。
嘘ついてるようにも動揺してるようにも見えなくて。。
記憶が抜けている訳でもないだろうし・・・。
なんだろう?描写不足?(すません)

巴衛の表情がすごく豊かになったなぁ~と思いました。
巴衛が遊園地で笑っているシーンとか、結構意外な笑顔でした。
私はもっとツンとしてる表情の巴衛のが好きかも。個人的には照れてる表情がツボ。

こんなのとか
画像 31604

奈々生に置いていかれて一人でいる巴衛が最初はいつもの如く怒っていたのに、「この状況はまたとない好機!」と、気付いてたぬきの遊女の元へ。入浴シーンからの巴衛が一人でアレコレと良からぬ事を考えたり奈々生の事を考えたりとすごく表情豊かになってますよね。
物思いにふけってお酒を飲んでる表情や無防備にゴロ寝しちゃった姿がすごく可愛いかったです。

こんなのとか・・・
画像 31602

こんなのとか。。。
画像 31603 しつこい?


と、今回は巴衛に萌えてるばかりではなくて新たな展開が・・・。



ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

プレーンブルーの国  妙子シリーズ

画像 013
プレーン・ブルーの国 (花とゆめCOMICS)

星野架名さんは昔大好きで、私のファンタジー好きの根本になった方です。
こちらは妙子を中心にした短編集ですがハマったのは「緑野原シリーズ」ですっ。

基本的に作者の願望世界なのではないでしょうか?と思うくらいどのシリーズや作品も同じ世界感というかすごく出来上がってる世界なんですよ。
普通の平凡な学校生活をしている中で起こる「不思議」が設定というか。。起こる事はかなり非凡ですが。

作者の中でこの現実世界の中で実は私達は知らないだけで隠れてる不思議な世界や存在が日常と隣り合わせであるんだ!と言う概念の元に書かれているのです。ハマると自分も「この現実の中でそういう不思議な世界が実際に在ることに気付いていないだけだったんじゃないか!?」くらい妄想爆発します。
思春期に堪らん!!という漫画でしたね。

収録作品は「妙子跳ねる!」「ノユ・ファンタズム」「プレーン・ブルーの国」「レムの魔法使い」「地下鉄のユユ」で最初の3作品が妙子シリーズです。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ココロ・ボタン  1~3巻 

ココロ・ボタン 3 (フラワーコミックス)ココロ・ボタン 3 (フラワーコミックス)
(2010/08/26)
宇佐美 真紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒4巻5~6巻7巻8巻

「キュン」とするっていうか、読んでて「にやにや」してしまうんですよね~。
特に3巻良かった!

【あらすじ】
高校入学式の日、気分が悪くなったあたしを助けれくれた古閑くん。好きになってもらいたい、そんな思いで告白したあたしは「お試し」でつきあってもらえることになったけど、ちょっぴりSな古閑くんに翻弄されっぱなしの毎日で・・・?


「君へ届け」が君への思いが届いてしまい私の中でひと段落。届いたけど連載が終わらない中、思いが届いた「ストロボ・エッジ」の連載が終了。
もう、私をキュンとさせてくれるのは今この「ココロ・ボタン」だけです!

宇佐美さんは「春行きバス」だけしか読んだこと無くて短編が面白いなって思ってたんです。
短編読んでても、このカップルの続きがもっと読みたいなぁ~、と思うくらいなのでやっぱりストーリーが上手なんでしょうね。心理描写だけじゃなくて、「表情」とか「しぐさ」も可愛く丁寧な描写が好きです。

最初は古閑君、どうなんだろうって思ったけど途中からツボ突きまくりでした。
「キュン」に近いんだけど「キュン」と言うより「にやにや」なんですよ。。(危ないって?)
何が違うんだろうか?古閑くんがSなせいかしら。
でも無慈悲なSではないんですよ。オレ様でもないし。
古閑君の一言に一喜一憂している新奈に、そしてなんだか初々しい二人に「にやにや」してます。

画像 31481

だけど、新奈の可愛い姿を見てると古閑君が新奈に意地悪しちゃう気持ちがわかる!!
どっちに共感してるんだよって感じなのですが。。

だって、新奈が可愛過ぎる反応だから古閑くんもいじめたり反応を見たくなっちゃうんでしょうねぇ~。
あんなに意地悪されても新奈の「古閑君が好き」オーラが出まくりだから古閑君は逆にそれを確かめたくて意地悪しちゃうんじゃないでしょうかねぇ~。

意地悪というか焦らしテクですか!?
画像 31485


最初の方では古閑君のちょっと能面的な感じが苦手だったんだけど1巻終わりくらいから「むしろ古閑君の方が新奈にはまってきてるぞぃ♪」と感じます。
連絡取れない新奈に家の前で待ってるなんて古閑君もなんだかんだで余裕が無いじゃない!?ふふっ。とか・・・。
(すいませんね、気味悪い感想で・・・)

画像 31483

新奈に共感してキュンとするというより、古閑君に意地悪される新奈の反応に可愛くて「にやにや」し古閑君が自分では気付いてないようで新奈の事を好きになってる姿に「にやにや」

古閑君は新奈よりも うわ手なようで、結構 新奈に気持ちを振り回されてるようにも見えるし。
そんな古閑くんが「少年、まだまだ青いな」と、むしろ初々しい。


続きはネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

08 ≪│2010/09│≫ 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。