スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風光る 28巻

風光る 28 (フラワーコミックス)風光る 28 (フラワーコミックス)
(2010/06/25)
渡辺多恵子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒26巻27巻29巻・30巻

歴史的には進みましたが・・・。

【あらすじ】
原田に待望の男児が誕生!めでたい矢先に、幕府と長州が開戦したとの報が届いた。
いざ出陣!!と意気の揚がる新撰組だが、肝心の出兵命令が下りない。京で待機となったが、幕府軍の不利はあきらかだった。将軍が出陣して士気を鼓舞するべきとの意見もでるが、大坂では一大事が発生していた。

少し話が進みましたね。進みが遅いので「もう、早く話進めてよ!」と思いつつも「いやっ!最後は見たくない!」というジレンマに陥っている多数の読者の一人です。はい。
でも、ここから先は新撰組にとってはいいことないよなぁ~。

出来れば最初の頃のように、歴史の流れに創作話を織り込みながらっていう、楽しく読みながらでも歴史も進んでます~というのがいいんだけど。。話を早く進めてしまうと歴史的に避けては通れない核心部分へ近づいてしまうせいか。。

折角、話が進んだんだけどなんか今回はちょっと・・・。
進みが遅いよりも気になった部分がありました。

家政婦は見た、バリの堂々とした盗み聞きにもびっくりだけど
総司がこんなに驚いてる理由にもっとびっくりした

画像 30838

続きはネタバレ▼

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

学園アリス 21巻

学園アリス 21 (花とゆめCOMICS)学園アリス 21 (花とゆめCOMICS)
(2010/04/19)
樋口 橘

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~18巻19巻20巻22巻23巻24~26巻


21巻で過去編が終わりました!

【あらすじ】
学園の過去で、母・柚香と父・泉水の出会いと別れ、初等部校長との確執を知った蜜柑。
母の自分への思いに蜜柑はある決意を・・・!真実を知り現代に戻った蜜柑達に待ち受けていたものは!?

21巻の後半迄は過去編で最後の1話から現代での話が進み始めました。
今まで散々過去編を長いよ~、と言っておいてなんですが21巻を読んだら、柚香の逃亡話がすごい駆け足になっていて、私的には学生時代の話よりこの辺りをもう少しゆっくり追って欲しかったかも・・・なんて無責任にも思いました。周りから過去編が長いって言われて短くしちゃったのでしょうか?(え?言ってるのは私だけ?)

今までは学アリは大好きで結構何度も読み返してたんですが、忙しさもあり過去編辺りから発売された時に1.2度読む程度になってしまいました。そのせいか色々なアリスを使ったりしてる登場人物達にあれ?この人なんのアリスだっけ?状態。だって、過去編辺りから盗みのアリスで盗んだアリスストーンとか仲間たちから渡されたアリスストーンを使いまくりで付いていけない・・・。更に複数のアリスをもつ人も増えてきたりして正直ちょっと混乱でした。

と、言うわけで久々に過去編入る前の17巻くらいから読み返してました。
17巻は現代の時のだけどやっぱりすごい面白かったなぁ~、すごく盛り上がってたからこの流れで続けて欲しかったのに勿体無いなぁ~と思うくらい全てのキャラ達の動きに緊張が走ってました。

過去編を読み返したら、1巻1巻読むよりは良かったけどやっぱりダラダラ続いてる感じは否めなくて、なんか・・・やっぱ過去編はイマイチだなって思いました。スミマセン。
柚香の幼少期からではなくて中学くらいからでも良かったのになぁと思ったりも。。中等部校長や棗・母や志貴とのことなどすごい細かくて長いって思ったんですがそれだけ柚香が周りから慕われていて力になってくれてるという「絆」を表したかったのかな?ユッキーとの出会いからが長いのも柚香の想いがどれ程大きいかってことを表したかったのかな?と、読み返してみて思いました。
ユッキーは蜜柑・父だからまぁいいし、ナルも現代からの重要キャラだから想定内だったけどあとはちょっと想定外の広がりだったので。。あ、柚香と今井・兄達との繋がりがちょっと少なかったですね。柚香が逃げた後にどうやって連絡とってたかとか、彼らの学園でその後の活動とかのが現代編読んでた時は気になってたんですが。。
それはこれから?

21巻の感想になってませんが・・・。

振り返ってみると柚香は早々に初等部校長に目をつけられて、学園に居た時から厳しい生活でしたね。。
画像 30844

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

スイート☆ミッション 11巻(完)

スイート・ミッション 11 (マーガレットコミックス)スイート・ミッション 11 (マーガレットコミックス)
(2010/06/25)
藤井 明美

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~8巻9巻10巻

最終巻です。番外編で黒澤が主人公の話と最終回のその後の読みきりが入ってました。

【あらすじ】
京大入学を間近に控え、京都へ引っ越していく夏をホームで見送る灯里たち。明るく送り出そうと決めたけど、やっぱり涙は止まらない・・・はずだったけど!?

10巻の感想でも書いたのですが、本誌で最終回までは立ち読みしてました。番外編は読んでませんでしたけど。
デラマ読んでいて前回の10巻が最終回のような切りのいい話だったんですが「つづく」となっていたので「え?大学になってもやるの?」と、ちょっと驚いてたんですよ。
だけど、この11巻に入ってる最終話で終わってなんかホッとしました。
程良い終わり方だなって。

ちょっと卒業後の皆でのワイワイした感じだったりが「おまけ」のような話だったのですが卒業式ってキリのいいイベントだからそこで終わるのもありなんだけど、「卒業してハイ終わりっ!」というよりはこういった「余韻」みたいな話があるのも好きですね。よく最後に登場人物全員のその後をまとめてされる話とかはあまり好きじゃないけれど、これはそういった面でも本当に「程良い」内容でした。

10巻で最近は夏より黒澤のが高感度が高いとか書いておいて、黒沢の留学のこととかすっかり忘れていたので夏が灯里と黒澤を見送りに行き、やっぱりお互いライバルであり友達なんだぁ~って感じもベタだけど良かったです。

卒業式の話ってなぜか自分まで懐かしくなりますよね
画像 30831


ここからネタバレ▼(注:今回は最後のネタバレが入ってます)


続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

黒薔薇アリス 3巻

黒薔薇アリス 3 (プリンセスコミックス)黒薔薇アリス 3 (プリンセスコミックス)
(2009/12/16)
水城 せとな

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~2巻4巻5巻6巻


辛口です・・・作品に対してというよりアリスに対して。
暴言吐いてマス・・・。

【あらすじ】
4人の吸血樹の中から、最も優れた者を選び繁殖に協力することになったアリス。
吸血樹たちを日々観察するアリスだったが、レオの寿命が残りわずかとなり・・・!?

なんだかアリスのキャラがどんどん嫌いになっていく~

物語的にまだまだ序盤なのでしょうか?2巻から3巻ではあまり話しに引き込まれないのですが。惰性で買ってるわけではないのですが、キャラにも謎が多いしこれからもっと意外な展開も多そうで、これはホーホケ(放課後保健室)のように終わってから一気読みとかした方がいい作品なのかなぁ・・とも思うのです。
が、きっと新刊が出たらやっぱり買ってしまうと思います。

アリスが目覚めてから1年も経ってるんですね。
更に時間が経過していって、内容の進み方は普通に屋敷の中で過ごしているだけなのでわかりづらいのですが時間経過は結構早いんですね。


アニエスカは好きだったのになぁ~
画像 30827


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ざ・ちぇんじ!

ざ・ちぇんじ! (第1巻) (白泉社文庫)ざ・ちぇんじ! (第1巻) (白泉社文庫)
(1999/06)
山内 直実氷室 冴子

商品詳細を見る


久しぶりに山内さん×氷室さんの作品です。
昨年の6月に氷室冴子さんの追悼特集とか言って一向に進んでませんでしたね。

【あらすじ】
平安時代も半ば、権大納言家には成人を間近に控えた立派な若君と美しい姫君がおりました。しかし、このお二人には決して明かせない秘密があったのでございます。それは・・・。

ちなみにコバルトは読んでないんです。
読んだのはもう学生時代で相当前ですが、順番が「ジャパネスク」や「雑居時代」を読んだ後だったのと、ジャパネスクと同じ平安モノだったのでずっと、いつか読んでみたいと思っていた期待が高かったせいかあまり面白いと感じませんでした。
ジャパネスクが面白すぎたせいか、ものすごーーーく物足りなかったんですよね。
ジャパネスクの登場人物達と比べちゃうとキャラもかすんじゃうんですよ。あっちが面白すぎるんですね。

で、まんがを読んでイマイチだったので原作を読んでないんです。。
山内さんの作品はかなり内容が原作に忠実だからやっぱり内容は同じなんじゃないかと思うとあまり興味がわきませんでした。
氷室作品にしては辛口ですけど・・・。

権大納言家の二人の綺羅。若君の綺羅と、綺羅姫(なぜ姉弟で同じ名前なんだろう?)は実は実際の綺羅が女の子で綺羅姫と呼ばれている姫が男だった。というお話。
男勝りな姫君で男の子のすることをやりたがり男の子の格好をしたがったりで、もう御付の小百合やごく一部の人以外はこっちが男の綺羅だと思っています。そして、綺羅姫(男)は生まれた時に体が弱く占いで女性の格好をして育てるようにと言われた為、か弱く女性らしくなってしまい今では二人の綺羅姫と綺羅を逆に思っている人ばかり。

そんな綺羅が実は女性なのに元服して出仕することになってしまい・・・。

でも、取替えばや物語といえど、母親違いの異母姉弟がそんなに入れ替われる程、似てるとは思えないんだけど。。
画像 30816


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

パートナー  全3巻

パートナー (1) (りぼんマスコットコミックス (1200))パートナー (1) (りぼんマスコットコミックス (1200))
(2000/04)
小花 美穂

商品詳細を見る


こどちゃがダメでしたが、逆に人気があった作品とかを自分がダメだなぁ~。と、思うと他のはどう思うんだろう?と、逆になぜかその作者の別の作品を読みたくなってしまうんですよね。私はこちらのが気持ち的に受け入れやすかったです。でもこれはりぼん読者層で支持されてたんでしょうか・・・。

【あらすじ】
双子の姉妹、苗と萌。同じ学年に双子がいたことから仲良くなった武と賢。苗は賢が好きだったが賢と萌が付き合い始めた為、思いを伝えぬまま二人を応援します。 
 ふとした事でケンカした苗と萌。次の日の誕生日に萌に謝ろうとするが萌は交通事故で死んでしまう。そして、萌の遺体が盗まれるという事件が・・・。


双子同士で同じ学校だった為、仲良くなったことなど初期設定は面白いなと思いました。
双子の主人公、苗が同じ人を好きになってしまう。選ばれたのは自分ではない方。
これは、ちょっとありがち・・・。(一番可哀想なのは武ですけど)

そのことで仲違いし謝ろうと誕生日にプレゼントを買った当日妹の萌は事故死。萌もまたプレゼントを用意していた。
それが自分が買ったものと同じネックレスだった、というのは双子らしくてより切ないです。

ラブストーリーにしては表紙の雰囲気がなんだか違う。と思ったら、そんな生易しい話ではなく遺体が盗まれてしまってからの出来事。これが「りぼん」だったことに驚きました。

ここからネタバレ▼ 

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

神様はじめました 5巻~6巻

画像 30809
神様はじめました 6 (花とゆめCOMICS)
別巻の感想⇒1~3巻4巻5~6巻7巻8巻9~10巻11巻12巻



【あらすじ】
参拝者0記録を更新中のミカゲ社に活気を取り戻すため、奈々生は祭を企画!
皆と協力して準備を進めます。そんな中、奈々生の頑張りを見守っていた巴衛がドキドキの仰天行動を起こし・・・?二人目の神使を迎え、奈々生の神適性が試される5巻。
(5巻の作品紹介より)


わ、わかってます。
もう6巻が出てるって事は。
ということで、一緒の感想にしちゃいますが。。
実は5巻が出たとき、正直イマイチ面白いと思わなかったんです。
4巻くらいから続きを悩みながら買ってたくらいに。。
で、6巻を読んだら6巻は面白かったです。
そして、6巻読んでから5巻購入時に読んであまり内容を覚えてなかったので読み返したら最初に5巻を読んだ時よりもとても面白く感じました。

5巻には6巻への伏線が結構あったので5巻読んだ時は「色々未知の新しい登場人物を出したまま放置されても方向性がわからないしキャラ増やして展開を広げてるだけで作品の進展がないし」と思って少し飽きてきてたんです。

その全てが6巻で明らかになるわけではなく、まだ少し解明されてないキャラや更に新しく6巻で出てきたキャラもいるけどそれでも6巻と、その後へ続くであろう展開は面白かったです。
改めて、作品の途中で都度、今回は面白いだの、面白くないだの言うのは失礼だなと思いました。あくまで一個人の感想としてのつもりで容赦して頂きたいにしても終わってない作品に対してその一部分だけのことであーだこーだとなんだか申し訳ないです。でも、今後も書いてしまうんですが。。

こうやって新刊の度に書いてると自分でも完成した作品に対してよりも内容が中途だから思ったことも消化不良が多い分辛口だなって思うし。途中で見切り付けた作品はともかく最終巻まで出たら改めて一つの作品として読み返してみたいなって思いますね。

さて、感想が5.6巻あわせてになってしまうのですが6巻を未読の方もいると思うので内容についてはネタバレ感想の方で書きたいと思います。


奈々生って何気にツンデレだと思う
画像 30807


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

僕と彼女の×××  7巻

僕と彼女のXXX(7) (ブレイドコミックス)僕と彼女のXXX(7) (ブレイドコミックス)
(2010/03/10)
森永あい

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~6巻8巻番外編



次で本当に最終巻なんでしょうか!?

【あらすじ】
菜々子の両親が戻ってきて、機械を修理することに。博士の大発明品「入れ替えクン」がついに完成!!上原あきら・桃井菜々子・・・戻るべきか、戻らざるべきか。


もうすぐ、記事を書き終わるというところで記事が消えてしまいました!
すんーーーっごいショック・・・から立ち直ってなんとか書き直しました。
PCが古いせいもあるんですが調子が悪くて。



菜々子の両親が海外から一時帰国し、菜々子のお父さんからの仕送りを止めると言われシブシブ機械の修理をするおじいさん。この手があったんですねぇ~。
そしてあっという間に「入れ替えクン」完成!

今度は菜々子にバレて機械を壊されないように、と菜々子にはせっかく帰ってきた両親と食事を一緒にしようと誘い出します。そして食事に睡眠薬と二度目ともなるとこちらも準備は万端です。

そんなあきらの様子に気付いた千本気はあきらのバイト先へ。
機械が直ったことを知り「俺との付き合いはどうするんだ?俺のことを大事だといったのはウソだったのか?」とあきらに・・・。家族と暮らしたい、自分の体に戻りたい、というあきらですが千本木のこともやっぱり・・・。

家族と千本木、どっちも捨てがたい。
画像 30682

果たしてあきらは元に戻るのでしょうか?

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

スイート☆ミッション 10巻

スイート・ミッション 10 (マーガレットコミックス)スイート・ミッション 10 (マーガレットコミックス)
(2010/01/25)
藤井 明美

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~8巻9巻11巻

10巻で最後かと思ってたんですけど11巻まで続くようです。

【あらすじ】
卒業式のため生徒会が企画した作成途中のクッキーが何者かに妨害された!?
夏も登場し、何とか計画を遂行・・・。そんな中、秋水大進学を決めた夏の、京大への夢を知る高良は・・・!?


卒業式に準備したクッキーを作成しなおすことになった生徒会メンバー。
夏のおかげで、調理室を使用出来るようになったのはいいけれど、協力的な黒澤に対して、お前は関わるなという夏。
黒澤は登場した時から確か二人は幼稚園時代からのライバルって設定だったし、灯里にちょっかいを出す黒澤に夏は、結構厳しい態度なんだけど・・・私の中では黒澤の好感度がどんどん増してるので夏の態度がどんどん「ひどい」と思えてしまうんですよ。

夏は最初からオレ様キャラなんだけど、読み返すと結構ひどいんですよね。
冷たいっていうより他人に対してなんだか失礼すぎるっていうか・・・。
その割に灯里に対しては冷たいようで結局はアマアマだし、周りに寄ってくる男の人への態度も酷いし最初の頃に比べてかなり好感度下がってます。。

そして京大を蹴った夏に・・・
画像 30767


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

なんて素敵にジャパネスク 人妻編 9巻

なんて素敵にジャパネスク 人妻編 9 (花とゆめCOMICS)なんて素敵にジャパネスク 人妻編 9 (花とゆめCOMICS)
(2010/01/19)
山内 直実氷室 冴子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~8巻10巻11巻
    マンガ版・なんて素敵にジャパネスク 

やっときちんと読みました。。
正直、原作のあらすじ追ってるだけな感じになってきてたので、買ったまま放置してました。
でも今回は少し進み具合が遅くて丁寧に書かれてたので結構良かったです。

【あらすじ】
負けを認めた帥の宮に出家し京を離れることを約束させる瑠璃姫。しかし、愛する姫がいるという帥の宮の言葉から自体は意外な展開に・・・。一方、初めて帥の宮のたくらみを聞いた高彬は大混乱。陰謀や瑠璃の行方不明を巡り夫婦喧嘩勃発!?


とは言っても原作で内容を知ってるし、ものすごく原作に忠実だしということで作品の筋書き内容に対して特別な感想を持つみたいなことが無かったです。

「あ~、高彬ってばやっぱり表情がちょっと意地悪そうだなぁ~」とか

「原作でも思ったけど、昔の相棒(というか女房だけど)、小萩ってば
ホントに存在感なくなっちゃったなぁ~」

みたいな、ぼや~とした感想でした。

陰謀を瑠璃によって阻止された帥の宮は「おとなしく出家すれば陰謀の話は黙っておく。」という瑠璃からの条件を承諾する。別れを惜しみたい姫もいるので時間を下さいと・・・。

黙って後宮から消えてしまった瑠璃は、そのあと三条邸に戻るも父から小言を言われ、高彬からも、鷹男の帝・大皇の宮からも責められて危うい立場。

ま、当然ですよね。
守屋が考えてくれた「病に倒れ、流行り病かもしれないので黙って身を隠したけれど、鴛鴦殿(高彬の別宅)へ着いたとたんに倒れて知らせることが出来なかった」って・・・子供のいいわけかよってくらい嘘臭いものね。
かと言って帥の宮との約束のせいで本当のことは言えない。
苦しい立場の瑠璃姫だけど、高彬の言うように確かに瑠璃は甘いよ~。
殺されそうになった相手にそんな温情をかけるなんて。。。
とは言え瑠璃もどうしても何か引っかかる。

瑠璃が皆から責められてる中、蚊帳の外だった藤の宮さまだけが唯一の救いキャラ
もしかしたら”なんジャパ”で一番の天然癒しキャラかも。

画像 30756

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。