スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

99%カカオ

99%カカオ (講談社コミックスフレンド B)99%カカオ (講談社コミックスフレンド B)
(2007/09/13)
吉岡 李々子

商品詳細を見る


【あらすじ】
大人気!ほろ苦胸きゅんラブ・シリーズ恋ってもっと甘いものだと思ってた。恋愛初心者のサユが恋をしたのは、学校一の冷血王子・神流で……!?人気シリーズ「99%カカオ」3話と佐藤多佳子原作「黄色い目の魚」を収録。


短期連載+短編1篇でした。
前に「白のエデン」だったか別作品の柱書きで、意図的にかどうか知りませんが活発な性格の子と内気な性格の子と交互になってると作者がおっしゃってましたがこちらは内気な女の子が主人公です。
またもや友達との仲違いとかがあるもののこの作品はなんだか好きでした。

「白のエデン」もそうですが私はどちらかというと吉岡作品では内気な主人公の方が作品的に好みなのかなぁと思いました。


モテモテだけど冷たいと噂の神流の話を友達から聞き顔を知らないまま彼の事を毛嫌いする主人公のサユ。だけどある日、使用されていない教室で偶然あった男子と仲良くなります。
彼がその神流なんですが、その時彼は友達から体操服を借りて違う名前が書いてあったのでサユは勘違いして「神流って人知ってる?すごく冷たい人なんだって~」と言ってしまいます。二人はその後も内緒で放課後に使われてない教室でおしゃべりをし、彼はサユを好きになるんですが、素性がバレたらサユに嫌われてしまうと黙ったまま。サユも彼を好きだと気付くのですが、実は彼が神流だったと知って自分を騙したのかと思ってしまいます。

サユがとてもウブはキャラで、神流はそんなサユを好きになってしまうので神流がサユに対して手を出せないみたいな感じが可愛かったです。

佐藤多佳子さんの「黄色い目の魚」が漫画化されているとは思わなくてとってもびっくりしました。
原作のストーリーの一部分だけを読みきりにされてました。
私も原作が好きだったので・・・逆にあまり漫画化にしたのは読みたくなかったかな。



にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

月と太陽のピース 3巻(完)

月と太陽のピース(3)<完> (講談社コミックス別冊フレンド)月と太陽のピース(3)<完> (講談社コミックス別冊フレンド)
(2012/12/13)
吉岡 李々子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻2巻

【あらすじ】
ホマレと付き合うフリをしていたミミだけど、「本当に好きだ」と誉に告白され、交際することに。そんな中、夏休みに江ノ島へ地学調査に行くことになった地学部。でも、当日になってホマレとコマキが急に来れなくなってしまい、ミミはイノリと二人きりに……。しかも、突然の台風に巻き込まれ、ミミと誉は一夜を過ごすハメになってしまい――!? 『彼はトモダチ』の吉岡李々子、学園ラブストーリー最終巻!


こちらも、あれ3巻で終わった!別フレは盛り上がらなかった場合3巻で終わるパターンが多いんですね。ある意味ほど良い巻数で作者にも読者にも優しいです。3巻だったら打ち切りでも何とかまとまりますもんね。

でも、どうしよう!?
今年の初めくらいに確か読んだんですが・・・あまり覚えてない。
すごいまとめて終わったんですが、今後連載が続いた場合はきっとこんな風にややこしくしていくつもりだったんだなぁっていうのがわかりました。その布石を出して即回収みたいな終わりでした。
コマキが実はミミの元カレと付き合ってたとかも、伸びたら元鞘問題や友情問題に膨らんだのかもなぁとか・・・イノリも誉に対して本気出さない理由が確かなんかあったんですよね(忘れたけど)。

あと誉が義母に盗聴器しかけられてるとか最後にすっごいまとめて色々さらっと問題解決させたんですが・・・ちょっとねドロドロとさせようとし過ぎですね。
もうこれを機に?ドロドロとややこしい展開で話を持っていこうとする手法からは離れてみたらどうでしょうか。「カレはトモダチ」がそれで人気出たからなのか、単に波乱なストーリーが好きだったのかわかりませんが。
どっちかっていうと私は「白のエデン」のが方が好きでした。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

キエナイ、オモイ。


キエナイ、オモイ。 (講談社コミックスフレンド B)
キエナイ、オモイ。 (講談社コミックスフレンド B)
(2007/02/13)
吉岡 李々子

商品詳細を見る




吉岡さんの作品の片思いするシチュエーションやストーリーの切なさは好きなんですが登場人物の持つ感情がほんと-に面倒臭いというかドロドロなんですよね。
なんか嫉妬心が渦巻いてるというか。

切ない片思いの中にキュンじゃなくてドロッとした感情を感じます。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

月と太陽のピース 2巻

月と太陽のピース(2) (講談社コミックス別冊フレンド)月と太陽のピース(2) (講談社コミックス別冊フレンド)
(2012/06/13)
吉岡 李々子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻

【あらすじ】
ミミ、イノリ、ホマレ、それにコマキが加わり、活動を再開した地学部。ある日突然、コマキがミミに『イノリ君に告白しようかな』と言い出します。ミミがイノリに打診すると、『ミミとホマレがつき合うなら、考えてやる』と…。悩んだ末、ミミはホマレを呼び出して――!?


うーん、どうもイマイチ、物語としてノってない感じ。

そういえば、もう一人の斉藤(髪が白い方)は「イノリ」という名前みたいです。
最終的にはこっちとくっつくのかなぁ?でも、どっちの斉藤にもなんか色々ありそうで・・・。この人の漫画ってそのキャラ特有の個人的な事情を抱えていて、それが付き合い始めてから明らかになってくるって感じなんですが。
それがとっても面倒くさい事情だったりするんですよねぇ。


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

彼はトモダチPLUS

彼はトモダチPLUS (講談社コミックスフレンド B)彼はトモダチPLUS (講談社コミックスフレンド B)
(2011/09/13)
吉岡 李々子

商品詳細を見る

本編の感想⇒「彼はトモダチ」全7巻


増刊とかに書いた番外編や短編を10篇集めたものでした。
連載終了後に是非読みたいという程では無かったです。
いや、読まなくていい内容も結構あったかな。

ちゃんとした番外編じゃなく連載中に増刊とかに短編で挟まってたようなのもあった為、内容は散漫でした。
色々な脇キャラを主人公にしたサイドストーリーもあったりして。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

彼はトモダチ  全7巻

彼はトモダチ(1) (講談社コミックスフレンド B)彼はトモダチ(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2008/01/11)
吉岡 李々子

商品詳細を見る

番外編の感想⇒彼はトモダチPLUS

【あらすじ】
中3のヒヨリは隣のクラスの水野に片想い中。そんなとき、席替えで隣になった佐々本が水野と幼なじみだということを知り、協力を依頼。だけど、友達だったはずの佐々本が次第に気になりはじめて……!? ゼロから始まるスクール・ラブ。


「白のエデン」で出てくる佐々本のお話がこちらということでさかのぼりました。
作者追いですね。
ラブストーリーが読みたい気分で。
お互い好きなのに色々事情があって付き合えないという展開は好みなんですが一歩間違えて当て馬と付き合ったり、すれ違いや誤解が絡むと途端にダメになります。
読者ってホント我が儘ですよね。

最初は結構良かったんですがだんだん面倒な方向へ行きますね。

神原さんが近年稀に見る嫌われキャラとして清々しいくらいでした。
そして中学の頃に爽やか少年だった水野が最高にヘタレましたね。

画像 1346


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

月と太陽のピース 1巻

月と太陽のピース(1) (講談社コミックス別冊フレンド)月と太陽のピース(1) (講談社コミックス別冊フレンド)
(2012/03/13)
吉岡 李々子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒2巻

もうすぐ2巻発売です。絶対、ドロドロになるんだろうなと思いつつ、つい読んでしまってます。

【あらすじ】
先輩からのメールをずっと待っている実々。でもクリスマスの16歳の誕生日が来ても、連絡は来ないまま…。その夜、バイトの帰りに美形だけどサイテーな2人に出会い、実々のココロはささくれ立ちます。高2の新学期、なんとその2人組と同じクラスになり、3人でクラス委員をやることになり―!? 


今回は明るい主人公のお話です。きっと三角関係になるんだろうなと思うのですが、もしかしたら男性陣の過去とかによって増えそうな気もします。


実々はクリスマスの夜にチカンと間違えてお互い出会い最悪な斉藤(←名前の記載が無かった・・・)と、もう一人斉藤のイトコの斉藤誉のW斉藤と高2で同じクラスに。斉藤は明るくて誉はおとなしいタイプ。
一緒にクラス委員をしているうちに少しずつ2人と仲良くなっていきます。


画像 1540


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

白のエデン  全4巻

白のエデン(1) (講談社コミックスフレンド B)白のエデン(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2010/08/11)
吉岡 李々子

商品詳細を見る


表紙のふわふわ感で癒し系の話かと思ったら全然違いました。
主人公は確かにふわふわした感じだし作品もどっかふわふわしてますけど結構暗いです。

【あらすじ】
真白(ましろ)はいつも一人ぼっち。学校でも、塾でも、家でも。そんなある日、真白は不思議な雰囲気を持つ青年・藍(あい)に出会う。彼に魅かれた真白は、“変わりたい”と思い、自分の足で小さいけれど大きな一歩を踏み出していく――。まだ見ぬ楽園(エデン)を探し求める、ピュア・ラブストーリー!!


色々ベタな部分盛り沢山だったんだけど意外と好みな部分があったのとラブストーリーを読みたい気分だったので結構好きかもと思ってたんですよ。
最初からこの二人の関係がいずれどうなるかは大抵の読者さんなら予測は付いてたと思いますがラストはねぇ。

「うわぁ~い、やっちゃった」って感じでした。

ここにアンソニーがぁ~
画像 1123


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。