スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋アステリズム 全3巻

初恋アステリズム 1 (Betsucomiフラワーコミックス)初恋アステリズム 1 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2012/12/26)
吉永 ゆう

商品詳細を見る


【あらすじ】
友情?恋?もどかしい恋を切なく描く!

美奈子(みなこ)は、中学以来疎遠になってしまった逞真と高校で再会する。
さらにカッコよくなった逞真にドキドキする美奈子。
だけど、逞真は美奈子の同い年の甥・柊の親友。
しかも、中学時代に「柊とセットでしか見られない」とフラれていて!?

美奈子、逞真、柊の3人の関係が変化して、アステリズム(=星と星を結んでつくる形)のように形を変えていく・・・。
「君と恋を知った」「キスまでの距離」で女子中高生に圧倒的な支持を受けた吉永ゆうが贈る、友情、恋、家族愛・・様々な想いが交差する王道青春ラブストーリー!!


ブログ放置前に2巻完結かと思って読んだら終わってなくて最近になって続きを読みました。もう少し、面白かったと思ってたんですが・・・うーん。。

少女漫画でたまに叔父との関係ってのはあったけど叔母と甥ってのはあまり無かったですね。しかも同い年って新鮮(?)
どう考えてもライバルにはならないよね?感情的にはわかるけれどお姉さんが無くなっているからちょっと拘ってるというかシスコンみたいなものだったのだなぁと。吉村さんは主人公が好きになる相手が単純にクラスメイトじゃなくて、弟の友達とか何か家族関係に絡めた人の友達とかってのが多いですね。

一度振られているにも関わらずってのはいいですよね。
今は友達としてまた普通に接しているものの、何かあっても振られてるんだから期待しちゃいけない、でも・・・みたいな主人公のドキドキが可愛いです。
盛り込まれてるエピソードは定番だったりするもののそういった「少しずつ」な感じでお互い「もしかして?」みたいな期待と不安を感じさせながら距離を縮めて好きな気持ちが芽生えていったりするってのが少女漫画の見所なので。
両思いになってからも相手の気持ちがわからないとか、緊張してるのは自分だけかみたいなところから始まりつつ女の子の無防備な態度に我慢してるのはこっちだみたいな感じでいい感じで盛り上がったところで続いちゃってました。

1195_201309290026028dd.jpg

ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

恋人は16さい

恋人は16さい (フラワーコミックス)恋人は16さい (フラワーコミックス)
(2013/01/01)
吉永ゆう

商品詳細を見る


【あらすじ】
澤口瑠花、専門学校2年の20歳。高校生の時「初めての恋」に傷ついてから、
次の恋愛にふみこめなくなってしまっていた…。そんな時、偶然知り合った生意気な男。最初はムカツクって思ったのに、意外なとこで優しくて、憎めなくて…
いつしか恋をしていた。
だけど、知らなかったの。キミが″16歳″だったなんて────
10代の頃よりも、どんどん臆病になってしまう「大人」の恋。
20代女子の複雑な乙女心と、10代男子の眩しいくらいの純粋さ、意外なほどの男っぽさ。死ぬほどもどかしくて、だけど心がキュンキュンする、そんな純愛ストーリーです。



表紙だと高校生と大人のお話?と思ったんだけど読み始めたら主人公が大学生なのでそうかそっちか・・・と。
ストーリー的には初詣で出会った男の子と・・・というワケで男の子の詳細を謎にして進んで1話の最後に明かされているのですがタイトルでバレてしまいますね。
ま、バレたとしても別に問題なく楽しめますけど。

吉永さんの作品は女の子の恋する気持ちとか好きなのに自分に正直になれなくてとかキュンとしちゃう部分がちゃんとあって好きなんですがコレは初期なので、ちょっとまだ足りなさもありました。
あと色々読んでしまうと他の作品でもどの主人公も本当はもっと素直な気持ちになりたいのになれなくてとか、言いたいことを我慢して弱音が吐けないって子が多いんですよね。

そういう主人公は好きなんですが、あまりに多くてその性格をヒロインの特徴として顕著に強調し過ぎてるというか。主人公の「そんな不器用な自分をわかって欲しい!」という表現が押し出されすぎて前面に出ちゃってるんですよね。
男の子がそんな女の子の不器用なところを他の友達とかは誰も気付かないのに気付いてくれると、次の瞬間からもう心がぐらんぐらん揺れてるという表現も多くて最初は良かったんだけど何作も読んでると演出臭さも見えてしまいました。

ただ基本的に好きなテイストなんですよ。
自分の気持ちに素直になれないとか、つい意地を張って強がっちゃったけど好きな男の子にはわかって欲しいとかなんて思春期の女の子は大抵思っていてそれを好きな男の子がちゃんと気付いてフォローしてくれたりしたらもうたまらんだろうという少女漫画としても王道で支持される定番設定だと思います。

だけど、主人公が浮気されたけど平気な振りしたとか他作品でも振られたけど傷ついてない振りしたとか、でもって周囲の友達は気付かずに強いねとかしっかりしてるねと扱われて好きな男の子だけが彼女の気持ちに気付いてくれてとか、もうそのやり取り多くて作者が設定状況を常に用意しちゃってるお膳立て感を読んでて非常に強く感じてしまうんですよ。

要はエピソードとして種類は変えていても二人の気持ちの縮め方とか惹かれる過程の表現に作者の意図が見えてしまうのとワンパターンになってきてるんだと思いました。
それをもっとさりげなく読者を引き込めるようにできればもっともっと面白いのにと思います。
女の子が自分をわかってくれる男の子を好きになっていく過程が全部似てるんですよね。
でも、そんな風にわかってくれる男の子の描き方がかっこいいのでキュンとするんですけどね(^^)




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

罪恋

罪恋 (フラワーコミックス)罪恋 (フラワーコミックス)
(2009/02/26)
吉永 ゆう

商品詳細を見る


【あらすじ】
「黙っててほしかったら、あたしとも浮気して」
軽いけど女の子にモテるクラスメート・真木(まき)が、彼女じゃないコと一緒に歩いてるのを見てしまった弥代(やしろ)。刺激のない毎日に飽き飽きしてた弥代は真木の“浮気相手”に立候補したけど、次第に彼に惹(ひ)かれていくのを止められなくなってしまって…!?  珠玉のよみきりを5編収録。吉永ゆう待望のデビューFC!!

初期だから仕方ないのですがまだまだな感じでした。

表題作は好きでもない男の子の浮気現場を目撃して、自分とも浮気してとつい口走ってしまい本気になってしまう。
まぁは少なからず無意識で好きだったからつい浮気がバレたくなかったら・・・と言ったんだろうけど、この手の短編って割とあるんだけどこれに限らず全般的に好きじゃないエピなんですよね。
それを覆すだけ男の子か女の子が魅力的だったらいいんだけど別に普通だったので。

「恋に落ちるまで」
双子のお話でした。
吉永さんは双子話多いなと思ったらご本人が双子だったんですね。
私が子供の頃、友達に見分けが付かないくらいそっくりな双子がいて憧れました。
そのせいか私も双子のお話が好きなので、双子の姉妹で入れ替わったクラスの隣の席の子と・・・ってのは題材としては好きでしたが内容はまぁましでした。ちょっと終わり方が中途半端?で残念。

「夢で会いましょう」
ファンタジーっぽさを入れてあって夢で会う先生とのやりとりなんだけど、そんな先生は主人公の学校には存在してなくて彼は誰なのだろうか?というのを現実で彼女が友達とおしゃべりしながら進むお話。
あまり好きじゃなかったです、なぜか・・・悪くも無いんだけど曖昧な話でした。


他2編ありました。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

初恋白書

初恋白書 (Betsucomiフラワーコミックス)初恋白書 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2009/11/26)
吉永 ゆう

商品詳細を見る


【あらすじ】
金髪でいつも傷だらけの問題児、内海(うつみ)。犬猿の仲だったけど、茉莉(まつり)はずっと内海に片想(かたおも)いしていた。卒業式の日、内海は卒アルに意味深なメッセージを残す。
だけどその意味を聞けないまま、別々の高校へ進学し…そして2年ぶりにクラス会で再会。金髪だった髪を黒く染めて昔とは雰囲気が変わった内海にドキドキしてしまう茉莉だけど、変わったのは外見だけではなくて…!?
『夏色メモリアル』ほか、ほろ苦くて切ない初恋を3編収録。吉永ゆう短編集!



短編集なんですが表題の作品が無いんですね。
短編集のタイトルとして付けたということでしょうか。告白して終わってるストーリーが多いかも。

「夏色メモリアル」
どっかで読んだ漫画のような感じは否めないんだけどまぁよくある話ってことですかね、初期だし。
彼が高校で真面目になってるのはいいとしてキャラも少し変わってたような。若干男の子にブレがあるような違和感があったんですがまぁ主人公の一途さが伝わってきたのでこれはこれで良かったです。

「君と私の片思い」
主人公が自分の友達の彼の友達を紹介してその男の子を好きになるんだけど男の子は友達が好き。
これも割とよくあると思うのよ。っていうか、有名じゃないけど似た設定で他で好きな作品があるんでちょっとそっちに思い入れがあって読みづらかった。
吉永さんはダイレクトにクラスメイトの男の子って設定じゃなくて友達の彼の友達とか、他作品でも弟の友達、甥の友達、など少し捻るのが好きですね。
でも確かに私も漫画の少し捻った関係に遭えてときめく事があります。

「スキよりも嫌い」
モテモテの後輩くんとのお話。コレあまり好きじゃなかった。
これは設定云々よりもキャラなのかな・・・ヒロインも男の子もどっちもあまり好きじゃなかった。


他初期作品1篇ありました。
ずっと思ってたんですが吉永さんの絵って初期の吉住渉さんになんか似てるというか読んでるといつも吉住さんを思い出します。「四重奏ゲーム」とか「ハンサムな彼女」あたりの初期の頃の絵。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村



theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

君と恋を知った 全2巻

君と恋を知った 1 (Betsucomiフラワーコミックス)君と恋を知った 1 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2011/04/26)
吉永 ゆう

商品詳細を見る


【あらすじ】
一言で言えば、「初めての恋の幸せ」。
小さな田舎の港町に、都会から転校してきた秀才・長谷部。黒髪メガネで無愛想で、でもどこか優しい彼に惹かれていく主人公・志乃。
ドキドキしながら、近づいたり失敗したり…
そんな、ド直球王道!な恋が、今ベツコミで絶大に支持されています。
ベツコミを読んで育ち、ベツコミに憧れてまんが家を目指したという「生粋のベツコミっ子」吉永先生。その瑞々しい感性が描く、初めての本格長期連載、ご期待ください!


こちらも本誌で読んでたんですが、こちらはあまり好きじゃなかったんですよ。

でも2巻で少し面白くなってきたカナ?ってところで終わってしまったんですけれど、産休に入る事になったのかストーリーも短くなってしまったみたいですね。
2巻のあらすじで第一部完結ってなってますが続きは無さそう。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

キスまでの距離

キスまでの距離 (Betsucomiフラワーコミックス)キスまでの距離 (Betsucomiフラワーコミックス)
(2010/11/26)
吉永 ゆう

商品詳細を見る


【あらすじ】
ベテランを抜いた!?期待の新人、奇跡の連載作!
幼い頃からずっと好きで、でも素直になれなくて…誰よりも近くて遠い「幼なじみ」。そんな5年越しの片想い相手・カジと同じ高校に進学したゆず。受験で1年ぶりに再会したカジは、すっかりモテ男子に成長していた!ますますカジとの距離を感じてしまうゆずだけど、今度こそ頑張ろうと…!?
「好きなのに素直になれない」「キスしそうで出来ない」言ってしまえばそれだけの話。ですが誰もいない教室で、プールサイドで、ふたりきりの家の中で…現役女子高生にとっては「リアル」大人にとっては「懐かしい」、本当にありそうな恋のもどかしさに、はまる人が続出!初の短期連載作ながら、ベテラン連載陣を抜いてアンケート上位にランクインするという、「奇跡」のような人気作品です。


前にベツコミ本誌を買ってた時期があったのですが、その時ベテランさん意外の作家さん、もうわからんわーって中で「お、これは好きかも」と思った吉永さんの作品。
今、あらすじ引用して知ったけどやっぱり人気だったんですねぇ。

ただ次作品だった「君と恋を知った」が私的にイマイチだったのでちょっと距離を置いてる間に忘れていたのですが「初恋アステリズム」が始まった頃に思い出して吉永さんのを色々読みました。
こちらも1話だけ読んでなかったので。
やっぱりコレ、好きです。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。