スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京BABYLON 全7巻

画像 31447
東京BABYLON―A save Tokyo city story (1) (WINGS COMICS)
(1991/03)
CLAMP

一時漫画から卒業して途中で手放したけどやっぱり最後が気になって買い戻したモノの一つでした。

【あらすじ】
陰陽師一族の十三代当主 皇 昴流、双子の姉、北都。そして獣医をしている桜塚護 星史郎。
東京の街で起こる不可解な現象を昴流は陰陽師として事件を探り浄霊する。
星史郎は桜塚護という陰陽師の暗殺集団の党首でありながら温厚で優しい人物で昴流に好意を寄せるが、本当にそうなのか。昴の記憶の無い幼少時代に二人には何かがあったのか・・・。


陰陽師的なものは割と好きでした。歴史モノよりも現代の陰陽師的な話が好きだったので結構大好物だったんですけどね。ちょっと独特(もうCLAMP特有)のギャグが入るノリはあまり好きじゃなかったけど。

やり切れない事件が多くまた昴流が事件を解決したからといって人の心に残った傷跡や事件に関わった人の心は救われないままという少し後味の悪い話が多いのです。むしろそれこそが現実なのでしょうが。。
家族から阻害される孤独な老人の話や幼児虐待の話や凄惨な事件等、今読んでも相変わらず現代社会で問題視されている事件で物語の中でも完全に解決されないままでした・・・。

東京という街を一つの現代社会の象徴のような形で表現していて、表面的には煌びやかなようで実は沢山の闇が潜んでいるという社会風刺なのでしょうか。
これが書かれていた時代はかなり前なのですが事件になっている事は今でも問題として取り上げられる事が多く、時代は変わったようで問題は何も解決されてこなかったのではないかと少し考えさせられました。

と、ちょっと真面目な話になりましたが途中迄読んでた時に気になっていた星史郎との「賭け」とは何か?
幼少時代の桜の木の下で二人に起こった事とは?というのが気になってたんです。
北都ちゃんがどうなるかだけは知っていたのですがやるせない気持ちアリ、終わり方が「終わって無いじゃん!」という突っ込みアリ、あぁ私の(?)昴流がぁ~大人になっちまったぁ~!・・・な感想でした。

「賭け」とは・・・
画像 31442

ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

聖伝  全10巻

画像 31359
聖伝 (1) (Wings comics)
(1990/01)
CLAMP

【あらすじ】
天界が謀反人、帝釈天の手におちて三百年。幻森で眠り続けた阿修羅の御子を夜叉王は目覚めさせる。
自分をいつか殺すはずの予言の子供を。
その時から天界の運命の輪は回り夜叉王と阿修羅の六星を探す旅が始まる。



大好きだったんです。
同人誌出身の作者さんで私の周りでとても人気がありました。
同じく人気があった高河ゆんさんは私はちょっとBL臭くて苦手だったのですがCLAMPのは結構持ってました。
出す本が普通より豪華な装丁でサイズも大きくて単価高くて学生時代は「迷惑だ!普通の単行本にしてくれ!」って思ってた。「二十面相にお願い」とかホント中学生にはキツかったよ。

もともと10巻で終わらす予定だということも知ってたのですが、一時、漫画を卒業した私は購入は止めてしまい、やがて手放しました。
だけど無性に最後が読みたくなって社会人になって再購入。
私がやめたのは7巻までだったのですが一番いい時期に止めたんだなって思いました。
っていうか、続き読まなければ良かったと思った漫画ってあんまりないけどこれはかなり思いました。
「聖伝」。初期のCLAMP作品しか読んでないけど一番好きだったのに・・・。


「なにそれ?」ってのが正直な感想だった・・・。

絵がホント綺麗なんだ、また。
画像 31360


ここからモロネタバレ▼ (結構、罵詈雑言です。好きな方はお控えなすって!)

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。