スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのろくでなしに用がある 全2巻

そのろくでなしに用がある 1 (フラワーコミックスアルファ)そのろくでなしに用がある 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2012/05/10)
小学館

商品詳細を見る


【あらすじ】
再会が、恋とすべての始まりだった

デパート勤務のOL・柚が友人の結婚式で再会したのは、
中学時代に名前も知らないまま別れた「想い出」の男の子。
けれど再会した彼はなんだか軽いカンジのろくでなしに成長していた!?
 結局、連絡先も交換せずに、自分の名前だけ告げて去っていた彼、困惑する柚だが、どうせもう会うことはない、と割り切った矢先、彼女のデパートに彼が勤務することが判明!!
 眠っていた恋が動きだす・・・?
ちょっぴりビターなラブストーリー、第1巻!!


「いまはまだだいじょうぶ。」はちょっと苦手かも~と思ったんですが「ごめん、大嫌い」が面白かったので読んでみました。中間のような面白さでしたよ。
プチコミックの作品はなぜか私は苦手な主人公が多いんですがこちらは大丈夫でした。
あと、室さんのタイトルのつけ方が結構好きです。私長すぎるタイトルや短すぎるタイトルって惹かれないのだけど、室さんのってちょっと手にとって見たくなるんですよね。


ただ、なんだろう。いくつか読んで、室さんの主人公達が過去にあった話とか過去を引きづってる話ってちょっと無理を感じるんですよね。
言いっ放しのままで関係が途絶えたりとか突然消えるとかも多かったり。

多分、室さんに限らず私がプチコミックが苦手な原因が主人公を大人にしているもののとても大人の恋とは思えない主人公の精神年齢や常識の無さにあるんだろうけどね。
そりゃ、大人になっても中々大人になれたなんて思わないものだけどさ。

そんな部分も含めストーリーも主人公も標準的な面白さでした。
相手の男の子も可愛かったしね。
大人になっても忘れられない特別な相手だった人との恋ってのはやっぱいいよね。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ごめん、大嫌い-Side:H-

ごめん、大嫌い-Side:H- (フラワーコミックスアルファ)ごめん、大嫌い-Side:H- (フラワーコミックスアルファ)
(2011/08/10)
室 たた

商品詳細を見る


★三月編のこちらの感想を先にどうぞ⇒「ごめん、大嫌い-Side:M-」


【あらすじ】
好きだ たとえそばにいられなくても・・・
波瀬は仕事先で偶然、高校の時から好きだった三月と再会した。
高校時代、マジメでとっつきにくいと思っていた彼女の笑顔を知ってから、その顔をもっと、もっと見たいと思うようになった。

けれど、ふとした拍子に三月を傷つけてしまった波瀬は、もう期待することすら許されず・・・・・・!?
「ごめん、大嫌い-Side:M-」と対をなし、波瀬の視点で綴られる
もうひとつの初恋ストーリー!



色々描いたものの好きだったSide-M-だったので、ちょっと期待したSide-H-でした。
一緒に読めなかったので期待も高かったんですよ。
なのでちょっとガッカリ。というか、普通なんだけどね。

もっと三月の時にわらなかった波瀬側の気持ちとして「そうか、波瀬はこんな状況だったんだ」とかこんな考えだったんだと、三月側から見てたら全くわからない事情や気持ちを抱えてる部分が読めると思ってたのよ。
そしたら、ほんとーに普通だったのよ。

そりゃ、物語の中の三月としては気付かないだろうけど、読者としては波瀬も好きなのに素直になれなくてうまく伝えられてないってのはわかってるから本当にそのまんまというか、普通過ぎてびっくりだったのよ。
思った以上にヘタレ臆病だったんだと言う事はわかりましたけど。

ただ、室さんはまだ新しい方でしかも初期の作品ですからね。
最初読んだ時に「なんだぁ~『まんま』じゃん」と思ってしまったのですが、私はきっといくえみさんの「潔く柔く」とかみたいに、読者としても三月側から読んでて全く気付かなかったというようなハイレベルを期待してしまってたんだと思ってこの感想で改めました。

普通に面白いです。私の期待が高すぎたんです。
藤原よしこさんの「キス、絶好、キス」みたいな感じですかね。



CIMG1845.jpg



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ごめん、大嫌い-Side:M-

ごめん、大嫌い-Side:M- (フラワーコミックスアルファ)ごめん、大嫌い-Side:M- (フラワーコミックスアルファ)
(2011/06/10)
室 たた

商品詳細を見る

★波瀬編のSide:Hの感想はコチラ⇒「ごめん、大嫌い-Side:H」


【あらすじ】
好き。その2文字に気づかなかったの・・・
三月は仕事先で偶然、高校時代の同級生・波瀬に再会した。責任を取らねばならない文化祭の実行委員を一緒にこなした当時は、互いが素直になれず、最後まですれ違ってばかりいた。
「嫌い」だと思っていた。本当は、「好き」なのに。
好きだけれど嫌いだと言ってしまった幼かったあの頃を経て、再会したふたりが迎える結末とは?
プチコミックのNO.1新人・室たたが贈る、
新世代のピュア・ラブストーリー!!



室たたさんは割と新人さんだったんですね。
「いまはまだだいじょうぶ。」を読んだときにイマイチかも・・・と思ったのに他の作品を読んだら結構好きでした。ちょっと時間が無くてさらっと読んでしまったんですよねぇ。今は2巻も出てるし今度ゆっくり読み直してみようかなぁ。


同じタイトル2冊出てるんですが順番として「-Side:M-」が先で「-Side:H-」が次。
これは三月が主人公で進んでいるお話で、Side:Hが同じストーリーを男の子側の波瀬から見て描いたものです。順番に読んだ方が良いと思います。


こちらは面白かったです。
若干、高校時代から引っ張りすぎじゃない?とは思いますけどね。
担当さんから、高校・大学・社会人となるストーリーでと言われたのでそこはいいなと思うし読んでて二人が好きあってるだろうに中々思いを言えない状態ってのはとても良かったです。

好きなのに嫌いと言っちゃう切なさが良かったです
1779.jpg



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

いまはまだだいじょうぶ。 1巻

いまはまだだいじょうぶ。 1 (フラワーコミックスアルファ)いまはまだだいじょうぶ。 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2013/04/10)
小学館

商品詳細を見る





室さんは最初に読んだのがこちらで、ちょっと微妙?と思ったのですが。
前の作品のが面白かったです。

初期の方が好きだったなぁ。
だんだんプチコミ特有のなんか、勝手な思い込みの激しいヒロインになってきてるような・・・。


最初は反発しててライバルだと思っていた出来る同僚が自分の事を好きだと知って動揺。
更に、カレと仕事をしているうちに自分もカレを好きになってしまうんだけど彼は転勤が決まっていて・・・と遠距離恋愛のお話です。

プチコミでなんかよくあるお話というか雰囲気。
初めて読んだとき、一井かずみさんみたいかなぁという印象でした。

プチコミはOLものが多いんだけど、マンガ家さんがどれだけ社会で働いたことがあるんだろうか?というワケで普通のオフィスラブならまだいいのだけどキャリアOLとなるとなんか違うような。

学生の頃は私も会社ってこういうものなんだと真剣に読めたんですが自分が社会人になってから読むと有り得ないことのオンパレードですね。リアリティが無さ過ぎっていうか。まぁそれでもOL向けのマンガだから気にせずラブを楽しめばいいんですけどね。
学生向けの学生が主人公の漫画だって有り得ないことのオンパレードなんですから。

遠距離になって不安が積もっていく話や手編みのマフラーを編もうと意気込んだり、カレに一日一回必ずメールし合うって決めようと提案したのを拒否られて落ち込んだりと同僚からも言われてますが重いヒロインですね。
主人公がそういったことを頭でどうしようとグルグル悩んでるストーリーなので読んでてちょっと付いていけないというか。
でも、つまらないとかいう訳ではないんですけどね。ヒロインが好みじゃないのかなぁ。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。