スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才ファミリーカンパニー  全6巻

天才ファミリー・カンパニー―スペシャル版 (Vol.1) (バーズコミックススペシャル)天才ファミリー・カンパニー―スペシャル版 (Vol.1) (バーズコミックススペシャル)
(2003/06)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る



こちらはコミックじゃなくて全6巻のスペシャル版が発売された時に購入しました。ちょうどのだめにはまっていた時だったのですがやっぱり面白いです。「GREEN」はNHKでドラマになった時に買ったんですがもう手放してしまいました。どちらものだめみたいなキャラが出てきます。

【あらすじ】
エリート街道まっしぐらのはずが、母親の再婚で、新たに家族となった田中親子にふりまわされる。天才高校生・夏木勝幸の受難の日々が始まる。


勝幸の性格が千秋のようにオレ様で更に性格を悪くしたような感じ。そしてそれを取り巻く天然キャラ達との構図はいつも似てるんですが、のだめよりもぶっ飛んでると思います。
学校が舞台じゃなくてビジネスゲーム的な要素に恋愛にと色々入って最後はキレイにまとまってスカッとさせてくれます。

ふざけたギャグや笑いもふんだんにあるんですが内容は結構シリアスな部分もあり最初に読んだ時は謎が明かされないままの状態や伏線張られていく部分に「謎解明はまだか、まだか」と言うのを気にしながら読んでしまった部分もあったんですがラストをわかって読み直した方が安心して細かい笑いとかに目を向ける余裕がありました。
漫画ってその時の気分とかで印象が左右されるからやっぱり読み返しは大事ですねぇ。のだめより面白いかも、と今回読み返して思ってしまいました。やっぱのだめは日本編までが最高潮だった気がしますよね。

最後に主人公達が立場逆転で挽回していくあたりから凄く面白くなります。
こういう主人公がやられてばかりじゃなくここぞと言うときに決めてくれたり最後に見せ場があったりと読んでて「痛快」と思わせるのがウマイ。ちゃんとツボついてくれます。笑いのツボも。
そして最後の方にスカッと出来ます。

老けて見える高校生・勝幸。夫婦じゃなくて親子です
画像 449


ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

87CLOCKERS  1巻

87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/04/10)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る



【あらすじ】
名門の英考大学に通いながらも、周囲のやる気満々モードに馴染めない一ノ瀬奏。
しかしある日、雪の降る中アパートの前に裸足で佇む美女・ハナに心奪われた奏は彼女がすべてを捧げるディープな世界に巻き込まれていく。”PCのF1レース”OCで一念発起した草食男子の運命は!?


書店で二ノ宮さんの本が出てる~と思って購入。
ヤンジャンで連載されてたんですね。少女漫画じゃないんですが・・・ま、いっか。

今回の主人公もやる気の無い音大生。今回は男性です。
やっぱり変キャラが続々と出てきますのでここまで来るともう二ノ宮さんのお約束なんですね。
とりあえず今のところ一番真っ当な主人公が周りに流されて巻き込まれていく感じは本当に上手です。

でも最初の頃は皆、何やってるんだろう?一体何についてのマンガなんだろう?と、思っていました。
「オーバークロック」というのだそうですね。私は全く知識が無かったので主人公のようにマンガを読みながらオーバークロックについて学ばせてもらいました。そして主人公のようにコレに一体なんの意味があるんだろう?と、思ってしまいましたが・・・何やら読んでるとすごく大変そうですね。
でもあんなに高額の部品を買ってまで何故やるのかって思うとすごい不思議。
趣味の世界って奥深い。

まぁ私も一人でマンガ読んで感想をブログにあげて何か意味あるんだろうか・・・とふと自分に疑問を抱くことがあります。私にとってのマンガは趣味ではなくて娯楽なんですが、どっちにしても自己満足の世界ですね。


そうよ、意味なんていらない!やりたいからやるだけよ!!
画像 825

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。