スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひるなかの流星 6巻

ひるなかの流星 6 (マーガレットコミックス)ひるなかの流星 6 (マーガレットコミックス)
(2013/05/24)
やまもり 三香

商品詳細を見る


【あらすじ】
獅子尾と思いが通じあって、ドキドキしっぱなしのすずめ。キョリをもっと縮めたくていろいろ頑張りますがうまくいったり、いかなかったり。しかも、馬村が何か気付いたみたい──? 季節はもう、クリスマス。すずめは獅子尾を誘おうとして…。
【収録作品】ツユカオル



続きが出ると読もうとは思うのですが、どうももう作品自体には惹かれなくなってます。
つまらなくないのですが、普通だなぁーと思って読んでます。

馬村の成長物語じゃないですよ。と、作者が言うようにやっぱり馬村人気は高いんでしょうね。すずめと先生の仲は順調です。恋してるすずめが「恋すると・・・」というモノローグで色々とクッキーを作ったりクリスマスにどうしようとかドキドキしていて可愛いです。

丁寧にモノローグ作ってると思います。
ただ、漫画のどの主人公に当てても、はまるようなモノローグですずめが先生に対して思っている気持ちというより先生に恋してる女子高生というおおざっぱな感じ?に感じてしまった私です。

辛口ですみません。普通に面白いんだけどね。
だけど、このすずめが恋をしている過程はすずめじゃなくても誰でも同じに見えてしまうの。すずめという女の子のラブストーリーではなく、ただの女子高生と先生のお話としか思えないんですよね。
気分が乗ってない時に読んだせいかしら。

あと先生がなんか嫌だ。
クリスマスに先生同士の飲み会の後で会おうってさ。夜に生徒であり彼女であるすずめを待たしておいて「よ、わるいわるい」とか軽いし。自分が大人として気になってしまうのよ。先生なのに生徒にってのは漫画として普通に許せるとしてもこういう大人の常識は欲しい。

1430.jpg



馬村がまだあきらめていない。いいぞ、馬村。
そして馬村と一緒に居るすずめを見てちょっと心穏やかじゃない先生。

うん、先生と生徒としてはものすごーーーく定番な流れで進んでいるので脇キャラが動いてくしかないですね。
ちょっと辛口なのかもしれませんが、決して悪くは無いしつまらなくもない。
でも読んでて好きか嫌いかとかいう感情が湧いてこない程作品の個性が薄いというか単に飽きました。


まだあまり漫画を沢山読んでない十代の子には十分面白いと思います。表現だって十分だと思います。先生とキスしそうになったりとかシチュエーションでドキッとさせてくれたりとかそういう部分で表現してるのもまぁいいかなと思います。
自分でもなんで途中からこんなにこの作品が急降下して心に全くひっかからなくなったのかむしろ不思議なくらいなんですよ・・・。ってわけで今後は少しまとめて読みます。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村



 
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ひるなかの流星 4~5巻

ひるなかの流星 5 (マーガレットコミックス)ひるなかの流星 5 (マーガレットコミックス)
(2013/02/25)
やまもり 三香

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~2巻3巻

【あらすじ】
ついに文化祭スタート! すずめのことを気にかけているようだった獅子尾が、なんだか急にそっけなくなり、馬村とも不穏な様子。これ以上期待しないように、すずめは獅子尾を避けようとします。すると突然、獅子尾が本音を言ってきて…。



今まで読んでて1巻がすごく良かったので自分がその印象を引きづり過ぎているなぁと思い、4巻からはそこ自分で理解した上で読んだら先生と教師ものの漫画としては普通に面白いとは思いました。

だけど、やっぱりトントン拍子にストーリーが進んでて元カノのアシストで先生に写真持って行って、水族館行くことになってと作者が話を転がすために都合よく色々なことが起ってる感じがしちゃって。
作品的にはストーリーというよりは、そういった出来事の中で主人公達の心情表現でドキドキさせて・・・という風に見せたいんだと思うからいいんだけど、ちょっと物足り無さがあるのは否めませんでした。

失礼ながら心情表現がそこまで丁寧に表現されてるわけじゃなく、展開的に二人を接近させることによって気持ちを両思いに近づけてるので、なんだか登場人物に作者がお膳立てし過ぎちゃってるようにも思えてしまったというか・・・。
出来事で二人の関係が進んでるって感じで、そこが私には簡単に思えちゃうのかなぁ。
その辺りはマーガレットだから色々な出来事がどんどん起こったほうが読みやすいのからなのかもしれませんけど。

馬村と友達として付き合えるようになったり、馬村とゆゆかのもどかしい感じとか脇キャラの方がすごく上手に動いてて表現も好きなんですが主人公達はなぜだか・・・キュンとしなかった。
とはいえ、普通にあんな先生がいたらすごいカッコイイしモテたでしょうね。獅子尾はあんなにカッコ良くてもてそうなのに先生に対してのライバルは出てこなかったですね。あ、でもこれから出てきそうだけど。

でもって、文化祭の時に獅子尾先生が言った「おれが一緒にいたかったからなんだ」の決めゼリフが「I LOVE HER」と同じだったのが気になってしまいました。
別に言葉なんて皆使ってるんだから会話で同じセリフあったって全然いいんだけど同じ先生モノので似たような大事な場面で言うセリフなんだもん。

そして関係ないのに何故かこれを読んだら河原さんの「先生」を途中迄しか読んでなかったので続き読みたくなりました。





にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村


theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ひるなかの流星 3巻

ひるなかの流星 3 (マーガレットコミックス)ひるなかの流星 3 (マーガレットコミックス)
(2012/06/25)
やまもり 三香

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1~2巻4~5巻


【あらすじ】
保健室で獅子尾が眠っているのを見て、すずめは思わず「すき」と言います。しかし獅子尾は起きていた!? すずめの恋心を知った馬村、獅子尾の元カノ・つぼみも絡んできて、恋はさらに複雑に!!


普通に面白いんだけど、1巻から比べると少しずつ何もかもが普通になってる感じがします。
十代の子が読むべきマンガとしては十分面白いと思いますが私には少し話しがざっくりしてきたなぁ~と思ってしまいました。

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ひるなかの流星 1~2巻

ひるなかの流星 1 (マーガレットコミックス)ひるなかの流星 1 (マーガレットコミックス)
(2011/10/25)
やまもり 三香

商品詳細を見る

別巻の感想⇒3巻4~5巻


1巻の感想を書かずして2巻が出ちゃった。
読んだ時、期待大だったんで感想書きたかったんですが丁度放置してた時期だったんですよね。

【あらすじ】
すずめは田舎に暮らす女の子。親の転勤で、東京の転勤で転入することになりました。
上京初日、慣れない東京で迷子になったすずめが出会ったのは・・・?
恋も友情も全てが未知の新生活が始まります!!


教師×生徒モノです。
ですが、上京した主人公が新しい環境で新しい人間関係を築き少しずつ変わっていくというストーリーのようでそちらが楽しみな予感がしました。
1巻読んだ時に、なんか登場人物のキャラがいい味出てたのでこれは面白くなりそうだなぁ~と。

転校前に先に先生と知らずに出会うとか、学校以外のプライベートでも会う関係がある所に少し「I LOVE HER」を思い出したけどすずめや脇キャラとかの感じが全然違います。転校して最初は上手く馴染めない。すずめは独特の個性のある子で決して暗いとか大人しい訳じゃないんですが、やっぱり環境が変わって一人飛び込むっていうのは中々大変ですよね。

最初に"ゆゆか"に仲間外れにされた時はこのまますずめが友達を作っていく為に頑張るストーリーだったら嫌だなぁ~と思ったんですが、あくまでこれはきっかけでそこから自然にクラスに打ち解けていく過程であったのが良かったです。ゆゆかともいい感じで仲良くなってますし。

1巻の終わりですずめが先生への気持ちに気付きます。
どうでもいいんだけど獅子尾先生の教師の時の髪型がなんか生理的?にダメなんですけど~。
7:3分けみたい(例え古い?)というかおでこ見えすぎというか・・・なんか違和感が・・・。2巻では親睦会で屋外だったので色々髪型が変わってるし雨で前髪が崩れてましたけどやっぱりその髪型のがいいです!
プライベートな時と髪型をわけてるのはわかるんですが、もう少しナントカならないかな。

使用前
画像 266

使用後
画像 264



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。