FC2ブログ

多恵子ガール

多恵子ガール (集英社文庫―コバルト・シリーズ)多恵子ガール (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
(1985/01)
氷室 冴子

商品詳細を見る


 ★ここを先に見てしまった方は是非、「なぎさボーイ」の方を先にどうぞ★

【あらすじ】
特別な人。例えば誰にどんな風に見られてもいいけど世間の目なんかかまっちゃいないけどその人にだけは変に見られたくない。その人の目にはとびきりの自分が映ってて欲しい。そんなふう?
そんなひとならいる。いるけど。 シャイなくせに肩肘張って勝手にあたふたしてるあのなぎさくんを多恵子の目で除いて見れば?(作品紹介より)


なぎさの側から読むと多恵子はおせっかい好きですぐに人の世話を焼きたがる口うるさい女の子。だけど、本当は優しくて肝心な時は黙って見守っていてくれることもわかってる。

不甲斐ない自分だけど、多恵子はしっかりしていて・・・けれど多恵子側から読むと多恵子はもっと普通の女の子です。
なぎさの前では平気な振りをしているけれど気持ちはもっとモヤモヤしていたり。
 なぎさ側から見えない所で槇の事に傷ついてる「多恵子ガール」を読むとなぎさがなんだか腹立たしいって言う気持ちになるかも。

そして・・・多恵子ガールを読んで見ると逆に、「あれ?なんかなぎさかっこいい。。」
そう、多恵子から見たなぎさはなんだか、他の男の子と違って騒ぎ立てたりしないしちょっと偉そうなこと言ってるけど影できちんと努力をしている人だ。と、すごく多恵子から見たなぎさはある意味理想化されてます。だから私の印象のなぎさがは、いつも「なぎさボーイ」を読み返す前の方がかっこ良く思えてたんです。
そして読み返すたびになぎさが不甲斐なく感じるのは「なぎさボーイ」のなぎさが思った以上にアレコレ実は悩んでいる、「ボーイ」だからなんですね。

そして、なぎさから見た多恵子はとてもなぎさにとって近い存在のように書かれていて自分の中に踏み込んでくる女の子で、更に名前で呼んでもいいぞ、だのなんだのと言っただけでなぎさは多恵子と少し特別な関係でいると思っているにも関わらず多恵子は中学時代から早くなぎさへの自分の思いに気付いて片思いをしている分、なぎさを
とても遠い存在のように感じています。
 好意も持たれてないだろう、という程度しか感じてない多恵子は名前を読んで良いと言うなぎさにとっては告白のつもりの言葉が友達くらいには思ってくれたんだな。と、喜ぶくらい。

「俺がやきもち妬くから」と他の男友達との勉強会を辞めさせたなぎさは、その言葉でもうつきあってる関係のように感じているけど多恵子は「仲間意識として、他の友達を入れて勉強するのが嫌なのかな。でも仲間だと思われてるだけで嬉しいわ。」
なんて・・・このなぎさがポーカーフェイスなのが、多恵子にはかっこよく感じていて尚且つ、気持ちは全然伝わってないんですよね。

「なぎさボーイ」を読んで「多恵子ガール」を読んで更に又「なぎさボーイ」を読むとなぎさが勝手に自分でかっこつけてる部分や多恵子が気付いてないと思ってる所で実は多恵子がこんなに傷ついてたんだって部分がわかるので最初は結構好きだったなぎさがなんか男らしさとかにこだわりすぎなんだよ。と、思えました。

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

なぎさボーイ 

なぎさボーイ (集英社文庫―コバルト・シリーズ)なぎさボーイ (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
(1984/09)
氷室 冴子

商品詳細を見る

 ★続編の「多恵子ガール」の感想はこちら

小学生の頃だったか、中学入ってたか忘れましたが親戚のお姉さんからかりてすぐに自分で買ってしまいました。初めて読んだ氷室さんのコバルト文庫です。

「なぎさボーイ」「多恵子ガール」の二冊です。
同じストーリーを男性側・女性側の視点から追って書くという作品でした。
最初は2冊一緒にした感想にしようと思っていたのに読んでたら私自身も久々にはまってしまって2回も読み返しちゃいました。。
 で、やっぱり長くなりそうだから1冊ずつにしよう。と、思いました。

【なぎさボーイ・あらすじ】
”男はすべからく泰然とかまえる”のが理想の俺なのに体は小作り、しかも女顔、とどめが名前で雨城なぎさ!幼稚園で複数の男共から求婚され、今は蕨第一中全校生徒からなぎさちゃん呼ばわりだ。その屈辱の過去の元凶北里と、ちゃん付けの張本人多恵子が俺に囁いた。三四郎が恋わずらい?恋に受験に揺れる青春前期、肩肘つっぱらかったシャイボーイの悪戦苦闘のラブコメディ。
(作品紹介より引用しましたがクサイ・・)


順番的には「なぎさボーイ」を先に呼んで「多恵子ガール」が後。
内容が「多恵子-」のが少し先まで書いてあるんです。

これは、中学生から高校生の間の二人の淡い恋みたいな感じですごーく好きでした。
なぎさくんの側から読むよりも多恵子ガールの方がすごく好きだった。
1冊ずつ感想書こうかと思ったけれどやっぱり二冊あわせて1作品だし。
 けど別々の視点で書きたいことがあったんで分けました。
ただ、同時に感想を出したくて。

今見ると新鮮な渡辺多恵子先生の挿絵
画像 3031

なぎさボーイを読むと読み返すたびに、大好きな作品だけど気持ちがハッキリしないなぎさに腹が立ちます。でも・・・読み返すたびに「私の印象のなぎさはもっとかっこ良かったのにこんなに不甲斐なく見えるなんて私が大人になったせか?」と、思ってました。

なぎさは中学生の男の子の中でもクラスの男子と違って女の子をからかったりワイワイ騒いだりしないちょっと男らしい子。というイメージ。多恵子のことが好きだけど告白なんてかっこ悪くてそんなこと出来ない。なんて言ってるし、だけどなんとか多恵子と付き合ってるような感じになったのに、高校に入って中学の陸上大会で会った槇とは同じ絆のようなのがあり槇の事も気になって・・・と、どーにもハッキリしないというか。。

中学の陸上大会からお互い惹かれあう・・・
画像 3024


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

ミスター味っ子

昔、すごく好きでした。曲が・・・。
アニメ自体は見たり見なかったり。

でも、正直すーーっかり忘れてました。


以前アメトーーク!の「アニソン芸人」の回でケンコバが「ルネッサンス情熱」の
ことを言うまで・・・。

しかし、アメトーーク!見てると「その話題に入れてくれぇ~」って思うくらい
懐かしくて自分も大好きだったー!って話題が結構ありますよねぇ

アニメの内容は、今思えば笑えるんですけどね。「うーまーーい!」とか
海に潜ったり宇宙にいってしまうくらいの大げさな表現が。

でもテレビを見て主人公の幼馴染の女の子とちょっとほんのりラブ?とか思って
展開知りたくて漫画読んだらあの女の子はアニメにしか登場してなくてガッカリでした。

どうも少女漫画脳なので・・・。

彼女は「つり吉三平」のゆりっぺみたいな立ち位置だったんですかね。。

って例えも古すぎか。

▼▼▼▼

続きを読む

関連記事

ちはやふる 5巻

ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)
(2009/06/12)
末次 由紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~4巻


今回は読みながら「だんだん面白くなってきた・・・かな・・・?」って思ったんですが。。
ただやっぱり、どうもこの漫画に対して私はあまり皆がいうような熱意を感じないんですね。
一生懸命をいくら「表現」してるようでも私の中にはそれが「伝わらなかった」です。

【あらすじ】
初めての全国大会団体戦で、まさかの途中棄権に涙を飲んだ千早。
悔しさを抱えつつも、仲間達の声援に支えられ個人戦へと挑む。いよいよ始まるトップレベルの選手達の戦い。まだ見ぬ強さに胸を高鳴らせる千早のまえに、彼女は現れた。史上最年少クイーン、若宮詩暢。
(作品紹介より)

そう、すごいぶっちゃけた話買おうと思ったきっかけは漫画大賞とったからでした。
1巻出た時から話題にはなってたんですよね。百人一首も好きだし興味はあったけど
まぁ1巻だけじゃなぁって思って少し待ってました。
でも漫画大賞取ったし、買ってみることにしたんですけど。。正直、読んでて戸惑ったって
いうか自分で「面白いか?夢中になるか?」と、なぜだか自問自答の私。

他の人の感想読んでも面白いって人が多くて私の理解力が無いのかな?とか思ったりも。。
人気のある漫画の良さがわからない。ってことが、私には度々あって評判が良いとちょっと
自分の解釈が足りないのかな?作品の魅力を私がわかってないのかな?と考えてしまうん
ですが。。。前回4巻まで読んだ感想を書いたときもちょっと、何か足りない的な発言を
私なりにやんわりと書いたんですが。。。

つまらないワケでもないし題材もいいし、むしろ「つまらないか、面白いかといえば面白い」方
に入ると思う。だけど、そう!なんだか読んでいて描写とかセリフから作者が
表現してる程、物語全体から彼らの熱さが伝わってこないっていうか。。
熱い・・・かな、と思ったけど熱いというか熱い表現にしてあるというだけのような・・・。
やっぱり心に響く程じゃないんですよ。本当にスポーツ漫画とか読んでたりして心に響いて
きたり、熱い気持ちになってくると私はもう自分もそのスポーツとかがしたくなってうずうず
してきたり、なんだか意味も無く走り出したくなっちゃうような気持ちになるんです。
そういった言葉ではうまく言えないものが伝わってきませんでした。
個人的な主観なので勿論、作品を否定するつもりもありません。
でも・・・続き買うかちょっと悩みますね。。


ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

海街diary 1~2巻

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
(2007/04/26)
吉田 秋生

商品詳細を見る



やっと、ハードボイルド系じゃない話になったかぁ。。
BANANAFISHのような話からこういう話まで書けるってやっぱりスゴイですよね。
最初、「蝉時雨のやむ頃」が漫画のタイトルかと思ってました。

【あらすじ】
鎌倉に住む、三姉妹の元に届く父の訃報。まだ子供が幼い頃に、家族を捨て女性と出て行った父の死をどこか他人事のように感じる下二人に対して、年長で記憶が確かなサチは父を許せない。
下の妹二人がお葬式に参列することに。そこには父が逃げた女性との間に出来た娘。姉妹たちの妹にあたるすずが・・・。彼女は母親も既に亡くして父の再婚相手の家族と暮らしていた。



やっぱり、一番最初の「蝉時雨のやむ頃」が一番好きです。
父親を許せないサチ。幼い頃の事で記憶がないせいか父親の死に対して他人事のようで悲しむことの出来ない妹達。

そこへ、過去に父が逃げた女性との間に出来た娘すず。
でもすずは実の母親も既に亡くしているので両親がいないことに。

そのせいか、最初に出てきたすずは姉妹の目を通した形でかかれていてとてもしっかりとした子供に映ります。
 しっかりとして、でもどこか感情が読めないような・・・。

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

すみません。。


6月は氷室冴子さんの作品を中心に勝手に追悼特集を!とか
言ったくせに今月妙に忙しいのとコバルトと言えど文字を読むのに
時間がかかってしまって(読むの遅いんです。。)なかなかきちんと
書けない。。

マンガの感想もそうですが、感想をブログで書く前にうろ覚えのことを書きたくなくて
必ず、一度軽くでも読み返してます。
(手元に無い作品の場合は記憶だけで書くこともありますが)

なので私の感想には当時はこう思ったけど大人になって読むとこう思った・・・なんて
解釈が多いんです。。忙しくて読み返す時間が無いのに加えて新しく発売したマンガも
読みたいし読んだらそっちの感想も書きたいしで。。

なので氷室作品の合間に他のマンガも混ぜたいし、今月いっきに書こうと思ったけど
少しゆっくり書いていきたいと思います。
私にとっても「コレ十数年(既に二桁)振りに読み返すわぁ~」という作品が
いくつかありました。

関連記事

なんて素敵にジャパネスク 全10巻

なんて素敵にジャパネスク (1) (花とゆめCOMICS)なんて素敵にジャパネスク (1) (花とゆめCOMICS)
(1989/04/01)
山内 直美、氷室 冴子 他

商品詳細を見る
    
まんが版 なんて素敵にジャパネスク人妻編⇒ 1~8巻9巻10巻11巻

この作品は、氷室冴子さん、山内直美さん、双方の代表作ですね。
今回は初期の結婚する前まで(コバルトでは2巻迄とアンコール&続アンコール迄)

【あらすじ】
平安時代、内大臣家の娘 瑠璃姫は世間でも評判のじゃじゃ馬姫。
毎日、父親から結婚しろ、見合いしろと言われうんざり。瑠璃姫には小さい頃の初恋吉野の君という忘れられない思い出が。それに父親を見ていると結婚しても泣くのは女。。
 でも吉野の君は死んでしまったのにいつまで引きずってるつもりかと、幼馴染の高彬にまで言われる始末。
 その後、親にムリヤリ結婚させられるよりは・・と、自分を思ってくれていた高彬と婚約する瑠璃姫。だけど、なぜか邪魔が入りなかなか高彬と結婚にこぎつけられない!
そして、偶然から宮中の陰謀に巻き込まれていく(というか、首を突っ込んでいく・・・)

氷室さんと、山内さんの作品はとても沢山ありますがやっぱり「なんジャパ」が一番ですねー。とても原作に忠実で丁寧に書いてありますし原作の魅力もよく現れてます。まんが先行で読んだせいも知れかもしれませんが。

瑠璃の性格が大好きです
この話を読んで平安時代とか百人一首とか色々なものに興味を持ちました。
吉野の桜も絶対に見に行きたい!と、心に誓っているけどまだ見てないです。。

瑠璃姫は本当に破天荒で世間の評判を無視してお供もあまり付けずに外出したり人の屋敷に勝手に忍び込んだり、縁の下に潜んだり。
挙句、陰謀をたくらむ屋敷に女房として潜り込んだりもします。

キレイなだけでなく以外に茶目っ気のある藤宮(ふじのみや)さまも好きでした
画像 029
 
私は高彬派でした。完全に。
いつも瑠璃に振り回されるんだけど年下でちょっとかわいい部分もあれば、まじめで融通利かないところもあり、いざという時は妙にかっこいいんですよ。
氷室先生のお気に入りでもあり山内先生も「結婚するなら高彬」というようにいざというときに俄然頼りになる。って男の人は女性としてはなんだかポイントが高いんですよね。ただ、現実では私的には「現実にいざという時はあまりないだろうから普段からある程度はしっかりしてて欲しい」とか言う変な持論?があったけど・・・
(コレは友達とシティハンターの冴場遼について話してた時だけど)

この時代は男性が3日連続で夜通ってから結婚の報告をすることが婚儀の慣わしだったそうです
画像 027

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

恋する女たち 全2巻  <マンガ版>

画像 156
恋する女たち 1 (マーガレットコミックス)
(1987/07)
氷室 冴子、南部 美代子 他


斉藤由貴さんが映画でやっていたとご紹介した「恋する女たち」です。
(過去の記事→こちら)

【あらすじ】
高校二年の孝子。友達の汀子や緑子達はどうやら恋をしている。
自分はどうだろう?自分の思い通りにならない、考えたとおりにはいかない恋愛というのはとても怖いことだしおいそれと口には出来ないことだと思っている。ある意味、人一倍「恋」というものにこだわりのある孝子。だけど、最近クラスメイトの沓掛くんが気になって・・。


氷室さんが原作の漫画ですが、斉藤由貴さん主演の映画にもなった作品です。
私が最初に読んだ氷室さんの作品だと思います。
たまたま買っていた週間マーガレットで連載して結構好きだった漫画家さん。
ご自分の作品も書いていて結構好きだったので原作モノで意外でしたがこの当時、ひたか良さんが小泉今日子さん主演映画の「ぼくの女に手を出すな」を漫画にしたり、マーガレット内で映画を漫画にするのが多かった時期なんでしょうか。

マンガを読んでからかなり経って原作を読み思ったのはベースは勿論コバルトの原作ですが、マンガの内容や設定は映画の内容をベースにしてるんだということ。
コバルトでは北海道だけど映画・マンガは金沢が地元となってるし。

よく考えると、原作のある漫画って大抵は細かいところは結構違うんですよね。
ただ、山内さんの氷室作品があまりに原作に忠実なので・・・。

南部美代子さんというマンガ家さんが現在どうしてるかわかりませんが私は当時、結構好きで「キャンディ白書」とか「フラワーポット通り(ストリート)」とかも読んでました。絵も好きでした。久々に見て思いましたが似た絵の人いませんね。
見やすいし、馴染みやすいと思うけど、独特な感じもします。

さて、内容ですがここでもやっぱりちょっと変わった人格の友達がいます。
自分で自分のお葬式をあげる緑子。
嫌なことや、忘れたいことをお葬式という儀式をあげることによって吹っ切るんですね。
今回は6年越しの初恋の辰男さんが結婚することになり。。

自分のお葬式をあげる緑子。わざわざ死亡通知で呼び出される二人。画像 158

当時は、面白いキャラを考えた、と思いましたけど新聞記事でご自身が病気で余命が短いとわかってから自分のお葬式のことを友人に指示したり自分でお葬式準備をした氷室さんを読んで緑子を思い出しました。
やっぱり、登場人物というのはどこか作者に近い部分を持って生まれてきたものだったのかなって。。

緑子はあくまでもう捨ててしまいたい自分自身への出来事や気持ちへの儀式だったんですけど。だからこんな風に自分で自分を奮い立たせてるような変人だけどある意味真っ当な緑子の儀式が好きでした。

孝子のクラスメイトの沓掛勝。
気がついたらいつも目が彼を追っている。
孝子と沓掛君はクラスで軽口をたたきあう中。
彼も自分には妙に気安く声をかけてくる。

こうやって自分が少しずつ彼を好きなのだろうか?
と、自問しながら進んでいくストーリーがなんだかすごく好きでした。
少女漫画、とりわけ昔の少女漫画は既に主人公が好きな男の子が決まってたりわかりやすく好きになるのでなんだか自然な片思いの感じがしたんです。

画像 159

自分の気持ちに気づいてしまった主人公。
あぁ、くやしいが恋してしまったんだ。
それから孝子の「恋する女」としての苦悩?が始まります。

画像 160

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ホワイトラスク食べました♪

以前の記事→こちら  で、ホワイト食べてみたいけどすっごい
並んでて買う気がしなかったんですが、先日またまた銀座松屋に行きました。

やっぱり並んでましたけど10人に満たない感じだったので私もホワイトのラスクを
購入しました!!普通版は前に食べたからいいかなぁーと、思ったんですが
皆が買ってるのでちょっとつられて買ってしまいました。


画像 012

ホワイト、おいしかったですペロッ
おやつって感じですかね。甘いのでお茶と一緒に食べるのにいいと思います。
でも、何度もリピートって気はしなかったです。

画像 019

確かに、おいしいけど以前まで全然注目されていなかったのにどうしてあんなに
人気出たんでしょうかねぇ。
やっぱり、テレビとか雑誌でとりあげられたんですかねぇ。

あんなに並ばなければたまーに食べてもいいかなって気もするけど


プレミアムラスクを食べた感想はこちらです。
プレミアムラスク



関連記事

雑居時代 全3巻


雑居時代 1~最新巻 border=雑居時代 全3巻
(花とゆめCOMICS) (1988/02)


山内 直実 氷室 冴子

商品詳細を見る



氷室冴子さんと山内直美さんのコンビです。この二人の組合せ、多いですよね。
他の漫画家のをあまり読んでないので比べづらいけどなんか相性がいい気がします。
主人公の二重人格モノといえばカレカノもそうですがまぁあれは途中からかなり方向転換しちゃいましたね。

【あらすじ】
「倉橋さんちの数子さん」といえば、品行方正・成績優秀の才女で他校でも有名な美人。それもこれもすべて、敬愛する叔父・譲さんとの結婚のため。しかし譲さんが結婚することになりショックの数子は親戚の留守宅を引き受けることに。ところが、親戚宅の近所に住む同級生で家賃滞納でアパートを追い出された家弓と親戚のおじさんの親友の息子で予備校の寮に馴染めずに飛び出した勉が現れ、同居する羽目に・・・。


設定も内容も面白くて好きです。
これもドラマとかしたら面白いのにーって思ってました。
出来れば昭和の匂いをさせたまま、やってくれるといいな。
とはいえ、もうフジ火曜9時枠のドラマはちょっと勘弁ですけど。。

叔父に恋してる数子。その割に、恋愛要素のまるきりない話ですが。。
数子は同居している実の叔父に5歳の頃から恋をしてずっとお嫁さんになる為に努力をして世間でも評判のお嬢さん「倉橋さんちの数子さん」を完璧に演じてます。

同居している譲さんにばれないよう家の中でもその姿勢を崩さないので実の両親すら「親の口から言うのもなんだけど・・」
というくらいに出来た娘を演じる。

職員室へ呼び出されても・・・
画像 130

けれど、内実はかなり根性の悪いキツーイ性格なんです。
同居人として家に飛び込んできた家弓や勉といった自分と譲さんとの交友に関係の無い人には素で対応する為、二人は数子のきつい性格を最初からわかっています。
 家弓は実は数子と同級生だったために、学校にバラされないようにと同居をOK。
勉にも親戚の人の許しが出てしまいやむ無く3人で同居する羽目に・・・。

そもそも、叔父とは結婚できないのにそれでも結婚してやる!と思って幼い頃から家でもずっと品行方正で完璧な数子さんを演じてるのが泣けて笑えます。
それをストレスに感じたり、本性隠すのを後ろめたく感じたりとかして無いしバレても開き直るくらいのところが突き抜けてていいです。

画像 138

ここからネタバレ▼

続きを読む

関連記事

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2009/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード