スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80年代といえば・・・あのドラマ!

小学生の頃は斉藤由貴さんの他にも好きなアイドルがいました。
キョンキョンこと小泉今日子さんや南野陽子さんも好きだったなぁ。


小泉今日子さんは昔「生徒諸君」のナッキーを映画で演じていて
それがきっかけです。
(共演者が野々村真さん、芳賀さんですよ~~。
   そしてキョンキョンの一人二役のマールもきつかった・・・。。。)


南野陽子さんはやっぱり「スケバン刑事Ⅱ」と映画「はいからさんが通る」です。
そういえば斉藤由貴さんの「スケバン刑事」も含めすべて漫画原作。
(スケバン刑事が漫画ってのはこの時は知りませんでしたけど)

全部、漫画につながってるんですねぇ・・・。しみじみ。。


どれも当時はまだ読んでないんですけど。
不思議なものです。。



あと小泉今日子さんは私の中では
懐かしのドラマ「少女に何が起こったか」です!!


「ヤヌスの鏡」「花嫁衣裳は誰が着る」「この子だれのこ?」
「アリエスの乙女たち」など大好きでした。スチューワーデス物語もかな?

大映ドラマは今でも友達同士で懐かしい~とか大げさだったねと笑ったり
話のタネになるんですが、このドラマは話しても覚えてないって人多いんですよ・・・。
(他の濃いドラマに比べて印象薄いんでしょうか・・・)

石立鉄男さんの名セリフ
「やい、薄ぎたねぇシンデレラ!!」ですよ!


他のドラマに比べ視聴率悪かったのかな?(平均21% 当時としては低いのか)
他の大映に比べて期間も短いし・・・。


RH-のAB型の主人公が、母親が死ぬ際に昔死んだ父と駆け落ちしたが
父が有名ピアニストであり音楽学校の理事長の息子であることを聞き上京。
亡き両親の結婚を認め、自分が父親の娘だと証明する為に音楽学校へ入る。

父の血液型を調べにいくと何者かにカルテ?を盗まれて証明するものが無く
コンクールで優勝したら認めてやる・・・ということになります。

出演は彼女を励ましお互い好きになってしまう先生役が辰巳琢郎さん!
ライバルのお嬢様が賀来千香子さん!

やっぱりイジメ役は伊藤かずえさんじゃなきゃダメでしたかね。。。



しかし、そんな世界でも稀で貴重な血液型。

今更、調べなくても親とか親戚なら他に知ってる人がいてもおかしくないのでは?
と、今なら思います。私はこのドラマでRHという種類を知りましたし。
(その後、小学生でRH-の同級生がいて驚きました・・)


この手のドラマ、ケーブルテレビじゃなくて普通に再放送して欲しいな。。


スポンサーサイト

斉藤由貴さんの歌♪

子供の頃、斉藤由貴さんが好きだったのには他にも影響があって、「スケバン刑事」や
「甘えないでよ!」が好きだったのもありますが昔「恋する女たち」という映画に
出演されてました。

その時、映画は見てないんですが、その漫画を週刊マーガレットでやってまして・・・えぇ
本当にごくふつーーの漫画なんですが私はこの漫画がとても好きでした。
(映画も漫画もコバルト文庫の「恋する女たち」が原作です)

更に斉藤由貴さんが当時、映画の主題歌で歌ってた「MAY」という曲が大好きでした。
他にも斉藤由貴さんは好きな曲多く、独特の歌や透明感のある声が好きでした。

歌唱力的には上手なわけではないでしょうけどキレイな声で歌とあってます。

当時友達がCDを全て持っているとのことでカセットにお勧めをダビングしてもらい
その後もそれをMDに移して大切に聞いていました。

最近になって急にCDでちゃんと欲しくなったんですがベストとかかなり出てるんですね。

SINGLEベストとかコンプリートとか今も人気あるのかなって嬉しかったです。
でも・・・足りない。。どのベストにも私が好きな曲が1曲入ってない。。

▼▼

続きを読む

思い出がいっぱい

幼い日々の思い出は続く。。  (以前の記事はこちら
当時、スケバン刑事を知らなかった私。 
あれから普通にドラマも見てる。
新しく始まったスケバン刑事の第二部だってたまに見る。
ふふ・・もう大丈夫。

でも私はまだ甘かった。

ある時、誰かが音楽の時間に「この曲ちょっと弾けるんだ」とある曲をひいた。
皆、その子の周りに集まりだして「すごーい」と取り囲んでいる。
「なに?あの曲が弾けるとすごいの?」意味がわからん。
私は教科書にのってる曲なのかと思っていた。。

小学校のクラスでお楽しみ会なんてのがあったりしてグループ同士で
色々出し物をする。その中で歌を歌うグループがあった。
皆知ってるらしくクラスの合唱のようになっていた。
全然わからないが私も勿論知ってるふりをした。
更に他にも歌を歌うグループが・・・全くわからん。。
・・・やばい!

初めて子供ながらに危機感を感じた。
その曲らが歌謡曲だと言うことすらわからなかった。

友達が弾いていた曲が斉藤由貴の「悲しみよこんにちは」だったり
皆で歌った曲がおにゃん子クラブの曲だったりした事をどうにか知った私は猛追を始めた。
(「悲しみよこんにちは」はアニメ「めぞん一刻」で皆知ってたらしい)

夕焼けにゃんにゃんを欠かさず見て、アイドルが載ってる雑誌まで
親に買ってもらった(今思うとなぜここまでしたのか不思議)
ベストテンも月曜ドラマランドも見ていた。

そしてむしろ人より少し詳しいくらいになってその後当たり前のように
友達とアイドルの話をしたり歌なんかを口ずさむようになった。

子供の世界も意外と大変だったなー。。

そんな私は今これを書きながらH2Oの「思い出がいっぱい」を聞いている。

「大人の階段登る 君はまだシンデレラさ
 
 幸せは誰かがきっと 運んでくれると信じてるね

 少女だったといつの日か 思う時がくるのさ・・・」


あぁ、それが今なのね。。。
だって
「古いアルバムの中に 隠れて思い出がいっぱい

 無邪気な笑顔の下の 日付は遥かなメモリー   」

相当遥かなメモリーになっている。
そして

「少女だったと懐かしく振り向く日があるのさ・・・」



昭和回帰現象

たまにむしょーーーに、昔好きだったものを懐かしく思うことがある。
先月ワイドショーで「あなたの思い出の卒業ソング」で
懐かしい曲を聴いてから妙に昭和が恋しい。

私は少女時代を昭和で過ごしている。
80年代アイドル全盛期!

当時全く興味がないわけじゃなくドラマも見てたしキョンキョンだって好きだった。
が。 私はクラスの子達の話題に全くついていけてなかったらしい。
というか、ついていけてない。ということにも気付いていなかった。

ある日、授業中にふと隣の席の男の子が言った。
「ねぇ、昨日スケバン刑事みた?」

「・・・何それ?」

「えぇ~!知らないの??」

隣の子が言ったわけではない。
静かな教室で会話が聞こえていたクラスの子皆が振り返って口々に言った。

私の方が驚いたよ。。。


私はなんとかスケバン刑事を見ようとした。いや、暫くは忘れてたかもしれない。
思い出して、やっとスケバン刑事を見ることが出来た。
最終回だった。。。

くやしかったのか。 当時の気持ちをもう覚えてはいないけれど。
スケバン刑事の再放送を逃さず見たことは覚えている。。。

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。