スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめちゃんが一番! (番外編)

はじめちゃんが一番! (番外編) (小学館文庫)はじめちゃんが一番! (番外編) (小学館文庫)
(2002/02)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る

別巻の感想はこちら⇒はじめちゃんが一番!(本編)


私がこの「はじめちゃんが一番」の番外編だけを集めた文庫が出てるのを知ったのは一年程前でした。

瑞樹と亮の映画内容を漫画にした「雨に似ている」は当時、本誌掲載の時に読んだことがあり正直あまり好きな話じゃなかった・・・瑞樹と亮の出会いの作品にもそこまで惹かれない・・・一志の映画デビューの話はもっと興味が無い。と、言うことで今更いいかなぁと思ったんだけど「はじめちゃんと亮の初デートが載っている!?」と知ったら買わないわけには行かない!と、決意したのも束の間で、それは当時発売したイラスト集に掲載されたもので5ページしかないと知り決意はガタ揺れ。

そしてブックオフで番外編があったので立ち読みしてしまいもういいかな・・・と思ったんだけど最近やっぱり欲しいかも。と、思って買ってしまいました。
夜中にポチっとね。深夜は人の判断力を鈍らせますね!?


ここからネタバレ▼(ちょっと辛口)

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

風光る ★感想ではありませんが・・・

風光る (1) (別コミフラワーコミックス)風光る (1) (別コミフラワーコミックス)
(1997/11)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る


29巻の感想で書いたように、個人的に好きなシーンetc...
の記事を勝手に書かせて頂こうかと思います。。

無意味に長くなってしまいました。
作品を読んだことが無い人には意味がわからないくらい趣味に走ってますので興味無い方はスルーして下さいませ


興味を持って頂いた方どうぞ!▼
(無駄に長いです)

続きを読む

風光る 29巻

風光る 29 (フラワーコミックス)風光る 29 (フラワーコミックス)
(2010/11/26)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒26巻27巻28巻・30巻

うーん。うーん。感想をなんて書いたらいいか。。。

【あらすじ】
将軍就任を賭けて一橋慶喜から一夜の伽を命じられたセイは衝撃を受ける!
慶喜はセイの正体を見抜いていた!?
一方、なすすべ無く自分の無力を嘆く総司に、セイ救出の機会はあるのか!?


新撰組を題材にした漫画としては別にいいと思うのですが今まで好きだった少女漫画要素の魅力はもうナシ。。

私はこれを読みながら35巻くらいで終わればいいなぁ~と思ってしまいました。(でもきっと40巻くらい行くんじゃないかな・・・と思ってます)

あんなに大好きだったのに、そんな風に思った自分にちょっぴり寂しく感じました。

総司がセイを女性として見るようになってからが本当に私の中で総司の魅力も激減してしまいました。。
斉藤さんが変わらずマイペースでいてくれるのだけが救いです。
とはいえ、セイの事では定形外になってしまうのは相変わらず。

でも、仮にも次期将軍候補に刃を向けるというのは切腹モノで有り得ないでしょう。画像 719

そして、昔はこんなじゃなかったのになぁ~・・・と久々に風光るを読み返してしまいました。
今までは読み返す度に感動してたんで、そんな気持ちをもう一度取り戻したいと。。
そしたら前巻で気付いてしまった「セイのゾンザイな性格」が逆に以前は気にせず読んでいたのに読み返すことによってその部分が気になってしまいました。。

やっぱり人って気付かない方がいい事もあるんですね・・・。
でも全体を通して読んでいった方がここ数巻のストーリーのモタツキを自然な流れとして読めました。
だから今は内容上仕方なくて連載が終わってから全巻読み通したらやっぱり面白い!と思えるように既に考えられた上の事なのかしら??(と思いたい)



そんなわけで?





風光るは1巻~25巻の感想を書いてなくて時間があったら書きたいと思ってたのですが今更な気持ちになってしまったのでせめて・・・


私の中で残念な気持ちを払拭する為勝手に風光るで個人的に好きなシーンを発表させて頂こうと思いました・・・

が!!

その記事を書いてたらすっごい長くなってしまったので別の記事に改めさせて下さい。
なんか・・・無駄に長くなっちゃって・・・


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

風光る 28巻

風光る 28 (フラワーコミックス)風光る 28 (フラワーコミックス)
(2010/06/25)
渡辺多恵子

商品詳細を見る

別巻の感想⇒26巻27巻29巻・30巻

歴史的には進みましたが・・・。

【あらすじ】
原田に待望の男児が誕生!めでたい矢先に、幕府と長州が開戦したとの報が届いた。
いざ出陣!!と意気の揚がる新撰組だが、肝心の出兵命令が下りない。京で待機となったが、幕府軍の不利はあきらかだった。将軍が出陣して士気を鼓舞するべきとの意見もでるが、大坂では一大事が発生していた。

少し話が進みましたね。進みが遅いので「もう、早く話進めてよ!」と思いつつも「いやっ!最後は見たくない!」というジレンマに陥っている多数の読者の一人です。はい。
でも、ここから先は新撰組にとってはいいことないよなぁ~。

出来れば最初の頃のように、歴史の流れに創作話を織り込みながらっていう、楽しく読みながらでも歴史も進んでます~というのがいいんだけど。。話を早く進めてしまうと歴史的に避けては通れない核心部分へ近づいてしまうせいか。。

折角、話が進んだんだけどなんか今回はちょっと・・・。
進みが遅いよりも気になった部分がありました。

家政婦は見た、バリの堂々とした盗み聞きにもびっくりだけど
総司がこんなに驚いてる理由にもっとびっくりした

画像 30838

続きはネタバレ▼

続きを読む

風光る  27巻

風光る 27 (フラワーコミックス)風光る 27 (フラワーコミックス)
(2009/11/26)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る


別巻の感想⇒26巻28巻29巻・30巻

【あらすじ】
政局が乱れ、幕府と長州のにらみ合いが続く中、新撰組では土方歳三と伊東甲子太郎の関係性に異常が発生!?
一瞬即発の緊張状態に清三郎のとるべき行動は・・・?



年明け初は風光るからです。と、言っても発売は昨年なんですが。。
昨年は全然更新できなかったので。。


相変わらず進みが遅いのですが・・・これは、内容が核心に近づいている証拠なのでしょうか?
進みが遅いと読んでて読み応えが無いように思うけれど、内容が進んじゃうときっと「それ以上、進むなぁ~」とか思ってしまいそうなのでほんと身勝手な読者なのですが。。

土方さんと伊東参謀とのやりとりは本当に相変わらずですかね。
そこに、セイが小姓役として担ぎ出されることになって、総司が色んな意味で心配でたまらないというシチュエーションとしては少し面白い展開になってきたのかな?という感じでした。



ここからネタバレ▼

続きを読む

風光る 26巻

画像 115
風光る 26 (フラワーコミックス)
別巻の感想⇒27巻28巻29巻・30巻

「風光る」26巻です!

【あらすじ】
弱体化した幕府に幻滅し、失意のうちに広島から帰郷した近藤。彼の心痛を察した土方は、深雪太夫を落石させていた。別宅にて近藤と深雪の仲睦まじい生活が始まるかに見えたが、土方は深雪を見張れとの命をセイに下す。
(コミックの作品紹介より抜粋)


はじめちゃんやらファミリーやら、異常に長くなってしまって別に誰からもクレームくるってわけじゃないんですが一人反省してました・・。

他の方のブログとか見ると、好きな漫画とかを何度も色んな視点とか部分的に記事書いてたりして読みやすいですよね。
 私は一気にに詰め過ぎるのかなぁ~って思って。長いと自分でも読むの飽きるし。

今回はタイムリーだし26巻だけに絞ってみます。
他の作品とかもそうだけど小出しにしていく手法?を学んでみます(大げさ?)

風光るは本誌も併せて立ち読みしてます(作者が嫌がる「立ち読み」ですね・・・)
なので内容はわかってるんですが・・・うーん・・最近、微妙。。

思うんですが、読んでる時はずーっと総司に「セイへの思いに早く気づけや!!」と思っていたけど、気持ちを自覚してからの内容が・・・進み遅いって色々なところで言われてるけど内容も薄まった気が・・・(失礼!)いえ、作品の良さはそのままだけど
セイと総ちゃんとの関係がね。。なんか逆にアレ?みたいな。。

まぁ自覚したからってアレコレ二人の関係が進むみたいなことは期待してないというか総司の性格設定からして作者がそんなことさせないだろうとは思ったけど・・・なんか昔のセイちゃんが思い詰めて思い詰めて・・・みたいな切なさとか、期待したけど肩透かしなんて歯がゆさとかがなくなっちゃったり。

 かと思えば、総司は厳しいけど結局はセイへの愛ゆえの態度だったのね!というセイ&読者がキュンとする内容も総司の自覚があってから無自覚の時よりも自制しちゃってるからなんだか物足りなくて。。。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

oh!ファミリー!! 

ファミリー! 1 新装版 (1) (フラワーコミックスワイド版)ファミリー! 1 新装版 (1) (フラワーコミックスワイド版)
(2007/03/26)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る

★感想第1弾はコチラ⇒ファミリー 全11巻★


あんなに長く書いたのに、また感想を書くなんて・・・しつこくてすみません。。

ちなみに今回の記事のタイトル、「oh!ファミリー」はアニメのタイトル。
特に意図はありません。。

そう、シェレンママについて。こんなお母さんがいたら・・・すっごい迷惑かも(笑)
とんでもないくらい天然。だけど最高にユニークで温かい。

こんなお母さんが欲しい。というか、こんなお母さんになりたい!(迷惑?)
だって、ママがシェレンだったから皆こんな風に育ったんじゃないかって思えるから。

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ファミリー! 全11巻

ファミリー 1 (1) (フラワーコミックス)ファミリー 1 (1) (フラワーコミックス)
(2000)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る


★感想第2段はコチラ⇒oh!ファミリー★


母の日ですね~。ということで?家族モノ。。

アニメにもなりました。再放送で見たことがあり、はじめちゃんの連載中に友達から「ファミリーも面白いよ。」と、勧められ「アニメで内容知ってるし。いい話だったけど恋愛要素薄いんだよな。。」と、思いつつ購入したら。。
アニメではやってないエピソードや表現もあって非常に面白い。
正直、この作者の作品で一番好きです。

【あらすじ】
アンダーソン家にパパの隠し子と名乗るジョナサンが現れた。ところが楽天的なこの一家はママのシェレンはじめ子供たちのケイにトレイシーも「過ちは誰にでもある」と明るく認めてしまい、いつのまにかジョナサンも家族の一員に。長女、フィーだけが、ジョナサンを不振に思いあれこれさぐりはじめて見るが・・・。
底抜けに明るくてお人よしでな家族のアメリカン・ホームコメディー!

一話一話ストーリーがあり、主人公はフィーだけれど話によって他の家族やキャラクターが中心になった話などもあります。
 フィーとレイフの話もいいですが、全ていい!テーマはやっぱり家族・愛。
とても暖かい空気に包まれたお話でちょっぴり悲しい結末のものも中にはありますがどれも素敵な内容で何度読み返しても飽きがこないです。

とにかく世話焼きでまっすぐなフィー。困った人をほっておけない。
35画像 844

シェレン・ママ。天然母っぷりはある意味究極の母親像?
35画像 752


ジョナサンと犬のアダム。幼稚園児とは思えない程生意気だけど・・・
35画像 750

フィーにベタ惚れのレイフ
35画像 848


私は結婚するならレイフみたいな人がいいなーと思うくらいレイフが好きでした!
・・・フィーにベタ惚れなレイフが。

レイフは最初、フィーの兄でゲイのケイの恋人として出てくるんですがケイが自称ゲイだと言うのは半分冗談かと思っていたフィーは「健全じゃない!」と大反対。
フィーはレイフに勝負を挑み彼は「恋には男も女も関係ない。ゲイを認めさせる」とフィーと二人で会うことを約束。男勝りのフィーはスポーツが得意なレイフに何度も色々な競技を挑みますがどうしてもレイフには勝てない。 それでもケイとのことは認めない。認めたくない。
レイフは見た目は殆ど男の子のフィーと何度も勝負しているうちにフィーを好きになってしまうんです。

フィーもレイフの実力は認めるのですがやっぱりケイとのことは納得がいかない。
レイフに誘われたローラーゲームの観戦でプレイヤーの選手がゲイカップルだと言われ性別は関係なく素敵なパートナーだと思えた。けれど、ふと相手が兄ケイだったらと想像して気付く。
ケイがゲイだったのが嫌なのではなく、自分の兄に恋人がいたことが嫌だったんだ。。
妹の兄へのかわいい嫉妬だったんです。

レイフはレイフでフィーに惚れてしまったことに気付く。でも彼女は女なのに?
ケイはレイフに「恋に性別は関係ないんだろ」といって自分は身を引きその後フィーの前で思いを伝えられないレイフを明るく応援することに。。。

ストーリー書くと兄の恋人が妹に?と、複雑に思えますがそもそもホームコメディ。
そこは最初から明るいノリでかかれています。

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ジョセフへの追想

ジョセフへの追想 (小学館文庫)
画像 707


作者の作品の中では珍しくSF?
舞台は外国の島でカナダのPEI(プリンスエドワード島)がモデルになってます。

私は今もですが当時もPEIが「死ぬ前に必ず行きたい場所」の一つというくらい思い入れがあって(早い話が赤毛のアンが好き)、この作品は作者もPEI島に魅せられて書いたものらしいので、これを購入したときPEIに勝手に運命を感じた覚えがあります。(また出会っちゃった!みたいな一方的な・・・)

【あらすじ】
島育ちのユニスとジョセフは小さい頃から隣同士に住む幼馴染。
いつか結婚しようね、的な可愛い約束を交わすくらい仲の良い二人。
 高校生になり幼馴染として楽しく暮らす毎日。転校生のケヴィンも新しい仲間として加わり何事も無く過ごすジョセフ達ですがジョセフの両親が事故で亡くなり、しばらく経った頃ジョセフに超能力のような力が現れ始める。


今読むと、あぁそうかぁ。ってくらい先もわかってるし普通に読めるんですが、なんですかね。当時はPEIと共に作品への思い入れがあったのか。最後に号泣した記憶が・・・。(感受性の強い時期だったんですね)
いいお話ですが今は全く泣けません。。

序盤に殊更幼馴染として過ごしてきた日々や二人がどれほど好き同士だったかを表現しているので後半になるにつれて気持ち的にやりきれないなって思ってしまいました。

32画像 718

ちなみに文庫版はわかりませんが私がもっている最初に発行された新書サイズ?の方にはカラーページで作者がPEIに行かれて取材した際の様子や島の景色ものってます。

作者の写真も載ってます。○十年前かな。似顔絵と似てるかも?
画像 738

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

はじめちゃんが一番!

はじめちゃんが一番! (1) (別コミフラワーコミックス)はじめちゃんが一番! (1) (別コミフラワーコミックス)
(1989/06)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る

別巻の感想はこちら⇒はじめちゃんが一番!(番外編)

【あらすじ】
あたし 岡野はじめ、17歳。性格は悲しいくらい内気。
そんな?岡野家の長女、はじめ。そして5つ子の弟たち。
弟達のCM出演をきっかけに大手芸能プロダクションからスカウトされるが「将来つぶしがきかない!」とはじめは大反対。
だけど、同じプロダクションに所属のアイドルユニット「WE」の瑞希に一目ぼれ。弟達を応援し、自分も付き人をすることに。


渡辺多恵子さん。この作者さんは大好きでほぼ全作品もってます。
一番初めに紹介するのに何にしよう?と思ったのですが私が一番最初に出会った作品順で行こうかと・・・。
  
何が面白いって、一話、一話、いい話なのに主人公のはじめちゃんが異常にお金に汚い・・・というか超現実的。
画像 613

画像 615
 
そして弟達に対しての手厳しさ。(まぁ愛を感じるんだけど)
30画像 602
モチロン普段も何度も口に出して言ってます

それでもめげない5つ子の弟達
画像 923

泣く子も踊るスーパーアイドルWE(ウィ)
画像 607

瑞希への態度と江藤亮への態度の違いとかもスゴイ。
画像 951


瑞希には・・・
25画像 962
でも、前田さんへが一番ヒドイ?
25 画 像 962
M2プロの社長さん・・・



この方の書く話って人間の暖かさというか、現実では表に出づらい優しさが書かれてるなって思います。
一見、冷たいように見えても別の立場から見るとそこには違う理由の優しさが隠れてるような・・人の隠れた優しさが垣間見える。そんな風に思いました。
 自分たちの日常にももしかしたら気づかないだけでこういう風に隠れた人の優しさがあるのかも知れないし、自分もこういう思いをもてれば・・と思います。
これは他の「ファミリー」や「風光る」にも共通してる作風だと思いますね。



大人になって読み返すと、昔はちょっと変人の匂いを強く感じていた江藤亮の魅力がよりわかってきます。当時でも彼のわかりづらい優しさはわかっていたつもりだったのですが今読んで改めて気づいた部分とかもありました。
 風光るの総ちゃんと少し共通した部分を感じますね。

最初の頃は結構普通
画像 610


あとはやっぱり5つ子たちがかわいいですよねー
普段、ふざけてばかりだけどはじめちゃんの事をすごく考えてます
25画像 605


私が居なくても弟達はもう立派に仕事が出来るんだ。
そんな寂しさと悔しさを感じているはじめだったけれど。。
画像 629



このイラストがすごく好き。なんか勢いとワクワクした臨場感があります
3500000.jpg

私が学ランが好きなだけ?
30画像 674


単にファンページのようになってますが。。。
続きは是非、既読の方からお願いします。(微妙にネタばれもあり)




続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。