スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファラオの墓

ファラオの墓 (1) (中公文庫―コミック版)ファラオの墓 (1) (中公文庫―コミック版)
(1996/02)
竹宮 惠子

商品詳細を見る


竹宮恵子さんと言えば私には「風と木の詩」が印象的。
とか言って、私は未だに読んだことが無いのですが中学生に入った頃、やおい好きな友達が『「風と木の詩」こそが漫画で初めて同性愛を書いた名作なのだ!』と力説してたのです。そしてそんな友達も読んだことが無いらしく『だからこそ読んでみたいんだ~!』と言っていました。当時、私はあまり古い漫画に興味が無かったので聞き流してましたが。。ちなみに友達が読んでなかった理由は資金面。
「でも、揃えてみて面白く無かったら嫌だし・・・」とか言ってたっけ。←この辺が中学生。。

【あらすじ】
四千年前のエジプトで小国のエステーリアは隣国のウルジナにより攻め滅ぼされてしまう。国を失い戦火の中、生き残った第二王子サリオキスは、妹ナイルキア姫をナイル川へ逃がします。自らも傷を負いながら生き延びたものの、ウルジナ兵に捕まり捕虜の中に。王子の誇りを失って生き延びるくらいならば死を持って朽ちようとするサリオキスだが・・・。同じ頃、ナイル川を流されて気を失っているナイルキア姫は同じく敵国の神官により命を救われる。そして、ウルジナの若き王スネフェルと出会いお互いの身分を知らないまま惹かれあってしまう。


竹宮さんの作品は少女漫画という枠に留まらない壮大な素晴らしい作品ですよね。
壮大過ぎてね、感情移入がしづらいのが難点です。主人公にも容赦ないです。
主人公の背負う責任が、運命が、とても過酷で大き過ぎるのです~。
最初の方から、主人公がもう何度死んでもおかしくないくらいの出来事が続きます。


でも、びっくりなのはこの作品が「風と木の詩」を書きたかった作者が担当に首を立てに振らせる為に、まず売れる作品を書かなきゃって思って書いた作品だったこと。エンタメ性を考えて売れる作品を書いて人気を得れば担当が次に好きな作品を書かせてくれるだろうと思ったからって。。。
この作品は目的の為の手段に過ぎないのか?とびっくり。これだけの名作が・・・。
ちょっと、おい。おい。って思うんだけどエンタメ性のある売れる作品を書こうと狙って売れちゃう。そして名作になっちゃうってのがすごいところなんでしょうね。ホント、才能ってある人にはあるんですね。


「ざ・ちぇんじ」とか「BASARA」とか水辺での出会いが多いのは着衣で身分がバレないからかな?
CIMG4201.jpg


ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。