FC2ブログ

なんて素敵にジャパネスク 全10巻

なんて素敵にジャパネスク (1) (花とゆめCOMICS)なんて素敵にジャパネスク (1) (花とゆめCOMICS)
(1989/04/01)
山内 直美、氷室 冴子 他

商品詳細を見る
    
まんが版 なんて素敵にジャパネスク人妻編⇒ 1~8巻9巻10巻11巻

この作品は、氷室冴子さん、山内直美さん、双方の代表作ですね。
今回は初期の結婚する前まで(コバルトでは2巻迄とアンコール&続アンコール迄)

【あらすじ】
平安時代、内大臣家の娘 瑠璃姫は世間でも評判のじゃじゃ馬姫。
毎日、父親から結婚しろ、見合いしろと言われうんざり。瑠璃姫には小さい頃の初恋吉野の君という忘れられない思い出が。それに父親を見ていると結婚しても泣くのは女。。
 でも吉野の君は死んでしまったのにいつまで引きずってるつもりかと、幼馴染の高彬にまで言われる始末。
 その後、親にムリヤリ結婚させられるよりは・・と、自分を思ってくれていた高彬と婚約する瑠璃姫。だけど、なぜか邪魔が入りなかなか高彬と結婚にこぎつけられない!
そして、偶然から宮中の陰謀に巻き込まれていく(というか、首を突っ込んでいく・・・)

氷室さんと、山内さんの作品はとても沢山ありますがやっぱり「なんジャパ」が一番ですねー。とても原作に忠実で丁寧に書いてありますし原作の魅力もよく現れてます。まんが先行で読んだせいも知れかもしれませんが。

瑠璃の性格が大好きです
この話を読んで平安時代とか百人一首とか色々なものに興味を持ちました。
吉野の桜も絶対に見に行きたい!と、心に誓っているけどまだ見てないです。。

瑠璃姫は本当に破天荒で世間の評判を無視してお供もあまり付けずに外出したり人の屋敷に勝手に忍び込んだり、縁の下に潜んだり。
挙句、陰謀をたくらむ屋敷に女房として潜り込んだりもします。

キレイなだけでなく以外に茶目っ気のある藤宮(ふじのみや)さまも好きでした
画像 029
 
私は高彬派でした。完全に。
いつも瑠璃に振り回されるんだけど年下でちょっとかわいい部分もあれば、まじめで融通利かないところもあり、いざという時は妙にかっこいいんですよ。
氷室先生のお気に入りでもあり山内先生も「結婚するなら高彬」というようにいざというときに俄然頼りになる。って男の人は女性としてはなんだかポイントが高いんですよね。ただ、現実では私的には「現実にいざという時はあまりないだろうから普段からある程度はしっかりしてて欲しい」とか言う変な持論?があったけど・・・
(コレは友達とシティハンターの冴場遼について話してた時だけど)

この時代は男性が3日連続で夜通ってから結婚の報告をすることが婚儀の慣わしだったそうです
画像 027

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト



theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード