スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

minima! 全3巻

minima!(1) (講談社コミックスフレンド B)minima!(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2006/12/13)
桜井 まちこ

商品詳細を見る

【あらすじ】
ココロを持ったオモチャがうちにやってきた!? ”ミニマム”だけどでっかい世界。極悪キュートなニコリワールドへようこそ!



単行本裏のあらすじ読んだときはぬいぐるみが話す設定に読むのを躊躇したんですが可愛らしいお話でした。ぬいぐるみが話せるという設定はファンタジーながら、作中でぬいぐるみが突然話し出して世間が大騒ぎ!という現実の中に起こったこととしてかかれています。

そして実はどのぬいぐるみも本当は話が出来て命も尽きないのだけど遭えて動かずに持ち主の元で過ごしご主人である持ち主達がぬいぐるみから飽きてしまった時に自分も終わりをもらう。という設定も子供が読んだら夢があっていいんじゃないでしょうか。

ぬいぐるみのニコリは遊園地の売り場で売れ残って寂しい思いしています。そんなニコリが主人公の飴と出会い一緒に過ごす間に家族として絆が生まれたり同時に内気で人と話したり自分の思ってることをいえない飴の成長物語にもなっています。
今まで屈折した高校生を描いてるかと思っていた桜井さんの可愛らしい中学生って意外でしたが面白かったですよ。

桜井さんがトイ・ストーリーが好きだっての読んでてなんだかわかります。

ニコリが可愛かったです
1836.jpg

中学1年だけどぬいぐるみが好きな飴は内向的で幼い部分があります。人と話すのが苦手で自分の思っている事を伝える事が出来ないのを幼馴染の緑が今のままじゃダメだ、と。

小学生とかでこういう男の子いますよね。恋とか関係なく飴に優しいんだけどただ優しいんじゃなくてこのまま周囲ときちんと話せないようじゃダメだとわざと突き放して言ってくれる男の子です。
飴には別に好きな男の子・笹木がいるんだけど彼は自分が今後転校すると知ってるので周囲と距離を置いてます。緑をきっかけに飴は笹木と話が出来るようになってくるんですが、飴がニコリとのことで勇気をもらったり普通のラブストーリーとは違うんですがホッコリしていて、でも切なくて私このお話好きでしたよ。

どちらかというとニコリと飴との絆を描かれてる部分が好きでした。
ラブが全く無いわけじゃなく薄いのですがそれも中学1年ぽくて素敵でした。もしかしたら桜井さんの中で一番好きかもしれません。
ニコリの最後にちょっとうるっときちゃいました。



1837.jpg





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

17[じゅうなな] 全5巻

17[じゅうなな](1) (講談社コミックスフレンド)17[じゅうなな](1) (講談社コミックスフレンド)
(2008/09/12)
桜井 まちこ

商品詳細を見る


【あらすじ】
これは高校生活最後の一年間のおはなし―。詩歌は高3の新学期でカレシの佑介、親友の明、そして独特の空気感をもつ「恵」という男の子と同じクラスになり―。桜井まちこが贈る、せつなさいっぱいの青春学園ストーリー!


高校最後の1年間・・・ということでした、が・・・。

テイスト的には携帯小説が流行った時期のような今時女子高生のお話が多いなという印象ですね。更に男の子に過去のトラウマや傷がある男の子が多い。でもって、相手の懐に飛び込んでくるのは上手だけど自分の内側は見せないとか踏み込ませないタイプ。
主人公がそんな男の子を好きになってしまい、それを主人公が救ってあげることで両思いになるみたいなね。

詩歌には中学から付き合ってる佑介がいたんだけど、段々将来のことを考え始めてる佑介との温度差が出てきてしまい・・・。なぁーんか別れ方が納得できるような気もすれば、全然納得できないような・・・なんとも言えない気持ちでしたね。 

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

H エイチ 全6巻 & H ラブトーク

H 1 (講談社コミックスフレンド B)H 1 (講談社コミックスフレンド B)
(2004/01/13)
桜井 まちこ

商品詳細を見る

H ラブトーク (講談社コミックスフレンド B)H ラブトーク (講談社コミックスフレンド B)
(2006/07/13)
桜井 まちこ

商品詳細を見る


【あらすじ】
たったひとつしか欲しくない。両想いなんて、絶対ない。ホントの愛なんて、どこにあるの? ドラマ化でも話題沸騰になった名作!


生徒と先生ものなんですが、先生が副業で出張ホストみたいなことをしているというお話。
突っ込みどころは多々あるものの、何となーく空気感は好きなのですが・・・。どうも絵の空間が多くて色々省き過ぎてる気がするんですよね。
それがあえてなのかどうかはわかりませんけど、たまにもうちょっとどうにか・・・と思いました。

転校してきた主人公は両親が共働きでいつも一人で寂しい思いをしているとか更にクラスの子達と打ち解けられないタイプの子。なんか携帯小説とかが流行った時代ってイマドキ女子高生タイプで学校なんてつまらないとか、友達づきあいが表面的だとか達観しちゃうヒロインの話が結構あったと思うんだけどそんなタイプのお話でした。
大人になってしまってる人が読むと「ハイ、ハイ、そういう話ね」みたいな感じになっちゃうかも知れませんね。


先生が先生だからとか大人だからバレたらいけないっていうよりも先生がホストしてるってのは普通と違う感じですね。更に過去に色々あって他人を踏み込ませない閉じちゃってるという設定ってのが普通の先生と生徒ものよりも違う感じでよかったです。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ハニィ 全3巻

ハニィ 1 (講談社コミックスフレンド B)ハニィ 1 (講談社コミックスフレンド B)
(2001/08)
桜井 まちこ

商品詳細を見る


【あらすじ】
一瞬で恋した。気づいたら走り出していた――。
浜名くんに奇跡の一目ぼれをした美和の心は、もう止まらない!「だれだってみんな、極上のハニィを探しているんだ」女子高・男子高入り乱れ、こんがらがりそうな?人間関係。
とびきり元気でとびっきり切ない、ホンキの学園ピュア・ラヴ、第1巻!


昔のフレンドのテイストって感じがしました。まぁ昔なんですけどね。
ほら、一時期「ピーチガール」みたいな感じの女子高生の話が多かった時期のフレンドですよ。でも、桜井さんの作品の話ってそういった感じの登場人物が多いですけどね。

突然知らない男の子から手を掴まれたことによって逆にその子を意識してしまい好きになってしまった主人公のお話です。悪くないんですけどねぇ、雰囲気は。
ただ、説明が無さ過ぎるというか・・・セリフもモノローグもなく大ゴマで描写だけで進む場面が多いんだけどそれが絵だけで表現するにはズサンな表現の仕方だったなぁと。

かと思えば幼馴染カップルのやり取りだけ読むのが面倒なくらいセリフが多くてね。実際お互いが小学生みたいに意味の無いセリフ言い合う喧嘩だから読まないで飛ばしちゃってたけど。

1694.jpg



ここからネタバレ▼(ラストのネタバレありです)

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。