スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君があんなキスをするから

君があんなキスをするから (少コミフラワーコミックス)君があんなキスをするから (少コミフラワーコミックス)
(2013/08/26)
星森 ゆきも

商品詳細を見る


これも読んだの忘れてましたが放置前にかなり感想を仕上げてありました・・・。詳細全然覚えてなかったので助かった。

【あらすじ】
恋なんて、全く意識していなかった。アイツのことだって、ただの友だちだと思ってた。
なのに、突然奪われた私のファーストキス。ありえない…こんなのありえないよ…
…だけど、アイツのキスで私の世界は色を変えたの。君があんなキスをするから、もう隠せないよ。ずっとずっと胸の奥にしまってた、私の本当の気持ち。表題作「君があんなキスをするから」他、本誌・増刊で読者の大きな支持を得た読みきり作品のみを収録。胸キュン間違いなし!人気絶頂・星森ゆきもが描く、ピュアLOVEよみきり集。


短編集でした。「ハニーバニララテぷりーず」以来とは知りませんでした。
全体的に良かったですよ。新作の度に良くなってる気がしてなんとなくだけど応援してたのでちょっと嬉しいですね。

他の作品、含め星森さんの作品は私にとっては全体的に糖度高めなんですがこう嫌なアマアマさではなくてジェネレーションギャップかな・・・と思える感じなので。主人公のテンションの高さもイタさではなくて一生懸命さがちゃんと感じられていいなと思えます。

「君があんなキスをするから」
仲良しグループの一人の男の子はイケメンでモテモテ。お昼休みに仲良しグループで携帯にとった写真でカップル率を占えるというのでふざけて主人公と彼と写メ取ることになったのですがそこでキスされ皆の前で告白。びっくりしたもののカップルに。でも、最初から彼が主人公のこと気に入ってる感じとかが出てたので自然で良かったです。
カップル率は99%で高確率なんだけど、自分は彼に不釣合いだと感じる主人公が残りの足りない1%が気になってしまい彼の元カノの存在など気持ちが空回り。
思わず自分から友達に戻りたいと言ってしまいます。序盤からキュンと出来て、でも両思いになったら心配でと切ない主人公の一生懸命な気持ちが可愛かったですよ。


「夢色ボタン」
隣に住む年下の幼馴染の男の子。彼がもうすぐ中学卒業なんだけど、主人公が夢で彼が卒業式に自分に第二ボタンを渡して告白してくる夢を見てから彼を意識してしまう。
小さい頃から面倒を見ていてボタンが外れるとつけてあげてたエピソードとかで彼が早くボタン外れないかなって思ってたとか小さい部分にお互い好きなんだねぇ~と読者に思わせる描写が入ってきたりとちょっとずつ描写が上手になったなぁなんて失礼ながらなんか親心みたいに思って読んでしまいました。デビュー当時から読んでたわけでもないのに。
主人公がボタンをつけてあげながら自分が彼に惹かれてて好きになっちゃったんだなぁと気付いたものの第二ボタンの話をしたら彼は自分からその話をしておいて振ったくせに・・・とつれなく去ってしまいます。
男の子が彼女を子供の頃から好きでナント小学校の卒業式で既に第二ボタンを渡そうとしたんだけど、彼女が気付かずに子ども扱いしてあしらっちゃってたんですね。


「この恋、レアものにつき」
レアもの好きな主人公のお話?
幼馴染の男の子が数年ぶりに戻ってきたら芸能人になっていた。
芸能モノとしては本格的ではなく自分の元に戻ってきた彼は彼女が限定モノが好きなのを知って限定物の商品をあげるからとアレコレ自分の世話をさせたり海外ロケで面倒を見させたり。
彼女が限定モノ、レア物が好きだから自分も他の男子高生よりも芸能人というレアな存在になりたかった。
というラブラブなお話です。

他野球部の男の子との幼馴染のお話が入ってました。
基本的に私が星森さんが好きなのは、主人公が可愛らしくて一生懸命な感じに好感が持てるのと男の子が実はずっと彼女の事が好きだったっていう私の好みのパターンだからかもしれないですね。
読みきりすべて男の子側が実は主人公の事ずっと好きだったパターンでした。にも関わらずヘタレって感じにならず男の子側もなんか似たもの同士でかわいいなぁと思います。
なんかね、星森さんの漫画は全体的に小粒なんだけど可愛いなぁと目を細めてしまうんですよ。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ヒミツなキミに恋をした 2巻 (完)

ヒミツなキミに恋をした 2 (少コミフラワーコミックス)ヒミツなキミに恋をした 2 (少コミフラワーコミックス)
(2013/04/26)
星森 ゆきも

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻

【あらすじ】
遠恋って実はちょーおいしい!??
遠恋って寂しい?
遠恋って難しい?
いえいえ、実は遠恋ってちょーおいしいんです♪
だって、近くにいたら絶対言ってくれないような甘いことを言ってくれたり、突然会いに来てくれたらすごく嬉しいし、逆に会いに行くのって超楽しいし、久々に会うと2割増しでかっこよく見えるし…
そんな、遠恋のおいしさをめいっぱい詰め込みました!!
晴れて“彼氏”と“彼女”になった静と優。だけど、付き合ったばかりなのに、2人はすぐ遠距離恋愛に。
寂しくない、なんて言えない。隣にいて欲しいって思う日もある。でも、この遠恋は甘くて優しくて…
人気絶頂、星森ゆきもが描く、世界で一番幸せな遠恋ストーリー。


★ラストのネタバレあります★



可愛らしい内容で順調に初々しい遠距離恋愛をしているのですが、途中で彼らが電話やメール、ネットゲーム的なことをやったりとひたすらツールを使ったやりとりで進んでいく内容には、ちょっと飽きてしまい、「冷静と情熱のあいだ」ならぬ「退屈と純愛の間」状態でした。

最後の終わり方をウェディングラストにしなかったのは私の中で何故かポイントが高かったです。
大学の入学式で再会というのは、彼が大学の志望校を付き合ってる彼女にナイショにするというのが普通ならありえないとしてもサプライズで同じ大学を受けていたとか色々いいように妄想設定を入れてOKでしょう。

高校時代に一度別れたカップルとかにたまにありますが好きな設定です。
ちょっと古いのですが昔、北崎拓さんの「たとえばこんなラブソング」とかでちょっと感動したんですよ。

ほのぼのとした可愛らしいカップルでたまにしか会えない中に、彼女がバイトして彼が周囲の男性に嫉妬するとか、二人で会って名前で呼びたいとかカップルになってからのエピソードも具体的なライバルを入れずに終始微笑ましく終わって良かったです。

読んでる最中は何も起こらなさ過ぎて少し携帯や電話での会話展開を退屈に感じました。でも読み終わったら敢えてライバルを入れてドロドロさせたりしないことや有り得ないような、またはありがち過ぎる波乱展開を入れないことで、物足りなさがあるのは否めないものの作品への好感度と読後感は良かったです。


遠距離ならではでは無いけど初々しいエピソードもあり
a0915.jpg





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ヒミツなキミに恋をした 1巻

ヒミツなキミに恋をした 1 (フラワーコミックス)ヒミツなキミに恋をした 1 (フラワーコミックス)
(2013/01/25)
星森 ゆきも

商品詳細を見る

別巻の感想⇒2巻

【あらすじ】
人気急上昇中・星森ゆきもが贈る爽恋物語!
けだるげ、面倒くさがり、誰も踏み込ませないような色をした瞳…謎だらけなクラスメイト・静直人。
そんな静が気になる優は、ある日の学校帰りに彼の“ヒミツ”をふいに知ることに。
彼の“ヒミツ”を知れば知る程、深まっていく謎に戸惑いつつも、「もっと彼のことを知りたい!」と優の想いは加速していく…そして、彼が隠していた最大の“ヒミツ”とは…!?


星森さんの初巻数がついた作品ですね、おめでとうございます。
作者のをいくつか読んできて、すごく好きという事ではないにも関わらず作品を増すごとに成長してきて尚且つ、段々、私の好みにも近づいてきてこのまま漫画家さんとしても頑張って欲しいなという気持ちです。
主人公とかがすぐ浮かれてしまうところがちょっと好みと違うんですよね。でも低年齢向けにはこのくらいのキャラの遊びがあったほうが読みやすいのかもしれませんね。

今回も、ピュアテイストです。
少コミはエロ・オレ様一辺倒が多かったけれど近年はピュア系が新定番ですかね。担当さんとか編集部の意向なのかわからないけど一つウケると右へ習えみたいな感じがある風潮なのかしら。

0412.jpg


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

彼は冷たいフリをして

彼は冷たいフリをして (フラワーコミックス)彼は冷たいフリをして (フラワーコミックス)
(2009/10/26)
星森 ゆきも

商品詳細を見る



カフェのバイト先で一見冷たいけれど優しい彼を好きになってしまう主人公のお話。
だけど好きになった彼はナントおねえちゃんの元カレでした。

ちょっと京町さんの「スキ泣きコイ」みたいな展開ですがこちらの方が先に描いております。
と、思ってたらなんと担当さんが同じみたいでもしかして「スキ泣きコイ」は担当さんが「やばい。似たネタ提供しちゃった」とか思ってラストを変えたのかしら・・・なんて憶測で物言っちゃいけませんが、ついアレコレ考えてしまいました。(実際、どう関わってるのかわかりませんが小学館って単行本の裏に担当者の名前が記載されてるんで気になると見ちゃうんですよ)

こちらはお姉ちゃんも味方になってくれきちんとしたハッピーエンドのラストになってます。
読みきりなので話もまとまってました。

短編集で他にも数作品は収録されてました。
「さわっちゃダメ」
「17センチ先の片思い」
「つめたくしないで」  先生になった幼馴染のお話。コレは可愛らしかった。



こっちは一途なヒロインだったよ・・・・・・・。
画像 069







にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

りんごは恋ずっぱい

りんごは恋ずっぱい (フラワーコミックス)りんごは恋ずっぱい (フラワーコミックス)
(2012/08/24)
小学館

商品詳細を見る



中学の頃から高校にかけての恋物語です。

結構こういうお互い好きという雰囲気が醸し出されながらも中々どちらも言い出せないというまさに甘酸っぱいお話は好きです。
まだまだな部分はありますがテイストは結構好きで以前のただ甘いだけよりもここ最近の作品の方がなんだかいい感じになってきてますね。

主人公がりんごほっぺのようにほほを赤くしてしまうというのがタイトルの由来ですね。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

片恋電車

片恋電車 (フラワーコミックス)片恋電車 (フラワーコミックス)
(2012/03/26)
星森 ゆきも

商品詳細を見る



星森さんのこの「片恋電車」の表紙が素敵だったのが読んでみようと思ったきっかけだったんですが・・・。先に借りた2冊は甘すぎましたがこちらのほうが爽やかでした。
こちらは増刊じゃなくて本誌なんですが、最近のsho-comiは純愛路線で狙ってきてますね~。ちょっと前は「今日恋をはじめます」的な初期パターンの感じが多い気がしたんですが最近は「なみだうさぎ」的なテイストが多いですね。

特に新しさは無い純愛ネタですがこういった王道は嫌いじゃないです。まだまだだなぁ~と感じる部分はあるんですが作者さんがこの調子でベタを丁寧に仕上げて欲しいと思います。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

新婚(仮)中

新婚(仮)中 (フラワーコミックス)新婚(仮)中 (フラワーコミックス)
(2011/05/26)
星森 ゆきも

商品詳細を見る


【あらすじ】
小学生みたいにちんまりしてるひまり。そんなひまりに急に旦那さまが!?相手は学校の王子様、要先輩。親同士の都合で同居することになったのに…花嫁修業!?仮の新婚生活?イミわかんないっ!!
しかも要先輩は学校での王子様キャラとはうってかわって超イジワル。でも時々甘々新婚生活みたいなこともあって…??


これもきっと甘い内容にくしてくださいと担当さんに言われたみたいです。私はもうちょっと切なさとかキュンとする話の方が個人的には好きです。なんか読んでこっちが恥ずかしくなる感じでした。

とりあえず、男の子がなんで主人公が好きなのかを掘り下げて考えてはいけない感じでした。
家族も同居してるんですがほぼ出てきませんでしたね。
同居で起きる定番のイチャイチャとかその他学校でもからかわれてイチャイチャみたいな感じです。

主人公が男性にからかわれドキドキしつつもただ構われているだけだと憤って他に彼氏を見つけたいとか口では言いつつ彼が結局気になってしまう。
彼も意地悪するんだけどたまに優しくてみたいな、もうとにかく甘くしとけって感じです。

やっぱりヒロインの性格があまり好みじゃなくて。
更に甘さよりもこのドタバタっぷりが私は苦手でした。
不自然なことは沢山あるんですがとにかく甘さを楽しみたい時、人にはいいと思います。



他2編入ってました。

感想を書いてから今知ったのですがこれが最初の単行本だったんですね。
どうりで・・・という感じでした。


お父さん軽いよ・・・
画像 2841





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ハニーバニララテぷり~ず!!

ハニーバニララテぷり~ず!! (フラワーコミックス)ハニーバニララテぷり~ず!! (フラワーコミックス)
(2011/09/26)
星森 ゆきも

商品詳細を見る



話は短編集なんですがタイトルに全部「ぷり~ず!!」が付いてました。
最初はちょっと失敗したかな・・・と思ったんですが多分世代が合わないかなという感じでsho-comi増刊号という雑誌のテイストとしては決して間違ってないんだと思います。

私には甘すぎて軽すぎました。
主人公がたまにギャグに走るところが苦手なんですが・・・あとは慣れだと思いました。

読んでるうちに池山田剛さんの主人公みたいなんだなと思いました。
テンパって不審な態度をとったりギャグをちょっと飛ばしすぎてるところとか。
あとはストーリーがすごく甘かったです。作者さんも担当さんからもっと甘く!といわれて恥ずかしがりつつ描いてたそうなので掲載誌に求められているテイストなんだなと。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。