スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじじまりのにいな 3~4巻(完)

はじまりのにいな 4 (花とゆめCOMICS)はじまりのにいな 4 (花とゆめCOMICS)
(2013/01/18)
水森暦

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~2巻

【あらすじ】
10歳からはじまった、新菜の恋。篤朗と付き合っていることが両親にばれて!? 感動の完結巻!! 


作者が悪いわけじゃないのはわかってるけどここ迄続けなくても良かったですね。
まだそこまで続ける力が無かったのに無理に続けてしまったというのもあるんだけど、そもそも内容的に1巻で終わってて良かったのにね。2巻はまだにいなの前世の家族の話で、娘の死から立ち直っていない家族についてを描かれてて良かったのですがせめてそこで終わっててくれれば良かったと思いました。

読み手としては面白いところでちゃんと終わってくれた方が作品のクオリティも高いままで作者の次回作への期待も高まっていいのにと思うのは私が作者買いするタイプだからかな。ま、今はそうでも無くなっちゃったけどそれも漫画が人気が出るとつまんなくなっても無駄に長引くというシステムになったせいですヨ。
ただ、惰性で買う分には人気が出たら続けるって手は売り手としてはアリですから仕方ないですね。

3巻からは前世モノとも全く関係なくなって歳の差モノ遠距離恋愛モノ的な要素の話のみでした。
一回り以上年齢の離れてる相手との両親の理解とかを丁寧に描いて周囲の理解を得てどう二人が結ばれるかということでハッピーエンドでしたね。
丁寧に描かれている部分は好感の持てるお話ではあったのだけど最初を思うとなんだか残念というか二人がハッピーエンドで終わっても最初の良い作品だったという気持ちが残らなくなってしまってました。
まぁでも次回作に期待します。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

はじまりのにいな 1~2巻

はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)はじまりのにいな (花とゆめCOMICS)
(2011/07/20)
水森暦

商品詳細を見る

別巻の感想⇒3~4巻(完)

【あらすじ】
『初めて会うはずなのに、私は確かにその人を知っていた。ずっと前から、生まれる前から。青八木新菜、10歳。前世から、あなたのことが好きでした』桜咲く春──。新菜はボールを拾いに入った隣家の庭で、前世の恋人・篤朗(25歳)に再会する!! 切ない年の差転生ロマンス。


最初、表紙を見た時はほんわかしたファンタジーかと思っていましたが時代設定は普通に現代です。
引っ越した先のはじめて来た町に見覚えのある新菜。隣の家の篤朗を見て自分の前世を思い出します。新菜は前世で篤朗と付き合っていましたが15歳で事故に遭い他界。新菜として生まれ変わっていたというお話です。

そんなわけで10歳差の年の差モノになります。
再び篤朗に恋する新菜だけど篤朗は新菜の前世であり篤朗の恋人だった千歳のことを忘れていません。心に穴があいた状態だと言う篤朗をなんとか助けてあげたい新菜ですが・・・。

画像 1469


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。