スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも地球は回ってる

それでも地球は回ってる 5 (フラワーコミックス)それでも地球は回ってる 5 (フラワーコミックス)
(1986/03)
秋里 和国

商品詳細を見る



マゾにマザコン、ナルシスト。今では日常会話でも普通に使われるくらいの言葉です。でも80年代の漫画でこれをメインにするってのが秋里さんの凄さですよね。

【あらすじ】
世間は狭いが世界は広い。だから今日も元気な少女・さかみちゃんの高校に転校生がやってきた。名うての女ったらし、森崎醍士・日仏ハーフの春日士郎、優等生の乙訓天空。一見、天下の美形3人組。だがそろいもそろって人に言えないくらい秘密が!


モロネタバレですね。すみません。
この漫画は、小学生の時に親戚のお姉さんから「あんたに読むのはまだ早い」と言われた笑激の漫画でした。
でも、読んじゃったけど。大丈夫、私読んでも汚れませんでした。

運命共同体って言葉もこれ読んで半分意味もわからず、何か大変なことなの?
って感じで読んでたなぁ。
でも、これだけの変わった登場人物を出しても恋愛要素をちゃんと入れてるところが凄い。

好きだったのはさかみの言う
「地球の回ってる限り明日は来るんだ」ってセリフ。
確かに地球が自転するから明日が来るんだなぁと。何があっても地球が回ってる限り明日は来る!
漠然と力が沸きました。
スーパーマンは映画で地球を逆回転させて時間を戻し好きな女性を生き返らせちゃいましたもんね。

3人の運命共同体の誓いを見てしまうさかみ・・・
画像 31414

ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。