スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオハライド  4巻

アオハライド 4 (マーガレットコミックス)アオハライド 4 (マーガレットコミックス)
(2012/04/13)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻2巻3巻


【あらすじ】
悠里と洸の関係が気になる双葉。一方、他人を深入りさせずに距離をおく洸の過去に起こったことに踏み込んでいこうとする双葉だが・・・。


3巻で恋愛話として面白くなってきてどうなるんだろう?と思ったんですが意外と私のテンションはあがりませんでした。

私はどうもこの作品にイマイチ引きこまれないんですよ。
別につまらなくないんですが「普通」なんだなと気付きました。「ストロボ・エッジ」の作者という前置きの上で作品を見てしまっていたんですね。読みながらもっと面白くなるんだろうかと勝手な期待をしながら読んでたみたいです。私の中では作者買いする程好みじゃなかったんだと思いました。

そして3巻の「悠里と洸に何かあったの!?」と続きが気になる終わり方だったのですが、たまたま見た別マの公式ホームページの次号予告にバッチリ、ネタバレしていて4巻はそんなに待ち遠しくありませんでした。

集英社さんも単行本派への配慮もして欲しいよ・・・。


ここからネタバレ(ごめんなさいの辛口です)▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

アオハライド 3巻

アオハライド 3 (マーガレットコミックス)アオハライド 3 (マーガレットコミックス)
(2011/12/22)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る


別巻の感想⇒1巻2巻


3巻になってから女子3人が仲良しグループになってますね。
友情も恋も少しずつ進展してます。

【あらすじ】
過去の洸ではなく16歳の今の洸を好きだと自覚した双葉。
しかし大事な友達・悠里も洸のことが好きだと知らされ心は揺れる。
双葉が選んだのは・・・?


私は遠い昔から漫画を読んでいる世代だからか、ど~も最近の漫画って進みがゆっくりだなって思ってしまうんですが中でもこちらは丁寧な描写が作風という事もあってか取り分け読んでる最中に「こんな内容的に意味の無い他愛ない会話やシーンを入れるなんて本当に進みがのんびりだなぁ~。やっぱ今はゆとり世代なのかなぁ~。」と既にこの漫画の対象年齢から外れているせいか、これが今の漫画読む世代には標準なんだろうか?と、ちょっと違った目線で考えながら読んでしまいました。

まぁ私が小さい頃に読んでたのは週マで週刊モノでだったせいか起こる出来事が後々読むとつながりおかしい!なんてザラだったし、その後読んだ花とゆめも当時SFやファンタジーが多かったから割と現実味無い話が多くてその辺りが私の漫画読んでる上での基盤みたいになってるせいなんでしょうかねぇ。。と、漫画と関係ないことを長々すみません。

2巻から3巻へと少しずつ進みますが私が求めてる何かがまだ足りない気がする。
やっと恋愛モードになってきたのに。
それは蓮君じゃないからでしょうか・・・。

でも、今回はなんだかすごくドキドキするシーンが多かった気がします。
それは多分、洸の「目線」のせいだと思います。

洸といっぱい目が合うんだもん

ここからネタバレ▼


続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

アオハライド 2巻

アオハライド 2 (マーガレットコミックス)アオハライド 2 (マーガレットコミックス)
(2011/08/25)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻3巻
もうすぐ3巻がでますがその前に2巻の感想を・・・。

【あらすじ】
高2になった双葉は洸や悠里と同じクラスになった。新たな人間関係を築こうと、前向きに努力するが前途多難。素っ気無いが優しい洸とリーダース研修に参加することに・・・。


久々に読み返したら全然内容を覚えてなかった。
けれど読んだとき微妙だなぁーと思ったのは覚えてたんですが読み返しても微妙でした。
やっぱりどうしても読みながら無意識に「ストロボ・エッジ」を引き合いにしてしまってるのもかなぁ。申し訳ないけど・・・。
元々今回の設定の主人公が人間関係を上手く築けていない的な話が苦手なんですが主人公自体にもあまり好感が持ててなくて・・・。

1巻は殆ど伏線みたいなもんだったし2巻以降からリーダース研修で同じグループになった登場人物達と仲間になっていく事によって双葉が自分らしさを取り戻していくという、人間関係の構築と洸とのラブストーリーにキャラそれぞれの事情のようなものを絡ませて描かれていくんだろうなぁ~とは思うんですが・・・なんか今の所あんまり読んでてドキドキもしないし楽しくも無いんですよね、残念ながら。
今はまだ物語的に序盤なんだろうなと思うのでもう少し付いていこうかと思ってます。

そう、まだ何も始まってないよね!
画像 1019


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

アオハライド 1巻

アオハライド 1 (マーガレットコミックス)アオハライド 1 (マーガレットコミックス)
(2011/04/13)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

別巻の感想⇒2巻3巻

「ストロボ・エッジ」のヒットで周囲の期待とプレッシャーを背負った新作ですね。
前作から殆ど間を置かずに次回作を書くって大変なんじゃないでしょうか。しかも前作が人気だったからもっと話とか練りたいんじゃないかな、でもやっぱり急かされるのかな?なんて色んな余計な事まで勝手に考えましたとさ。

1巻なので正直まだなんとも言えないケド・・・な感じです。

【あらすじ】
高1の双葉には中学時代から忘れられない初恋の人、「田中くん」がいる。
中学のとき女子に、はぶられた経験から自分を偽って日々を過ごしている。「田中くん」を思わせる男子出会うが、彼は-。熱く青く一生懸命にぶつかり合う高校生活グラフィティ!


実はこちらは別マに新連載で掲載された1回目だけ立ち読みしてたのですが、中学時代の話は読んでませんでした。連載の1回目だけを読んだときはイマイチ惹かれなかったのですがこれがあると無いとで作品の印象はかなり変わりましたね。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ストロボ・エッジ 10巻

ストロボ・エッジ 10 (マーガレットコミックス)ストロボ・エッジ 10 (マーガレットコミックス)
(2010/12/24)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~5巻6巻7巻8巻9巻

最後はツーショットの表紙でございます。

良かったです!
10巻に入ってる最後の2話は本当にとっても良かった!
ということでちょっと感想が長いです。しょっぱなから内容ダダ漏れですのでご注意下さい。

【あらすじ】
蓮のことが好き。わかってるのに-。
ケンカから守ってくれた安堂が傷ついている姿を見て蓮からの告白を受け入れられなかった仁菜子。でも断ってしまった本当の理由はもっと別のところにあるのではないかとぐるぐる悩む仁菜子に安堂がある行動を。
そして仁菜子が見つけた自分の気持ちとは?みんなの「好き」が積もる感動の最終巻。
仁菜子・蓮のその後を描いた特別編も収録。



今まで引き伸ばした様に、うだうだと自分の気持ちが揺れては翻しての繰り返しだった仁菜子がやっと当初の仁菜子らしい性格に戻った感じです。
仁菜子の一生懸命な告白を読んでいて「そうだよね~、仁菜子ってこういう一生懸命で自分の気持ちに嘘付けない子だったじゃん。」と。

安堂が仁菜子を蓮の所へ行かせようとしてわざとキスした際の「安堂くんに嫌な役回りをさせてごめんなさい」という場面も本当に切なかった。自分の気持ちから逃げていた事に気付いた仁菜子と、仁菜子を行かせて「一度も振り返らないでやんの」という安堂。その後、真央ちゃんとの仲を匂わせはしたけれど完全にくっついたりせず終わったのも良かったです。出来れば安堂が幸せになる相手は真央ちゃんでは無い人がいいんだけどなぁ~。
真央ちゃん嫌いじゃないけど、キャラとしてのポジション(前カノ)がなんか安直すぎて・・・。
でも、安堂の相手をパッと出のキャラにするわけには行かないからね。

そしてこの作品は本当に駅のホームや電車を効果的に使っていますね。
同じ学校に通っているという点で学校内とか共通空間が多いハズなのですが大事な場面に必ず駅のホームが使われています。
これがまた、本当に上手に使っていて電車に乗り遅れた事によってだったり、ホームにいる相手を見つけ自ら降りてしまったりだったり、階段で転んでしまったり車内で寝過ごしたり。同じ状況であっても仁菜子や蓮が取る行動が少しずつ変わってきます。それによって二人の気持ちの変化も読み取ることが出来るという素晴らしい描写だなと思いました。

大事な場面は決まってホームや電車の中でした。
蓮と出会ったのも電車の中だし、仁菜子が告白したのも駅のホーム。そして仁菜子が連を、蓮が仁菜子をお互い好きだと自覚して行くのも電車やホームの場面が多く、最後の告白も最初の告白と同様に駅のホームです。
仁菜子の告白もとっても可愛かった。


最後、教室で皆に冷やかされての二人がデレデレでびっくりなんだけど、「まぁいっか~」と暖かい眼差しになれました。

画像 755


つづき▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ストロボ・エッジ 9巻

ストロボ・エッジ 9 (マーガレットコミックス)ストロボ・エッジ 9 (マーガレットコミックス)
(2010/08/11)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~5巻6巻7巻8巻10巻


表紙、誰?と思ったんですが目元のホクロでわかりました。

【あらすじ】
自分の蓮への告白が蓮や安堂を傷つける。仁菜子は蓮への気持ちを再度押し留め様と心に無理を強いることは思ったようにはうまくいかず苦しさ、もやもやのほうが大きかった。
安堂は体育祭で元カノ・真央とリレーで一緒になることになる・そこで思わぬ出来事が起きる。
そして仁菜子に体育祭が終わったら気持ちを伝えると決めた蓮。行動を起こすがそのタイミングは・・・。


しょっぱなからあらすじと関係ないネタバレですが、10巻で最終巻みたいですね。
現在発売されている別マが最終話みたいです。
ジレジレだったので終わって良かったかも。という思いとなんだかんだでちょっと寂しいと思いました。

私の全くの想像ですが、人気が出てきたので引き伸ばせ。と編集とかから言われたのだけどご本人は本意じゃなかったのではないかと思いました。又、一応引き伸ばしたのだろうけど、(申し訳ないけど)グダグダになってきてもう限界になったんじゃないかと思います。
仁菜子の気持ちが何度も変わったりもそのせいなのかなと。。。サイドストーリーを入れ、真央を入れ、新キャラ(団長)を入れと頑張ってみたんだと思うけど・・・。蓮のキャラはとっても魅力的で大好きだけど話を続ける上で動かしにくいんじゃないかと思います。
付き合いだしてからも、ちょっと蓮とのラブラブだのいざこざは書きづらいような、読者としてあまり見たくないような気もするし・・・。
まぁ、あくまで私の勝手な想像ですが。

この巻はね、やっぱり真央ちゃん、そうきちゃったか、と・・・。
そしてヤラレ安堂が可哀相過ぎでした。

大人気ない安堂が好きさ
画像 31390

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ストロボ・エッジ 8巻

画像 30669

ストロボ・エッジ 8 (マーガレットコミックス)
別巻の感想⇒1~5巻6巻7巻9巻10巻
 

もう完全に8巻出てる頃だよね。と、わかっていた私。
まさか・・・購入済みのまま、購入したことを忘れていたとは!!
部屋から普段の地元の本屋と違う装丁カバーを見つけて
あれ?そういえば・・・外出先で見つけて買ったような。。
と、8巻を自宅で発見。読むのを忘れてたどころか買ったことを
忘れていた自分にちょっとショックを受けました。。ううっ


【あらすじ】
蓮が自分と変わらなく接してくれるのは恋愛対象外の「友達」だからなんだ。
でも蓮の仁菜子への態度が、仁菜子の心を揺らす。誰かと恋する連を見るくらいなら「カノジョ」になれるようがんばる。
 安堂の中学時代の元カノ・真央が入学してきた。真央は中学時代、特別な友達だった蓮と安堂の仲をはなれさせた原因をつくった。真央の言葉をきいたの仁菜子選んだ道は。



徐々に蓮が仁菜子に対しての気持ちを認めて友達にも正直な気持ちを伝えられて、仁菜子へ態度でも少しずつ伝えたいとしているなぁ~というのがわかりました。
仁菜子は二人の友情にヒビが入るのを防ぐ為に蓮を好きじゃないと言ったりするけどやっぱり彼女になりたいと思ったりでも現れた真央から過去に親友だった二人の話を聞いて、これ以上二人の仲を壊さないようにということによりやっぱり止めたとか毎回、毎回ちょっと気持ちが揺れすぎだよなぁ~。。。

とても丁寧に気持ちの揺れ動きを書いているからこその流れなのかもしれないけど。
前みたいな「キュン」とした気持ちにはもうならないんだなぁー、私。
と、自分のあきっぽさを自覚。というか、「キュン」の命は短い。
だから物語が長引くとキュン度は反比例するように下がるんですよね。


やっぱり真央は登場しなくてもいいのになーと思うし。
新しく登場した先輩の団長もちょと内容を長引かせるため新鮮にするための演出なのか。。
キャラ的にはそれぞれ個性がバラバラなので確かに内容的に少しマンネリ打破にはなってます。

急に出てきた割には空気乱すのうますぎるぞ画像 30670

前の感想で蓮が今度は仁菜子を追って欲しいと書いたんですけど。
今、若干そんな感じで蓮が仁菜子に小出しアピールしてるんですが・・・
どうしてかわからないんだけどなんか私が思っていたようなキュンとした感じに
ならないのは仁菜子が感情が揺れ動き過ぎだからかなーと。
友達にも色々気を使わせすぎだし。


思えば、蓮を思ってるんだけど周りのこととか考えて遠巻きになったり
でも蓮のいないところでは泣く。好きな蓮以外の前では我慢している感情が他人には気が緩んでしまうのか、偶然居合わせてしまうのか。。
確か、最初の頃、安堂もコレで仁菜子にノック・アウトだった。
仁菜子・・・小悪魔素質あるよ!

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ストロボ・エッジ   7巻

ストロボ・エッジ 7 (マーガレットコミックス)ストロボ・エッジ 7 (マーガレットコミックス)
(2009/11/25)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~5巻6巻8巻9巻10巻


 あれだけフィギアについて一人で言ってて急にコレ?
って感じですけど。。昨年、途中まで記事を書いたままになってたのでとりあえずアップします。
今読むと妙に感想のテンションが高くてなんか恥ずかしい・・・。

【あらすじ】
高2になった仁菜子。蓮と安堂と同じクラスになる。
遠足で鎌倉へ。仁菜子の友達・さゆりと蓮の友達・裕太郎は同じ班。
仁菜子は今の蓮と自分の関係について「友達」だからすごく近くにいれると思うと切ない。
さゆりと裕太郎は過去になりかが合ったらしい。2人になった機会に裕太郎が告げたのは・・・。



同じクラスになったら急にイベントいっぱい。でも学校ってこれがあるからいいですよねー。
学校で好きな人と同じクラスになれるって本当にいいですよねー。
ということで、早速遠足です。鎌倉に遠足!
私も鎌倉に遠足に行ったなぁ~。鎌倉ハイキングコースで仁菜子なみにドロだらけになりましたけど、私には蓮くんのように上着を貸してくれる素敵なメンズはおりませんでした。。。

いやー。ホントにキュンを通り越してちょっと、くすぐったくなってしまうくらいに二人のやりとりがこそばゆいですね。大福の半分んことかね。もう、二人とも本当は付き合ってんじゃないのっ!ってくらいイチャついてますよ。
先月までいい感じに仕上がってきた安堂がただのお邪魔ムシのようなポジションに追いやられてしまったのでは!?というくらいに影が薄かったし・・・。

そして確か前巻の感想で、サイドストーリー的な話はちょっと・・・と、仁菜子の友達のさゆりと蓮の友達の裕太郎との事で思ったんですが・・・割とあっさり終わったのでスッキリしました。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ストロボ・エッジ 6巻

ストロボ・エッジ 6 (マーガレットコミックス)
画像 3118

別巻の感想⇒1~5巻7巻8巻9巻10巻

前回の1~5巻のまとめた感想であんなにコーフンしてた私ですが本誌を読むと
1話1話と区切りがあるせいか、なんとなくテンション落ち着きます。
そして蓮達が別れたらどうなるのかなー、と思ったら。。あらら。

【あらすじ】
蓮の彼女、麻由香は蓮の仁奈子への気持ちを察し、かつ自分への変化を認めて昔の約束にこだわっていた蓮へ別れを告げた。蓮はしばらく誰とも付き合う気はないと女子からの告白は断り続ける。仁菜子もそんな蓮をみて、そても自分の気持ちは言える状態ではないと思う。
仁菜子のこともありぶつかる蓮と安堂。中学時代に二人が感じていた絆とは。


うーん。6巻だけの感想として言わせてもらうとあんまり進み方が好きじゃなかったです。
相変わらず蓮はかっこいいし、仁菜子は一途だし安堂も頑張ってるけど。。
(でも、安堂の見た目がどんどんもやしっ子になってる気が・・・)

相変わらず色っぺぇ~

画像 3063


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ストロボ・エッジ 1~5巻

ストロボ・エッジ 1 (マーガレットコミックス)ストロボ・エッジ 1 (マーガレットコミックス)
(2007/11/22)
咲坂 伊緒

商品詳細を見る
    
別巻の感想⇒6巻7巻8巻9巻10巻

久々に、いい歳してキュンとしました!こういうマンガすごく好きです!!
「君へ届け」みたいにキュンとするという話も聞きますが私はこっちのが好きですよ!
「君へ届け」は私の中でピーク過ぎちゃったんで・・。
(って、他の作品と比べるのは失礼ですけど)

【あらすじ】
仁菜子は素直でおっとりした高校生。まだ恋はしたことないと思っている。自分に想いを寄せる大樹への気持ちが恋だと言われて、いいヤツだとは思っているけど・・・。ある帰り道電車で学校で人気の男子・蓮と出会う。少しの会話や笑顔だけで仁菜子は新しい気持ちを感じる。この気持ちはいったい?(作品紹介より)


前にあるマンガを読んで、失礼ながら微妙で口直しにベタな恋愛モノを読んでみたというのがこれでした。他に「電撃デイジー」「お嬢様はお嫁さま」「極楽アイスホッケー部」と、なんか恋愛モノじゃないものたちも一緒になってますが色々読んだんですがこれを読んだらもう頭はストロボ・エッジ!蓮くん一色でした。

 世間の評判と自分の好みが年齢のせいもあるけど結構合わないことも多いので初期設定は知っていたんですが色々買い込んで読んもうとした中で実は一番期待してなかった作品でした。ホント、すみません!!

蓮くん、好きです!(告白?)
もう、こんな高校生絶対いないって!!と、思っちゃいるけどコレ私が学生時代に読んだらすっごい憧れちゃっただろうなー。と、思いました。
ただでさえ、男女共学、学園モノに弱い女子校出身なんで・・・。
今の若い子はもっとしっかり「どうせ、マンガでしょ。」って思って読んでるかも知れないけど、当時の私のような女子学生がいたら気をつけてください。

男の子への理想が無駄に高くなります!! 
ホント、いませんよ。こんなモテるのにいい気にならなくてこんなに性格のかっこよい男の子は!
おまけに、年上の彼女がいるのになんですかこの初々しい感じは!
(私、コーフンしすぎ・・・)

もうすぐ、6巻が発売するんです。でも6巻が出る前に私は5巻までの感想を書きたかったんです。内容もひと段落したところで終わってますしその後本誌で読んでしまったんですがこの後は少し違う方へいってしまったので。。
・・と、それはもうすぐ発売する6巻で言わせて下さい。

画像 3059

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。