スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラップホール 1巻

トラップホール 1 (Feelコミックス)トラップホール 1 (Feelコミックス)
(2013/02/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る

別巻の感想⇒ 巻・

【あらすじ】
私の人生、崩壊しました。どん底オンナのリスタート!女性誌界のポップスターが魅せる新境地!
29歳、三十路目前。ハル子の幸せは婚約者の突然の一言であっけなく崩れ去ってしまった。優しく慰めてくれる家族や友人に励まされながらも、どこか息苦しさを感じてしまう毎日。そんな逃げ場を求める彼女に、東京に住む同級生・浅野は「上京してきちゃいなよ」ともちかけてきて────
幸せ絶頂から急転直下。崖っぷちを通り越して、どん底に落ちたハル子の人生リスタート、開始!


面白かったです。
しかし、ねむさんはほんとーーーに毎回「ひげ」男子を描きますね。
ねむさんが、しつこくヒゲ男子を出す度に私もしつこく書いてしまいますが漫画でヒゲ男子は嫌いです。
かろうじてキャンディキャンディのアルバートさんくらいですかね、許せるのは。
でもアルバートさん、最後に剃ったし。
それに私はテリィ派だけど。

こちらは、大手企業に勤めて同じ会社の同僚と婚約をして私、今幸せだぁ~という主人公が一気にどん底に突き落とされてしまうところから始まった実にフィールヤングらしい漫画でした。
でもテンポが良くて非常に面白かったです。

しかし、ここはまだどん底の手前でした・・・
0740.jpg




テンポ良く上がっては落ち、少し浮上したかと思いきや更に落ちる。
そんなトラップホールに落ちていく主人公のお話です。

忘れてはイケナイ「つま!!」・・・の何が衝撃かは是非ネタバレ感想で
0737.jpg



そういえば「午前3時の無法地帯」がドラマ化してましたね・・・見てませんけど。
オダギリジョーさんはヒゲは似合うけど役には合ってないかなぁ。彼は線が細いけどたがやさんってもっとがっしりして照英さんみたいなタイプだし。
本田翼ちゃんは可愛い過ぎてもっとタフな感じの子が良かったなぁ。

ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ペンとチョコレート  全2巻

ペンとチョコレート 1 (まんがタイムコミックス)ペンとチョコレート 1 (まんがタイムコミックス)
(2009/09/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る


【あらすじ】
連載を打ち切られ、まさに崖っぷちの漫画家・フタバトワコ。彼女の新担当は男性編集者・秋元だった。彼の誠実な仕事ぶりと熱意に胸を打たれ、フタバは徐々に好意を抱くように!? 新鋭が描く漫画家の仕事と恋!



前に1巻を立ち読みして「んー・・・」と思ったままだったのですが一応読んでみようと思って。
他の作者の作品には劣るかもしれませんがまぁまぁ楽しめました。

売れないがけっぷち漫画家のお話です。

知ってはいたけれどやっぱり読者アンケート大事なんですね。
漫画雑誌には必ず抽選でプレゼントが付いてたりして私は小学生の頃の全プレと中学生の頃にスキだった漫画家のグッズとか片手で納まる程しか応募した記憶がありません。ごめんなさい。むしろアンケートハガキをもらう為にプレゼントとか付けてたんでしょうね。

漫画家さんは沢山居るけれど掲載紙の中で載ることの出来る作品数は限られているから結果を出さなくちゃ次が無いという厳しい世界なんだなぁというのは頭ではわかってるけど、実際には本当に大変でしょうね。
 なんか・・・(いつも好き勝手書いて)すみません、って思ってしまいました。

あとなぜねむさんの出てくる男性はヒゲなの?
ヒゲはあまりなぁ・・・今回はあったり無かったりだったし編集さんが忙しい職種だからたまにあるのかもしれないけど。

ヒゲ、そんなに大事?
0599.jpg


あえて、自分の担当になりたいといってくれた秋元が一生懸命自分の作品について一緒に考えてくれたらやっぱり好意をもってしまいそうです。
実際に初対面とか見た目ナイナイと思っていても一緒に仕事をしていると、不思議と好きになっちゃう場合もありますもんね。

午前3時の無法地帯の前哨戦のような感じにも思えますけど、働くって大変だよね。仕事も恋も・・・って感じでした。そう、題材は面白いし私は多賀谷さんより秋元のが好みだったんだけど「午前3時の無法地帯」の方がやっぱり完成度が高いので物足り無さを感じるのは致し方ないかなぁ~。

けどこの作品のフタバの恋も仕事も上手く行きそうで現実は甘くない。でも、頑張ってそれなりではあるけれど仕事を続け、自分なりの努力をして思い通りのカタチではないものの好きな漫画の世界で仕事を続けているフタバはなんだか「午前3時の無法地帯」のももこよりも好きでした。



0601.jpg



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

パンドラ

パンドラ (Feelコミックス)パンドラ (Feelコミックス)
(2010/08/07)
ねむ ようこ

商品詳細を見る





全体的に・・・イマイチ?多分、ねむさんの中で最後の方に読んだからだと思います。
これ、割と前の作品の短編集だったみたいなので先に読んでたらまた印象が違うんでしょうが同じ短編でも「少年少女」がとても面白かったので平均値があがってしまいました。

それに、超短編ばかり10編なので作者ファンならいいと思うけどコスパが・・・。フィーヤンらしい色気があって少し毒味のある後味を残すような話でした。
全体的に奇をてらうようなストーリーだなと感じてしまいました。


印象に残った作品も何だろうかと少し考えてしまったほどで。



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

とりあえず地球が滅びるまえに 1~2巻

とりあえず地球が滅びる前に 1 (フラワーコミックス)とりあえず地球が滅びる前に 1 (フラワーコミックス)
(2011/10/07)
ねむ ようこ

商品詳細を見る


【あらすじ】
フツーレベルの進学校の、女子バスケ部所属の寅子(とらこ)は、バスケより彼氏がほしいお年頃のごくごくフツーの女子高生。女子高生にとって、「卒業」は「この世の終わり」のようなもの。女子高生の自分が死んでしまう前に、できることは全部やりたい!そんな寅子たちの前にある日、「神」と名乗る男が現れ、「あなたたちが県大会で優勝しないと地球が滅びる」と予言(?)。


神様から世界滅亡の危機を託された女子高生達のお話です。
「世界滅亡」という大変な出来事を前にして「とりあえず」を付けてしまう女子高生思考を考えて付けたタイトルが素敵。

世界滅亡とか神様とかが出てくる割にノリは軽くなっていて「この先」の世界滅亡よりも女子高生にとっては「今」が大事なんですというお話?今後が見えない不思議なお話です。



画像 2662


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

午前3時の不協和音

午前3時の不協和音 (Feelコミックス)午前3時の不協和音 (Feelコミックス)
(2012/05/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る

シリーズの感想⇒「午前3時の無法地帯」 ・ 「午前3時の危険地帯」


【あらすじ】
鬼営業・輪嶋に訪れた恋の予感、堂本と真野の別れ話の顛末、ももことたまこふたりの「今」etc…。 読み切り形式で綴ったスピンオフ5編に加え、各話の描き下ろしエピソードも収録。 午前3時シリーズ、ファン待望のスピンオフ作品集!

「午前3時~」シリーズの番外編ですね。
たまこカップルやももこカップル、そして堂本と真野の話も載っていますので無法地帯と危険地帯両方読んでいた方が理解しやすいですね。

アキホのお話が一番好きでした。あと堂本と真野のお話も載っていて良かったです。



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

午前3時の危険地帯 全4巻

午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)
(2010/05/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る

シリーズ前作の感想⇒「午前3時の無法地帯」
シリーズ番外編の感想⇒「午前3時の不協和音」


「午前3時の無法地帯」の続編ですが職場は同じパチンコのデザイン会社ですが主人公は新人のたまこになってます。

【あらすじ】
自信ナシ!色気ナシ!!恋愛経験ナシ!!!
そんなたま子が、曲者だらけのパチンコ専門デザイン会社に思いがけず入社、受難の日々がいま始まる――!
デビューコミックスで、いきなり 『このマンガがすごい!2010 オンナ編』 の第8位に入った 『午前3時の無法地帯』 の2ndシリーズ第1巻。



前シリーズよりこちらの方が好きでした。
恋で仕事が手に付かなかったり割と勝手気ままに振舞ってたももこが主人公でしたが今回は恋に奥手で不器用なたまこが主人公。少女漫画キャラですね。
ビジュアルは地味キャラですが別に気になりませんでした。
男性キャラも多賀谷さんがあんまりタイプじゃなかったので。

一番好きだったのは堂本さんです。前作で真野とのことが描いてあってもう大人のカップルって感じなんですが大人カップルならではの危機を迎えていて。



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

午前3時の無法地帯  全3巻

午前3時の無法地帯  (1) (Feelコミックス)午前3時の無法地帯 (1) (Feelコミックス)
(2008/12/08)
ねむ ようこ

商品詳細を見る

シリーズ次作の感想⇒「午前3時の危険地帯」
シリーズ番外編の感想⇒「午前3時の不協和音」


【あらすじ】
イラストレーターを夢見るももこが就職したのは超多忙なパチンコ専門のデザイン事務所。言動がヤクザ的な営業マンや夜中に脱いじゃう男のデザイナーなど、社員はかなり個性的。徹夜続きで家にも帰れず…。充満するタバコの煙のなか、女子力は下がる一方でふと思う…『あたし、なんでここにいるんだろう?』。



社会人になったばかりで「嫌だ、辞めたい」と思っていた会社にも少しずつ慣れてきて同僚の先輩達に助けられながら恋に仕事に悩む主人公のももこのお話です。

ももこにも多賀谷にも、どこか気持ちが入り込めない部分はあったのですが物語は楽しめました。ももこみたいに社会人に成り立ての人の方が共感率は高いかもしれませんね。



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

少年少女

少年少女 (フラワーコミックススペシャル)少年少女 (フラワーコミックススペシャル)
(2011/02/10)
ねむようこ

商品詳細を見る



理屈では説明の付かない不思議なお話が多いのですが面白いです。現実の中にある不可思議な現象のような。

「ファミレス☆ナイト」と「県立マンモス西高等学校」が好きでした。
先日「午前3時の不協和音」を読んだのですがそこでも不思議なお話のお爺さんが出てくるんですがねむさんの描くヤングなオジイチャン(?)を見るとなぜか羽海野チカさんの描くおじいちゃんを思い出します。

今思ったんですが表題作以外は日常に潜む不思議な世界への扉を開けてしまったようなお話で、「世にも奇妙な物語」とかにありそうなお話だぁ~と思いました。是非、原作にどうでしょうかね。関係者様、本気でお勧めします。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

東京無印女子物語

東京無印女子物語 (FEELCOMICS)東京無印女子物語 (FEELCOMICS)
(2010/03/08)
ねむようこ、コナリミサト、山崎童々、月子、赤みつ、安江アニ子 他

商品詳細を見る



今年、映画になるって時に読んだ作品です。
友達に借りまして、ねむようこさんの作品かと思ってたんですがアンソロジーでした。
カテゴリ欄でねむさんにしちゃったんですが・・・。

ねむさんは「ペンとチョコレート」が出た頃に1巻だけ読んだんですがちょっと微妙に感じてしまってそれ以降は読んで無くて。コチラの1篇が素敵なお話だったのでその後、他の作品も読んでみたら面白かったです。
と言ってもこれは全作品原作付きなんですよね。最初気付きませんでした。

ねむようこさんの「のこのこ」と赤みつさんの「ウソコイ」、山崎童々さんの「チェンジ」が好きでした。
全ての作品が東京で暮らしている女性を主人公にしています。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。