スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デーモン聖典 全11巻

デーモン聖典 第1巻 (花とゆめCOMICS)デーモン聖典 第1巻 (花とゆめCOMICS)
(2003/08/05)
樹 なつみ

商品詳細を見る


樹さんの発想力ってすごいなぁ~といつも思います。

【あらすじ】
近未来。孤児のもなは双子の姉・りな、遠縁の忍と三人暮らし。奇病“逆行症候群(リターン・シンドローム)”で9歳時の身体に退行したりなを、いつかしのぶが治してくれると信じている。そんな三人の前に、かつて母と関わりのあった霊的存在・ミカが現れて…!?


SFファンタジー世代の人なんですかね。清水玲子さんが竹宮恵子さんや萩尾 望都さんから影響された世代だとおっしゃっていたようにこの辺りの方は第二世代みたいな感じなのでしょうか。白泉社って以前はSFファンタジーが多かったですよね。今はあまりSF無いのは時代の流れなのかなぁ。

ストーリーはいつも面白いのですが登場人物に特に好きな人がいないというか・・・。でも樹さんの作品は登場人物で特に女性が好きじゃないタイプの子が多かったのですがこれは嫌だなと思うタイプもいなかったです。

ネタバレ感想は結構ネタバレになるかと思います。作者の作品って謎の小出しが多いのでまとめ読みした方がスッキリしますので読む予定の方はネタバレ感想は控えた方がいいと思います。
ラストの完全ネタバレだけはしないよう気をつけます。


画像 2163


ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

八雲立つ  全19巻

八雲立つ (1) (花とゆめCOMICS)八雲立つ (1) (花とゆめCOMICS)
(1992/10)
樹 なつみ

商品詳細を見る


結構前の作品なんですが、読んだのは去年です。
どうも連載になった頃に友達があまり面白くないと言っていたので手に取るのが遅かったのですが・・・。

【あらすじ】
七本の神剣を集め、古代の怨念を昇華せよ! ──島根県の山奥の村で49年に一度だけ行われる秘祭・神和祭(かんなぎさい)の取材に同行した七地健生(ななちたけお)は、巫女として舞っていた少年・布椎闇己(ふづちくらき)と出会うが…!?


漫画としてはとても面白いんだけど友達が面白くないと言った理由もわかりました。要するにラブストーリーじゃないんですよね。樹さんの作品って本筋が壮大なのでラブストーリーは「とりあえず」な位置付けで入れてる感じがします。本筋が面白いからいいんですけどね。
でも、大人になって読むとなんか結局、各作品は面白いんだけど私は「OZ」が格別に好きなだけで他の作品はそんなに「好き!」ってワケじゃないんですね。

これ読んだらなんか因習とかに囚われてるって事で「朱鷺色三角(トライアングル)」を思い出して無性に読みたくなりました。

画像 2091


樹さんの作品って男性キャラがめちゃくちゃカッコイイって人が沢山出てくるし実際カッコいいんだけどその分?出てくる女性キャラが反比例するように好きじゃないんですよね・・・。
嫉妬じゃないですよ、今回は(笑)

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

OZ 全4巻

オズ (1) (Jets comics)オズ (1) (Jets comics)
(1990/03)
樹 なつみ

商品詳細を見る


樹なつみさんの中で一番大好きだし一番面白いと思います。
そしてムトーがカッコイイ!ほんとカッコイイ!

【あらすじ】
2021年、第三次世界大戦でた世界の主要都市は消滅。世界は植物の育たない砂漠地帯になっていた。各国も国家が分裂や内紛で戦国時代へ。傭兵のムトーは、名門一家、フィリシア・エプスタインの護衛を命じられる。叔父の家へ向かったフィリシア達の前に現れたのはフィリシアの亡くなった母、パメラと同じ顔のアンドロイド。彼女は叔父の遺言により兄リオンのいるOZへ。同行を頼まれたムトーは傭兵である隊との契約を破りOZへ向かう・・・。


作品の魅力は緻密に出来た近未来の世界観とキャラクターでしょうか。
他の作品でもそうですが現実とは違う、作者の中で創りあげた世界が細部まで完全に出来上がっていて、違和感を感じることなく物語に引き込まれます。

最初は物語の面白さ、フィリシアとムトーの行く末などが気になって読んでましたが読んでるうちに1019が話の要になってますね。最後の行動による、解釈。とてもすごい!
最終的に物語としての核は1019だったんだなぁ~と今更ながらに感じます。

それにしてもムトーはかっこいい(しつこい)。出会う人が皆好きになっちゃうのも頷ける。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

花咲ける青少年

花咲ける青少年 (7) (花とゆめCOMICS)花咲ける青少年 (7) (花とゆめCOMICS)
(1993/02)
樹 なつみ

商品詳細を見る
  全12巻

樹なつみさんです。OZに続いて完全版が出てきましたね。
確か当時OZと同時進行だったんですよね。私は最初はさすが樹さんだ。
と、思って読んでました。でも・・・

【あらすじ】
アメリカのバーンズワース財閥の一人娘、花鹿。
父親からこれからおまえの前に現れる人の中に3人の夫候補がいる。その中で誰が夫になるか、夫となる3人の候補とは?そしてこの夫探しの目的とは何か?
夫探しゲームが始まる。


この作品は連載当初は面白いなーって思ってたんです。単行本で読んでましたが。
まず最初の読みきり。マハティ編。
これはローマの休日のようですよね。すごく良かったです。

どうなるんだろう?って思いましたけどその後の花鹿編を読んであぁ迎えに来なかったんだ。。
と、わかります。ちょっぴりガッカリだけどこの人の完璧な状況設定からしてそんな簡単な夢物語にはならないでしょう。

花鹿編を読んだときも、壮大なスケールに夫探しゲーム。樹さんの描くカッコイイ男性キャラが沢山!これは楽しみだわ。・・・と思って読んでました。が・・・

夫探しから最初のムスターファまで読んでルマティが出てきて・・・話が進んできて面白くなるんだけどなんか。。しっくりいかない。。ストーリーは面白いんだけどなんか・・読んでて自分が納得いかないっていうか。。

そんな時、友達がふと「花鹿みたいな子。普通いないよね。美人でお金持ちでかっこいい人から好かれて、いいな~」と言ったのを聞いて気付きました。
私、花鹿に嫉妬してる!?(笑)

私がなんかすっきりしないのは花鹿に好感を持てないせいでした!
主人公が好きになれないとどうもだめなんです。。
なんで皆、花鹿に惚れちゃうんだ?そんないいかな??

25画像 013
見たこともない美少女・・・だそうですよ、奥サン!(ダレ?)

そんな私の器の狭さが詰まった感想はこちら▼(ネタバレ)
注:私情が込もり過ぎてます。これを読んでの作品へのご判断はお避け下さい。

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。