スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕等がいた  16巻(完)


僕等がいた 16 (フラワーコミックス)
僕等がいた 16 (フラワーコミックス)
(2012/03/26)
小畑 友紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~12巻13巻14巻15巻


やっと、やっと、終わりました~!
ちゃんと終わるかヒヤヒヤだったけど今まで待ってて本当に良かった!
ここのところ漫画にあまり感情移入することが無かったのですがさすがに泣けました。


【あらすじ】
竹内から「矢野を信じて待て」と言われ、矢野への思いを改めて募らせる七美。その頃矢野は、有里の母親の死に立ち会ったことで、奈々や自分の母親への想いを受け止め、有理との関係に終止符を打っていた。お互いに、もう一度向き合って話をしようと思い始めた七美と矢野は・・・!?


映画の公開時期に合わせての最終回・単行本発売だったんでしょうね。
映画の話は前から日にち決まってたでしょうが15巻の順当な進みからして作者の予定より少し伸ばしたのかな?ってくらい急に矢野と七美の電話のすれ違いが・・・。
二人が中々会えずにすれ違うにしてもずーっと同じことばっかりで・・・他のネタ無いのか?と思う程でした。
でも読み進むうちに、山本さんとか全然出てこなくて二人だけでどんどん進んでいくのであれ?それとも映画に合わせて短縮したのか?とか色々考えましたが途中から結局どんな形であろうと、もう終わり良ければ全て良しな形になりました。

というか、もう終わってくれれば文句言わないよって気持ちで待ってたんで・・・ホント良かった!


その頃、七美は・・・
画像 642



ここからネタバレ▼(ラストのネタバレありです)

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

僕等がいた  15巻

僕等がいた 15 (フラワーコミックス)僕等がいた 15 (フラワーコミックス)
(2011/06/24)
小畑 友紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~12巻13巻14巻16巻

今までどの漫画の実写化に対して何もコメントしなかったけど今回は「いや~びっくり」でした。基本的に映画やドラマは副産物として見てるから別にイメージ合わなくても客観的に見てられるんですがこれはキャスト知った時に「きっとキャスト決めた人の中でこの漫画をきちんと読んだ人はいなかったんだろうなぁ~」って思ってしまいました。
 どちらかと言うと大人になってからのイメージに合わせようとしたのかも知れないけど(どっちも合ってないけど)この作品が好きな人は学生の頃の二人のストーリーが大好きなのだけど、そういうのわからないんだろうなぁ~。

【あらすじ】
有里と暮らしていると聞かされ、その本心を誤解したまま去ろうとする七美に、矢野が過去を語り始めた。「七美だけは前に進め」矢野の強い思いを受け止めた七美は、前に進むため竹内に別れを伝える。矢野と竹内は海釣りに出かけ、婚約指輪を投げ捨てた竹内は「高橋が溺れている」と矢野に伝える。


正直、連載が再開されてから前程のクオリティを感じていなくてとにかく二人を見届けたい一心だったんだけど今回はすごく良かったです!次で最終巻みたいですがその最後に向けて進みだした感じがとても良かった!
今まで過去にとらわれていた人達がきちんと前を向いて歩き出した感じです。
読んでいる最中からひしひしと伝わってくるくらい良かったです!!

矢野との出会いが七美を強くしたのね~
画像 1103



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

僕等がいた  14巻

画像 31458
僕等がいた 14 (フラワーコミックス)
別巻の感想⇒1~12巻13巻15巻16巻



うーん・・・進んだような進んでないような展開でした。
一歩進んで2歩さがったような・・・。
それより表紙の矢野の顔が。。

【あらすじ】
竹内からのプロポーズを断った七美。それがきっかけで自分の本当の気持ちがわかり、矢野の元へと向かった七美は6年振りの再会を果たす。しかし、二人は別れを選ばざるをえなかった。一方、竹内とも再会を果たした矢野だが、七美を巡る矢野の発言に竹内は憤りを爆発させる。七美を矢野も再び・・・。


数巻前までの救いの無いくらぁ~い雰囲気からは脱出した気がします。
少なくとも矢野が七美や竹内の前に現れるようになった訳ですし矢野と竹内が会うようになってきたし。

今回は矢野と七美の会話が多くて結構楽しく読めるのだけど、会っただけで勿論進展は無いし七美も矢野が山本と暮らしている事を知ってしまい好きだけどどうすることも出来ないという状態でした。

すまん、竹内・・・読者の私も竹内とじゃ、ダメ。
画像 31469

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

僕等がいた 13巻

僕等がいた 13 (フラワーコミックス)僕等がいた 13 (フラワーコミックス)
(2009/10/26)
小畑 友紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~12巻14巻15巻16巻

やっと、出ましたね。。嬉しいけど、いざ出てみるとテンションがそんなにあがりませんでした。。あんなに待ったのに・・・。

【あらすじ】
竹内が七美へのプロポーズを決意した矢先、千見寺は消息不明だった矢野と、仕事を通じて再会していた。千見寺から矢野の所在を聞かされた七美だが「会わない」と拒否する。誕生日当日、矢野への想いをかかえたまま竹内との待ち合わせ場所へと向かう七美。このままプロポーズを受けるのか・・・!?


テンションあがらないのは意外、と言うわけではないけどこんだけ待って再開しても進みが遅いせいでしょうか。。まぁ、七美と矢野のからみというか少しは会ったり話したりする段階になっているのがせめてもの救いですけど。。

再開してみて、絵が少し変わったかも・・・と思ったけど休載する前から少しずつ変わってたんだなぁって思いました。元々絵はあまり好みじゃないのでこだわりはありませんけどそれでも前の方が好きでしたね。。
でもやっぱり、早く矢野が七美の前から消えた理由が知りたい~。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

僕等がいた 1~12巻

僕等がいた 1 (1) (フラワーコミックス)僕等がいた 1 (1) (フラワーコミックス)
(2002/10/26)
小畑 友紀

商品詳細を見る

別巻の感想⇒13巻14巻15巻16巻



やっと6月発売のベツコミで連載が再開するそうですね!
3部の途中で休載になりましたが、3部で終了予定ということで、これで最後まで読めるんですねー。

【あらすじ】
「-支えなければならない現実は いつも彼の体より大きかった-」

高校生になった七美。七美のクラスには中学の時にクラスの3分の2の女性が好きになってしまうくらい人気の矢野という男の子がいるらしい。どんな子だろうと楽しみにしていたが矢野は結構イヤなやつ。。だけど、次第に七美は矢野に惹かれていく。


作者が病気休養中だそうでずっと休載してました。徐々に連載が隔月になったりして単行本の発売も遅くなってどうしたんだろう?と思ってたら。。ですがやっと、再開になったそうで嬉しいです。
無理せず、でもどうか連載は終了させて欲しいですね。

12巻はとても気になるまま終わっていますが、単行本を待ちきれなくて立ち読みしてたので現在までなんとかヤキモキせずに待てました。。

この漫画は一度読んで内容を知ってしまうとなかなか読み返すのがしんどい漫画です。。すごく面白いし読み始めると割りとテンポよく読めるんですが、先がわかっていて尚且つ休載により結末が出ていないからこそ中々この状態で読み返す気になれなくて。。


30PICT0238.jpg

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。