スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼陛下の花嫁  7巻

狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)狼陛下の花嫁 7 (花とゆめCOMICS)
(2012/09/05)
可歌まと

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~5巻6巻


【あらすじ】
花の宴が無事に終了…かと思いきや、夕鈴を待ち受けていたのは“二人きりの”花の宴だった! 狼陛下は宴の時から怒りっぱなしの夕鈴に強引に迫る…!  そんな宴も終了し、落ち着きを取り戻した後宮に夕鈴・父の失態の報せが。几家の小間使いとして働かされる夕鈴に陛下は…!?



狼陛下が夕鈴を翻弄させる場面は相変わらず好きなんですが、最近はそれすらも飽きてしまいました。多分もう慣れたから同じパターンにそこまでキュンとしなくなったのかも知れません。絶対その先にはオチがあることもわかってるし。

そして1番の飽きた理由はそれ以外の本筋のストーリーが長くなりそうだなぁと言うのとあまりストーリー自体に面白みが無いと感じてしまったこと。残念ながら今回からはレンタルに切り替えてしまいました。

夕鈴みたいなお転婆姫のキャラ(今回ニセ妃ですが)は根本的に好きなタイプなんですがねぇ。
ちょっとパニくり過ぎかな。狼陛下も初期の方がなんか芯があったんだけどどっかキャラがボケてきてない?と思います。狼と子犬の境界が曖昧になってるというか。
昔みたいな切り替えの極端さが無くなったというか。

少しずつ自分の気持ちを理解して相手と両想いになって身分差乗り越えてと段階を踏んで長くなるのかと思ってたんですが単にショートストーリーでダラダラと続いて好き?と思ったら誤解?とかの繰り返しみたいなのも好きじゃなくて・・・。私、ホスト部とかも途中で飽きちゃったんでこの似たような展開が続くパターンのストーリーが苦手なのかも。キャラや世界観が好きでずっと続いて欲しいっていう方には全然いいんだと思います。
私も昔はそういう風に好きでいっそ終わらないで欲しいと思っていたマンガがあったので理解は出来ます。

ただ人気で引き伸ばしになってるのはわかるんですが・・・限界どころまで続けるのは読んでる方もなんかツライ。


そろそろプロ妃に向けてのストーリーが見たい
画像 010





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

狼陛下の花嫁 6巻

狼陛下の花嫁 6 (花とゆめCOMICS)狼陛下の花嫁 6 (花とゆめCOMICS)
(2012/03/05)
可歌まと

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~5巻7巻


「夕鈴が陛下に膝抱っこ(?)されてるよー!!」と一人心で叫びながら読みました。
半身浴しながら読んでましたが危うく湯船に落っことしそうに・・・なりませんでしたがのぼせました。


【あらすじ】
家出から戻った夕鈴は”プロの臨時花嫁”になる為に仕事に燃えていた!!甘やかそうとする陛下を押しのけ、夫婦演技の特訓が始まる。一方、王宮では”花の宴”の準備始まったが、案の定、責任者の方淵と水月が対立し・・・。


5巻で夕鈴が気持ちに気付いたとは言えそんなに夕鈴の変化は無いです。元々起伏の激しい子なので動揺しててもしてなくても、わめき具合は変わらないというか。でも、狼陛下に慣れてプロの臨時花嫁になる!と訓練?を始めてからがとても面白かったです。

陛下の狼バージョンが多い方がやっぱりドキドキ感があって読んでて楽しいですよね。
陛下はそんな訓練しなくても後宮で可愛いお嫁さんしてくれればいいのにーと。
うん、うん、陛下のその独占欲も堪らないです、個人的ツボ突いてます。


画像 560



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

狼陛下の花嫁  1~5巻

狼陛下の花嫁 1 (花とゆめCOMICS)狼陛下の花嫁 1 (花とゆめCOMICS)
(2009/12/04)
可歌 まと

商品詳細を見る

別巻の感想⇒6巻7巻

1巻が出た時にララを読んでた友達から借りてました。「なぜか本屋で売ってなくて・・・」と友達が言うので当時私も書店を見たら確かに発売日を少し過ぎていたのですが置いてないんですよ。きっと1巻は初版が少なくて予想外に売れたんでしょうね。2巻からガッツリ平積みされてたし。
読んだ時に確かに読者のツボを付く設定かも・・・と思いました。友達とは頻繁に会わないので途中から買いました。

【あらすじ】
高賃金で割の良い仕事があると聞いて王宮へやってきた下級役人の娘・夕鈴。けれどもその仕事とは冷酷非常な「狼陛下」珀黎翔の浜嫁役を務めることで・・・。陰謀渦巻く王宮で陛下の秘密を知ってしまった夕鈴は!?

ニセの花嫁みたいな設定とかはよくありますが陛下のキャラ設定は斬新でしたね。斬新なのは夕鈴が二面性を演技だと思い込むってところかな?二面性に翻弄する主人公ってのもいいんでしょうね。
初めて読んだ時は確かにツボはつくけど「え?こんな設定あり?」とちょっと反則ギリギリに感じたんですけどね。まぁマンガ。マンガ。

夕鈴のサバサバして自ら事件に乗り出しちゃうような女性キャラは私の好きな主人公タイプです。ちょっと絵とかは荒かったりして狼陛下のキャラはいいんだけど絵が好みじゃ無いんですが。

読んでて陛下の子犬と狼の切り替えに夕鈴が「ぎゃー」っとなっちゃうところでいつも「彼氏彼女の事情」の初期の感じを思い出すんですよね、なぜか。「ぐわ~っ」ってなる夕鈴が雪野みたい。
似てるとかじゃなくて私が勝手になぜか思い出すだけです。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。