スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一筆入婚!  全3巻

一筆入婚! 1 (白泉社レディースコミックス)一筆入婚! 1 (白泉社レディースコミックス)
(2011/07/05)
高田りえ

商品詳細を見る


【あらすじ】
優しい書道家のカレとラブラブで、もうすぐ寿退社☆のハズだったのに、彼が事故で記憶をなくし……たばかりか! 性格まで違うんですけど?!! …それでも結婚する!? ジェットコースター・ラブコメ☆



こちらのシルキィーも確か休刊でしたっけ?
高田さんのいる場所は休刊になることが多いですね。
私も読んでた漫画や雑誌が休刊になることが結構多かったですが。子供のころ、本誌で読んでたら連載作品がすべて最終回というのは不思議な感覚でした。

記憶喪失になってしまって彼が優しかったのに人格が変わってしまったというお話。
男性側が優しかったのにちょっと怖いオレ様でSになってしまう、でも根っこは優しい部分があるみたいな感じです。でもって、主人公の方も最初の方はすごいホワホワしたイメージだったんだけど実はすごいだらしなかったり、ドジというかいい加減だったり。

高田さんの作品ってどの作品もつまらなくもないんだけど、すごく面白くも無く。けど普通で片付けるよりは面白いんだけど・・・割と似てますね。主人公のドタバタをフォローするオレ様というかたち。

男性が記憶を無くす前はすごく優しかったけれど実は言いたいことを我慢していたんじゃないかという風になってきて、一時的に記憶を取り戻した時に少しそんな部分も見えたりして結構面白かったです。
単に記憶を無くして性格が変わったんじゃなくて、我慢しない本性が今の状態なんじゃってのが。あそこまで極端じゃないにしても少なからず以前は彼女に対して不満があっても飲み込んじゃう感じだったのかなと。

彼は現在の性格では主人公のことを好きじゃないのですが一緒にいるうちに悪い部分も含め少しずつ彼女のことを自分も好きになってきてこれで晴れて両想いに。でもって記憶が少しずつ戻ってきたと思ったら実は彼は記憶が戻る前に
彼女と別れようと思っていたというのです。
この展開はこれはこれで面白いなぁとは思いました。

記憶を無くす前の彼は、彼女の前ではめちゃくちゃ彼女のことが大好きでもうバカップル状態だったのですが、当時から実は少しずつ気持ちが冷めてきちゃっていた・・・というのなら仕方ないと思えます。
だた、彼が一時的に記憶が戻ってきた話があったのですがその時も彼はすっごい彼女のことが好きでとりあえず籍だけでも入れておこうよ、と積極的に自分から入籍してましたよね。
それなのに実は別れようとしていたってのは、ちょっと苦しいなぁと。

最後に休刊で打ち切りにするにあたって少し展開を変えたのかもしれませんけど。
あれさえなければ、例えそうだったとしても彼は今の状態の彼女を好きになれたし、彼女も彼が記憶喪失になって性格が変わってしまったせいで今まで全部彼に家事も何もかもまかせっきりで自分ことばかりだったけれど、変わってきて今の状態の二人で晴れて両思いにってのはとてもキレイな終わり方でした。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ふたりはおしり愛 全3巻

ふたりはおしり愛 1 (ジュディーコミックス)ふたりはおしり愛 1 (ジュディーコミックス)
(2008/07/25)
高田 りえ

商品詳細を見る


【あらすじ】
患者の心に花を咲かす、罪な男…久楽武童。しかし、顔も仕事も超一流な肛門外科医の正体は、ただの自己中心男だった!? 武童の腕に惚れこみ、久楽医院に住み込みで働くことになった麻子。しかし、白衣を脱いだ途端ダメ男に豹変する武童の私生活まで面倒を見ることになる。ナンダカンダ言いつつ、何やら2人の雰囲気はイイ感じになっていき…? 心もお尻もさらけ出す、強烈&最強ドクターラブコメ!!


肛門科で働く主人公医師とその院長・久楽とのラブコメみたいな感じですね。

看護士が病気療養中ということで医師なのに雑用までこなす麻子だけど、久楽を医者として、志や腕前を尊敬し大学病院を辞めて押しかけ医師として働いているため、医院の上の階にある久楽の自宅に居候させてもらっています。

麻子が単純ですぐ乗せられちゃうので、久楽にアレコレとうまく使われているというか。
彼女は勿論、久楽のことを医師としてだけじゃなくて男性としても好きなんだけど久楽はどうなんだろうか?医者としても必要とされてるのだろうか?みたいなのを毎回楽しく痔についての内容も踏まえながら進みます。

久楽も実は麻子のことが好きだし彼女の自分への気持ちを知ってるのですが彼女が言わないので自分からは言わず・・・というお預け状態を楽しんでる感じです。ただ所々で久楽が伝えてたりする場面もあったりするんですが麻子が酔って覚えてないだけだったりというパターンもあります。

基本的に麻子が一人で勘違いして空回りしたり舞い上がってしまったり誤解して落ち込んだりとバタバタしているのですが、院長にしっかり手綱は握られているというか最後はちゃんと締めてくれてます。

最後に両思いになって終わりと結構キレイにまとまってました。掲載誌だったジュディーが休刊となった為、プチコミックに移ったようですが、私にはこの3巻で十分な気もするんですけどね。
麻子のお父さんのキャラが結構好きでした。実はお父さん大学病院の院長なのに西部劇オタクだったりお父さんとスティーブ、デュークと呼び合ったりとかくだらなくて面白かったです。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。